「TOKYOエアポート」第1話と「パーフェクト・ブルー」第2話〜対照的なドラマ

0
    TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜第1話

    あらま、20時からの『平清盛』で急死した”きたろう=上総常澄”が、21時には羽田で生き返った!

    そんなことはさておき、「フジ・日9」枠だから、どうせ《ダメ・ドラ》だろうと侮っていましたら、これが以外に面白かった。

    羽田空港でトラブルが次々と起きちゃって、新人管制官・香織(深田恭子)が終始苦難に陥っている展開に「いくらなんでもトラブりすぎやろ」と思いながらも、ノンストップで隙間無く出来事が畳み込まれてきたから退屈しませんでした。


    えてして”初回拡大版”は冗長になりがちで、テンポが悪くなるなど延長が逆効果になることが少なくないのですが、『TOKYOエアポート』は長ったらしく感じることもなくサクサクと物語が進みました。

    同種のドラマでは2010年のNHK『ROMES/空港防御システム』よりかなり良い感じです。
    −◆−

    チームものとして、登場人物の性格付けがクッキリしているのが良かった。

    ヒロイン・香織(深田恭子)は、航空管制という仕事へのパッション(『純と愛』の純@夏菜ほどは熱すぎない。)が滲み出ていて、元グランドスタッフという特殊な経歴も持っている・・・。

    ”専業主婦探偵”のときなんかよりは、ず〜〜っと魅力的に映っているし、熱意が周りとの摩擦を生む設定がシンプルにドラマを面白くしそうです。


    で、香織の指導員となったベテラン管制官の竹内裕美(瀬戸朝香)は、厳しくて冷静沈着な1児の母。

    瀬戸朝香のクールさが際立っていて、旦那さんのV6・イノッチは、家で”怖い思い”をしてるんだろうかなどとアホな心配をしてしまうほどでした。


    主任管制官で妻と別居中の近藤幸宏(要潤)は、自負心が強くて何かというと新人・香織に突っかかってくる尖った男。

    管制室という狭い空間で、常にイライラ(カルシウム不足?)している近藤がヒロインを虐めてるように見える構図は古典的ですが、ドラマ的には面白いです。


    山下佑司 (瀬戸康史)は、ムードメーカーという一語に尽きるかな・・。
    瀬戸朝香と要潤が生み出す緊張感を、明るくて童顔の山下が緩和するのでバランスが取れますね。

    瀬戸康史は『眠れるの熟女』では二重人格役だから、『TOKYOエアポート』を加えると三重人格ですねぇ!?


    主幹管制官・結城昇(時任三郎)は、『海猿』の時とかなり似た雰囲気で部下を守るタイプ。
    時には果敢な決断も下す胆力がある。
    視野が広く温厚で、近藤(要潤)を裏返しにしたような懐の深い性格です。

    (前クールでの山の上の診療所でもそうでしたっけ・・・。)


    その他、佐藤江梨子、山口紗弥加、別所哲也、蛍雪次朗、野波麻帆、神尾佑などなど、管制塔やグランドスタッフ、整備やら空港のセクションごとに配された多彩なキャストが巧く噛み合いそうな気配・・・。
    −◆−

    香織(深田恭子)一瞬目を離したミスで、滑走路の飛行機と着陸状態の飛行機があわや激突しそうになって、ギリギリ回避!!

    田辺管制部長 (蛍雪次朗)が、人命に関わるミスを糾弾し香織(深田恭子)をはげしく叱責。

    人の命を預かるってのは怖いですね・・・。


    でね、香織(深田恭子)がミスしたら飛行機が落ちちゃうわけですけど、例の怪しいおじさん・森口氏による《iPS細胞世界初臨床》をスクープするという”大きなミス”をやらかしても、3センチ四方ほどの小さな場所に『おわび』を書く程度でお茶を濁せる読売新聞は気楽で良いですね。

    大誤報が乗った《欠陥商品=11日付け読売新聞》を購読した読者に、購読料を返金するわけでもありませんしね・・・。
    (消費者に欠陥商品を売りつけておいて、弁償しなくてもいいんですかね??)

    あらま、脱線しちゃった・・・。


    要するに、そのくらい緊迫感のある管制塔を舞台にしたドラマはエンタテインメント性に富んでいて面白かったのであります。


    唯一ネガティブな感想は、佐々木希の凄まじい演技力かな・・・。(長澤ビックリ、新垣ビックリ!のレベル)
    端役だから、まぁなんとか我慢できるかな・・・。

    ☆°。★。°☆°。★。°☆°。★。°☆°。★


    宮部みゆきミステリー「パーフェクト・ブルー」第2話
    「連続動物虐待とホームレス殺人!心の闇と家族の涙」


    職場で不条理に罵倒された前島文成(山崎一)が、鬱憤晴らしにゴルフクラブを振っていたところに、無職男性・藤堂治夫(住田隆)が通りかかっちゃって、成り行きで撲殺してしまったという事件。
    (職場の不条理って嫌なもんですけど、人を殺してはいけません)

    被害者の息子・藤堂公久(平岡拓真=若いときの重盛)と加害者の息子・前島智之(根岸泰樹)父を思う心が交錯する悲しい出来事でした。

    ただし、心を揺さぶられるほどのものがあるかというと、そこまでの域には達してない感じで、映像も物語も平凡だったかな・・・。
    −◆−

    元警察犬ジャーマンシェパード・マサが公久に飛びかかるシーンとか、撮影の難しそうなシェパードがからむ部分はかなり簡略化されていてアクションとしては物足りないですしね。(前回もそうでした)

    マサが”証拠”のゴルフクラブを咥えてきたときなんかも、なんか映像が味気ないんですよね・・・。


    良い悪いは別にして、『ゴーイング マイ ホーム』『高校入試』『純と愛』あたりは”これまでと違うこと”をしようとする”進取の精神”を感じますけど、『パーフェクト・ブルー』は特段の工夫も伝わってこず、予算の範囲で思いっきり安全運転してる印象です・・・・。
    −◆−

    ヒロインの瀧本美織ちゃんは、まずまず似合いの役だと思います。

    真面目そうな感じが滲み出てくるし、美人過ぎず適度な可愛らしさなのが良いし、ショートパンツからのぞく脚に生々しい嫌らしさが無いことなどに『好感』をもてます。

    ただし、感じは良いけど派手さはない子ですから、そこに財前直見、根岸季衣、白鳥久美子とかが加わると、隅から隅まで地味になっちまいます。

    あと、瀧本美織ちゃんの衣装が、可愛いときと微妙なコーデの時がありますね。
    そこいらも、ドラマを地味にする一因かな?



    とにかく真面目で『華』も『毒』の無いドラマです。
    (赤川次郎ドラマ『毒・ポイズン』じゃないから毒が無いのも仕方ない?)
    ☆°。★。°☆°。★。°☆°。★。°☆°。★


    SMAP系の『月9』と『TBS日曜劇場』を残して今期ドラマがほぼ出そろいましたかね?

    小生の好みでは、もっともガッカリが『結婚しない』で、『東京全力少女』もかなりイマイチ。
    『ゴーイング マイ ホーム』が微妙。

    『相棒』と『勇者ヨシヒコ』は別格で、『TOKYOエアポート』が拾いもの。

    ヒロインは長澤まさみだけど、中身は意外とシッカリ造られている『高校入試』が興味深い作品になっていて、『大奥〜誕生[有功・家光篇]』と『悪夢ちゃん』が面白そう。

    関西では本田翼の『Piece』が映らないので残念・・・。

    押し売りタレント・剛力彩芽はもう要らないけど、また深夜枠で出てるのね(関西ではまだ始まってない)

    なんだかんだ言っても、こんど地上波で放映するNHK・BS時代劇『薄桜記』が一番面白い。






    ◇◆◇ よる☆ドラ『眠れる森の熟女』感想 ◇◆◇
    第7話 第6話 第5話
    第4話 第3話 第2話 第1話





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.01 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      航空管制官という未知の領分。その激務!といえる多忙さ、デリケートさに目を丸くしつつ、新人として、その職場に移動を希望した、制服姿の深キョンが可愛かったです。 「空を操る航空管制官、空中衝突を回避せよ!」 考えてみると、大自然(お天気)を相手にし
      • のほほん便り
      • 2012/10/17 8:35 AM
      新任の航空管制官篠田香織@深田恭子の成長と奮闘を描くドラマ そうねえ、ドラマチックサンデー枠らしくぬるい展開で 特に盛り上がりや惹かれるものを感じることはなかったけれど、 不快感を感じることもなかったし、 (失敗した主人公に挽回のチャンスを与えるのは 何
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2012/10/16 11:57 PM
      『空を操る航空管制官、空中衝突を回避せよ! 内容 羽田空港へと向かう篠田香織(深田恭子)は、 モノレールの中で、ひとりの少年と出会うのだった。 渡辺健太(土師野隆之介)は、ひとりで空港へと向か...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/10/16 5:53 PM
      第2話「連続動物虐待とホームレス殺人!心の闇と家族の涙」10月15日放送 蓮見加代子(瀧本美織)がマサ(犬)を散歩に連れて行く水上公園で、深夜に1人のホームレス風の男がゴルフクラブを持った人物に襲われた。襲われた男は逃げる拍子に転び、打ち所が悪くそのまま帰
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/10/16 4:23 PM
      Story#01「空を操る航空管制官、空中衝突を回避せよ!」10月14日放送 第一話(初回15分拡大 21:00 - 22:09) 新任管制官の篠田香織(深田恭子)は、初出勤を翌日に控え、挨拶と下見を兼ねて羽田空港へ向かっていた。途中のモノレールで、スマイルサポートの札を付け
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/10/16 4:23 PM
      [深田恭子] ブログ村キーワード TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜 第1話 「空を操る航空管制官、空中衝突を回避せよ!」 あらすじ (深田恭子)は 新任管制官。 ...
      • シーズンXX
      • 2012/10/16 2:47 PM
      「素晴らしいチームワーク!あんな管制官がしっかりコントロールしてくれてるんだから、 空の旅は安心ね♪」とは絶対に思えず、飛行機に乗るのが怖くなる第一回でした。 いくら新人でOJT中とは言っても、...
      • 今日も何かあたらしいドラマ
      • 2012/10/16 2:47 PM
      視聴率は 14.0% 空を操る航空管制官空中衝突を回避せよ!
      • ドラ☆カフェ
      • 2012/10/16 2:08 PM
      毎週日曜 21:00〜21:54 フジ 脚本 宇田学 演出 西坂瑞城 長瀬国博 キャスト 深田恭子/要潤/瀬戸康史/佐々木希/浅香航大/瀬戸朝香/梶原善/別所哲也/時任三郎  地上波連続ドラマでは初となる航空管制官にスポットを当て、年間6000万人超の命を預かる航空管制官や航空
      • to Heart
      • 2012/10/16 12:40 PM
      『空を操る航空管制官、空中衝突を回避せよ!』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/10/16 12:29 PM
      フジテレビ系ドラマ『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』(公式)の第1話 初回15分拡大『空を操る航空管制官 空中衝突を回避せよ!』の感想。なお、本作はCSで放送された『TOKYOコントロール 東京航空...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/10/16 12:21 PM
      人間は必ずミスを犯す。 でも大事なのは今回のようなミスが起きたときに、チームワークで カバーし合える管制をどう築いていくかだ。 TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜 第1話        ...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/10/16 12:10 PM
      TBS系ドラマ『宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー』(公式)の第2話『(ラテ欄)連続動物虐待とホームレス殺人!心の闇と家族の涙』の感想。 なお、宮部みゆき氏の原作小説『パーフェクト・ブルー...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/10/16 11:45 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten