「梅ちゃん先生」第155回(9月28日)〜梅子が突然「次男出産」 静子(木村文乃)は第一子!!

0
    堀北真希「梅ちゃん先生」
    第155回(9月28日)感想


    大学病院の研究室で、山倉(満島真之介)が弥生(徳永えり)に「どうなの? この間のこと。」と結婚相手に名乗りを上げた件について問いかけております。

    あの祭りで引いた御神籤が「あまりよくなかった」のだと深刻顔の弥生。

    山倉は「僕は結構よかったんだけどな・・・」

    御神籤の結果が良くなかったという弥生が『小吉』で、結構よかったと言う山倉が『末吉』
    (弥生さん大吉ならOKしてたのかなぁ??)

    前向きな山倉は「小吉も吉のうちだよ。良い方に取ろうよ。」

    大雑把に御神籤を良い方から並べると大吉→中吉→小吉→吉→
    末吉→凶→大凶
    (もっと細かい分け方や他の考え方もあるようですけど)だから、弥生さんは上から3番目のラッキーで、山倉は5番手なんだけどなぁ・・・。


    電話が鳴って弥生が対応。

    その合間に、松岡(高橋光臣)が「末吉を良いと思う山倉君と、小吉を良いと思えない弥生さんが結婚すれば、なかなか興味深い結果を生みそうだ。」と、ミスター・スポック(レナード・ニモイ)みたいなことを山倉に呟きかけてます。

    松岡は、ヘアスタイルもけっこうヴァルカン人風だから、耳が尖ったら完璧です。
    −◆−

    電話は弥生の実家からでした。

    60歳で引退するとしていた父親が、占いで今年は大きな変化は避けた方が良いと言われたために引退を65歳まで先延ばしすることになったと・・・。

    父が引退して病院を継がされのが嫌で、実家の医院の後継ぎになる内科医と結婚しようと考えていた弥生は、「当面、結婚のことを考えずに研究を続けられる!!」と大喜びで「小吉も吉のうちか。ありがとね、山倉さん。」と表情を輝かせ「5年も猶予ができたんだから、ゆっくり相手を選ぶわ。」

    執行猶予3年だったノリピーは舞台『碧空の狂詩曲〜お市の方外伝』で女優復帰しますが、弥生さんは結婚の「執行猶予5年」をGET!!

    山倉、残念〜〜〜〜。

    『梅ちゃん先生〜結婚できない男と女スペシャル〜前・後編(BSプレミアム)』で山倉の思いは実現するのでしょうか??
    −◆−

    後半、一気に時間が流れます。
    昭和30年代をモノクロ画面で紹介。
    60年安保、経済成長、巨人・大鵬・卵焼き・・・・。

    阪神の小山投手から王さんがホームランし、長嶋さんがサヨナラホームランの天覧試合。(村山さんは映らなかった)

    穴の開いてない50円玉から、穴あきの50円玉へ・・・
    あの穴の開いてない方の50円玉使ってたものなぁ・・・。

    昭和36年11月の蒲田の町を鳥瞰する映像では、道路をバスが走ってたり、昭和の町並み・・・。
    『朝イチ・トーク』で堤幸彦監督が「CGが凄かった」と述べていた場面は、ここやねぇ・・。


    で、超ベテラン看護婦・相沢(銀粉蝶)さんが後進に道を譲るとして引退宣言し、後任に千恵子(宮武美桜)を推薦。

    (金本が引退を決めた阪神で、伊藤隼がプロ1号の満塁ホームランを打ったみたいな感じかなぁ??)


    『梅ちゃん先生』での”銀粉蝶”さんの背筋の通った演技は見事でしたねぇ・・・。

    出過ぎたことはせずに梅子を立てながらも、押さえるところはちゃんと押さえて安岡医院を支えた姿が格好よかった!!
    −◆−

    信郎(松坂桃李)が苦労していた新幹線の部品が正式採用されることになって、下村家と安岡家が集まってお祝い。

    なんと! 梅子にいつの間にか「次男・新君」が生まれてる!!!
    静子(木村文乃)も子供を抱いてるぞ〜〜!!
    松子(ミムラ)の子供も居て賑やかこの上ありません。

    子だくさんの時代。
    小生が子供の頃は、1学級に50人近い子供が居て、1学年12組あったものなぁ・・・。


    そんな中、父・建造(高橋克実)の様子がおかしいのだと母・芳子(南果歩)が言いだし、幸吉(片岡鶴太郎)は女が出来たのではないかとゴシップ的な推測をして勝手に盛り上がってます。

    『ひょうきん族』の頃と違って、ここ数年の片岡鶴太郎は”文化人風”を吹かしてるような感じがしていたのだけど、『梅ちゃん先生』での鶴太郎は、昔の鶴太郎に戻ったような軽妙さが出ていて良かったです。



    というわけで、”のび”をした梅子(堀北真希)が、ラジオ体操みたいに腕を回して建具か何かに手をぶつけて「痛い」という、なんということのない昭和の日常から始まった『梅ちゃん先生・第155回』でした。

    登場人物が全員悪人である『アウトレイジ (北野武監督)』の真逆で、ほとんど全員が善良な『梅ちゃん先生』の、調和に満ちた日常が心地よい・・・。

    これも、あと1回・・・・。
    −◆−

    『梅ちゃん先生』とはおよそ別世界の”非日常”を描いた『VISION 殺しが見える女』が最終回を迎えましたが、こちらは飯田譲治原作ということで期待していただけに少し残念な後味・・・。

    なにかが足りなかった・・・・。






















    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.10.21 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      内容 梅子(堀北真希)の診療所にも患者が戻りはじめ、安心する信郎(松坂桃李) 一方、山倉(満島真之介)からプロポーズされた弥生(徳永えり)は。。。 敬称略 あいかわらずの、唐突な展開な...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/09/28 5:29 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten