7月10日NHKスペシャル:危機と闘う・テクノクライシス…「軍事転用の戦慄 ロボット」の恐怖

0
    NHKスペシャル
    世界で軍事ロボットの開発が加速している。米国は、アフガンやイラクでの経験を元にロボット兵器を大幅に導入した「未来戦闘システム」を目指して走り出した。「未来社会の夢」だったロボットが、人間の命を標的にした兵器となる時代が到来した。この大きな流れの中で、熱い視線を浴びているのが世界の先端を行く日本のロボット技術だ。海外の軍関係者から技術提供の要請も始まった。軍事ロボットは、センサーやGPS、パソコンなどの民生技術を基盤とする。それゆえ技術拡散の防止が難しく、テロリストに使われる新たな危険も指摘される。現実に武装勢力が、軍事ロボットを入手した事実も明らかになった。拡散そして軍事転用という新たな脅威にさらされるロボット技術の最前線を描き、危機を防ぐ道はあるのか、日本はどうすべきなのか考える。
      7月10日NHKスペシャル…危機と闘う・テクノクライシス「軍事転用の戦慄 ロボット」には戦慄を覚えました。
     イラクで米軍の無人偵察機プレデターが爆弾を仕掛ける男を発見し、モニターを見ている米軍兵士がプレデターにミサイル発射を命じる。
     モニターには爆発が映り、米軍にとっては一件落着。
     武装勢力と思われる男はその瞬間命を失った。
     まるで、ゲームです。
     モニター越しには土埃の匂いもせず、爆風が吹き付けることもない。
     目の前の兵士に銃を向けるのと、モニター越しに攻撃ボタンを押すのではあまりにも感覚が違う。
     これでは、何のためらいもなく人を殺せる。
     日本で農業用の無人ヘリを開発していた若い女性が米軍にスカウトされて、飛行機を追跡するロボット軍用ヘリを開発していました。
     「軍に加担はしたくないけど」と言いながらも女性は潤沢な開発費を受けて、軍用ヘリの研究に没頭していました。
     研究に打ち込める整った環境を前にした女性には、マンハッタン計画を後悔した科学者達のことは思い浮かんでいないようでした。
     脚力、腕力をサポートする民生用ロボットスーツを研究する日本の大学のプロジェクトに、米軍から接触があったとのこと。
     この研究は、あまり公にしていなかったというのに、米軍は研究の存在をかぎつけて、歩兵にロボットスーツを応用することを考えています。
     強靱なパワーで重火器を携帯する歩兵は、戦車並みの戦力になると言うのです。
     小生が若かりし頃は、軍事技術が民政に転用され生活が豊かになると言う構図がありましたが、いまや民政技術を軍事技術に応用してハイテク戦争を敢行しようとしています。
     そのために米軍は大学に研究費を投入し、技術を競わせています。
     プレデターなどは人間が操縦したり、攻撃に関与していますが、米軍はロボット自体が自律的に相手に反撃したり追尾することを考えているようです。
     ロボットが一人歩きをはじめて敵を倒す時代も遠うからじという印象です。
     有名なアイザック・アジモフのロボット3原則
    ◆第1条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。
    ◆第2条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第1条に反する場合は、この限りでない。
    ◆第3条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
     
     現実には、3原則など鑑みられることはありません。
     小生などの鉄腕アトム世代で、アジモフの小説を愛読した人間が想像していたロボット像は、すでに崩されようとしています。
     米国を先頭に進歩する軍事技術に戦慄を覚えるばかりです。
     感情を持たないロボットに狙われる時代なんか来て欲しくありません。


    ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

    スポンサーサイト

    • 2019.07.17 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten