東野圭吾ミステリーズ#03 エンドレス・ナイト〜松下奈緒「全部大阪が悪い」

0
    東野圭吾ミステリーズ #03「エンドレス・ナイト」

    田村厚子(松下奈緒)は、夫の洋一(田中幸太朗)が大阪に立ち上げるアパレル・ブランドの経営を任され赴任していくことに反対して「私は嫌、大阪なんて。お金に細かくて、図々しくて、関西弁というのが苦手なの。」

    大阪生まれの小生は、思い当たる部分が多々あるので「ごめんなさい」と松下奈緒に詫びるしかない・・・。

    結局、BS時代劇『薄桜記』の丹下典膳(山本耕史)と同様に、大阪に単身赴任した夫・洋一。
    −◆−

    夫・洋一が殺害されたという警察からの連絡をうけて、新幹線で大阪へ・・・。
    新大阪では番場十三(大杉漣)たち刑事が出迎え。

    駅前では、いきなり大阪のオバチャンがペチャクチャとおしゃべりしています。

    大阪のオバチャンを登場させる感覚は、日本といえば『芸者、フジヤマ、寿司』という固定観念を持ってる外国人の感覚に近い・・・地元民としては少しトホホな気分。でも、大阪のオバチャンは現実に生息してるから仕方ない。
    −◆−

    殺害現場を見に行った後、厚子(松下奈緒)は番場(大杉漣)とともに洋一が暮らしていたマンションへ・・・。
    レシピ本を見ながら肉じゃがを作っていた跡が残っていたり、暮らしぶりの一端が垣間見え、そして厚子(松下奈緒)が涙・・・。

    キャスト的に犯人は松下奈緒しかあり得ないとは思うものの、とても彼女が犯人には見えません。
    −◆−

    その夜、洋一のマンションで寝苦しそうにしている厚子。
    玄関で物音がして、確認に行くと刃物を手にしたハゲ男が出現!!

    必死でドアから逃げ、エレベーターに駆け込みました。
    エレベーターの「閉」ボタンを高橋名人の16連射並みに押し続けて、ようやく扉がしまって助かりました。

    厚子を取り逃がしたハゲ男が、もしも吉本の島木譲二 (病気療養中)だったら「しまった、しまった、島倉千代子」と言う場面かな・・・。
    −◆−

    番場(大杉漣)は、捜査もかねて厚子(松下奈緒)を大阪見物させます。
    道頓堀、食い倒れ、ミナミ、グリコの看板・・・。

    ビリケンさんの前では、アニマル柄など派手派手のオバチャン軍団がなれなれしく厚子に話しかけてきて、御利益があるから「触って、触って」と強引に手を引っぱってビリケンさんに触らせています。

    世話焼きなオバチャンらですが、奇跡的にカバンから”飴ちゃん”を取り出すことはありませんでした。
    −◆−

    番場が聞き込みに将棋センター『三桂クラブ』に入って、厚子が外で待っていると、タイガースの帽子(白地にタテ縞バージョン)を被ったオッサン(大木こだま)が、「串カツ屋探してるんやろ」などと馴れ馴れしく話しかけてきます。

    さすがに「往生しまっせ〜」「ちっちきち〜〜」も言いませんが、それでも大阪嫌いの厚子は半ばパニックに陥り「もう、嫌っ!!」と叫んで走り去っていきました・・・。

    関西でも最もネチっこい部類のオッサンですから、ビビっても仕方ないかなぁ・・・。

    で、心配して追いかけてきた番場に「だから私、大坂が嫌いなんです。セカセカしていて、お金儲けばっかり考えて、市長はホステスと”CAコスプレ不倫”してるし・・・(最後のフレーズまでは言わなかった)。」

    あ〜ぁ、大木こだまのせいで、厚子は余計に大阪嫌いになっちゃった・・・。


    そんなこんなで、番場が「釣鐘まんじゅう」を買いに和菓子屋に・・・。
    番場を逆恨みした悪者からの嫌がらせてノーローゼになって自殺した奥さんの好物だったそうです。
    (亡くなった母親も”釣鐘まんじゅう”を買ってくれたなぁ・・・40年くらい前ですわ)

    で、番場が饅頭を買いに店に入ってる間に”ハゲ男”出現!!
    悲鳴を聞いた番場が店から出てきて、厚子が指した路地に向かいましたが、そこは行き止まりでハゲ男の姿もなく・・・。

    マンションのときも、このときも、なんとなく、そうかなって・・・ね。
    −◆−

    ハゲ男は、江田哲夫(53歳)というヤクザだと判明し、府警の刑事達が暴力団系金融屋『ハート信販』の事務所にがさ入れ。

    刑事「すまんな、邪魔するわ」

    吉本なら「邪魔するんやったら帰って」とお約束のギャグが入る場面だけど、シリアスなミステリーなので、ヤクザはヤクザらしくしています。

    刑事が江田哲夫の居場所を聞きますが、江田哲夫は1ヶ月前に”肝硬変”で死んでいました。
    −◆−

    江田哲夫が死んでいたことで、番場は詰めに入り、「奥さん、いつまで大阪に住まわれていたんですか?」と厚子に切り出します。

    「分かってらっしゃったんですね。」と厚子は答え、過去を話し始めます。

    商売人の父親が一山当てようと岡山から大阪の出てきたのですが、結果は散々で借金苦に・・・。
    最後の勝負だと言って店を担保に”ヤミ金”から借金しようとする父親。

    母は「狂ったように反対」して包丁を振り回す有様。
    この様子を目の当たりにしていた子供時代の厚子・・。

    両親が大もめで、優しいはずの母親が包丁を振り回す悲惨な状況を見たら”心的外傷”が残るわ・・・。

    そして、父親はドツボにハマり、酷い取り立てにあった挙げ句、首つり自殺。
    学校から帰ってきて、扉を開けた子供時代の厚子が、ぶら下がった父親の遺体を発見して茫然自失。

    これは精神的にキツいわ。

    「母はよく言ってました。大阪は怖い町や。大阪で商売をすると何かに取り憑かれたように人が変わるって、父は『大阪に殺されたんだ』って。」

    松下奈緒の大きな目が赤く滲んでいます。

    我が故郷・大阪は、そんなにイメージ悪い??
    −◆−

    過去のことを聞いた番場が、”ハゲ男”は1月前に死んだことを明かし、「奥さんは幻覚を見てはったんです」

    子供の頃取り立てに来たのが”ハゲ江田”で、それが幻覚になったというのが番場の考えです。
    (山田優主演『VISION 殺しが見える女』だったら、”ハゲ江田”は幽霊ですね。)

    画面は”ハゲ江田”が取り立てに来たときにフラッシュバック。

    父親「返せんもんは、返せんのです。」

    ハゲ江田は匕首を畳に突き刺し「ほんなら死ね。保険金で返して貰うんが一番やろ。なぁ、死んでくれ! お嬢ちゃん、一緒に頼んでくれや。」

    《大津中2自殺事件》で、いじめ倒した挙げ句『自殺の練習』『葬式ごっこ』で同級生を自殺に追いやった”少年K”たちの振る舞いと似た感覚がありますね。

    ともに卑劣です。

    で、このトラウマが厚子に”ハゲ江田”の幻覚を見せたのでした。
    −◆−

    夜景に中に通天閣が際だって輝く大阪の町を臨みながら、番場は「そら、大阪嫌いにもなりますわな。けどね奥さん。それでも僕は大阪が好きなんです。確かに奥さんが言うように大阪の人間は金にがめつうて、せかせかしてて、図々しくて暑苦しい。」(そこまで言わんでも・・・)

    「けどねぇ、それって必死に生きてるこっちゃないですか。」「暑苦しいほど助け合うて、がめつい自分さらけ出して、カッコも付けんと、せかせかしながら必死に生きてる。」
    「ご主人もそうやったん違いますか?」


    ドラマだから番場(大杉漣)の見せ場も要るとはいえ、番場が言うほど我々大阪人は必死のパッチで暮らしてるわけではなく、まあまあ”自然体”なんやけどなぁ・・・。
    −◆−

    番場の演説を聴き終えた厚子(松下奈緒)が「私があの人を殺しました。」


    過日。夫に呼び出されて大阪にやってきていた厚子は、借金のためにマンションの権利書と実印を要求されたのでした。
    その際、夫・洋一は「厚子、はよ渡してくれや」と大阪弁。

    「あなた、今、大阪弁になっていた」

    大阪アレルギーの症状が出た厚子は、果物ナイフを自分の首に当てて「私、死ぬから」
    止めに入った洋一と揉み合いになる内に、はずみでナイフが洋一の胸に突き立って・・・。

    「また大阪の私の人生を無茶苦茶にされる。」
    そう考えて証拠を隠滅して、東京に帰った厚子でした。
    −◆−

    「刑事さん、なぜ私が犯人だと分かったんです?」

    遺体に残った女物の香水の匂いと、新幹線から降りてきたときの厚子が同じ匂いだったことに番場が言及。

    こいつは匂いフェチか!?

    そして、匂いは遺体の頭にのみ残っていました。
    それは洋一を愛した女性=犯人が最後に頭を抱きしめたからだと番場は推察し「そこまでご主人を愛したのは、奥さん、あなた以外に考えられませんでした。」


    なんか《良い話》に向かいはじめて、こういうの好きじゃないかも・・・
    −◆−

    厚子の反省が始まりました「父が死に、夫を殺したのも、全部大阪が悪いんだって。逃げてたんです、なんでも大阪のせいにして」

    (去年の阪神ファンは、全部真弓が悪いんだって、なんでも真弓監督のせいにして逃げていたのかも・・・。)

    「辛いこととも向き合おうともせずに、なんでも大阪のせいにして・・・。」
    両頬を涙が伝う松下奈緒は綺麗やわ〜〜。

    「あの人が、この町でどんなに必死で生きようとしていたか分かろうともしなかった。私があの人を助けようとしていれば・・・」

    厚子、大粒の涙(身体も目も大きいから、涙もデカイ気が・・・)。


    で、「洋一が必死で生きようとした」と肯定的にとらえていますけど、商売に失敗して引き際を決断できずに闇金に走る生き方って、そんなに褒められたもんじゃない気がしないでもないなぁ・・・。

    洋一が必死だとしても、山っ気が強すぎて、周囲に迷惑かけ過ぎじゃないかい??
    −◆−

    番場「大阪の夜はこれからですなぁ」
    じっくり考えると意味不明。

    厚子「私にも朝は来るんでしょうか?」
    番場「明けない夜はないですから。」

    なんか微妙に気障(きざ)やねぇ。
    大阪のノリではないわ。

    厚子「ほな、行きましょか。」

    最後の最後に厚子、大阪弁。
    (奈良出身の松下奈緒の大阪方言OK。)
    −◆−

    厚子に殺意はなかったし過失致死罪??
    幼少期の事情が情状酌量につながるだろうし・・・。


    そんなこんなで、視聴率的に転けた前回とおなじく、物語の起伏が少ない印象かな・・・。
    謎解きで痛快感・爽快感を得られる話じゃないし・・・。

    松下奈緒と大杉漣の真剣演技は悪くないけど、番場の演説セリフと厚子の反省セリフが少し蒸し暑かった気もしました。


    極端におこちゃま味の『ビギナーズ!』と地味地味に大人味の『エンドレスナイト』のギャップがデッカいわぁ〜〜!!









    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2017.11.19 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今回はミステリーというより、ホラーですやん(笑)(^_^;) 犯人は最初から厚子(松下奈緒さん)とは判っているものの、その要素は殆ど無かったので、またまた???の嵐だった訳ですが… スキンヘッドのおっち...
      • ドラマ de りんりん
      • 2012/07/22 9:45 AM
      7月20日 SKET DANCE&疾風伝&東野圭吾ミステリーズ アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別
      • 別館ヒガシ日記TB用
      • 2012/07/20 8:55 PM
      「東野圭吾ミステリーズ」第3回、松下奈緒さんもずいぶんと演技ができるようになったな、と。 しかし、夫が殺されたと聞き新幹線に飛び乗るのに、まあ着替えはするかもしれないけど、 防寒のためではな...
      • 今日も何かあたらしいドラマ
      • 2012/07/20 6:52 PM
      『エンドレス・ナイト〜哀しみのラスト…夫の死の謎に迫る女』 内容 ある日、警察からの電話を受ける田村厚子(松下奈緒) 相手の平林によると、夫の洋一(田中幸太朗)が殺されたという。 大阪で新ブ...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/07/20 6:16 PM
      第三話「エンドレス・ナイト」2012年7月19日  ラテ欄「エンドレス・ナイト〜哀しみのラスト…夫の死の謎に迫る女」 東京のマンションの一室で寝ていた田村厚子(松下奈緒)は、電話の鳴る音で起こされる。受話器をとった厚子の耳に飛び込んで来たのは、夫の洋一(田
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/07/20 5:54 PM
      「また、私にも朝は来るんでしょうか?」厚子 「明けない夜はないですから」番場刑事 「ほな、行きましょか・・・」厚子  苦労人の番場刑事(大杉漣)の言葉が沁みますワ・・ ...
      • トリ猫家族
      • 2012/07/20 4:22 PM
      視聴率は 8.8%・・・前回(7.8)より エンドレス・ナイト
      • ドラ☆カフェ
      • 2012/07/20 3:13 PM
      なでしこジャパンの五輪直前、対仏戦のために「VISION-殺しが見える女」一回休みである。 いいねえ・・・最終調整試合で0-2で敗北のなでしこジャパン・・・ドキドキ感半端なしだな。 はたして、ちびっこ岩渕はワールドカップより一皮剥けたのか、どうか。 いや、一皮剥
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/07/20 3:09 PM
      公式サイト 原作:東野圭吾「犯人のいない殺人の夜」(光文社文庫) 脚本:田辺満/
      • 昼寝の時間
      • 2012/07/20 3:07 PM
      フジ系ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』(公式)の第3話『エンドレス・ナイト(哀)』『(ラテ欄)エンドレス・ナイト〜哀しみのラスト…夫の死の謎に迫る女』の感想。なお、原作の東野圭吾氏の小説は未読。 ...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/07/20 2:39 PM
      『エンドレス・ナイト〜哀』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/07/20 12:40 PM
      奥さん、それでも僕は大阪が好きなんです。 確かに奥さんが言うように大阪の人間は金にがめつうてせかせかしててずうずうしくて暑苦しい。 けどね、それって必死に生きてるっちゅうことやないですか。 ...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/07/20 12:35 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten