「梅ちゃん先生」第113回(8月10日)〜早野(津嘉山正種)さん「ご苦労様でした」

0
    堀北真希「梅ちゃん先生」
    第113回(8月10日)


    肝臓ガンで自宅療養を続けた早野さん(津嘉山正種)のいまわの際。

    梅子(堀北真希)が脈を診て、いよいよだと判断して妻・妙子(丘みつ子)らに「さいごのお別れを」

    梅子の佇まいが、穏やか・・・。
    心乱すことなく頑張ってる。

    妙子が絞り出すように「ご苦労様でした」
    この短いセリフに胸が詰まりました。

    これ以上無い送別の言葉ですよ。
    仕事から闘病まで、人生のすべてについて”ご苦労様”。

    小生が世を去るときに、そう言われたら、どれほど報われた気分になるだろう・・・。
    −◆−

    梅子が臨終を告げると、妻・妙子、娘・小夜子(伊藤久美子)と孫の男の子が、むせび泣き・・・。

    妙子と小夜子は、病気治療だけではなく、家族の再生にも助力した梅子に感謝。

    梅子も早野さんに教わることがあったとして「ありがとうございました。」

    臨終シーンに、鼻の奥がツ〜ンときました。


    早野さんを演じた”津嘉山正種さん”は、自宅療養し始めた頃から味が出てヨカッタですねぇ

    さすがに芝居が巧い。
    お髭とか、顔つきとか、口調とか、テンポとか、全部ヨカッタ。


    脳梗塞で三度倒れられた津嘉山正種さんだからこそ出せる味もあるのかな・・・。


    そもそも声優としての”津嘉山正種さん”も好きでね、『刑事コジャック』のクロッカー刑事役のときに声が好きになって、ハリソン・フォードだとか色々ね・・・。
    −◆−

    早野さんが無くなった日に、姉・松子(ミムラ)の妊娠の知らせを聞いた梅子。
    胸に去来するものがあって安岡家に駆け戻りました。

    ノブ(松坂桃李)が梅子の様子に気づいて、「今日は色々あったな」と抱き寄せます。
    ノブの胸に顔を埋めて泣く梅子。
    少しでも心を安めようと彼女の頭を頭をナデナデ。


    良い場面!!
    心の痛みを受け止めてもらえてヨカッタねぇ。
    ノブと結婚してヨカッタね。








    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      いよいよ梅子とノブが結婚。 とおもいきや、その後もいろいろ大変なことが勃発。 集団就職で新しい人が安岡製作所に就職。 そして早野の最期。 ゆるやかな世界観の中でもいろいろなことが起こっているね...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2012/08/12 10:12 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten