巨人軍の激励会でのナベツネの「ドブネズミ発言」に辟易。

0
    3月23日の読売新聞朝刊には、森喜朗元首相や御手洗冨士夫元経団連会長をはじめ財界関係者らによる巨人軍応援組織「燦燦会」総会 兼 読売巨人軍の激励会において、ナベツネこと渡辺恒雄・巨人軍会長(読売新聞グループ本社会長・主筆)が、変な人間が一人いなくなると一体感が非常に強まる。そういう問題は堂々と法廷で決着をつけるので、みなさんは一切忘れて試合に集中するようお願いする」と述べた旨が記事になってました。 (さすがに少し小さめでしたが)

    滑稽ですね。

    自社のトップが、《巨額闇契約金問題》を棚に置いて、清武氏の悪口を言ってる恥ずかしい振る舞いを記事にしちゃってるんですもの・・・。

    フォーマルな行事なんだから、一般常識からすると、発言も行儀よくしなきゃダメだと思いますよ。
    恥知らずですね。
    −◆−

    他社の記事によると、ナベツネはどぶネズミか泥棒猫か知らんが、一匹やそこらいてもですね・・・」「去年まではその変な人の補強で、ダメ外国人ばかりで酷評されましたが、今年は大補強に成功いたしました」「もうケチをつける邪魔をする人は球団内にはおりませんから、思い切った采配を振るっていただきたい」などと毒を吐いたそうな・・・。

    ちなみにダメ外国人補強は、昭和50年のジョンソンの時代からずっと続いていて、ここ30年で巨人軍がアメリカから呼んで成功した外国人はクロマティくらいしか思いつかないわ。
    −◆−

    ナベツネ発言は、いわゆる「盗人猛々しい」ってやつですね。

    6選手 (高橋由伸、上原、二岡、阿部、野間口、内海)に《36億円標準超・闇契約金事件》をばら撒いてグレーな新人補強しておきながら、悪びた様子はなくて、逆に清武攻撃だもの・・・。


    演壇に立つ”ナベツネ”の後ろには、原監督やコーチ陣、一・二軍の全選手が立たされていて(苦虫を噛みつぶしたような顔が、ずらり・・・)、入団時に10億円も貰ったとされる阿部捕手がすぐ後ろに立ってるのが微妙ですわ。
    −◆−

    さて、とき同じくして、民主党の鳩山元首相が訪中し、人民大会堂で、中国の次期最高指導者・習近平 国家副主席と会談・・・。

    ヘロヘロ・迷走総理だった鳩山氏が、この期に及んで外交に顔を出すなよ!!


    で、何が言いたいかというと、鳩山元首相とか”ナベツネ(85)”とかは、もう引退したらいいってね・・・。
    菅前首相とか、小沢氏とかも一緒に、社会の一線から身を引くべしだと思うんです。


    引き際ってものがあるでしょ。
    害毒を垂れ流すのは良くないですよ。



    てなわけで、V9時代からのガチガチの巨人ファンたる小生の、悲しい思いを誰か汲んでちょうだいな・・・。





    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:マスコミ・報道

    スポンサーサイト

    • 2020.08.13 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten