「梅ちゃん先生」第65回(6月15日)〜あさイチ「プレミアムトーク 堀北真希」

0
    堀北真希「梅ちゃん先生」
    第65回(6月15日)


    4月2日〜6月13日放送の63回分の期間平均視聴率が20.0%の大台に・・・。
    ゆったり・ホノボノ系でドラマに嫌な感じがないことが最大の魅力かなぁ。

    大きな出来事が次々と起きることはなく、刺激的ではない日常の積み重ねに安心感があるわ。
    滅茶苦茶面白いわけではないけど、そこはかとない心地よさがあるのは井上真央ちゃんの『おひさま』に通じるものがある気がします。
    −◆−

    さて、梅子が不意に坂田医師(世良公則)を手伝う羽目になって、松岡との待ち合わせをすっぽかした夜が明けて、翌日・・・・。

    山倉(満島真之介)が松岡(高橋光臣)に、梅子とデートしたのかと冷やかし気味に尋ねます。

    真面目・松岡はいかめしい顔で「デートの定義は何なんだ。」と問い返します。

    弥生(徳永えり)が「好き同士の男女が二人で出かけることじゃないんですか?」

    松岡「じゃ、違うな。」
    松岡の固い頭の中では、どう違うと判断したんでしょうねぇ。
    梅子に好意を持たれていないと考え『好き同士ではない』と判断してる??

    真面目変人・松岡の気持ちも図りかねるわ。


    部屋を出て廊下で梅子と出会います。

    松岡「あっ」
    梅子も「あっ、おはようございます。」
    「昨夜はすみませんでした。」と、坂田医師(世良公則)を手伝う羽目になって待ち合わせをすっぽかしたことを詫びます。

    松岡は「実は、僕もいけなかったんです。」
    急患で病院を出られなかったのだと述べたうえで「ぼくも謝らなければいけないと・・・。じゃ、またの機会に。」

    松岡は、オードリー春日の匂いさえしそうな変人だけど、根は優しいなぁ。
    紳士やなぁ。


    梅子が立ち去った後、二人の会話を聞いていた山倉&弥生が松岡に「やっぱりデートだったんですね。」

    松岡は「定義に合わない。」と言い張りますが、弥生が「お互い好き同士、定義のとおりじゃないですか?」

    弥生、核心を突きますねぇ。


    廊下に一人残された松岡が「え?」

    弥生の言葉に狼狽気味で「お互いに好き同士?」「えっ!?」と、頭の中が混線しております。

    ガッチャン〜〜。
    脳がフリーズした松岡が、手に持っていた医療具を落とした金属音が廊下に響きます。

    変人・松岡、かわゆい。
    −◆−

    梅子と弥生がランチ。

    ふいに弥生が「私、実は松岡さんのことが好きなの。」

    梅子がむせ返ってゴホン、ゴホン・・・。
    食器を落として、ガッチャ〜ン

    弥生「嘘、あんな変な人好きじゃないわ。」
    そして「今、動揺した?」と梅子に確認。

    梅子、正直に「した‥。」

    弥生「それが答えよ。」
    「あの人、昨日行ったのよ待ち合わせ場所に。梅子のためを思って嘘ついたのよ。」と、事の真相を梅子に教えます。

    たじろいだ梅子は、大きな目をクリクリ。口を小さくパクパク・・・。
    堀北真希ちゃんの、豊かな表情がキュートだわ。
    まだ若いのに、ホリマちゃんは表情芝居に味があります。

    あと、今回の恋バナに関して弥生が大活躍です。
    良い存在感です。
    −◆−

    廊下で出会った梅子と松岡。

    瞬間、声が出ずに互いに見つめあっております。
    奥手です。

    松岡がなんとか口を開いて「どうも。」
    梅子も少し気恥ずかしげに「どうも・・」

    棒立ちで、廊下の通行の妨げになっていた二人は、邪魔にならない場所に移ります。

    松岡が思いつめた様子で「あの・・・あの・・・」
    何を言うのか、と思った時にお邪魔虫の父・建造(高橋克実)が二人の前に登場。

    建造は「妙な噂を耳にした。二人が付き合ってると。」

    梅子はかなり必死に「そんなことありません。」

    松岡が、展覧会で偶然会って映画に行った顛末を説明したうえで「これを、面白おかしく言う人がおりまして・・・」

    建造「けしからん」
    ちょっぴり”磯野波平”の香り・・・。

    松岡と梅子を叱ったのではなく、「噂をする連中」に対しての立腹でした。

    しかし松岡は「これ以上噂されると下村先生にも御心配をかけることになります。お互い、疑いをかけられるようなことは慎みましょう。」と誠実発言。

    梅子も調子を合わせて「そうですね。」

    ここで終わっておけばよかったのに、松岡は「また映画に行くと言う話もありましたが、取りやめにした方がいいでしょう。」

    梅子は少しさみしそうな表情を浮かべて「そ、そうですね・・・・」


    昭和オヤジ建造は「うん。真面目な男だ。」と満足げ・・・。

    『将を射んと欲すれば先ず馬を射よ』という言葉に従えば、まず建造から評価を得るってのは良い戦術かもしれないけど、松岡は「不器用・天然・真面目男」だから、そこまで深慮遠謀があるとは思えんわ・・・。
    −◆−

    前半部分には触れませんでしたけど、フラットだった日々の中に、坂田医師(世良公則)と看護婦・静子(木村文乃)が絡んできたのはドラマ的に広がりが出そう。

    単純に、木村文乃に気を引かれるし・・・。


    【 あさイチ「プレミアムトーク 堀北真希」 】

    6月15日の『あさイチ』に、堀北真希。

    ファンの方は知ってたのかもしれないけど、中学時代の部活(バスケ)帰りの畑道で、ジャージ姿の堀北真希がスカウトされて今に至るってのは面白エピソードですね。

    美少女が居るとの噂を聞いて、スカウトに行ったのかなぁ・・・。
    −◆−

    童顔が可愛い梅子のイメージと、『あさイチ』でゆったりと話をする堀北真希は、似て非なる存在。
    本人は、けっこうしっかりした大人の女性?

    聞かれたことにはポーカーフェイスで答える彼女は、つかみどころがなくて不思議な存在感・・・。
    −◆−

    電車の床に座り込んで熟睡していたエピソード。
    具合が悪いと思われ声をかけられて、恥ずかしいから具合が悪いふりをしたとホリマちゃん。

    これが”綾瀬はるか”とかなら、ボケボケ天然エピソードだと大笑いしそうなんだけど、堀北真希はボケボケじゃなくって、なんか不思議・・・。
    −◆−

    質問コーナーで、嫌いなこと名を聞かれて「無責任」と答えた堀北真希ちゃん。

    さすがに「朝ドラ」を背負ってるだけあって良い返事であります。
    小生は「無責任」な奴は大嫌いだから、ホリマちゃんの答えに小さく感動しちゃいそうな・・・。
    (職場で身近に”無責任関係者”が居たら難儀しますでしょ。)
    −◆−

    『どんな役を演じて欲しいか』という視聴者の声を集めたコーナー。

    「悪女を演じて欲しい」と言う声があって、「悪女ですか」と問われた堀北真希ちゃんは「人の困った顔を見るのが好き」だとして自分の悪女部分を披露。

    当意即妙、如才無い答えで洒落てますね。
    頭の回転が良いなぁ。

    「妖怪人間とかになってほしい」という声。
    堀北真希ちゃんが特殊メイクをしてみたいと答えてる横で、柳澤秀夫キャスターがヒソヒソ声で「妖怪人間」と有働由美子アナを指してます。

    うっ!
    歳を重ねた有働アナの最近の濃い目のお化粧は、どんどん特殊メイクの域に近づいてきてるからシャレにならんぞ・・・。

    当の有働アナは、堀北真希ちゃんの美肌の秘密を聞き出そうと、洗顔やら化粧水やらについて食らいついてた・・・。

    ホリマちゃんに散々襲い掛かっておきながら「20歳ほども違うから、いまさら聞いても仕方ない」と話題を閉じた有働アナ、面白い。
    −◆−

    結婚について聞かれると、「結婚願望はない」とホリマちゃん。

    勿体ない。

    井ノ原快彦が「結婚生活に向いてると思うか?」と問うと、ホリマちゃん「向いていないと思う」

    例を挙げて説明するホリマちゃんは「自分が掃除したところを人に汚されるのが嫌い・・・」

    自分でお弁当を作って撮影に行く (ラタトゥイユ、鶏肉の黒酢煮の写真が紹介されました)とか、お掃除の話だとか、家庭的だと思うんだけどなぁ。

    そんなことを考えても、小生がホリマちゃんと結婚するわけではないから無駄の極みですけどね。
    −◆−

    梅子の恋の行方が話題になると、口をつぐむホリマちゃん。

    有働アナ「こんなうわさ何処で聞いてくるんでしょうねぇ」と言いながら「松岡が転勤すると言う噂は本当ですか」という視聴者からの質問を紹介しちゃいます。

    小生も、山倉(満島真之介)か信郎(松坂桃李)か・・・とやきもきしているのですが、ホリマちゃんが自らネタバレできるはずもないのであります。

    検査技師・岡部(品川徹76歳) と、流行の『年の差婚』なんてことは無いだろうなとアホなことがあたまっをよぎっちゃうのですが、加藤茶(69)の新妻はホリマちゃんと同い年の23歳であるから、世の中なにが起きるか分からない。


    というわけで、どちらかというと大人しいホリマちゃんをフォローするようにイノっちが一生懸命喋っていた印象が強かった『あさイチ:プレミアムトーク』でした。



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2017.11.19 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今回は、あまり見せ場がなかった感じ。 もっとも、開業医のもとに働くことで、梅子が開業医に興味を持つわけなんだけどさ。 研究に明け暮れる梅子としては、腕を発揮すれば超一流の伊藤医師がまぶしく見える...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2012/06/15 10:04 PM
      松岡に昨夜映画をすっぽかした事を謝ると、松岡も行けなかったのだと言う。 安心した梅子だったが、弥生から真実を聞かされ驚くことに。 松岡も「デートの定義」について弥生から聞かされ、お互いを意識し...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/06/15 4:12 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten