女性警官に集団セクハラ「立件せず」身内に甘い神奈川県警サイテー!!

0
    今年3月、神奈川県警大和署の4人の男性警察官が、20歳代の後輩女性警察官をカラオケボックスに女性を呼び付け、刑事2課の巡査部長が「服を脱げ」と指示。
    交通2課の巡査部長は顔に無理やりキス。

    さらに、女性警察官にブラウスとズボンを脱いでキスした巡査部長の服と交換するように命じ、女性警察官は男性警官の目の前で着替え・・・。

    セクハラ、パワハラ、強要、強制わいせつ・・・色々思い浮かぶけど、神奈川県警は「立件できないと判断した」

    身内に甘いなぁ・・・。
    職務上の地位を利用した犯罪でしょ。

    大人によるイジメじゃないですか。
    この時代に、こんなことをする感覚がなってない!!

    大津の”少年K”と同じで「じゃれていただけ」「遊びの範囲」だとでも言い訳する??

    警官がこんなことをしていたら、「イジメはダメ」だと子供に言えないでしょ。
    警察は「学校と地域と警察の連携だ大事」だとか口では言うけど、大人同士のイジメがまかり通っているようでは説得力ゼロ!!


    仮にセクハラ・パワハラ巡査部長に刑事罰を科せないとしても、民事で訴えることは出来ると思うけど、被害に遭った女性警察官が”警察”で仕事を続けるためには、訴えるなんてことは出来ないかぁ・・・。
    −◆−

    《大津イジメ事件》で、被害届を3度不受理だった滋賀県警大津署が、世間からの批判を受けて強制捜査に踏み切ったという、田舎警察ぶりにも立腹してました。


    今度は、昨年10月に大阪府貝塚市沢で府立高定時制1年の男子生徒が自殺した件。

    自殺した生徒さんの携帯に「16日までに3万8千円は無理や」と実名付きのメモが残っていたのに証拠不十分で捜査を打ち切った府警貝塚署でしたが、このたび「いじめの疑いがある」として再捜査へ・・・。

    同署は「遺族側から、いじめを受けていたことを示す新たな事実の提供があったため」と言うのですが、なんだか頼りない対応。

    《大津いじめ事件》を受けて、当該事件も放置できなくなったような印象も・・・。


    99%まともな警察官がいらっしゃっても、神奈川県警のセクハラ巡査部長や大津署、貝塚署などが信頼を失墜させてしまいます。





    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


    JUGEMテーマ:時事ニュース

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten