平清盛 第32回「百日の太政大臣」★不老不死・松田聖子が唄って踊る!!

0
    『平清盛』第32回「百日の太政大臣」

    1165年、清盛(松山ケンイチ)は武士として初めて大納言に出世。
    武士を下に見ている藤原基房(家電俳優・細川茂樹)や兼実(相島一之)は不快そう・・・。

    一方、平家一門は清盛の立身出世で盛り上がっております。


    なにやら、頂点に向かって位階が上がることばかりが描かれていて、清盛が何をしたくて政治的トップを狙っているのかが伝わってきません。

    『新しい世』を目指すという目的意識が希薄になっていて、上昇志向が強いだけに見えてしまいます。
    −◆−

    伊豆の頼朝(岡田将生)は、監視役の豪族・伊東祐親(峰竜太)の娘・八重姫(福田沙紀)と懇ろに・・・。
    そして妊娠。

    これを祐親に知られては大事だと考えた八重姫の母親が、別の男と八重姫を結婚させ、お腹の子はその男の子供だということにしようとします。

    そんないきさつを頼朝に説明する八重姫は「あ〜〜、あ〜〜〜」と突っ伏して号泣・・・。

    この場面、福田沙紀の”泣きの演技”にかなり不満を感じました。
    ぎこちないですね。

    あと藤九郎(塚本高史)らと比べると頼朝(岡田将生)は清潔で美白・美顔。
    流人といっても、源氏の棟梁だから一人だけキレイなのかな??

    あれなら汚い画面が嫌いな兵庫県・井戸知事閣下にも気に入ってもらえるわ。
    −◆−

    清盛の後ろ盾だった摂政・藤原基実(村杉蝉之介)が死んでしまい、平家を憎悪する基房(仮面ライダー響鬼・細川茂樹)があとを継いじゃったから、清盛は政治的ピンチ・・・。

    しかし長年にわたって藤原摂関家に仕えた藤原邦綱(岡本信人)が訪ねてきて、基実の所領たる広大な荘園を後家となった清盛の娘・盛子(11歳!)に相続し、清盛が管理することにすれば平家を支える財になると策を授けます。

    アメリカの悪徳弁護士みたいな発想ですね。


    で、窮したときの邦綱のサポートに気を良くした清盛は「危うい事になっても常にこうして助けてくれる者が現れる。財をなげうち武力を駆使し、身を削ってそれだけのものを、我らは築き上げてきたのじゃ。皆、わしに続くがよい!

    『頑張ってきたから、見てくれてる人が居る。頑張ってきたから助けてくれる』という理屈は間違っていないのですが、意気揚々としている清盛に”おごり”を感じちゃいました。

    後ろ盾だった田中角栄や金丸信が居なくなっても、20年余にわたって永田町で政治を引っかき回す小沢一郎氏みたいな悪い印象が清盛と重なりました。
    −◆−

    清盛は大納言から内大臣。
    さらには皇太子の側仕えの東宮大夫も・・・。

    どんだけ出世や肩書きが好きなのよ。
    改革者の物語のはずだったのに、出世欲の強い男の話になっちゃった??

    派遣労働者数が300万人に近づいてる夢の持てない現代社会にあって、清盛の『立身出世物語』は支持を得るとは思えないわ。

    小生が子供だった頃の高度成長期だったら、みんな夢があったから『立身出世物語』が受けたかもしれないけど・・・。

    そんな「お偉いさん」になった清盛(松山ケンイチ)が、大番役・伊東祐親(峰竜太)を見かけて「忠勤に励んでおるようじゃのう・・」と声がけ。

    恐縮しきった祐親「ははぁ・・」と平身低頭。

    前回に続いて、今回も清盛にたいして異様にビビっています。
    (伏線敷きまくりです。)
    −◆−

    平家が公卿に負けていないことをしめすために、平清盛が超ゴージャスな舞を献上する宮中行事『五節の会』

    蘇利古(そりこ=紙のお面)をした後白河上皇(松田翔太)が、基実の所領を平家が相続できるよう藤原邦綱(岡本信人)に知恵を授けたのは自分であると清盛に開陳して「ははははは・・」と、いつものように意味も無く昭和の登場人物みたいな笑い声。

    さらに東宮大夫の件など、清盛の出世はすべてが後白河上皇の策であったことを明かし「ここは儂の世じゃ。朝廷は勝手にさせん。」

    「次は太政大臣。名はあれど力は無い。」と言った後白河はサイコロを転がし「これで上がりじゃ。」と双六に例えます。
    「そなたら武士は、どこまで上ろうと番犬のまま死んでゆくのじゃ。」


    すると微妙にアレンジの違う「遊びをせんとや♪ 生まれけむ〜♪」が聞こえてきました。

    兼実(相島一之)らによって”一の舞姫”が拉致されたために盛国(上川隆也)が機転を利かせて代役を頼んだ乙前=祗園女御(松田聖子)の歌う今様です。

    前に見たときから歳を取っておらず、乙前は不老不死の妖怪変化でしょうか??
    今にも『青い珊瑚礁』を唄いそうな若々しさ!!

    乙前は軽く60歳を超えているはずなのに、この肌の張りは『化粧品・アスタリフト』の霊験ですね。
    −◆−

    上皇の手のひらで踊らされていた事実を知ってショックを受けていた清盛でしたが、聖子ちゃんの歌を聴いて俄然元気が出ちゃいます。

    「ぞくぞくいたします。治天の君の掌の座り心地。存じておるは国広しと言えど、この平清盛のみにござりましょう。修羅の道を歩んできたゆえにこそのこの心地。 存分に、味わい尽くしますぞ。」と開き直り発言。

    同時に、ご大層なBGM♪
    −◆−

    その後、乙前(聖子ちゃん)と双六遊びをする清盛は「双六は面白き遊びにございますな。賽の目の出方ひとつで駒の動きが変わる。遅れを取っていた者も良き目を出せば立ち上がることができまする。 のぼりつめて見せまずぞ、この世の頂きに。」

    ここまで来ると理念無き出世欲みたいで感じ悪い・・・。
    この世の頂に立って、「何をしたいか」を語れよ!!


    で、白河の落胤である出自のことを含めて清盛自身が『遅れを取っていた者』だという意味合いもあるのでしょうが、伊豆の流人・頼朝(岡田将生)こそが『遅れを取っていた者』で、やがて良き目を出して立ち上がるのであります。

    棺桶に入るまで人生は勝ち負けが分からないのであります。
    −◆−

    八重姫の子の存在を知った伊東祐親(峰竜太)が伊豆に帰省してきました。

    八重姫を孕ませた男・頼朝(岡田将生)は「この子と共に暮らしていくことをお許しくださいませ。」と祐親に懇願。

    八重姫は祐親に「抱いてやってくださいませ。かわいいでしょ、父上の孫にございますよ。」
    いまひとつ、ことの重大性に気づいていない様子の八重姫は、赤ん坊の可愛さでなんとかなると軽く考えてるのか・・・。
    (一般的には”爺・婆”は孫に弱い)

    祐親は千鶴丸を無言で外に連れ出し森の中へ・・・。
    八重姫が後を追います。

    しばらくすると八重姫が「何をなさいます!」と悲鳴。
    そして「いや〜〜〜〜! いや、いや〜〜〜〜千鶴丸〜〜〜〜、千鶴丸、いや〜〜〜〜〜」と慟哭!

    祐親(峰竜太)が赤ん坊・千鶴丸を川に沈めて殺したのです。
    森の中から「源頼朝の子だと! そんなことが清盛様にしれてみろ、我ら伊東一族などひとたまりもないわ!」と祐親の罵声が聞こえてきます。

    八重姫「いや〜〜〜〜千鶴丸〜〜〜〜」と泣き叫ぶ声が続いています。


    戦で親兄弟を全て亡くし、身内などというものは生涯得られまいと思っていたものの、赤ん坊を授かって人生が変わると思った矢先に、平清盛の信頼を受けている伊東祐親に赤ん坊を殺された頼朝(岡田将生)・・・。

    重くのしかかる場面なのですが、またまた福田沙紀の演技に大不満。
    (オスカープロモーション所属でなきゃ出演できないレベル)

    そもそも八重姫という人物と福田沙紀はマッチしていないように思えます。
    ミスキャスト。


    そんなこんなで、清盛は太政大臣の座に上り詰め、一門の者をお手盛りで昇格・昇任させまくって平家を盤石に・・・。

    そして100日で辞任。(サイテー宰相の鳩山由紀夫氏、菅直人氏より短い任期!!)


    選挙に勝って政策を実行することが目的なのに、選挙に勝つことが目的化しちゃう『小沢的・選挙至上主義』と、時代の変革者としての意識が薄まった清盛の『出世至上主義』が被ります。


    結局、従前からの清盛の悪者イメージを打破できないのかな・・・。
    −◆−

    『平清盛』をお休みして中継したロンドン五輪・男子マラソンの平均視聴率は関東地区24.3%で、今回の退屈な『平清盛』は10.4%・・・・。

    崇徳院の祟りじゃ〜〜〜。

    こうなったら、松山ケンイチや松田聖子ら出演者一同でマラソンをして中継したらいいかもね??










    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛の出世はとどまることなく、とうとう大納言にまでなります。しかし、これをよく思わない公家は多く、しだいに反発は大きなものに。宗盛や知盛らは「父上は凄い」と無邪気に喜びますが、太政大臣に進むと有名無実にされる恐れも。そんなとき
      • ふるゆきホビー館
      • 2012/08/23 7:25 PM
      うわっ 残酷〜〜〜〜(; ̄□ ̄ 赤ちゃんが。。。。 こりゃぁ地雷回だったなぁ… 視聴率大丈夫かしら。 うーん 戦のシーンはカットして、こういう場面はOKって感覚がわからないなぁ。 ...
      • 青いblog
      • 2012/08/21 11:24 PM
      そなたが次に昇るのは太政大臣-名はあれど力はない。 (武士は)これで上がりじゃ-- 後ろ盾だった娘婿藤原基実を突然病で失い窮地に陥った清盛ですが 藤原邦綱の助言から莫大な財産を後家盛子(娘)の手...
      • shaberiba
      • 2012/08/20 10:06 PM
      『百日の太政大臣』 内容 後白河上皇(松田翔太)および摂政・藤原基実(村杉蝉之介)と姻戚関係となり 朝廷内での発言力を増していく清盛(松山ケンイチ) 永万元年。ついに清盛は大納言となる。 だが...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/08/20 8:34 PM
      大河ドラマ「平清盛」第32話は清盛は大納言に昇進したが、なかなか権力を掌握するまでに至らなかった。そんな中頼朝は伊豆で八重姫との間に子ができて喜んでいた。そんな中で清 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/08/20 8:19 PM
      DVDが出たら買っちゃうかも・・・しれないわ。
      • これでわかるレダ
      • 2012/08/20 3:50 PM
      位人身を極めた平清盛である。 しかし、この国では帝こそが至上の位である。 後は帝位の剥奪しかないのだ。 だが・・・それはこの国ではあってはならないことである。 どのくらいあってはならないかといえば・・・今、これを記していてもプレッシャーを感じるほどだ。
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/08/20 3:12 PM
      公式サイト 長寛三年( 1165年) 、武士としてはじめて権大納言となった清盛。
      • 昼寝の時間
      • 2012/08/20 1:22 PM
      えっと、サブタイトルは太政大臣って出てるけど、 そこに至るまでの話でしたね。 太政大臣になってからのことはナレだけで百日終わっちゃった(^_^;) なんで百日後に辞任したのかってことは、 次回なんでし...
      • よくばりアンテナ
      • 2012/08/20 1:01 PM
      太政大臣を、辞任… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208190004/ 平 清盛 三藤本 有紀 NHK出版 2012-07-26売り上げランキング : 10325Amazonで詳しく見...
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2012/08/20 12:39 PM
      摂政基実(村杉蝉之介)を後ろ盾に、清盛(松山ケンイチ)は出世の道を駆け上る。 一方、伊豆の源頼朝(岡田将生)は伊東祐親(峰竜太)の娘・八重姫(福田沙紀)との間に、 ひそかに子をもうけていた。 ...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/08/20 12:25 PM
      始めて大納言に上った清盛。 家族にもてはやされるあたり、一族のおさとして貫録がついたというか。 しかし京の『鵺』は、周りを快く思わない連中を作るようで・・・。 前代未聞がまた、周りのやっかみを...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2012/08/20 11:39 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten