原監督もHKT48へ? 指原も原監督も「週刊文春」

0
    原監督のスキャンダル。
    『1988年ごろ、私はある女性と関係を持ちました。』

    この女性問題をネタに、2006年に「ある男」が原監督に1億円を要求したとのこと。

    原監督の「ファンの皆様へ」というメッセージによると『・・ゆすられていると思い、不安を感じた一方、私を助けてくれるのだとも解釈し、要求された現金を渡しました。悩んで悩んで悩み抜いての苦渋の選択でした・・・・』

    『女性問題に関する日記』を買い取るために、ホントに1億円も払ったの!?!?(凄いな!)

    2009年に、別の男から球団にややこしい電話があって、原監督が事実を球団や妻に告白。
    電話をかけてきた男は逮捕、有罪・・・・という顛末らしい。

    メッセージからしますと、基本的に原監督は事実関係を認めてるようですね。
    −◆−

    すぐに頭に浮かんだのはスキャンダルでHKT48へ左遷された”指原莉乃”のこと。

    くしくも、指原も原監督ともに「週刊文春」の書かれちゃった!

    で、これを野球界に当てはめると、原監督は博多のソフトバンク・ホークスに飛ばされる??

    くしくもロメロ投手と福元選手がソフトバンクに移籍したところで、監督がオマケでついて行く??
    SBH48??
    (しくじった人が送られる土地だと思われたら、博多の人に申し訳ないね。)

    原監督も『笑っていいとも』に出演してタモリにいじってもらうかぁ・・・。

    『火曜曲!』にも出る?
    (どちらも低視聴率番組やね)
    −◆−

    週刊文春 (21日発売)が掲載する『原監督が元暴力団員に1億円払っていた』という記事について読売巨人軍は「記事は事実と異なり、同監督と球団の名誉を毀損する」として損害賠償請求訴訟を起こす方針だとか(開き直り!?)。

    原監督は事実を認めてメッセージを発表している一方で『事実と異なる』というのは、ややこしいわぁ・・・。

    球団は『金を渡した相手が暴力団だとの認識は原監督にはなく、反社会勢力への利益供与も無きゃ、暴力団との交際も無い』と主張したいようだけど、週刊文春の記事を読むつもりもないので、何が何やら細部はよう分からないわ。


    ただしね、『私を助けてくれるのだと解釈』したにせよ、『相手が反社会勢力の人間でないと認識』していたにせよ、庶民ではとても払えないような金額を密かに支払っていたことは絶対に良くないと思いますよ。

    相手がヤクザではないとしても「有名人に1億円要求」するってのは刑法249条・恐喝、刑法223条・強要など触れるかもしれない行為で、普通の人間のすることじゃないもの。

    普通の人じゃないということは、原監督が支払った金が反社会勢力だとかの資金源にされちゃう可能性もあるでしょ。
    (少なくとも、相手方が贈与税を払ったとは思いにくい)

    だから、2006年に金を要求されたときに球団や警察、あるいは弁護士などに相談すべきだったのだと思います。

    こっそり支払ったのは大失敗です。

    監督に復帰したころだし、コトが公になるのが嫌だったのかなぁ・・・。
    −◆−

    被害者である原監督には恐縮ですが、『こっそり金を払う』という選択肢を選んだ方ですから危機管理は得意じゃないような気がします。

    つまり、負け始めた時、負け続けた時に、チームの危機管理ができるのかどうか・・・。
    巨人ファンとして、思いあたる部分もあります。
    −◆−

    原監督は「清武さんへ」というメッセージも発表!?

    『こんなことがなぜ続くのか。清武さんのほかに、いったいだれがいるのか。』

    ここまで確定的に語りかける文章を公にするのだから、今回の《原監督1億円支払い問題》を文春に売ったのが清武・前GMだという確度の高い情報があるのでしょうねぇ・・・。

    清武氏のナベツネ批判に端を発し、《新人選手36億円超過契約金問題》があって、また今回・・。

    何が事実で、誰が嘘をついて、誰が悪者なのやら・・・。

    ただ、原監督の「清武さんへ」という恥の上塗りになるようなメッセージは目にしたくなかったです。
    他の人の思惑までもが絡み合って醜いです。

    今回は、監督御自身の釈明と反省だけでよかった気がします。
    −◆−

    仮に今回のことを清武氏が「ばらした」のだとしてもね、《原監督1億円支払い問題》が今まで公表されずに来たことは事実。

    原監督のプライバシーだから内密になっていたのかな??
    公表すべき問題だったのか、伏せておくべき問題だったのか、これまたややこしい・・・。

    ただ、これが原監督ではなく、島田紳助氏が同じような相手に1億円払っていたら、蜂をつついたようにワイドショーが騒ぐでしょうね。
    −◆−

    新人選手の契約金上限は「1億円プラス出来高払い5千万円」だと思っていたのに、超えてもOKな『緩やかな標準』でしかなかったなんてことも、一般向けには伝わってなかった気がしますし、野球界はモヤモヤしてガラス張りではない部分があるのかと思えちゃいます。

    半世紀近く野球ファンを続けている人間の端くれとして、なんかモヤモヤします。

    (この間、足を運んだ西宮球場も大阪球場も日生球場も無くなっちゃったなぁ)


    ま、ソフトバンクには秋山監督が居るので、原監督の博多行きはなさそうですね。

    ”指原莉乃”が生まれても居ない約四半世紀前の女性問題で痛い目に遭うのですから、《注意一秒 怪我一生》って感じですかね。

    原も指原も・・・。





    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:芸能

    スポンサーサイト

    • 2020.07.15 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      週刊文春は2週立て続けにとんでもないスクープを連発した。 共に色恋沙汰。 AKBは恋人を作ることはご法度。先週の記事によってAKBの刺原は、メジャーデビューしていない博多のHKT48へ左遷されるはめになった。 この移籍を高校野球チームへプロ選手が加入する
      • かきなぐりプレス
      • 2012/06/21 2:29 PM
      交流戦で駆け足するがごとく一気に駆け上がり、セリーグ初の交流戦優勝を達成した巨人ですが、球団内部は未だ「清武後遺症」で揺れているみた
      • 現代徒然草
      • 2012/06/20 10:59 PM
      原監督、女性問題で1億円支払っていた!  巨人は20日、東京・大手町の球団事務所で、21日発売の週刊文春(6月28日号)に、「原監督が元暴力団員に1億円支払っていた」との見出しを付けた記事が掲載されることを明かし、事実と異なるとした上で、名誉毀損による損害
      • zara's voice recorder
      • 2012/06/20 7:22 PM
      巨人は20日、東京・大手町の球団事務所で、21日発売の週刊文春(6月28日号)に、「原監督が元暴力団員に1億円支払っていた」との見出しを付けた記事が掲載されることを明かし、事 ...
      • 虎哲徒然日記
      • 2012/06/20 7:21 PM
      週刊文春が21日発売の最新号で、原辰徳監督53が、元暴力団員
      • ネット社会、その光と影を追うー
      • 2012/06/20 6:36 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten