堀北真希の「梅ちゃん先生」第54回(6月2日)〜岡部(品川徹)の念力で篠田退院!?

0
    堀北真希「梅ちゃん先生」
    第54回(6月2日)


    康子さん(岩崎ひろみ)の店で、「自分はダメだ」と飲みつぶれていた信郎(松坂桃李)を任されちゃった梅子(堀北真希)。

    「ちょっとノブ、どうしたの、こんなになるまで飲んでぇ〜」
    若奥さんみたいでカワイイ(*^^)v

    「自分がダメだからってヤケ酒呑まなきゃいけないなら、私なんか毎ッ晩ようぅ〜〜〜」と梅子。
    愛嬌あるわ〜〜〜。
    可愛いわぁ!!

    おもむろに立ち上がった信郎に連れ添って家路へと梅子。

    幼馴染だとはいえ、こんな女子が付いてきてくれる信郎を羨ましく思うなぁ。
    −◆−

    酔っ払いの信郎は「梅子はどんなに苦労したって医者になれば金も儲かるし人に尊敬されるだろ。うちの仕事なんて、苦労したって、たかが知れてるんだ。」と梅子に愚痴というか泣き言というか・・・。

    梅子「そんなことない。だいたいノブ、諦めるのいやだってずっと前に行ってたじゃない。どうしちゃったのよぉ」

    ノブは「俺、自分にしかできないことやりたかった。でも、うちみたいに小さいとこじゃ何もできない。そう思ってた。でも、ダメなのはうちの工場じゃねぇ。俺なんだよ。」と自分の未熟さを梅子にさらけ出して嘆いています。

    「ノブ逃げてる。弱虫! 弱虫ぃ〜」と梅子、涙。

    「なんでお前が泣いてんだよ。」

    梅子「私だって弱虫だからよ!」

    ノブ=桃李君の目に涙・・・。

    若い二人にキュンとくるやないの・・・。


    翌朝、旋盤に向き合うノブを見て、梅子はニコリ。

    ノブ君は、梅子を嫁にすべしやと思うなぁ。
    松岡に取られるぞ〜。
    −◆−

    篠田(正名僕蔵)に生きる希望を与えようと、妻子を連れてきた梅子。
    「あの人も、奥さんやお子さんに会えば・・・」

    いやいや、小生が患者なら、真逆のことを考えるわ。

    弥生(徳永えり)も小生と同じことを考えたようで「まるで、もう永くないから別れを言わせようとしてるみたいじゃない?」

    梅子「えっ! そうなる!?」

    梅子の純真すぎる性格が味わいあるんですよねぇ・・・。

    で、篠田は、女房・子供を目にして治りたいと思う強い意志を持ってしまい、大騒ぎして主治医・建造(高橋克実)を呼び出して「俺の病気、治してください」

    建造「あんたは死なない。」

    梅子「私が余計なことを・・・」
    篠田「この人は余計なことはしていない。俺が長くないことを教えてくれて、女房と子供を連れてきてくれた。」
    梅子をかばうつもりだけど、逆効果になってる篠田が微妙に可笑しい。

    案の定、建造が「なにぃ!!」と怒り心頭。
    梅子、平身低頭・・・。

    建造「これを見ろ。異形細胞のクラスは1,2程度で悪性の疑いはない。レントゲン写真でも異常は認められなかった。ただの気管支炎だ。」

    篠田親子がうれし泣き。
    梅子は、もらい泣き。


    梅子は、検査室で「異形細胞のクラス5」という喀痰検査の結果を見たことを建造に説明。

    建造から、検査技師・岡部が、わざと嘘の結果を見せたのかもしれないと言われた梅子が検査室へ・・・。

    岡部(念力爺さん・品川徹)は特段の説明もなく「俺は実験というものが好きでな。何かと何かを混ぜ合わせると思いもよらない結果が出ることがある。」と呟きます。

    梅子に悪い結果を見せて刺激を加え、「自分の余命を知りたい」など言って周りに迷惑をかけていた篠田を変化させたのが、岡部の今回の実験だったのかな・・・。

    良い方向に変化して何よりですが、変な方に行っちゃったらどうするのよ!?
    「念力じゃ」では済まないよ。

    とはいえ、『検査室から何でもお見通し』みたいな”念力爺さん岡部”は、小粋で、ちょっこしカッコよかったかも・・・。
    「不気味」か「カッコいい」か、微妙なところ・・・。


    今週も『ほのぼの、ほんのり女子・梅子』に癒されました・・・。
    せかせかしてないのが良いわ。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2017.10.22 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      城南女子医専を卒業した下村梅子@堀北真希は 父建造@高橋克実が勤める帝都大学病院で インターンとして勤務することになり、耳鼻科や外科を経験する中、 勤務医となっていた松岡@高橋光臣と三年振りに再会、 自分が余命僅かだと思い込んでいる患者篠田@正名僕蔵の対
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2012/06/03 12:29 AM
      様々な先生にもまれながらも、患者様と触れ合おうとする梅子 まず、はじめて自分の気持ちと行動を出せた患者が、篠田。 もしかしたら自分は後長くないかも、そうなったら生命保険で家族を・・・と自虐的に言...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2012/06/02 9:37 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten