平清盛 第37回「殿下乗合事件」★基房(細川茂樹)「お許しを〜〜」

0
    『平清盛』第37回「殿下乗合事件」

    重盛(窪田正孝)の嫡男・維盛 (これもり・大西勇哉)と次男・資盛(すけもり・大西健誠)が弓の稽古をしています。

    二人とも力不足の”へなちょこ”なので、伊藤忠清(藤本隆宏)が「鍛えようがまるで足りません。それでは武士の名門、平家の男子など名乗れませんぞ。」と注意しました。

    すると資盛は「弓などできずとも生きていけよう。」と、小生意気な口を利きます。
    兄・維盛も「わたしも、舞や糸竹の芸(管弦楽器系)の方が好みじゃ。」と、生ぬるいことを言っております。

    清盛の孫世代は武門の嫡流と言うより、貴族化していますねぇ。
    資盛の口調には驕り(おごり)を感じますしねぇ・・・。

    『驕る平家は久しからず』の匂いが漂い始めています。

    (そう感じさせた大西兄弟の演技は、なかなかのものです。)
    −◆−

    生意気にも鷹狩りを楽しんだ資盛(すけもり・大西健誠)は、平家館に帰って狩りの成果を見せたくて気持ちが高揚しております。

    輿に乗って帰る途中、京の橋で摂政・基房(細川茂樹)の輿と遭遇。
    今風に言うと『片側1車線』って感じだけど、当時は「一方通行」の制度がなかった!?

    (一休さんなら『この”はし”をわたるべからず』をクリアできるんやけどなぁ・・・。)


    一般的には、輿から降りて摂政に道を譲ることが礼儀なのですが、資盛は輿に乗ったまま譲りません。

    摂政のお付きの者が資盛側に近づいて穏やかな言い方で輿から降りるように促しますと、輿の中から「かまわぬ、進め。わたしは平家の棟梁の子、相国入道の孫ぞ。さぁ、早く父上、母上の元へ・・・」と資盛がクソ生意気な物言いで従者に命じます。

    お前は『驕る平家は久しからず』って言葉を知らないのか!! (これからの出来事なのだから知ってるはずがない。)

    摂政・基房は、ことさらお歯黒を目立たせるかのような口の動かし方で「許すまじ」
    目つきや口の動きが、いやらしい!!

    これで双方揉み合いになって、資盛君は輿から引きずり下ろされてちゃいました。
    −◆−

    帰ってきた”資盛・坊ちゃま”は、可愛い顔に擦り傷もできております。

    重盛(窪田正孝)は「此度のことは礼を欠いたそなたの過ちじゃ。」と、常識的に息子を叱ります。

    時子(深田恭子)は「これは資盛と摂政様だけのことではない、我ら平家と藤原摂関家の一大事ぞ。臆することはない。平家の棟梁として正々堂々と訴えればよいのじゃ。」と意見します。

    別に重盛は摂関家に臆して遠慮しているわけではなく、息子が間違ったことをしたと思ってるから文句を付けに行かないだけなのに、時子みたいな言い方をされたら「堂々としていない」「へたれ」だと言われた気分がして気ぃ悪いよねぇ。

    最近は時子さんと重盛との意見がすれ違う場面が増えてきました。

    で、摂政側から”資盛お坊ちゃま”一行を襲った”供奉”を解職すると申し出が届きました。

    しかし、筋を通す頑固者・重盛はいつもの硬い表情で「さような筋のことではないと伝えよ。」として、処分不要の旨を摂政の使者に伝えさせました。

    摂関家にクレームを付けない重盛に文句を言う時子。
    融通の利かない真面目男・重盛は「いかなるときも有職故実に則って動かねばなりません。」
    −◆−

    福原の平清盛(松山ケンイチ)は”資盛お坊ちゃま”の事件に関する一連の顛末を聞きましたが、「重盛らしいのう・・・」

    時忠(森田剛)は「正しすぎるということは、もはや間違っていると同じこと。」と重盛の振る舞いに懸念を表明。

    福原を宋との交易の窓口にするために、宋国の要人と治天の君・後白河法皇(松田翔太)を会談させるべく時忠を使って水面下で活発に注力している清盛は、『資盛事件』如きを大袈裟には考えていないようですが、「都に憂いを残しとうない。」と・・・。

    なんとなく、裏工作専門員になっている時忠(森田剛)にお任せしちゃいます。

    重盛(窪田正孝)は『清濁併せ飲むことができないタイプ』だから、都における政治の裏舞台はもっぱら『濁』を得意とする時忠にフォローさせるって感じでしょうか。
    −◆−

    10月21日。
    参内途上の摂政・基房(細川茂樹)の輿を、謎の武装集団が襲撃。
    テロじゃ〜〜〜。

    次々と従者たちの髷が切り落とされております。
    真面目男・平重盛が仕切っている平家から仕返しされることは無いと高をくくっていた摂政・基房は、襲撃を目の当たりながら輿のなかで身体を縮こませ「お〜〜〜お許しを。おゆ、お許しを〜〜」と舌が回らない有様。

    恐怖で顔が引きつっております。
    細川茂樹、大袈裟なヘタレ芝居がナイス!!
    −◆−

    襲撃事件のことをまだ知らない重盛(窪田正孝)が摂関家にやって来た途端、摂政・基房が腰を抜かして「申し訳ござらぬ〜〜〜。わ〜申し訳ござらぬ〜〜〜。」とパニクっています。

    平家の棟梁がトドメを刺しに来たと思い込んでいる様子。

    その後、供も連れずに襲撃現場を一人で検分した重盛が、赤い羽根発見。
    時忠(森田剛)が気に入ってた羽根。
    −◆−

    平家屋敷に帰ると、一門の面々が「畏れ入りました」と重盛に敬服の意!!!

    資盛は「父上ありがとうござりました。」と復讐劇に感謝。

    資盛が辱めを受けてから三月経っての果断な措置は、かえって摂政・基房を震え上がらせただろうと平家一同盛り上がっております。

    重盛は「オレじゃないし〜〜」とか言うことはなく、曖昧に微笑むばかり・・・。


    その夜、重盛は一人になって書き物をしているうちに苛ついてきて「あ〜〜〜、ああ〜〜っ、あ〜〜〜」とヤバイくらいヒステリックに叫んでいます。

    崇徳院(井浦新)が生き霊になったときに近いほどヤバイです。

    礼儀や道理を重んじて曲がったことはしてこなかったというのに、何者かによるテロ行為で賞賛されてしまったので、思考がショートしかけてる??

    部屋にやって来た妻・経子(高橋愛)が立ち尽くしている重盛を抱きしめ、BGMで「遊びをせんとや♪ 生まれけむ〜♪」

    目が行っちゃってる重盛は「なれぬ。私は父上には・・・なれぬ!」

    どうやら、身体の具合もそろそろ悪くなってきた様子もうかがえます。
    −◆−

    都には赤い装束 (羽根っぽい質感は『セサミストリート』のビッグバードみたいで、色はエルモ)を身に着けた”おかっぱ頭”の『禿(かむろ)』と呼ばれる少年の一団 (柴田正弥、太田唯、八木脩嘉ら=微妙に中性的)があらわれました。

    平家を悪く言う人々のことを密告させるなどして”思想犯”を捕まえちゃう。
    中国共産党や朝鮮労働党みたいな・・・だから衣装が赤なのか!?

    京都において反幕府勢力を取り締まった新選組的な組織?? (新選組ジュニア!?)



    一方、伊豆の北条時政(遠藤憲一)の館では、集まった東国武士たちが都に現れた『禿(かむろ)』のことや、平家の専横政治について居酒屋状態でお話ししています。

    これも『平治の乱』で政治的にも軍事的にもミスった源義朝(玉木宏)のせいだと言い始める面々。

    時政(遠藤憲一)が気を遣って東国武士を黙らせようとしても、止まりません。

    それまで生気無くその場に佇んでいた頼朝(岡田将生)に、突然スイッチが入って「我が身は滅びても、源氏の魂は断じて滅びぬ!」と、ミスターの引退試合での「巨人軍は永遠に不滅です。」みたいなことを力強く口にし始めました。


    ほころびが見え始めた平家と、スリープモードから復帰しつつある源氏・・・。


    ああ、今回も政子(杏)の出番が少なかったよう〜〜〜。
    題名からして『平清盛』だから仕方ないけど・・・。


    それにしても『殿下乗合事件』って、ドラマ的にはもっと面白くなりそうな気がするのに、どうしてこの程度なんだしょうねぇ????








    ★BS時代劇「薄桜記」最終回 >>










    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      大河ドラマ「平清盛」。第37回、殿下乗合事件。 清盛は福原で日宋貿易の話を進める。 一方、京では事件が発生。 何か今回もすっきりしない話・・・
      • センゴク雑記
      • 2012/09/25 1:40 AM
      大河ドラマ「平清盛」第37話は清盛が宋との貿易を本格化させるために後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会させる事にした。後白河法皇の説得には時忠があたり珍しい物好きの後 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/09/24 10:36 PM
      福原で貿易を開始するために 宋の権力者を懐柔すべく画策する清盛-- まずは献上品作戦にて福原に呼び寄せることに成功。 珍しもの好きの法皇をも赤い鳥の羽で呼び寄せて--- 2人の謁見を成功させた清盛は...
      • shaberiba
      • 2012/09/24 9:20 PM
      JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛は、しだいに日宋貿易を本格化させます。このため、後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会してもらうことに。法皇が京を抜け出して外国人と直接会うなど前代未聞と、貴族たちは恐れおののくばかり。そんな中、摂政・藤原基房に重盛の子たち
      • ふるゆきホビー館
      • 2012/09/24 7:32 PM
      『殿下乗合事件』 内容 福原に移り住んだ清盛(松山ケンイチ)は、宋との貿易を本格化させようと、 大輪田泊の整備を開始する。 やがて博多より周新(桜金造)を招き、宋との仲立ちを依頼。 一方で、...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/09/24 5:32 PM
      日宋の貿易を本格的に行おうとする清盛。 それには金が必要と考え、金の多い奥州の藤原秀衝を鎮守府将軍に懐柔したりと、やることやってる。 続いて時忠に頼んで後白河法皇を懐柔。 時忠は弁が立つからねえ...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2012/09/24 4:38 PM
      今回の話、面白かったなぁ。 清盛は福原にて、後白河法皇も同席で 宋人を迎え、貿易で世の中を豊かにする目標に向かってまっしぐら。 重盛の嫡男が(つまりは清盛の孫)、摂政・藤原基房の輿と出会った...
      • よくばりアンテナ
      • 2012/09/24 4:35 PM
      平忠盛の三男、経盛は母方の祖父に村上源氏・源陸奥守信雅を持つ。歌人としても楽師としても才能があったらしい。 経盛の長男・経正は琵琶の名手となった。 清盛の最初の妻は高階家の娘だが、その父は醍醐源氏の出身で安倍晴明のパートナー源博雅を先祖に持つ。 清盛の
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/09/24 4:10 PM
      公式サイト 黒幕化していく清盛と、その巨大な力の前になすすべなのない重盛。 粗筋
      • 昼寝の時間
      • 2012/09/24 3:09 PM
      【第36回の視聴率は、9/24(月)追加予定】「殿下乗合事件」奥州の藤原秀衡役の京本政樹さん、化粧、ちょっと濃すぎでは?(^^;)まるで宝塚みたいでした(^^;)平家の皆さん、...
      • ショコラの日記帳
      • 2012/09/24 1:31 PM
      「巨人の影」レビュー、遅くなってしまって、すみません。第36回の視聴率は、前回の10.5%より、少し下がって、10.1%でした。ギリギリ、10%台で踏みとどまって良かったです。 最近...
      • ショコラの日記帳
      • 2012/09/24 1:30 PM
      父上には、なれない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209230004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラン...
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2012/09/24 12:39 PM
      1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。 治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。 そんな折、重盛(窪田正孝)の...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/09/24 12:19 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten