リッチマン、プアウーマン#10〜小栗旬「あいつの顔が見たいだけなんです」

0
    リッチマン、プアウーマン#10
    「あふれる想い…私たちが出した答え」

    国発注の『全国民個人情報管理システム=パーソナルファイル』にまつわる話しが削ぎ落とされて、日向(小栗旬)と真琴(石原さとみ)の恋の行方に焦点が集まり始めたのでスッキリしてきました。
    −◆−

    営業姿勢が上から目線の日向(小栗旬)を指導する真琴(石原さとみ)

    クライアントに対してでも「あなたはバカですか」と言うとする日向。
    真琴は日向に「あなたがバカです。」

    日向「バカにバカと言って何が悪い。」
    常識にとらわれず、マイペースに生きてきた日向徹の個性が可笑しいですねぇ。


    営業周りをしながら、真琴に営業態度などの採点を求め「75点」「89点」と徐々に点数が上がります。

    日向は「上手くやりたいんだぁ」と、常識的な営業スキルをちゃんと身につけたい旨を素直に口にします。

    すると真琴は「カッコイイですよ。今の日向さんが一番カッコイイです。」

    日向が社会性を身につけていく流れの中での、真琴と日向の親密性とかが可愛らしい。


    で、移動中にバスの最後部座席で居眠りした真琴(石原さとみ)が、日向(小栗旬)の頭を乗っけている可愛らしくて典型的な場面があったりして、恋愛ドラマらしいフカフカした雰囲気が・・・。。


    上記のような序盤部分に加え、ラストでは、日向が思いを告げればいいのに上手く本心を言い出せなくて真琴と気持ちがすれ違っちゃって、視聴者が焦らされる伝統的な手法(『愛染かつら』『君の名は』『澪つくし』などなどから面々と引き継がれてきた‥)も用いられて、恋愛ドラマの要素がクッキリしましたねぇ。
    −◆−

    ラストでは素直な気持ちを口にできなかった日向(小栗旬)ですが、自分の気持ちを素直に口にできた場面もありました。

    真琴が「しばらくお休みさせてください」とメールしてきて連絡が取れなくなってしまい、禅寺で気持ちを整理しようとする日向が「嘘つき女。居なくならないと言った。何なんだよ・・・。僕だってお前の気持ちに答えたじゃないか・・・」などと独りごちながら悶々・・・。

    禅僧・笛木(中原丈雄)が「人に近づきすぎると心乱される。嫌な自分にもなる。それを含めて相手を受け入れる。それが誰かと一緒に居るというコトじゃないですかね。」と教導の言葉をかけます。

    すると日向は「僕はただ、あいつの顔が見たいだけなんです。」
    日向徹が、こんなに素直な言葉をシンプルに口にするなんて!!

    前のシーンでは、真琴を探してアパートに行って部屋の中の様子を探るストーカーまがいの行為に及んでいましたし、恋の力は絶大です。
    −◆−

    もう一つ、日向(小栗旬)の素直場面。

    真琴を探しに彼女の郷里に行って、燿子(相武紗季)に促されて実母・澤木千尋(萬田久子)と会った後の場面。

    あれほど探し求めていた実母との再会を「何も無かったよ。恨みも怒りも・・・。」として、特段の感慨が無かったことを燿子に語った日向。

    燿子「もっと会いたい人が他にできたってコトじゃないの? 今あなたが会いたいのは夏井さんなのよね。」

    日向がすんなり「うん」と頷き、燿子が「意外と素直ね。」

    あんな変人だった日向が、真琴の存在によってこんなに素直な言葉をいえるようになっちゃいました。

    250億円あった資産より「恋の力」の方が日向を変化させる・・・。


    で、かねてから澤木千尋(萬田久子)を求めて「NEXT INNOVATION」でパーソナルファイルを手がけ、このたびは真琴の思いに応えて「WONDER WALL」を起こした日向って、根本にはマザコン部分がありますね。
    −◆−

    ”Stel製薬”の研究所にいる真琴(石原さとみ)に会いに行った日向(小栗旬)が「大事な話がある。」

    真琴「私も話したいことが・・・」

    このあと、日向は真琴への思いが喉まで出かかりながら 「(Stel製薬の)研究所に行きます」という真琴に対して「いいんじゃないか。やってみろ。」と前向き発言・・・。

    真琴「居なくならないと言ったのにスミマセン。」

    「別にイイ。もともとそんなに真に受けてない。」と、ことさら明るく振る舞う日向。

    研究所に戻る真琴と去って行く日向。
    日向が振り向いたとき、真琴は向こう向きに歩いていて、真琴が振り返ったときは日向があっち向きに帰って行って・・・・。

    二人のタイミングが合わず、視聴者はジリジリ・・・。
    −◆−

    さて、話は前後しますが真琴の心模様・・・。

    「WONDER WALL」での営業活動で日向に社会性が身に付いて、真琴が「もう完璧だよ。もう言うことなくなっちゃったよ。」と感慨ひとしおでウルウル・・・。

    世間でも日向の復活が話題になって雑誌に『帰還』と大見出し。
    (遺影みたいに太い黒枠で囲んだ日向の写真は勘弁して欲しいなぁ)

    「復活してくれて本当に嬉しいよ。やっぱり日向徹カッケェな。格好良すぎちゃって、前より仕事できちゃってるし。
    でも、凄すぎて一緒に居るのが何か辛い」
    と真琴は涙・・・。


    わざわざ「日向のように仕事ができるようになりたい」と研究所に行かずとも、シンプル日向と一緒に居たら良いのに・・・。

    真琴ちゃんの感情は複雑ですねぇ。
    それと、子供のような日向に一般常識を教え込んだりする真琴は『母親目線』かな・・・。

    そういう意味からすると、真琴は”澤木千尋”なもかもしれません。
    −◆−

    さて、真琴と日向のラブストーリー部分を離れて、このドラマの駄目な部分・・・。

    背任容疑で逮捕された朝比奈恒介(井浦新)について、東京地検で事情聴取を受けている日向が「なぜ朝比奈がやったと分かったんですか?」と逆質問。

    すると検事が「リークした人間が居るんですよ」と口火を切って、遠野(綾野剛)が「金の為じゃ無い。ただあの二人に遠野を敵に回すんじゃ無かったと思わせたかったんだ。あいつスゲーことすんなって認めてもらいたかった俺のこと・・・一度でイイから」と証言したことを日向にペラペラ喋っちゃいます。

    日向のセリフをお借りしますと「あなたはバカですか」って感じ。
    東京地検の検事ともあろう人間が、こんなに口が軽くてどうするの!!

    それと「リークした」って表現は微妙にズレてる気がします。

    当事者の遠野(綾野剛)が単に”口を割った”だけのことであって、これを秘密の暴露・漏洩に用いることが多い「リーク」という単語を当てはめるのは誤用だと感じました。


    相変わらずの脚本です・・・。
    企業、官庁、検察など、組織化された社会と繋がると途端にボロが出ちゃいます。

    このドラマにおける企業や官庁などを扱うパートは、『ルーキーズ』や『もしドラ』で打者が一塁ではなく三塁に向かって走り出しちゃうようなものだと思うのであります。
    −◆−

    「NEXT INNOVATION」は上場廃止だとか・・・。

    朝比奈恒介(井浦新)が逮捕されただけでは上場廃止なんてことにはならないから、何が原因だったんでしょうね。

    考えられるとしたら債務超過??


    で、朝比奈容疑者(井浦新)が勾留されてる様子を見ると、テレビ東京系『モリのアサガオ』を思い出すのだけど、髪型は真逆でしたね。

    未決囚の朝比奈容疑者(井浦新)はロン毛だけど、『モリのアサガオ』の死刑囚(ARATA)は短髪だったものね。

    そんなことはさておき、刑務官が見せたコミック版『バカボン』について朝比奈容疑者は「笑えない。無茶苦茶なだけだ。」

    しかし日向と過ごした日々を思い起こしたときには「楽しかった。楽しかったなぁ・・・」と涙。

    朝比奈にとって『バカボン』は面白くないけど『NEXT INNOVATION』は面白かった・・。

    安易に赤塚不二夫の傑作ギャグ漫画『バカボン』を道具に使うな!!
    すくなくとも安達奈緒子氏の脚本よりは、『バカボン』の方が遥かに上なのだ!!
    −◆−

    朝比奈(井浦新)の戻る場所を残しておきたいとして「NEXT INNOVATION」に復帰する日向。

    友情物語!?

    ユーザーへの賠償金だけでも50億円を要すことになった『500万人分情報流出事件』を故意に起こして会社に巨額の損害を与え、社会的信用を失墜させた朝比奈(井浦新)に戻る場所なんて無いと思うなぁ・・・。

    会社は日向の私物では無いから、朝比奈の「NEXT INNOVATION」復帰なんて社会的に考えられない。


    同じ意味で、真琴の「日向さんと朝比奈さんの最強コンビ大好きなんです。」ってセリフも、シックリきませんでした。

    愛する日向の会社や人生を台無しにしようとした朝比奈に対して、どうしてそんなに好意的で居られるのか、根に持つタイプの小生には分かんない・・・。
    −◆−

    今回、凄い偶然で日向と同じ電車の乗り合わせた燿子(相武紗季)って、ホントに偶然??
    日向の後をつけていたとか??

    相武紗季は、半端な登場人物になってしまいましたねぇ・・・。

    綾野剛も無駄遣い・・・。
    オムライスを作っただけの澤木千尋(萬田久子)も、ドラマ序盤のキーパーソンだったとは思えないし・・・。
    −◆−

    あれやこれやで、企業ドラマ部分とかが削ぎ落とされて、ラブストーリーに収束しながら最終回に向かっている『リッチマン、プアウーマン#10』でありました。

    脚本家が意気込んでいる割に、穴だらけ、隙だらけだった企業部分が薄まり、すくなくとも『パーソナルファイル』の「パ」の字も出てこなかったので個人的にはスッキリできました。


    余談ながら、《バス後部座席比較》では『海猿』伊藤英明加藤あいが後部座席でキスをした場面の方が好き・・・。


    あと、ドラマの中だから良いけど、日向に「お休みします」とメールだけ送って、いつの間にか”Stel製薬”で働いてるって、真琴(石原さとみ)は社会人としては最悪の掟破り非常識女や〜〜。
    −◆−

    『浪花少年探偵団』では先週の『東野圭吾ミステリーズ』に続いて平岳大がまた犯人!?
    なんじゃそりゃ〜〜!!

















    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2017.06.02 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      んん?? ちょっと目を離した隙に(笑)、真琴が研究所へ行ってる!? 白衣来てたから、ビックリしましたよ。(^-^;A あれだけ「私はいなくならない!」と言っておきながら、日向の元から離れたってことですか...
      • ドラマ de りんりん
      • 2012/09/12 8:58 PM
      遠野だったんかぃ。。。(o_ _)oドテッ てっきり燿子が兄を売ったのだと思い込んでたけど、こいつがいたっ!(笑) まぁねぇ、いくらなんでも妹にそげな仕打ちをされてしまったとなると あまりに朝比奈さんが哀れなので、この流れには納得だけど、リークした 理由があま
      • あるがまま・・・
      • 2012/09/12 5:06 PM
      『あふれる想い…私たちが出した答え』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/09/11 8:17 PM
      何にもなかったよ。 恨みも怒りも。 ただ、良かった。この人も元気そうで、って思ったぐらいで。 ああ、あんなに捜してたのは何だったんだろうって感じだ。 「リッチマン、プアウーマン」第10話 ...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/09/11 7:14 PM
      『あふれる想い…私たちが出した答え』 内容 顧客情報を流出させたと朝比奈(井浦新)が逮捕された。 日向(小栗旬)も地検で、事情聴取されることに。 検事によると遠野(綾野剛)が、リークしたという...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/09/11 5:38 PM
      視聴率は 15.8%・・・前回(13.7)より あふれる想い・・・私たちが出した答え
      • ドラ☆カフェ
      • 2012/09/11 5:26 PM
      2012.9.10 Mon On-Air Story#10「あふれる想い…私たちが出した答え」 日向徹(小栗旬)は、東京地検の検事から逮捕された朝比奈恒介(井浦新)について事情聴取を受けていた。朝比奈が顧客情報を流出させたことを知らなかったと証言した日向に検事は、それをリーク
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/09/11 4:38 PM
      フジ系ドラマ『リッチマン、プアウーマン』(公式)の第10話『あふれる想い…私たちが出した答え』の感想。 なお、本作を面白いと思った方や出演者のファンの皆さんは読むと不愉快になりますから、読ま...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/09/11 1:48 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten