平清盛 第16回「さらば父上」〜浜辺で戯れる中井貴一と松山ケンイチ

0
    『平清盛』第16回「さらば父上」

    相変わらず、平板でメリハリがなく、どんよりしてるなぁ・・・。

    申し訳ないけど、「ここが面白かった」って場面が浮かばないわぁ・・・。
    −◆−

    摂政・藤原忠通(堀部圭亮)と左大臣・頼長(山本耕史)を中心とした藤原氏の揉め事に、源氏と平氏を巻き込んで火に油を注いじゃおうとしてる美福門院得子(松雪泰子)の策略・・・。

    もう、この手の謀には飽きました・・・。
    もう、けっこうです。
    −◆−

    清盛(松山ケンイチ)が子供(5歳)にアーサー王のエクスカリバーみたいな”宋剣”をもたせる訓練をしておりますが、剣が重くて持ち上がりません。

    マイナーな例えになりますが、高クオリティ大人向け特撮ヒーロードラマ『牙狼-GARO』で、子供時代の冴島鋼牙が、父・大河が残したソウルメタルでできた魔戒剣を持ち上げようとする場面と滅茶苦茶かぶりました。

    父と子と剣による、ほぼ同設定。

    あと、つい2日前にテレビ放映された映画『GANTZ』で、”千手観音”を相手に松山ケンイチが剣を振り回してたことも、変に頭の中でダブっちゃいました。
    −◆−

    「地を這うてでも生きておる。それが儂の誇りだ。」と、いつになくアグレッシブな源為義(小日向文世)と、嫡男・義朝(玉木宏)が路線闘争にいたり、遂に為義が義朝を叩いちゃいました。

    為義は妻・由良(田中麗奈)の言葉には耳を貸さずに、雑仕女になって先輩からキツイ言葉をもらったりしてる常盤(武井咲=化粧薄い)に会いに行きました。

    そして、なんだかんだで抱擁。

    小生が見落としていたのなら仕方がないのですが、義朝(玉木宏)が常盤(武井咲)と浮気状態に至る途中経過は全く描かれていなかった気がするんですけど・・・。

    前に清盛と二人でいるときに常盤を目にして美貌に口あんぐりだった場面しか思いつかない・・・。

    なんか、あの心理状態で『とにかく常盤のもとに行きたい』と思った義朝に、”激しい唐突感”を覚えます。

    ボーイズラブまでご丁寧に描いてる『平清盛』なのに、普通の浮気は雑な描き方・・・。

    それは抜きにして、化粧品のCMに出演してる時とは全然様子の違う”武井咲”にばかり目が行ってしまって・・・。
    −◆−

    美福門院得子(松雪泰子)の謀略の一環として、平氏にも頼長邸襲撃の密命が下りました。

    家貞(中村梅雀)家貞(中村梅雀)らを前にして清盛が例の重たい”宋剣”を幼き日より振り回してきたのは摂関家と院の小競り合いなんかに加担するためではないとして、密命を無視すべきだと公言。

    これに父・忠盛も同調し「武士の世を作るために我らは戦ってきたのだ」として、王家と公家による統治機構をドラスティックに変革する旨の宣言。

    ここですよ。
    『武家政権を作る』という「マニフェスト(なんと色あせた単語でしょう!)」を前面に押し立てて、清盛が闊達自在に守旧派を打破してゆくドラマを見たいわ。

    だけど、これまでの脚本では、「清盛の出自」と「王家のドロドロ」やら「変態愛」とかに重きを置く一方で、「改革者・平清盛」は動きが少なく、全体に陰気で内向きで面白くない話に終始しちゃってる。
    −◆−

    平氏の館では、いよいよ忠盛(中井貴一)の『遺言式(?)』が始まりました。
    息子たちに次々に弓やら刀やら鞍やらを遺贈。

    忠正(豊原功補)、家貞(中村梅雀)、忠清(藤本隆宏)らに後を託し、盛国(上川隆也)と兎丸(加藤浩次)には清盛の「一番側で仕えよ」と指示したうえで、次期棟りょうは清盛だと正式に発表した忠盛(中井貴一)。

    もう死ぬ気満々ですね。(死期を察したと言うべきかぁ??)

    小生は、こういう予定調和的な筋立ては苦手です。

    ただし、病み上がりっぽく頬がこけた忠盛役の中井貴一のオーラは凄い!!
    飛びぬけています。
    −◆−

    「遺言式」が終わって、一門の面々が出立した途端にバランスを崩す忠盛。

    宗子(和久井映見)が支えますと、忠盛「かたじけない」

    宗子「かたじけない・・妻となって初めて言われた気がします。」

    「かたじけない」と言われた記憶を失っているんじゃないの??
    それはTBS『もう一度君に、プロポーズ』の和久井映見だから・・・。
    忘れちゃった旦那・竹野内豊じゃなくて、こっちは中井貴一那だから・・・。
    −◆−

    今回、もっとも印象に残った『安芸の浜辺』のシーンが始まりました。
    遅れて追いつくはずの忠盛が清盛の前に突然現れます。

    落ちていた枝を手にした忠盛が、清盛と手合せします。
    恋人同士が浜辺で戯れ走り回るようなシーンです。

    一通りチャンバラ稽古が終わって、忠盛は満足げに「強うなったな。清盛」

    清盛が振り返ると、すでに忠盛は消えちゃっております。

    こりゃ『ゴースト 安芸の幻 』ですねぇ。

    はたまた、『11人もいる』の広末や、『ステキな金縛り』の落ち武者・西田敏行みたいな・・。

    背景の光の具合とか、如何にも「ファンタジーですよ」って映像。

    中井貴一が気の毒なほど分かり易い場面で、要するに「1月15日、忠盛は世を去った。」


    海に向かって清盛が仁王立ち。
    剣を天に突立てるようにして「ウwァ〜〜〜!!」「ウwァ〜〜〜!!」「ウwァ〜〜〜!!」と雄叫び!!
    (森田健作は、浜で夕日に向かって走った・・・関係ない。)

    清盛はクラーケンと戦う気か!?
    −◆−

    こうして、『平清盛』において一番魅力的な芝居をしていた中井貴一が卒業・・・。

    そして、ちょうど、今現在の『原・巨人』の試合と同じくらい面白くない大河ドラマ『平清盛』

    『原・巨人』も『平清盛』も、ともにテコ入れが必要だと思いますが、特効薬は見当たりませんねぇ。

    あと『GANTZ(前編)』の加藤=松山ケンイチも、清盛=ケンイチも、どこかジメジメした雰囲気がまとわりついていますね・・・。

    スカッとしない。

    嫌な考え方ですが、弟・家盛(大東駿介)が死んで、忠盛も死んだから、いよいよ清盛が気遣いなしに新しい世の中に向かって進み始める??


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2017.05.13 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/上川隆也/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/中井貴一 第16回 「さらば父上」 11・3% 美福
      • to Heart
      • 2012/04/24 12:58 AM
      大河ドラマ「平清盛」第16話は為義が頼長の命で兄忠道を襲撃させ摂関家の家宝を奪った。これを知った義朝は父と対立するが、為義はこれが源氏の生きる道と一歩の譲らない。そん ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/04/23 10:49 PM
      さらば父上
      • 悠雅的生活
      • 2012/04/23 10:31 PM
      公式サイト ついに忠盛パパがお亡くなりになりました。 引越しのようなものをしたら
      • 昼寝の時間
      • 2012/04/23 8:52 PM
      なんか…なんか…! 忠盛アッサリだったなーーーーーー!! 最後のは忠盛の幻? ナレーション頼みで総集編のような展開でした。 初回から忠盛の葛藤を引っ張ってきた割には、父子の引き継ぎをしっか...
      • 青いblog
      • 2012/04/23 6:59 PM
      『さらば父上』 内容 久安6年、忠実(國村隼)の命により、源為義(小日向文世)は、 忠通(堀部圭亮)の屋敷を襲撃した。 すべては、藤原摂関家を頼長(山本耕史)に継がせるためであった。 が、父...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2012/04/23 6:41 PM
      JUGEMテーマ:大河ドラマついに清盛も継承のときが来ました。忠盛は体が弱っており、ときに激しくせきこみます。いっぽう、源氏の父子は、しだいに生き方をめぐる感情の相違から対立に。為義は、忠実の命で通実の館を襲撃し、朱器台盤を奪取します。それは、藤原家の氏
      • ふるゆきホビー館
      • 2012/04/23 6:22 PM
      いきなり為義が藤原忠通を襲撃するという場面から始まる。 元々為義はかなり粗暴な性格だったらしく、本人と郎党の乱暴狼藉が多かったらしい。 ただ、この頃には検非違使復帰しており、それなりに出世の足が...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2012/04/23 5:39 PM
      偉大な父親だったと言えよう。 武家としては最上級の正四位上まで位階を昇りつめた父である。 伯耆の国をはじめとして、越前の国、備前の国、美作の国、尾張の国、播磨の国の国司となった平忠盛である。 それはつまり六カ国において・・・なんらかの影響力を行使したこ
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/04/23 3:44 PM
      頼長って、ほんとワルやなぁ 兄弟でありながら兄を蹴落とすために 源氏を使って朱器台盤を兄・忠通の家から力ずくで手に入れるとは!! 為義に、義朝が「父上のしていることは盗賊と同じだ」とは なかな...
      • よくばりアンテナ
      • 2012/04/23 3:37 PM
        第十六回「さらば父上」高野山再建を成し遂げた清盛には安芸守の任が授けられ、父・忠盛も念願の公卿まであと一歩となった。けれども、忠盛は病に倒れてしまう。そのころ藤原摂...
      • 日々“是”精進!
      • 2012/04/23 12:37 PM
      棟梁を、清盛に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204220003/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 1
      • 日々“是”精進! ver.A
      • 2012/04/23 12:37 PM
      美福門院(松雪泰子)の策略は、増長する忠実・頼長親子(國村隼・山本耕史)をワナにかけ、 その報復に平氏を使って彼らを襲撃させるというものだった。 病床の忠盛(中井貴一)は判断に迷うが、そこに安...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/04/23 11:32 AM
      【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放
      • Refreshing-wind-blows※別館※
      • 2012/04/23 11:27 AM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten