トッカン-特別国税徴収官 第1話〜ミタの隣人・皆川真利子(佐藤仁美)現る!

0
    井上真央の「トッカン-特別国税徴収官」第1話

    皆川家 (滞納額1300万7500円)の豪邸に差し押さえに向かう新米徴収官・鈴宮(井上真央)は、ドキドキ、オドオド・・・。

    まず玄関から出てきた皆川功(池田政典)は鈴宮に塩をまき、次に出てきた皆川真利子(佐藤仁美)は「国はあたしらに何してくれたって言うのよ、総理大臣はコロコロ変わるし、税金は高くなるばかりだし。何が消費税10%よ!!」

    勢いに押されて尻餅をついた鈴宮(井上真央)に、ツボから手づかみで糠味噌を浴びせかける皆川真利子!

    出ました。『家政婦のミタ』の阿須田家の隣人だった皆川真利子!!

    ”皆川真利子”を登場させるベタなギャグと”消費税10%”の時事ネタが微妙です。



    シンプルに笑えば良いのだけど・・・。
    ひねくれ者の小生は「あざといネタ」に興ざめ・・・。


    こうして始まった『トッカン』でありますが、糠味噌シーンだけではなく、すみからすみまでガッカリでした。

    受け止め方は人それぞれですから、あくまで私見でしかありませんが、「脚本」「配役」「キャラ付け」「映像・カメラワーク」など全てに対して腹が立つほど期待外れだと感じてしまいました。

    原作のイメージからすると、サラッとした手触りのドラマになると予想していたのに、思いのほかザラザラしていたりネトネトしていたり・・・。

    最近の小説ドラマ化では、テレビ朝日『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』(誉田哲也・原作)が思いっきり酷かったですが、初回を見た限りでは本作『トッカン』(高殿円・原作)も、いい勝負しています。

    どうやら、ドラマを見る上では原作小説『トッカン』を読んでいたことがネックになりそうです。
    −◆−

    大島照夫(泉谷しげる)・史子(りりィ)夫婦の零細工場「大島プラスチック」を巡るパート。
    (小生の少年時代には、ミュージシャンの”泉谷しげる”と”りりィ”が老夫婦を演じるなんて夢にも思わなかった)

    税金を払えるような有様では無い照夫(泉谷しげる)と史子(りりィ)に同情してしまう鈴宮(井上真央)は、「大島プラスチック」に通い詰め、お手伝いまでする有様・・・。

    やがて照夫が心を許すようになり、照夫宅で、夫婦と共に慎ましい夕食を共にするまでに至ります・・・。
    (公務員、税務署員が供応接待を受けたらアカンぞ!!)

    史子も、平素から水やりを欠かさず可愛がっている”鉢植え”の一つを鈴宮に手渡し「水をやったらキレイな花が咲くから」

    どんどんと浪花節の香りが高まって参りました。
    −◆−

    プラスチック製品が完成して、なんとか納品直前という段になって、取引先が「税務所が入ってる」ことを嫌って取引中止を通告してきました。

    売り上げ収入から滞納税の一部を払おうとしていた照夫(泉谷しげる)の算段は雲散霧消。


    後日、宝町税務署に照夫(泉谷しげる)がやってきて、鈴宮(井上真央)に8万4千円支払いました。
    取引が頓挫した経緯を知らない鈴宮は、一部入金を喜んでいます。

    ところが鏡(北村有起哉)は取引先からの入金など裏を取って「大島プラスチック」の状況を確認するよう指示します。

    照夫(泉谷しげる)を信じ切っている鈴宮は「変な言いがかりをつけないでください」と反抗します!!


    実際は、照夫が納税したこの8万4千円は、彼が片時も外さず大切にしていた先代の形見の時計を質屋に売って用立てしたものでした。

    空き時間が出来て、取引先からの入金状況や健康保険加入状況をチェックした鈴宮が事実に気づき、「大島プラスチック」に走って行きます。

    ”道明寺”が乗った飛行機を追いかけたときと同じくらい必死で走る鈴宮(井上真央)。

    ショルダーバッグを肩にかけて、走る、走る(どんだけ走るねん)・・・。
    この間、BGMにミスチルの曲が流れっぱなしです。(狙いすぎ!)

    大島夫婦宅に到着し、締め切られているガラス戸をブロック片でぶち破って家に入ると照夫・史子夫婦が化学溶剤を用いて自殺する直前・・・。

    史子(りりィ)が絞り出すように「なんで税務署がくるのよ、最後の最後まで・・。なんで私らをバカにすんのよ。」

    原作『トッカン』とは違ったムードの、重苦しくシリアスなドラマが展開されております!!


    鈴宮は土下座しながら「すみませんでした。すみませんでした。大島さんたちのことを何も分かっていませんでした。一人で勝手にいい気になっていただけでした。」
    「何も分かってなくて、すいませんでした。でも、でも、だからって死んじゃだめですよ。それだけは駄目です。」


    井上真央、大熱演!!(原作とは別人!)

    史子「何が分かるの、幸せな人になんか・・・」

    鈴宮は、実家の家業が差し押さえにあった過去を思い起こしながら「家も商売やってて、それで・・あのときもの凄く怖かった、税務署が大嫌いだった・・・なのに、今はそれと同じことをやっていて。だから立派な仕事をしてるなんて一度も思ったことないし、父なんか私の仕事が大っきらいで・・」云々と、蕩々と語ります。

    もはや、九日目の蝉です・・・。

    鈴宮「保険きかなくたって何とかなりますよ。奥さん毎日花に命あげてて、なんで自分の命粗末にするんですか。」「お金なんて、ただのお金なんですよ。そんな人の命を奪うような大したものじゃ無いんです。命の方がよっぽど重くて価値のあるもんじゃないんですか!」「お願いですから、お金になんて殺されないで。」

    涙ながらに「私に、生きるための仕事をさせてください!」と鈴宮。

    御大層にBGMが鳴り始め、史子(りりィ)が泣き出しました。(文字通り、りりィは「私は泣いてます♪」です)


    りりィと井上真央の熱演が凄いのなんのって!!
    映像は初期の『平清盛』か、あるいは映画みたいに濃密・・・。

    照夫(泉谷しげる)・史子(りりィ)夫婦の『大島プラスチック』パートを切り取って”単発の人情ドラマ”だと思えば、なかなか上手く出来ている気はしますが、原作『トッカン』を踏まえると、全くの別物になっちゃってる印象を受けました。

    ヒッグス粒子が空間に充満して、ドラマが重い・・・。
    −◆−

    どうしてヒロインの井上真央にあんな重苦しい芝居をさせるのかなぁ・・・。

    鈴宮は不器用で内向的だとしても、あそこまでジメジメした浪花節な”性格付け”は行き過ぎだと思います。

    もう少し”普通”で良いと思いますよ。
    ”等身大”の若い女性としての鈴宮が、普通に悩んだり泣いたり笑ったり・・・。

    高殿円原作の『トッカン』の比喩としては変かもしれないけど、”有川浩”(『阪急電車』『フリーター家を買う』などなど)の小説の登場人物みたいな”ノリ”を当てはめたらいいと思うんですけど・・・。
    −◆−

    『江〜姫たちの戦国』では数少ない成功俳優である”北村有起哉”に悪い印象は持っていないのですが、エキセントリックな偏屈男「特別国税徴収官・鏡」に”北村有起哉”を充てる配役はどうなんでしょう??

    なんか違う気がします。
    隠れた人情味や思慮深さを表現する上では”北村有起哉”の個性が活きるかもしれないけど、髪型やサングラスで”役作り”するようなタイプの役者さんではない気がするんです。


    あと、鈴宮(井上真央)の宿敵・千紗に”木南晴夏”を充てた配役もイメージとかなり外れていました。

    上昇志向が強くてエリートコースを進む千紗には、個性派・木南晴夏ではなく、たとえば芦名星みたいなイメージの女優さんを充てるべきだと思います・・・。

    金子統括官の池田鉄洋、鍋島木綿子徴収官の鈴木砂羽ら税務署関係者についても、せっかくの個性を活かせている気がしませんでした。
    −◆−

    以上、井上真央の熱演による妙に良くできた『人情ドラマ』に戸惑うばかりでした・・・。

    「重い雰囲気」や「粘着質」とは無縁の”ドライなタッチ”だと思い込んでいたから・・・。
    等身大の主人公に共感したり感情移入して、勇気づけられたりホロリときたりする感じを期待していたから・・・。

    ドラマ版『トッカン』は原作の雰囲気をぶちこわしていますが、小説とドラマ版は別物だと割り切って観ないとイケナイのでしょうかねぇ・・・。

    (映像、カメラワークも、力入れすぎじゃないでしょうか。)














    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.24 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      前クールのドラマがあまりにもアレだったので、今度はどうなることやら…と思いきや、なかなか面白かったですやん!(^.^) 初回は登場人物それぞれのキャラ紹介を交えながら、話の方も色んな展開があって楽しめ...
      • ドラマ de りんりん
      • 2012/07/07 12:30 AM
      交差点で、信号待ちしながら鈴宮は、必死に無理ですを連発。 「S]だ「鞭打つ」だを連発して、周りの人達を疑わせていた。 ”S"とは、国税 の隠語で「差し押さえ」 皆川の家は、大邸宅、しかし、消費税、源泉所得税を支払わなかった。差し押さえ予告書も無視していた
      • まぁ、お茶でも
      • 2012/07/06 8:56 PM
      「トッカン 特別国税徴収官」は消費税や源泉所得税などの滞納金を徴収する徴収官が特別国税徴収官通称トッカンになった事で様々な税金滞納者から税金徴収の現場に遭遇し税金徴収の ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/07/06 6:27 AM
      「お金になんて、殺されないで」 あれ?しんみり系なんだ?そして地味。 井上真央主演、と聞いて元気な新人がガンガン失敗しながら成長していく楽しげなイメージで見始めました。 ...
      • ドラマでポン
      • 2012/07/06 12:29 AM
      第1話 「わたしの仕事は嫌われている…気弱な徴収官ぐ〜子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決」 2012年7月4日(初回は15分拡大 22:00〜23:09)放送  宝町税務署の新米徴収官・鈴宮(井上真央)は、消費税や源泉所得税などの滞納金を徴収する公務員
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/07/05 7:31 PM
      『わたしの仕事は嫌われている…  気弱な徴収官ぐ〜子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決』 内容 その日、鈴宮深樹(井上真央)は、《エス》をやるよう 上司の金子長十郎統括官(池田...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/07/05 6:02 PM
      ふふふ・・・やっと谷間が来たな。どうなることかと思ったよ。 子役の夏の谷間にふさわしい子役あがりの井上真央の谷間である。 それにしても井上真央と木南晴夏をそろえて谷間にするとは・・・流石はライトノベル原作だな・・・・ かるっ。 なにしろ・・・TOKYO MXでは
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/07/05 2:37 PM
      ご存じないかも知れませんがね。税金を滞納する人には3つのタイプがあるんです。 1つは主義主張で払わない者。 2つ目は欲をかいて払おうとしない者。 そして3つ目は、貧しくて払いたくても払えない者...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/07/05 1:13 PM
      井上真央が新人・徴収官を熱演! ナサケやロッカイ(元マルサ)を筆頭に、業界用語の解説に「をを、そうだったのか!」 知らない世界を垣間見る醍醐味も 安定を求めて公務員になったはずが、配属されたのは、1番なりたくなかった、国税のオシゴト。 なかなか
      • のほほん便り
      • 2012/07/05 1:13 PM
      「トッカン−特別国税徴収官−」第1話、ヒロインの井上真央さんはトッカンではなくエス。 トッカンなのは北村有起哉さんなのだけど、ここでもうしっくりこない配役なのが残念。 新垣結衣さんに堺雅人さ...
      • 今日も何かあたらしいドラマ
      • 2012/07/05 1:05 PM
      『わたしの仕事は嫌われている…   気弱な徴収官ぐ〜子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/07/05 12:46 PM
      日テレ系ドラマ『トッカン 特別国税徴収官』(公式)の第1話『わたしの仕事は嫌われている…気弱な徴収官ぐ〜子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決』の感想。なお、原作の高殿円氏の小説『...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/07/05 12:25 PM
      視聴率は 12.9% わたしの仕事は嫌われている・・・ 気弱な徴収官ぐ〜子が毒舌上司ハスキーに 振り回され税金滞納者たちと対決
      • ドラ☆カフェ
      • 2012/07/05 12:24 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten