新報道2001〜小沢氏の「放射能逃亡」の話題に凍る桜井充政議員、小沢鋭仁議員?

0
    6月17日の『新報道2001』

    消費税問題や原発再稼働問題の議論が続いていた時、週刊誌がすっぱ抜いた『小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。』という小沢和子夫人の手紙文を猪瀬・東京都副知事が話題に・・・。

    猪瀬・副知事は、政府内の高レベル情報を知りうるであろう小沢一郎氏が「逃げ出した」ことにを問題視して、民主党の桜井充政調会長代理、小沢鋭仁元環境相に問いかけました。

    なにやら一瞬にして雰囲気が変わって、あたふたし始めた桜井氏と小沢鋭仁氏。

    桜井氏は、他の政策実現のことなどで忙しくて小沢一郎氏の問題についてはコメントできないと、明らかな逃げ口上。


    桜井充政氏も小沢鋭仁氏も口を濁し、須田哲夫キャスターも深追いしない・・・。

    妙な雰囲気がスタジオを覆ったような気がしました。
    猪瀬氏は、言ってはいけないことを言った??
    −◆−

    小沢夫人の手紙で漏れ出た内容・・・。

    「小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。」
    「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやれ」
    「食料の備蓄はあるから、塩を買い占めろ」


    小生は、単純なので『敵前逃亡は、けしからん!!』としか思っていなかったのですが、猪瀬・副知事が言うように、小沢一郎氏が政府の高レベル情報を知りえる”インサイダー”であることを考えると、国民が知りえない危機を知って、さっさと危険回避に走ったのなら軽蔑の極み。

    ことの真相を知りたいところですが、『週刊文春』の記事にテレビ局は食いつく気配がなく、うやむやで終わる気配が濃厚ですね。

    卑近な芸能話でいえば、沢尻エリカの『大麻』のこととか、AKB高橋みなみの実母逮捕のこととか、なぜかテレビが取り上げない話題があるのは気持ち悪いです。
    −◆−

    番組でも話題になった大飯原発再稼働問題。

    2012年6月17日読売新聞朝刊に、編集委員 近藤和行の署名入りで『「原発なくせば」の幻想』という記事が掲載されています。

    基本的に読売新聞は《原発再稼働推進》だから、いまさら驚くこともないのですが、気になるセンテンスがありました。

    「原発を止めれば命や未来を守れる、と思うのは幻想だと思う。」

    「過度に不信と嫌悪に傾いた今を正常化したい。」


    福島第一原発事故によって拡散した放射性物質の影響を危惧し、子供たちの将来の健康に不安を抱く方々にたいして、面と向かって近藤和行・編集委員さんは「過度に不信と嫌悪に傾いた今を正常化したい。」と言えますか??

    原発再稼働が正常化???
    新聞人が『正常化』というフレーズを使うなら、汚染地域の除染や、復興住宅の整備、雇用の回復など、被災住民の生活を『正常化』されるよう政府に対してモノを言うべきだと感じます。



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:テレビ全般
    JUGEMテーマ:政治

    スポンサーサイト

    • 2020.10.01 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten