BS時代劇「猿飛三世 (S)」第1回〜徳川家康(海原はるか)の髪の毛がヤバい

0
    BS時代劇「猿飛三世 (S)」
    第1回「秘伝七術の巻」

    シリアスな傑作時代劇『薄桜記』とは随分と趣の違う活劇『猿飛三世』が始まりました。
    −◆−

    初代佐助(声・千葉真一!)が、徳川家康(海原はるか)を単身襲撃!!

    展開が早くて何が何だか分からないけど、家康役に髪の毛を吹くギャグでおなじみの漫才師・海原はるかを充てるとは大胆な!!!
    −◆−

    佐助(伊藤淳史)と才蔵 (細田よしひこ)さぼてん (川崎亜沙美)が、椚の里で模擬戦で鍛錬しております。
    大坂夏の陣から36年を経て、忍者はほとんど失業状態で開店休業中だから模擬戦でもするしかない有様で・・・・。

    『カーネーション』で名を馳せた川崎亜沙美選手(プロレスラー・女優・歌手)が演じる”女忍者さぼてん”は、大槌を振るって戦っていて、まるで”マイティー・ソー”みたいです。

    才蔵 (細田よしひこ)はキックの鬼・沢村忠を彷彿とさせる真空跳び膝蹴りを繰り出していましたし、初代佐助のシーンと三人のアクションで、活劇としての「つかみ」はOKですね。
    −◆−

    高波藩の家老で京留守居役・梅宮主膳(堺正章)の娘・お市(水川あさみ---お初ではない)と京に向かうことになった佐助・・・。

    吊り橋から落下するお市を救う派手な場面はCGとワイヤーかな??
    なかなか賑やかなドラマです。

    このあたりの雰囲気は、かなりお金をかけた『勇者ヨシヒコ』(関西ではまだセカンドシーズンの放映が始まっていまい)って感じの味わい・・・。
    −◆−

    初代・猿飛佐助に比べられ、へたれで出来が悪いと言われている三世・佐助(伊藤淳史)がコンプレックスに苛まれていますと、お市(水川あさみ)が城の巨大な石と石の間に挟まれている小さな石---『ゴロタ石』が実は欠かせないものであることを説明した上で、佐助にも役目があるのだと励まします。


    お姫様・水川あさみ (エネゴリ君やら佐助やら猿系の共演者ばかり!?)は、すっかり時代劇が似合うタイプになってますねぇ。
    なかなか良い感じです。
    −◆−

    お家騒動の渦中にあって命を狙われている梅宮主膳(堺正章)と関わることになった佐助。

    元祖・猿=悟空の堺正章と、猿飛佐助・・・・。

    で、敵方のボスキャラは京都所司代・北倉治重 (梅沢富美男)
    ねちっこそうな嫌なオッサンです。

    実働部隊のNo1が服部伴蔵 (波岡一喜)
    さすが波岡一喜だけあって、ワルの雰囲気がムンムンです。

    さらに部下の赤目 (虎牙光揮)がシャープで良い感じ!!


    彼らの悪巧みで主膳(堺正章)が大ピンチ。
    佐助が救出に飛び込みますが、血を見ることが嫌いだから手裏剣とかを使わず、刀を振り回す武士を相手にひたすら接近しての格闘戦。

    関節技の博覧会みたいな戦いぶりで、格闘技ファンが喜ぶパターンです。


    しかし、さすがに丸腰状態で多勢に無勢でヤバくなったとき、石つぶてが飛んできて敵の武士がひるみます。

    謎の商人・徳三郎(柳葉敏郎)が目にもとまらぬスピードで放った石つぶてでした。

    むむ!!
    徳三郎の正体は、もしかして20年前に椚の里から蒸発した佐助の父・鬼丸かぁ??
    −◆−

    以上、失敗したり負けかけたりした佐助でしたが、徳三郎のヘルプの甲斐もあってなんとか主膳(堺正章)は無事なまま第1話は終わりました。


    「薄桜記」ほどの重厚さや奥深さはないけども、『勇者ヨシヒコ』を少し真面目にした程度の活劇として肩の力を抜いて見ることができそうです。





    −◆−




    ◇◆◇ よる☆ドラ『眠れる森の熟女』感想 ◇◆◇
    第7話 第6話 第5話
    第4話 第3話 第2話 第1話







    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.09.30 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      海外で人気出そう☆ 『疾風迅雷』と唄われた伝説の忍者、猿飛佐助(声:サニー千葉w) でもそれは戦国の乱世だったから出来た活躍で、孫の佐助(伊藤淳史)は山奥で幼なじみ達とく ...
      • ドラマでポン
      • 2012/10/21 10:06 PM
      これはまたかる〜く楽しめる、全年齢対象の娯楽時代劇ですねー なんというのかな、仮面ライダー風? 変身ベルト的なバンダナがあるんだよ。 オープニングがスパイ映画みたいなアニメになってたり...
      • 青いblog
      • 2012/10/17 10:13 AM
      『秘伝七術の巻』 内容 戦国の世が終わり、天下泰平となって数十年。 猿飛佐助(伊藤淳史)は、 同じ忍びの里の忍者・才蔵(細田よしひこ)さぼてん(川崎亜沙美)らと、 忍びの極意を掴もうと、鍛錬を...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/10/13 8:56 PM
      人の役に立つのは、難しい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210120004/ 猿飛佐助 (ちくま文庫)杉浦 茂 筑摩書房 1995-07売り上げランキング : 319187Amazonで詳しく見る by G-Tools
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2012/10/13 12:47 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten