「高校入試」第6話〜相田(中尾明慶)が二股!? 衣里名(山崎紘菜)とみどり(南沢奈央)

0
    土ドラ『高校入試』第6話

    本日のポイントその1。

    相田教諭(中尾明慶)と禁断の交際をしている衣里名(山崎紘菜)が受験したときも、今年の入試で芝田麻美(美山加恋)がやらかしたように、携帯が鳴ってしまったのでした。

    当時は、携帯が鳴ったら失格というルールが整備させる前だったので衣里名は合格になったのですが、一高入学後に、衣里名の携帯が鳴ったせいで動揺した親友が不合格になったという女子生徒2名からイジメを受ける羽目に・・・。

    そのとき優しく声をかけたのが相田教諭(中尾明慶)で、今の交際に続いてる様子・・・。

    麻美(美山加恋)と同じパターンで携帯が鳴った衣里名が、入試当日に校内に居たのは単なる偶然??

    相田教諭が滝本みどり教諭(南沢奈央)と二股してることと、計画的《入試妨害》はどう絡んでる??

    衣里名パートだけを切り取っても「謎」が重なってます。


    で、衣里名を演じる山崎紘菜って、こっそり相田と交際してベタベタしている時は面倒くさい感じが先に立つんだけど、回想シーンで普通にしてたら可愛いねぇ。
    −◆−

    本日のポイントその2。

    校長に「訴える」として失格を取り消させて帰宅した芝田昌子(生田智子)麻美(美山加恋)の場面。

    掲示板の炎上を知ってか、憔悴気味の麻美(美山加恋)はイライラとしながら「私の携帯が試験中に鳴ったこと、たくさんの人に知られてる。県会議員の子供だってことも・・・。あの教室に居た子だけではなく、もっと数え切れないくらい多くの人に・・・。こんな状態で学校行っても、行けるはず無いじゃん。」と母・昌子に吐き捨てます。

    バカ母・昌子「だってあれは学校の注意事項が行き届いていなかったからじゃない。」

    《大学不認可騒動》で「事務方が真意をくまずに連絡した。」などと部下である文部科学省・板東高等教育局長らに責任を転嫁して保身をはかった田中真紀子みたいな発想ですね。

    麻美は「そんな言い訳、田舎の教師には通用しても、世間には通用しないの!!!」
    そうだそうだ、永田町に行って田中真紀子に言ってやれ!!


    麻美は一高には行かず、菫ヶ丘女子高に行ってピアノに注力したい旨を母・昌子に告げます。

    バカ母・昌子「この辺の優秀な子は、たいがい一高に行くのよ。ピアノだって一高に通いながらまた習いに行けばいいじゃない・・・」

    反論しかける麻美(美山加恋)に、昌子は「だから、たいがいの子は・・・」と言い始めますが、麻美がキレます。

    麻美たいがい、たいがい、たいがい、たいがいって何よ!!! 携帯持っててもネットも使えないくせに、どこからの情報?」

    『たいがいの子は』というフレーズを用いて自分の言葉を「多数意見」「普遍的意見」だと言わんがばかりにして麻美の進路を決めようとする母・昌子へのキツイ反撃です。

    バカ母・昌子は「ママはいろんな人に聞いて・・・」とあくまで自分の意見を通そうとしま。

    しかし麻美は「せいぜい、そこら辺のオバサン3人くらいと、あとは自分の思い込みでしょ。じゃなければ、たいていの親は自分のこの意見を聞いてくれるんじゃないの。」と一刀両断!!


    バカ母・昌子「ママは麻美ちゃんのために最善を尽くして来たはずなのに、今日だってママはできる限りのことはしたつもりよ。なのにどうして今頃になって・・・」と不本意そうです。


    昌子がいう「最善を尽くす」ということは、県会議員の妻というステータスを笠に着て平気で道理を曲げて自分の子供を”一高”に入学させること・・・。

    サイテーです。

    とはいえ、携帯中毒を申告せず、携帯電話をこっそりポケットに忍ばせたせいで他の受験生に迷惑をかけながらも、事実を隠して学校の不手際のせいにした芝田麻美(美山加恋)本人も褒められたもんじゃない。


    芝田麻美(美山加恋)と芝田昌子(生田智子)のイライラくる会話が興味深いとともに、麻美(美山加恋)と衣里名(山崎紘菜)が共に携帯が鳴ってしまった変な共通事項が、計画的《入試妨害》とどう絡んでいるのか、ここでも『謎』が提供されています。
    −◆−

    前回、大雑把なオバハン教師・坂本(高橋ひとみ)が白紙の答案に受験番号を書き入れたり、今回は採点誤りを見つけた宮下(小松利昌)が得点を書き直したりしていて、開示請求されたときに何か起きるんではないかとハラハラさせます。

    学校によったら答案用紙を全部コピーして、答案の”写し”にチェックを入れるんですけど、一高の教師は直に書き込んでるから怖いわぁ。

    坂本教諭(高橋ひとみ)が、開示請求とかの現代的な風潮に対して「いかにも疎い大雑把な性格」であることがクッキリ描かれていることに感心します。

    (概ね、全ての登場人物のキャラ付け、性格付けが丹念なのがこのドラマの長所の一つ。)


    何処の職場でも「大雑把な人」と「くそ真面目な人」が混ざってるように、教員の中に坂本教諭(高橋ひとみ)みたいに「学校を取り巻く環境」や「社会の要請」から一歩遅れてる人が混じっていることで、ドラマに真実味が増します。
    −◆−

    影の薄いヒロイン春山杏子(長澤まさみ)は、ほとんど”その他大勢”の一人でしか無いのですが、短いフラッシュバック・シーンで、思い詰めたような男が強い口調でそうやって開き直ったもの勝ちなのか。と杏子を責めてるように見える部分は、いかにも何かがありそうで、興味を引きます。

    この春山杏子(長澤まさみ)の訳ありのプライベートも『謎』の一つとして積み上がりました。


    というわけで、芝田麻美(美山加恋)パートなど目立つ会話があったものの、全体としては大きな動きがなかった『高校入試・第6話』でしたが、目に見えないものがジワジワと迫ってくるような不気味さと、謎や伏線が積み上がっていくザワザワした感じが伝わってきます。

    読書を面倒くさく感じる向きには退屈な展開かもしれませんが、起承転結でいう「承」に位置づけられるであろう今回のエピソードも噛めば噛むほど味のあるエピソードでした。

    本当に丁寧で周到。
    学校現場に関する取材も行き届いており、シビレるドラマになっています。




    ◇◆◇ 『高校入試』感想 ◇◆◇
    最終回 #12 #11 #10 #9 #8 #7
     #5 #4 #3 #2 #1

    ◇◆◇ 連続テレビ小説『純と愛』感想 ◇◆◇
    ★第77回(12/28) ★第72回(12/22) ★第68回(12/18)







    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       もしかして、本部に盗聴器しかけられてる? ��(*゚Д゚ノ)ノ なんか教頭が喋ったこと、すぐに掲示板にアップされてなかった? もし、そうなら隠ぺいしても、すぐバレる ...
      • トリ猫家族
      • 2012/11/13 4:11 PM
      第6話
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/11/11 9:04 PM
      フジテレビ系ドラマ『高校入試』(公式)の第6話の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方が良いです。 雰囲気は十分に漂って...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/11/11 8:07 PM
      2012.11.10 Sat. On-Air 教科ごとに担当に別れ、教師たちによる試験の採点が始まった。英語の採点場となっている会議室では、春山杏子(長澤まさみ)ら5人の教師たちが採点をしている。すると、試験会場2の採点をしていた、宮下輝明(小松利昌)が答案用紙が1枚足り
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/11/11 6:27 PM
      そうそう。 採点するのは人間なんだからさ、どんなに注意を払っても複数の目を通しても 完璧ってことはないんだよ。 それなのにわずかなミスが他人の人生を左右してしまうことがある。 もうそれは事故で...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/11/11 3:57 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten