「高校入試」第1話〜スカートが微妙に短い”長澤まさみ”

0
    土ドラ 長澤まさみの『高校入試』第1話
    (初回15分拡大)


    湊かなえの書き下ろし脚本だというから期待して見ましたが、『15分拡大』が余分だったかな・・・。
    −◆−

    事件の端緒となる『入試をぶっつぶす』というフレーズが出てくるまでを、じっくり時間をかけて描かれました。

    坂本多恵子教諭(高橋ひとみ)の娘の見合い話などに絡めて、県立橘第一高校(通称「一高」)の地元でのステータスについて視聴者に背景説明。

    校内で交わされる村井(篠田光亮)水野(阪田マサノブ)みどり(南沢奈央)松島(羽場裕一)小西(徳山秀典)宮下(小松利昌)合田(中尾明慶)沢村同窓会長(入江雅人)女子生徒・石川衣里名(山崎紘菜)らの会話などで登場人物の性格や立場を噛み砕いて見せました。

    いかにも小説家・湊かなえらしい伏線を含んだ周到な導入部だったのですが、小生は”いらち”(せっかち)なのでテレビドラマの場合は少し早めに”つかみ”を入れて欲しい気もしました。

    買った本は最後まで読むけど、ドラマだったら面白味を感じなくなった時点でチャンネルを変えちゃいますから・・・。
    −◆−

    とはいえ、覚悟を決めて見続けたら面白くなりそうな個性的なキャラが集まっていますね。

    落ち着きがなく裏表もありそうな村井教諭(篠田光亮)。
    どことなく変態の匂いがする宮下教諭(小松利昌)
    謎めいた陰気さを漂わす水野教諭(阪田マサノブ)
    コント系の芸人みたいな口調でテンションが変な沢村同窓会長(入江雅人)
    我が子が一高を受験する松島教諭(眠れる森の羽場裕一)
    妙に冷静で落ち着いている小西教諭(徳山秀典)


    『GTO』の明修学苑高校の職員室の場合は、ろくに性格付けもされていないキャバクラのお姉ちゃんみたいな教師が並んでただけでしたが、『高校入試』では教諭一人一人が細かく人物造形されてる雰囲気です。


    みどり教諭(南沢奈央)のピアノに合わせて沢村同窓会長や宮下教諭が校歌を歌う場面にはドン引きしましたが、これも一高卒業生の仲間意識をデフォルメして見せたのだろうから、ドラマ的には意味があるんですよね。
    −◆−

    さて、触れないわけにはいかないのが主人公・春山杏子(長澤まさみ)。

    モテキで味をしめてから超ミニスカで美脚押しを続けている長澤まさみが、『美脚封印』でドラマに挑むという話を聞いていたけど、教師にしては短めの膝上4インチ程度のスカートでしたねぇ。

    完全には自慢(唯一の武器)の美脚を封印せずに、微妙なローアングルも・・・。


    で、『天地人』以来、長澤まさみは「演技が得意ではない」という固定観念が染みついたまま”色眼鏡”で見てしまったのですが、生徒昇降口の下駄箱に隠れて彼氏と携帯電話で会話してる場面での、間の取り方とかを見てると、やっぱり○○○○・・・。
    −◆−

    小西教諭(徳山秀典)が敷地内で喫煙してるのを注意しに行った春山教諭(長澤まさみ)。

    その流れで会話になって、文系大学生が就職したい会社ベスト3に入る”旅行社・大洋ツーリスト”から、高校教諭に転職したいきさつを語る春山杏子・・・。

    「(旅行社で)修学旅行を担当していたんです。それで(帰国子女の)自分の体験したことのない日本の高校をもっと知りたい。自分自身も高校教育に携わりたいと思うようになったんです。日本とアメリカではやっぱり違う。この先、日本で暮らしていくなら共通認識があった方が理解し合えるコトってたくさんあるんじゃないですか。」

    転職した感想を小西教諭に聞かれた春山教諭(長澤まさみ)は「楽しいですよ。でも、学校ていう大きな枠については疑問に思うことがたくさんあります。

    やや長くて退屈なセリフですが、学校組織の悪弊や集団主義に対する春山杏子(長澤まさみ)の基本姿勢を示し、次回以降に繋がってくるのでしょう。
    −◆−

    ようやく最後になって、施錠されて誰も立ち入りできなかったはずの教室の黒板に『入試をぶっ飛ばす』と墨書された貼り紙!!

    ときおり、ネット上の掲示板のスレが挿入されて、特異な地域性も背景とした高校入試への反感などが提示されていて、書き込んだ者の匿名性ゆえの不気味さが醸し出されてていました。


    サラっと見た分には大して面白いとは思いませんでしたが、あとから頭を整理してみたら面白くなる要素が埋め込まれていそうな気配もあります。
    −◆−

    巨大IT企業を描いた割には企業活動や官庁のことで穴だらけだった『リッチマン、プアウーマン』あたりと違って、本作では舞台となる「学校」についてリアルに描けていました。

    入試要項に番号を打って教師に配布する様子だとか、教師が入試採点時の夜食を気にしてる(配給されて当然だと考えている)ことだとか、長澤まさみが持っていた長い鍵だとか、本物の”学校”が随所に出てきたので、『リッチマン、プアウーマン』みたいな嘘っぽさが感じられず、真面目な作りだという印象を受けました。


    湊かなえの小説『告白』と、貴志祐介の『悪の教典』を足したようなインパクトのあるドラマになれば最高です。



    ◇◆◇ 『高校入試』感想 ◇◆◇
    最終回 #12 #11 #10 #9 #8 #7
    #6 #5 #4 #3 #2

    ◇◆◇ 連続テレビ小説『純と愛』感想 ◇◆◇
    ★第77回(12/28) ★第72回(12/22) ★第68回(12/18)








    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.22 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      有名大学卒より地元の◎◎高校卒が上、田舎でよくあるって聞きますねー。 そんな名門の誉れも高い「一高」で教員も一高出身揃いの中、『入試をぶっつぶす!』と穏やかじゃない落 ...
      • ドラマでポン
      • 2012/10/08 1:28 AM
       湊かなえさん、初の脚本ということで、見てみました。 登場人物達の紹介と、これから起こる事件の序章までをすっきりと見せてくれて、うまく2回目へと繋ぐ内容だったと思いますd ...
      • トリ猫家族
      • 2012/10/07 8:29 PM
      腹に一物ある登場人物ばかりをこれでもかと・・・人間不信に追い込むつもりですな。 その中でも・・・かなり怪しくない素振りの音楽教師を演じるのが南沢奈央である。 今季は・・・「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」「大奥〜誕生〜 有功・家光篇」とこれで三本同時出演
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/10/07 7:59 PM
      第1話
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/10/07 7:31 PM
      #01 2012.10.06 Sat. On-Air 県立橘第一高校。通称、一高。学区で一番の進学校として、名高い名門県立高校だ。新任教師の春山杏子(長澤まさみ)は、彼女にとって初めての入試を数日後に控えていた。入試を目前に校内は殺気立っている。 入試会議のアナウンスが流れ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/10/07 5:44 PM
      「高校教師」と間違えてしまいそうなタイトル「高校入試」の第一回。 毎年恒例の学校行事が、ねじれこじれて大事件となっていくことを予感させる、 なんてセンスのいいタイトルなんだろうと、まずはここ...
      • 今日も何かあたらしいドラマ
      • 2012/10/07 5:38 PM
      内容 有名大学へ多数の生徒を合格させる名門の橘第一高校 その高校の入試が間近に迫っていた。 緊張に包まれる中、入試会議が行われる。 働きはじめて1年。。新任の青山杏子(長澤まさみ)は、 水野文昭...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/10/07 5:06 PM
      学歴自慢するのは人生がすでに終わってしまっているヤツ。 今の人生に満足している人間はそんなことはしない。 高校入試 第1話          簡単感想で。 高校入試は人生が決まる日……...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/10/07 3:05 PM
      フジテレビ系ドラマ『高校入試』(公式)の第1話の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読まない方が良いです。 学園ドラマなら主役...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/10/07 2:30 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten