平清盛 第25回「見果てぬ夢」〜阿須田家の長男・中川大志くんカッコイイ

0
    『平清盛』第25回「見果てぬ夢」

    最初の方で、信西(阿部サダヲ)が淡海(たんかい)という宋の僧侶と会ったとき、宋の言葉を堪能に操り、知識にも長けている様子が描かれ、信西が”遣唐使再開”に備えていることが明らかに・・・。

    この場面、信西の妻・朝子(浅香唯)が回想しながら語る形式だったので、まるでナレーターが岡田将生くんから浅香唯に交代したのかと思ってしまいました。

    浅香唯ナレーター説は与太話でありますが、少なくともオープニング曲前は、”井上あさひ・アナ”のナレーションで物語説明を厚くして、なんとか視聴者を引き留めようとしてますよねぇ・・・。

    (関係ないけど、少し怖そうな”井上あさひ・アナ”より、小生は「NHKニュース おはよう日本」 の”鈴木奈穂子・アナ”にメロメロです・・・。
    −◆−

    義朝(玉木宏)が清盛(松山ケンイチ)に「すべてにおいて恵まれた貴様とは違うんだ。」
    平氏との差を埋められずに苦しむ義朝の劣等感・・・。
    終始苦しげな顔つき。

    一方、上西門院の殿上始の儀では清盛の姿を目にした貴族たちが「平氏の勢いは凄まじい」などとヒソヒソ語り合っており、サゲサゲ義朝とアゲアゲ清盛の格差が強調されました。

    いよいよ《源氏vs平氏》の構図に向けての、伏線が徐々に色濃くなり始めました。

    そうはいっても、『平氏の勢いは凄まじい』という実感が伝わってこないのは小生だけ??

    叔父の首を自らの手で斬った清盛と、父親の首を自分で斬れなかった義朝の違いであったり、身辺で起きる平安の《政局》ばかりが描かれて、平清盛がダイナミックに勢いを増しいてる様が見て取れないのです。
    −◆−

    皇室で上西門院(愛原実花)の蔵人に取り立てられた頼朝(中川大志)は、殿上始の儀で、初めて平清盛(松山ケンイチ)と対面。

    頼朝の感想「初めて目にしたその人は思いのほか大きかった。」
    で、威圧された頼朝は、清盛に酒をこぼす粗相・・・。

    幸い江戸時代ではないので「無礼者!」と切捨御免・無礼討ちされることはありませんでしたが、平清盛に「やはり最も強き武士は平氏じゃ。そなたのような弱き者を抱えた源氏とは違う!!」と、唐突で場違いな言葉で雷を落とされてしまいました。

    涙目で清盛を睨む頼朝の顔は凛々としており、弟より頼りなかった阿須田家の長男・翔くんとは別人のようです。

    一方、どやしつけた方の清盛は、にらみ返してきた頼朝を頼もしく思ったのかソフトで優しげな笑顔を見せます。

    ライバル義朝(玉木宏)の息子への愛情もあるのかな・・・。

    松山ケンイチがとてもよい表情で、この清盛の顔が今週の目玉だったかもしれません。(地味で小さいハイライトですけど‥)
    −◆−

    由良御前(田中麗奈)が病で死んじゃいます。
    いまわの際の田中麗奈と、見送る玉木宏の熱演は、なかなかのものでした。

    ただし、個々の役者さんの演技に感心することはあるけど、残念なことに感情を揺さぶられるところまでは至りませんでした。

    脚本が弱いのか、演出がよくないのか??


    で、由良を亡くしてメソメソしている義朝(玉木宏)は、常盤御前(武井咲)の元へ行き、甘えて身体を寄せていこうとします。

    すると常盤は「殿の逃げ場にはなりとうございません。」と義朝を拒否!!

    常盤の行動の背景には義朝を思う深い考えがあるとは言え、一番なぐさめが必要なときにハシゴを外すのはキッツイなな。

    ここで拒否ルなら、どうして今まで側室として、義朝を癒やす”逃げ場”の役目を果たしてきたのか、心の線引きが理解できませんわ。

    そんな理屈は抜きに、おそらくここで義朝を拒んだのは、これまた後々の常盤御前の動きに関するドラマ上の”伏線”なんでしょう・・・。
    −◆−

    グダグダの義朝(玉木宏)を呼びつけたのが、後白河上皇(松田翔太)から何故か寵愛を受けている側近・藤原信頼(塚地武雅)。

    で、白粉(おしろい)がムラになりそうなほど顔がブクブクの信頼(塚地)が「信西の首を取れ。」

    へたれの義朝(玉木宏)がビビっておりますと、重ねて「信西の首を取れ。」

    『スターウォーズ』のジャバ・ザ・ハット並に顔がデカい信頼(塚地)の存在は面白いわ。
    −◆−

    信西の館を訪ねてきた庶民に、信西が”食物”か何かを配ってます。(平安のバラマキ行政!?)

    『NHKネットステラ』には、「信西の館には、暮らしが良くなり、感謝する都の民が大勢訪れる。」と記され、手桶を持って何か貰おうとしてる庶民の写真が載っております。

    そんな信西の”善政”に清盛が感心しきり・・・。

    身内の首を斬らせた”苛烈な信西”とは別の”慈悲深い顔”があるって意味??

    遣唐使復活やら、応能主義やら、よりよき政を目指してるクリーンな政治家ってこと??

    なにやら取って付けたような場面でした。
    −◆−

    義朝(玉木宏)と頼朝(中川大志くん)が清盛について会話。

    回想シーンがふんだんに盛り込まれ、「生涯競い合える相手」だと清盛を評した義朝・・・。

    今後につながる大事な会話なのに、いまひとつヌルくて退屈な印象だけが残りました。
    −◆−

    清盛が信西の命で、大願成就のために『熊野詣』に旅立ったタイミングで、いよいよ小沢グループ、じゃなくて”反・信西派”の貴族たちに義朝が加わって信頼の館を襲撃しようと・・・。

    紀伊半島で夢見る清盛は「新しき世のこと。新しき世を作るにかかせぬ二人のこと。」などとノンビリしたことを考えちゃっています。

    『かかせぬ二人』が鳩山由紀夫氏と菅直人氏でないことは確かですけど、信西ともう一人は誰?
    武士の二大勢力の一方の棟梁・義朝(玉木宏)のこと??



    以上、今回も内向きで、清々しくなくて、痛快でも爽快でもなく、テンポがあるでもなく、焦点も定まらない展開でした。(面白いところは、藤原信頼=塚地武雅、経宗=有薗芳記、惟方=野間口徹のビジュアルくらいかなぁ・・・。)

    王家内のゴタゴタから保元の乱まで、これまでの出来事がドラマ的に盛り上がらず、むしろ陰気に盛り下がってしまって、『普天間政局』で鳩山由紀夫氏が辞任したときの民主党両院議員総会だとか、総スカンを食らった菅直人氏が辞任すると見せて辞任しなかった民主党両院議員総会だとか、今回の『消費税政局』だとかと同じ臭いがします。



    そんな『平清盛』にあって中村梅雀さんの演技だけは際立ってる気がします。
    さすがだと思いました。




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.06.06 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「見果てぬ夢」第25回の視聴率は、前回の12.1%より下がって、10.1%でした(関東地区)。ここのところ、連続して、少しずつ上がってきていたのに、今回、一気に下がってし...
      • ショコラの日記帳
      • 2012/06/30 12:24 PM
      「見果てぬ夢」 第25回の視聴率は、前回の12.1%より下がって、10.1%でし
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2012/06/30 12:24 PM
      JUGEMテーマ:大河ドラマ保元四年、二条天皇が即位したあと、朝廷内部はまたも分裂。こんどは帝による親政派と、後白河上皇の院政派が争いはじめます。そんな状況のなか、信西はさらに強大な権力をふるうことに。後白河派の筆頭たる信西を、解任されたりした多くの者が
      • ふるゆきホビー館
      • 2012/06/27 7:10 PM
      大河ドラマ「平清盛」第25話は信西の後ろ盾を持つ清盛は出世を続けていくが、義朝は身分の上がらないままの状況にありますます平氏と源氏の差が広がり続けていた。そんな中義朝 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/06/27 5:58 AM
      公式サイト 見果てぬ夢、というのは信西の夢のことだったのでしょうか。信西の夢を潰
      • 昼寝の時間
      • 2012/06/26 10:38 PM
      おおお!今日の平清盛は面白かったよ!! 軸になるものは何なのか、清盛の物語を初心に帰ったように描けていたから。 清盛が汚い頃に、これをやらなさすぎたと思うんですよ。 忠盛が多く映ってる頃は、平...
      • 青いblog
      • 2012/06/26 9:47 PM
      まだ、保元の乱が終わって間もないのに、 もう来週は平治の乱ですよ! 急速な展開なのですが、 いたって穏やかに、争いの火種が大きくなっていくのですねぇ。 信西の勢力は日増しに大きくなり、 良...
      • よくばりアンテナ
      • 2012/06/26 6:37 PM
      平成日本では・・・たとえば選挙である。 もう・・・どれほど・・・くりかえしただろう。 それなのに何も変わらない気がしてしまう。 リーダーをチェンジして・・・またチェンジして。 失言をして、失敗をして、失墜してやりなおし。 かわったふりをして・・・同じあや
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/06/26 4:35 PM
      あまりにも突っ込み所満載でしたが、面白かったです。由良御前のご退場は寂しいです。 平治の乱は、平治物語ベースで、まさに従来の説が描かれそうです。義朝が恩賞が公平で、信西に娘の縁談を断られたことも家格の差から当然だとすると、いくら信頼と政治的な繋がりが
      • トホホなたわごと
      • 2012/06/26 4:03 PM
      同じ土俵に立つために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206240004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラ...
      • 日々“是”精進! ver.F
      • 2012/06/26 2:23 PM
      出世を果たしていく清盛(松山ケンイチ)と、父・為義(小日向文世)を犠牲にしても 身分が上がらない義朝(玉木宏)。信西(阿部サダヲ)の策略の犠牲になった義朝の心に 無念が渦巻き始める。 一方、...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/06/26 11:19 AM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten