GTO #02〜鬼塚が”尾美としのり”にパンチを浴びせる!!

0
    GTO 第2話「鬼塚外し始動VS危ない不登校女子」

    今ひとつ興味を引かれない『息もできない夏』がやっと終わって一息つけました。
    −◆−

    2年4組の教室。
    コロッと心を入れ替えた杏子(新川優愛)が「鬼塚は今までの教師とは違う」と発言します。

    桜蘭高校在籍中とは別人のように冷淡な口調の雅(川口春奈)が「私たちに担任って必要かなぁ。」

    村井國男(ジャニーズJr.森本慎太郎)が「お前なに言ってんだよ。教師なんて皆同じなんだよ。」と、わざわざ口を挟むほどでもないありきたりなことを言います。

    「あのこと、忘れたわけじゃないよね。」と、過去に起きた『あのこと』を仄めかします。


    さて、何もないときなら何も考えずに見ていられる学園ドラマですが、大津市・皇子山中学の《中2いじめ自殺事件》における生徒アンケートに、担任Mが笑いながら「あまりやりすぎるなよ」と加害生徒Kたちに言ってたとか、亡くなった生徒さんが担任に「泣きながら電話していた」などの記載があることを思いますと、雅が口にした『私たちに担任って必要かなぁ』というフレーズをサラッと聞き流せないから辛いです。

    殴る、蹴る、手足を縛る、万引き強要、スズメやハチの死骸を食べさせるなどの証言があって、イジメが認知されながらも、大津市教委は第三者委員会も置かずに三週間で調査を打ち切ったという不十分な対応を踏まえると『教師なんて皆同じなんだよ』というジャニーズJr.のセリフも、悲しいことにリアルに聞こえます。

    少なくとも今時点で、皇子山中学の教師たちが貝のように口をつぐんでいる有様では『教師なんて皆同じなんだよ。』と言われても仕方がないのではないですか?


    加害生徒は実体的には『自殺教唆罪』『強要罪』を犯していたと思いますし、担任Mは加害生徒を『幇助』したことに加えて、適切な対処を行わなかった『不作為』により自殺を招いたことも責められても仕方がない。

    『幇助』と『不作為』の二重の罪を犯した担任Mなら「私たちに担任って必要ないです。」
    −◆−

    担任Mではなく、担任・鬼塚(AKIRA)が逮捕されちゃいました。

    不登校の生徒・美姫(西内まりや)が、家庭訪問した鬼塚に襲われたふりをします。

    警察署長をしている父・葛城幸雄(尾美としのり)から渡されている《GPS付き緊急通報ボタン》を使って警官隊を呼んじゃって、鬼塚を留置所送り・・・。


    放免された鬼塚は、杏子(新川優愛)から美姫の背景について知らされました。

    仕事、仕事で母の死に目にもあうことなく、さらには葬儀にも参列せずに仕事を優先した父・幸雄を美姫は恨んでおり、親も大人も誰も信用しなくなったということです。

    どことなく『ごくせん』小田切(亀梨和也)警察官僚の父(宅麻伸)の関係と被る部分があります。
    −◆−

    鬼塚は、闇サイトで「鬼塚を倒したら賞金100万円」として美姫が集めたゴロツキ御一行様に襲われたりしながらも、美姫に対して「ダメでもいいからお前の素直な気持ち伝えてみろよ。応えてくれるかもしねえだろうが、パパさんもよぉ」

    美姫は鬼塚の話に耳を傾け、しんみり・・・。

    その後、美姫が父・幸雄(尾美としのり)に話しかけようとしたら、いきなりビンタ!!

    警察署長としての立場があるのに、娘に《GPS付き緊急通報ボタン》を何度も悪用され、恥をかかされたことを怒っております。

    小生は、娘・美姫も父・幸雄も、どっちもどっちって気がしますけど、大人っぽく見えてもまだ子供である美姫を教導する責務が父・幸雄にあるのは否めません。


    せっかく素直な気持ちを父親に伝えようとしたその時に父からビンタされて冷たい言葉を浴びせられた美姫は「立場、立場って、いっつもそればっかり、仕事ばっかり。」「ママが死んだときもそう。ママが苦しんでいるときも、そばにいないで仕事って。」と嗚咽しながら父を非難。

    さらには「ママ寂しかったよ、きっと。寂しいまま死んでったんだよ。」

    美姫=西内まりやちゃんの『ママ寂しかったよ‥』ってセリフが今回No1でした。

    自分のコトだけではなくて、死んだ母を慮っている美姫の心根が見える良いフレーズですし、演技も熱が入っていました。
    −◆−

    父にビンタされてどこかへいっちゃった美姫が行方不明。

    手配中の連続レイプ犯に誘拐されたのではないかと心配する鬼塚と冬月先生(瀧本美織‥影が薄い)に雅は「美姫になにかあったら先生達の責任ですよ。」

    枝野幸男経産大臣(当時の官房長官)が、福島第一原発事故が起きた後「東京電力に第一義的責任がある」として、”政府は第三者ですよ”と言わんがばかりの発言を繰り返していたのと同じくらい不愉快な雅(川口春奈)の言葉です・・・。

    鬼塚「ダチが大変な目に遭ってるかもしれねぇ時にそんなことしか言えないのか。」

    「被災者が大変な目に遭ってるかもしれねぇ時にそんなことしか言えないのか!!」と、枝野氏に言ってやれ!!
    (話が逸れちゃいました)
    −◆−

    鬼塚は、影の薄い冬月先生に2年4組を任せてバイクに乗って美姫を探しに行きました。

    教室では、AKB・麻里子様とモー娘・吉沢を足して二で割って若くしたような神崎麗美(本田翼)が雅に「もしも本当に誘拐だったらどうする」

    雅は冷たく「どうせいつもの嘘でしょ。」

    麗美「そう言い切って大丈夫?」「また、あんな悲劇が起きたら嫌だな〜と思って。
    (『あんな悲劇』ってのは、序盤に出てきた『あのこと』を指すのかな)

    「もし、そんなことになったら、それは親や教師の責任よ。」
    出ました、またもや枝野的責任転嫁発言!!!

    麗美「そう言うと思った。雅らしい。」

    ドラマの出来が良いか悪いかは別にして、ここまでの主要な女子生徒・杏子(新川優愛)雅(川口春奈)麗美(本田翼)美姫(西内まりや)のビジュアルと演技がなかなか良いですねぇ。
    (確実に剛力彩芽なんかより可愛い。)
    −◆−

    闇雲に街を走り回り、弾間(城田優)の手勢の力も借りて美姫の行方を捜す鬼塚の前に2年4組・菊池善人(高田翔・ジャニーズJr.)が現れて、タブレット端末で美姫のGPS位置情報を指し示しました。

    GTOにGPSです。

    これが決め手となって、美姫が三人組に拉致されている現場に鬼塚が乗り込みます。
    三人組の注意を逸らした隙に柱に縛り付けられている美姫を開放。

    「言っただろ、俺はお前のダチだ。ダチはなぁ助け合うもんなんだからよ。」


    そのころ、ようやく娘が事件に巻き込まれていることに気づいた警察署長・幸雄(尾美としのり)が緊急手配をかけました。

    警官隊がものものしく出動する警察署の前に”黒いバン”が三角コーンを倒しながら到着。
    バンの扉が開くと、中から縛られた犯人3人が転げ落ちてきます。
    (AKIRAが3人の犯人を捕縛するアクションシーンは省略なのね・・・)

    そして鬼塚(AKIRA)と美姫(西内まりや)も降り立ちます。


    すぐに事情を察した署長・葛城(尾美としのり)が事務的な口調で「よくやってくれた」と鬼塚に礼を言います。

    温かみのない署長・葛城にキレた鬼塚が、いきなりパンチ一発!!!
    (乱暴者!)

    鬼塚「サイっテーな野郎だぜ。GPS持たせて、それで親の役目果たしたつもりか! そんなもんからはよ、娘の叫びも悲鳴も聞こえやしねえんだ!!!」

    「たとえ娘が狼少女でも、あんたが信じねえでどうすんだよ。仕事の代わりは居ても、親の代わりはい居ぇんだよ。あんたしかいねえんだぜ、コイツにとっての親はよぉ。」


    鬼塚の言うとおりです。
    葛城幸雄の代わりに警察署長を務める人間はウジャウジャ居て、葛城幸雄が居かねれば絶対に成立しない仕事なんて無いのです。

    でもね、今回は葛城幸雄が”冷たい親”として全否定されていますけど、もしかすると葛城幸雄は”凄い使命感”に駆られて公務をこなす”真面目”な警察署長さんなのかも・・・。

    美姫のお母さんがご病気の時も、市民の生命・財産を守るために”粉骨砕身”で職務に”精励”していたのかも・・・。

    かつて、日本人が”エコノミック・アニマル”と呼ばれていた頃には、「使命感」や「勤勉」が尊ばれ、「マイホーム・パパ」というフレーズには”侮蔑”の意味合いも込められていた感じでしたからねぇ・・・。
    ワーカホリックの葛城幸雄を全否定するのではなく、逆に美姫の『甘え』が批判の対象になったかも・・・。

    役者さんだと「親の死に目にも立ち会わず、舞台に立った」ことが立派だとされますし・・・。

    時代、時代で価値観が変わるものです。
    人生色々、価値観も色々です。


    あと、親が忙しくしていて寂しい思いをしてる子は、悪いことをしても教師がかばってくれるのかって思わなくもないです。

    また鬼塚は「GPS持たせて、それで親の役目果たしたつもりか」って言いますけどね、GPS持たせるのも”親心”じゃないですかねぇ・・・。

    あんな豪邸で何不自由なく生活できて、親から《GPS付き緊急通報ボタン》を持たせてもらってることに娘が感謝してもバチは当たらないと思いました・・・。
    (ひがみ根性丸出し)
    −◆−

    好みの問題かもしれませんが、改心(?)して着ぐるみに入って警察イベントで風船を配る父・葛城幸雄(尾美としのり)と美姫(西内まりや)が抱きしめ合うシーンは、薄っぺらい気がしました。
    −◆−

    久々に登校してきた美姫(西内まりや)と「ダチ」の鬼塚が笑顔でグータッチ。

    やっぱり『仮面ライダーフォーゼ』の弦太朗(福士蒼汰)の言動と思いっきり被ります。

    そんな美姫に雅(川口春奈)が「尻尾振っちゃって、みっともない。」と呟きかけます。

    美姫は「ふふっ、何とでも言えば。」と余裕のスルー。


    雅(川口春奈)の裏表のある言動が良いわぁ。
    女子同士のさや当ても面白い。


    古典的なネタや、鬼塚(AKIRA)の言動よりも、雅(川口春奈)杏子(新川優愛)麗美(本田翼)美姫(西内まりや)らの振る舞いに魅力を感じます。








    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.04.02 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「びしっと、ジャーマン決めて見せますよ。 この鬼塚英吉がね」 そう言って、クラス委員の言った不登校児美姫の自宅へ急いだ。 雅の知らせで、担任を罠にはめるべく父親から渡されていた緊急コールシステムの電源を入れた。 マンションの部屋番号を押す前に、オートロッ
      • まぁ、お茶でも
      • 2012/07/15 3:18 AM
      ダチ、ダチって、孫悟空か!(ナマカw)そして今回は鬼塚先生のしゃべりが気になりました(^^;;;) 1話より長台詞が増えて、言い回しの単調さがキツいです。語るより行動で示すヒー ...
      • ドラマでポン
      • 2012/07/12 11:12 AM
      「GTO」第2話は不登校の生徒葛城美姫を不登校から登校させるために乗り込んだ鬼塚だったが、雅の策略にはまり留置所送りにされる。父が警察署長だという事で緊急通報ボタンを渡さ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/07/12 12:20 AM
      『鬼塚外し始動vs危ない不登校女子』 内容 ひょんな事から高校教師となった鬼塚英吉(AKIRA) 鬼塚は、2年4組の担任を命じられ、気合いを入れるのだが、 クラスは、期待していた不良ではなく、...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/07/11 5:46 PM
      公式サイト 原作未読です。ドラマ前作も見ていません。 ざっくり感想です。 雅から
      • 昼寝の時間
      • 2012/07/11 4:38 PM
      GTOの第2話を見ました。 桜井から教師として雇いたいと頼まれ、明修学苑の2年4組の担任教師となった英吉は、クラス委員の相沢雅の謀略とは知らず、不登校の生徒・葛城美姫を救うため葛城家へと向かう。...
      • MAGI☆の日記
      • 2012/07/11 3:54 PM
      GTOですが、2年4組の女ボス、仮面優等生の委員長・相沢雅(川口春奈)の罠により、鬼塚英吉(AKIRA)は警察のお世話になります。生徒たちはこの担任いじめで、鬼塚は来なくなると思いますが、元暴走族の鬼っちは、警察の厄介になるのは慣れているので、翌日何事も無かっ
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2012/07/11 3:06 PM
      フジ系ドラマ『GTO』(公式)の第2話『鬼塚外し始動vs危ない不登校女子』の感想。なお、原作の藤沢とおる氏の漫画『GTO』は未読、反町隆史主演ドラマ『GTO(1998年)』と映画版『GTO(1999年)』は視聴済...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/07/11 2:31 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten