巨人vsモバゲー [5/8] 阿部 9回2死悪夢の落球

0
    巨人 7―7 モバゲー
    2012年5月8日

    「コンプリート・ガチャ商法」で消費者の頭脳を麻痺させ、高額請求で巨万の富を築いて居る割に、チームは安っぽい「DeNAモバゲー」を相手に、最大6点差をつけて楽勝のはずが、悪夢の引き分けであります・・・。

    宮國の勝ち星が消え、いつもはファウルになっていた打球をスタンドに放り込んだボウカーの活躍も色褪せちゃったし、隠善の好プレーも陰に隠れちゃった。

    「全額返金!?アツいぜ!チケット」はDeNAのキワモノ企画でしたが、今日に限っては我が巨人軍に全額返金を求めたいわ!!
    −◆−

    9回2死から中村ノリの高いフライを落球してしまった阿部。
    そのあと顔が真っ青になって踏ん張りきれなかった西村健。

    表面的には彼らが『A級戦犯』であります。


    しかしながら、楽勝だったゲームの流れを悪くした最大の戦犯は8回に登板した”福田”だと思います。

    4点差で登板したのに、先頭打者・ノリに3ボール0ストライクとボール先行させて結局ヒット。
    続く吉村にも3ボール0ストライクとボール先行させて結局は四球・・・。

    4点差もあるのだからポンポンとストライクを先行させるべし!!

    たまたま調子がいい日には立て続けに三振を奪う投球ができるのに、なんで4点差でこんな弱気の投球をするのか!!
    この日だって147キロとか出てるのに!!

    この時点で、硬直した顔には照れと怯えが混じった薄笑いが浮かんでた。
    野球選手が見せる一番嫌いな表情。

    「下半身と上半身のバランスの悪さ」「下半身の粘りのなさ」「開き癖」など、福田の技術的に悪いところと、メンタル面での弱さが相まって、情けないピッチングになりました。


    森本がボール球を空振りし、ストライクを見逃して三振してくれたから1失点ですみましたけど、この時点で、「DeNAモバゲー」は息を吹き返した感じです。
    間違いありません。
    −◆−

    ジャイアンツの負の側面ばかりでしたが、冷静に思い起こすと、DeNAの9回先頭・荒波がこの日自身「4本目のヒット」で出塁し、盗塁されたのがコトの始まり・・・。

    荒波さえ抑えておけば・・・。


    最後は、野手を使い切ったガチャDeNAが、打席に入った投手・藤枝に代打をつかえなかったので、なんとかかんとか勝ち越しを許さずに9回表が終わりました。

    長嶋監督も野手を使い切ってしまうタイプ(選手が居なくなって外野手の庄司がセカンドを守ってエラーした試合が忘れられない)でしたが、さすがに愛弟子・中畑も同じようなことをしますね。
    −◆−

    巨人も9回2死から藤村がクリーンヒットし、坂本が四球を選び、サヨナラ機を作りました。

    ここで代打・加治前が登場して、それなりに積極的かつ粘り強くフルカウントまで進みましたが、最後は三振・・・。

    この場面で加治前では、相手に対するプレッシャーが弱いかなぁ・・・。
    野手の枚数不足・・・。


    以上。微妙に選手のチョイスを誤って、横浜とイイ勝負をしてしまったジャイアンツ。

    終盤に突然、DeNAから”高額請求”されたような嫌な気分です。
    金返せ!(「G+」の視聴料)
    −◆−

    この際、八つあたりじゃ!!
    「全額返金!?アツいぜ!チケット」で野球ファンに返金するなら、「コンプリート・ガチャ」で稼いだ何十億、何百億の”あぶく銭”も返金しやがれ!!

    −◆−

    医師の診断では異常無しとされた『肩痛』で帰国しているソフトバンクのペニー投手が退団。
    久しぶりの『幻の大物外国人』(メジャー通算119勝の)やねぇ。

    過去の幻の大物外国人選手ペピトーン(ヤクルト・アトムズ)とか、グリーンウェル(阪神)、マネー(近鉄)とかが懐かしいわ。
    −◆−

    日ハム、多田野が2勝目やねぇ。
    不本意な投球、故障、戦力外通告を経て、よう復活したなぁ。
    使ってる栗山監督もエライ。

    で、ダルが抜けた日ハムが首位。
    和田、杉内、ホールトン、川崎が抜けたソフトバンクも貯金があって3位につけてる・・・。

    杉内、ホールトン、村田を掻き集めたジャイアンツは借金生活・・・。
    ありえへん。




    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ
    JUGEMテーマ:プロ野球全般

    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
         守乱で6点差を守れず 巨人、手痛い引き分け                         産経新聞 5月8日(火)23時39分配信  (セ・リーグ、巨人7−7DeNA=規定により引き分け、4回戦、巨人2勝1敗1分、8日、宇都宮)巨人が2点リードの九回
      • ◆Today’s Shot◆
      • 2012/05/09 7:35 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten