新たな「構造改革特区」認定と「障害者自立支援法」

0
     11月22日に、山口県などが求めていた刑務所事務の民間委託など105件の「構造改革特区」が新たに認められました。
    で、主な内容の一つに「福祉施設への利用者送迎で、セダン型車両の使用も可能にする(埼玉県)」という項目が記者発表されています。

     規制緩和は結構なことだけれど、そもそも福祉施設への利用者送迎で車のタイプが限定されている方がどうかしている。

     利用人数や、利用する個人毎の身体の具合も千差万別であろう事柄を、一括りにして利用に枠をかけるような手法は、福祉の現場にそぐわないように思えるのですが・・・。

     縛りをかけないと、タクシー代の代わりに福祉予算を使われるとでも警戒しているのかもしれませんが、この程度の緩和ならば、特区ではなく一気に全国展開すればいいのに・・・。

     こんな程度のことしかできない中央官庁・官僚が、障害者自立支援法の施行において充分福祉の現場・現状について配慮が行き届いているのか心許ない限りです。


    酒蔵(さけぐら).com

    スポンサーサイト

    • 2019.06.04 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten