「平清盛」第4回〜百人一首80番「長からむ 心も知らず 黒髪の〜」

0
    『平清盛』第4回「殿上の闇討ち」

    前作『江〜姫たちの戦国』が残念すぎる大河だったので、『平清盛』の濃密さに圧倒されるのですが、一方で、今のところ物語的には目に見える大きな動きがなく、じっくり見ると面白いけど、パッと見には辛気臭さを感じなくもないですねぇ・・・。

    登場人物の心象風景を描いた概念的・抽象的な部分や、階級闘争にまつわる陰気で内向きの展開が多い中、時折エネルギッシュなセリフがあったり、”中井貴一”らの力演があるのがアクセントになってますね。

    あとは、玉木 宏、藤木直人のイケメンの威力・・・。
    −◆−

    璋子(檀れい)と女房たちとの歌合。
    堀河局(りょう)が「息からむ、心も知らずわが袖の、濡れてぞ今朝はものをこそ思へ〜〜。」と、恋の和歌を披露。

    璋子「なんと、なまめかしい歌にござりましょう」と高評価。
    天津・木村の「エロ詩吟」よりは上品やけど、平安のガールズ・トーク的な色合いもあったのかなぁ・・・。


    庭番をしていた北面の武士の中で、ひときわ顔が汚れている清盛(松山ケンイチ)が顔を並べていて、貴族女子の衒学的で雅な和歌を聞いて、呆けたように目を丸くしてる。

    清盛の気持ちわかるわぁ。


    で、璋子が北面の武士を集合させて「今の歌どう思われまして?」と感想を聞きます。

    やや、無茶振りかと思いきや、資遠(真島公平)、貞嗣(奥村知史)らは”お追従”の高評価を立て板に水で口にします。
    彼らは文化・教養部門もこなしています。

    次に指名されてしまった”場違い男・清盛”は、『濡れてぞ今朝は』の部分を勘違いしちゃって、幼少期の寝小便を懐かしく思い出しちゃった旨を発言する有様〜〜〜。

    恥ずかしくて、カッコ悪いけど、お上品セレブではない小生は、清盛の味方だぞ!!
    −◆−

    次に指名された文武両道イケメンの佐藤義清(藤木直人)は、理路整然と歌を評価し、「『わが袖』よりも、『黒髪』を持ってきてはいかがでしょう・・」と自分の意見を開陳。

    藤木直人は、この役をするために生まれてきたようなイケメンですね。

    これで、小倉百人一首80番「長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は ものをこそ思へ」が完成・・・。

    待賢門院堀河の歌は、遠回しで言葉は上品だけど、『最後から二番目の恋』で、キョンキョンが前夜のエッチについて「おかげさまでスッキリしましたよ。素敵な夜でした。」と、あけすけに語っていたのと、そんなに変わらないのかもしれないなぁ・・・。


    それにしても、”場違い男・清盛”だけが無骨に浮いていて、かつ、汚れていていますねぇ。
    松山ケンイチの表情が面白いです。

    『デスノート』の””と同じ人間には見えないわ。


    スマートなイケメン玉木 宏、藤木直人を配したことで、松山ケンイチの野性味みたいなものが余計に際立ちます。
    −◆−

    忠盛(中井貴一)は観音堂に千体の観音像を寄進するなどして、璋子への愛憎に苦しむ鳥羽上皇の心の隙に入り込み、やがて、忠盛は武士としては初めて、内裏への昇殿が許される「殿上人」に昇りつめた。

    知らせを聞いて湧き上がっている平氏一門。
    次男・家盛(大東駿介)は、父・忠盛に心底からのリスペクトと祝いを述べます。

    「殿上人」に価値を感じていない様子の清盛は、しぶしぶ父の前にすわらされ、仕方がないのでハハハハと作り笑いなどして祝いを述べています。

    松山ケンイチの大袈裟な演技が面白い。
    −◆−

    祝宴を開き盛り上がる平氏一門。

    ふんどし一丁で踊ってる肉付きのよい男もいます。
    平安のメタボ男??

    単純な疑問やけど、あの時代だったら、もうカロリーが足りていて、あんな風に肥った男たちが居たんかなぁ??

    で、鱸丸(上川隆也)と話をする清盛は「腹が満たされるほどに、心はいよいよ虚しゅうなっていく。」

    棟梁の「殿上人」への出世で浮かれる面々を目にして、清盛は”武士の在り方”について憂いている様子ですねぇ・・・。
    −◆−

    藤原家成(佐藤二朗)の館で忠盛と清盛を迎えて”宴”が開かれております。

    突然話は飛びますが、先月26日に後楽園ホールで行われたプロボクシング日本王座戦で、黒のレザーベストとホットパンツの“ヘソ出し衣装”姿のラウンドガールとしてリングに登場した民主党の早川久美子衆院議員(41歳---赤坂のワインバーもママさんでもある)が名を連ねる『民主党ワイン産業振興議員連盟』なるものがございまして、衆議院議員会館で鳩山由紀夫名誉顧問、輿石東会長らとともに『ワイン会』という”現代の宴”を開いていおりました。

    時は、政府が「計画的避難区域及び緊急時避難準備区域」を設定してから4日後の4月26日・・・。

    セレブ鳩山由紀夫氏や早川久美子ラウンドガール衆院議員らは、平安貴族みたいなものだと、今回の『平清盛』を見て思ったのであります・・・。


    話を戻して・・・。
    忠盛が「殿上人」に出世したことを快く思っていない藤原摂関家の”オサ”で、岩みたいな顔を白く塗ってる忠実(國村隼)が、宴に参加した忠盛に、舞を披露するように仕向けます。

    見事な舞を見せる忠盛に、藤原摂関家ゆかりの宴会参加者たちが野次を飛ばすわ、盃の酒をぶっかけてくるわ、やりたい放題です。

    楽器の演奏者も、わざと無茶苦茶に演奏・・・。

    大人のイジメ・嫌がらせで、屈辱的です。
    気の荒いクリンゴン人なら、バトラフを振り回して決闘ものです。(スタートレックのファンだけ分かる)

    しかし忠盛は「未熟な舞にて、とんだお目汚しとなり、申し訳ござりませぬ。」
    動揺せず冷静な忠盛カッコいい。
    中井貴一の目の演技がとってもイイ!!

    しかし、共に参加していた清盛は”武士の名誉”を傷つけられた思いで、心の中は穏やかではありません。
    −◆−

    小沢顔の藤原忠実が、平氏に差をつけられた源氏の棟梁・為義(小日向文世)を呼びつけて叱責しております。

    そのうえで、忠盛が「豊明節会(とよあかりのせちえ)」という儀式に出席する際、内裏の渡り廊下を一人で歩くタイミングを狙って、暗殺するよう唆しています。

    為義の劣等感を利用する藤原忠実・・・。

    忠実(國村隼)と忠通(堀部圭亮)の親子は、感じが悪くて面白いキャラに仕上がっています。
    −◆−

    言われるがままに、暗殺計画を実行しようと「豊明節会」で忠盛の背後を突く源為義・・。

    しかし、気配を察した忠盛は、落ち着き払って余裕で対応しちゃいます。

    暗殺計画を知って駆け付けた清盛と義朝(玉木宏)が、影から様子をうかがっています。

    持ち込み禁止の刀(本身)を抜く忠盛に、「抜刀したらただでは済まない」とビビってる為義(小日向文世)は、力なく制圧されました。

    ライオンとネズミが戦ってるような様です。

    最後に忠盛は「王家の犬では終わりたくないのだ。」と言い放って儀式へと向かいました。
    中井貴一、カッコいい!!!

    キョンキョンと言い争いする中井貴一も面白いけど、忠盛役は思いっきりシブい!!!
    −◆−

    内裏の渡り廊下の一件を目にしていた清盛が、忠盛に「いつから王家の犬では終わりたくないと考えていたのか」を尋ねます。

    忠盛「お前を我が子として育てると決めた時からだ。」「赤子のお前をこの腕に抱き、平太と呼びかけた時、儂の心に揺らぐことなき軸が出来たのだ。」

    ひ〜〜、重ね重ね”中井貴一”カッコいい!!!
    小生は50歳を超えても心の軸が出来てない(トホホ〜〜)


    清盛「帯刀して昇殿した挙句、抜刀したりしてぇ・・・」

    「そもそも帯刀などしておらぬ」と銀箔を貼った木太刀を見せる忠盛。
    「新入りの殿上人に嫌がらせはつきものと家貞が用意してくれたのじゃ。」

    本物のピストルではなくモデルガンを持ってホワイトハウスに入ったみたいな感じ??
    ちょっとヤバくない?


    忠盛「まさか為義殿が本気で斬りに来るとは考えなんだがなぁ・・・。冷や冷やしたわ。
    益々中井貴一がイイ!!

    やや呆れ顔の清盛「父上・・」

    忠盛、満面の笑顔で「ハハハハハハハハ・・・・」
    清盛も苦笑い。

    忠盛「清盛。お前が思う以上に、殿上は面白き所ぞ。ハハハハ・・・」

    いよいよ、ドラマに動きが出てきそうです・・・。
    −◆−

    さて、毎回のように『平清盛』にクレームをつける井戸敏三・兵庫県知事閣下は、今週はどんなイチャモンをつけてくるのか楽しみです。

    前回は瀬戸内の海の色に文句をつけていましたから、今回「は煙った空が汚い」とか言って放送局に介入してくるのかな・・・。

    橋下・大阪市長は国を変えようとし、井戸・兵庫県知事はドラマを観光向け内容に変えようとしております。





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.02.27 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      公式サイト 北面の武士として務め始める清盛。しかし、実力はまだまだ、その上半分貴
      • 昼寝の時間
      • 2012/01/31 10:40 AM
      「平清盛」第4話「殿上の闇討ち」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 今日はBSプレミアムで観たので、早めにUPです。 夜になると、ブログの調子が落ちるので。^^; 北面の武士としての務め、清盛はなかなか慣れないようですね。 ドジ踏みまくっています
      • ドラマとアニメの感想日記
      • 2012/01/31 7:21 AM
      「王家」という言い方が、どうにもしっくりきません。物語から浮いているように感じます。話の流れ的には「朝廷」となるのではないかと思うのですが…。
      • 伊達でございます!
      • 2012/01/31 7:17 AM
      待賢門院璋子@檀れいとの愛憎に苦しむ鳥羽上皇@三上博史に 得長寿院観音堂を造営、巧みに取り入った平忠盛@中井貴一は 殿上人に昇進、武士でありながら昇殿が許される 忠盛の台頭を不快に感じる藤原忠実@國村隼は 源為義@
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2012/01/31 1:55 AM
      NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK) NHK大河ドラマ「平清盛」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 267号) 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 解説 番組概要 ...
      • 青いblog
      • 2012/01/30 11:33 PM
      大河ドラマ「平清盛」第4話は清盛が北面の武士となり朝廷に仕えるも、その実態は姫たちへのすり寄りに清盛は呆れてしまう。そんな中忠盛が朝廷への忠誠が認められ、内裏の清涼殿 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2012/01/30 11:10 PM
      脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/中井貴一/上川隆也/伊東四朗/藤木直人/玉木宏/豊原功補/佐戸井けん太/藤本隆宏/三上博史/檀れい/りょう/和久井映見/小日向文世/國村隼 第4回 「殿上の闇討ち」 17.5% 朝
      • to Heart
      • 2012/01/30 11:03 PM
      〜殿上の闇討ち〜
      • 悠雅的生活
      • 2012/01/30 10:57 PM
      大河ドラマ「平清盛」。第4回、殿上の闇討ち。 平忠盛が、武士で初めて殿上人となる。 大きく差のついた平氏と源氏。 その時、その御曹司たちは・・・
      • センゴク雑記
      • 2012/01/30 10:20 PM
      今年の大河は面白いわー。いや、まじで、これ見ない人はもったいないよ! 今日も、忠盛パパ無双!でした。いやはや、なんとも器の大きい親父様です。 鳥羽上皇への寄進がはんぱなくて、平家ってもの凄く羽振りがいいのがわかりましたねー。地味にしてるけど、金は持って
      • シフォンなキモチ
      • 2012/01/30 9:46 PM
      清盛、北面の武士となりました!親のコネで 一流企業に就職した お坊っちゃん、といったところでしょうか。この 北面の武士の仕事は、武芸よりも 見た目を気にする社風。まるでOLみたいに 、お肌の手入れも熱心ですw見た目をきれいにしておかないと、汚いと文句を言われ
      • 風のうわさ
      • 2012/01/30 9:45 PM
      原作のない今回の大河ドラマ。 激しく、つかみどころのないオープニング曲にもだいぶ慣れてきたけれど。 最近の大河ドラマは緩急の付いたオープニング曲が多いなあ。 (江は違ったか。) 映像は龍馬伝を...
      • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
      • 2012/01/30 9:10 PM
      北面の武士にはなったものの、風雅でイケメンな先輩についていけない清盛=松山ケンイチさん。 教養があるだけでなく武芸にも優れた佐藤義清=藤木直人さん、ここでもぶちょおは素敵です。 しかし今回...
      • 今日も何かあたらしいドラマ
      • 2012/01/30 8:14 PM
      JUGEMテーマ:大河ドラマ御所のなかで、北面の武士たちが流鏑馬の稽古をしています。そこには、新参者というべき清盛の姿も。が、的を狙ううちに駆けすぎてしまい、笑いものになってしまいました。 颯爽と命中させた佐藤義清に、清盛は歯がみします。そのあと
      • ふるゆきホビー館
      • 2012/01/30 7:22 PM
      ・・・・でおじゃる! 本当に使ってたんだ!笑ってしまいました。 おじゃる丸が思い浮かび(以下略 じゃなくて… 陰湿ないじめを受ける父を見たり、 忠盛も王家(?)の犬にはな ...
      • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
      • 2012/01/30 6:06 PM
      “北面の武士”となった清盛クン(松山ケンイチ)なれど、まだまだ十代前半のおこちゃま。そのオシゴトには、待賢門院璋子(檀れい)の警固もあるものの、歌に関しても風情も理解がなく「濡れる」を、オネショと勘違いしてしまう始末 (^^;) そんな中、文武両道。イ
      • のほほん便り
      • 2012/01/30 5:28 PM
      平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)は晴れて北面の武士となり佐藤義清(藤木直人)などと高貴な人々を護衛することになります。武芸の鍛錬は欠かせませんが、色男の西行は流鏑馬もソツなくこなします。清盛も馬を疾駆させて矢を射ようとしますが、馬に乗りながら矢を取
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2012/01/30 3:09 PM
      まだまだ清盛は子どもっぽいけれど、 面白くなってきた〜〜 北面の武士としての役目もまだまだ不慣れな清盛。 同じ役目の同僚たちが、 女房たちの歌の会(?)の警護に来てウキウキしているのが 武士ら...
      • よくばりアンテナ
      • 2012/01/30 1:34 PM
      平氏に大きな知らせが舞い込む。朝廷に忠誠を尽くす忠盛(中井貴一)の功が認められ 殿上人に武士として初めてなったというのだ。喜ぶ平氏一門。 北面の武士として務める清盛(松山ケンイチ)にとっても...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2012/01/30 1:28 PM
        第四回「殿上の闇討ち」平氏に大きな知らせが舞い込む。朝廷に忠誠を尽くす忠盛の功が認められ、忠盛が内裏の清涼殿にあがる資格をもつ殿上人に武士として初めてなったというの...
      • 日々“是”精進!
      • 2012/01/30 1:06 PM
      殿上は、面白きところ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201290004/ 平 清盛 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) NHK出版 NHK出版 2011-12-20 売り上げランキング : 1029 Amazon
      • 日々“是”精進! ver.A
      • 2012/01/30 1:06 PM
      【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放
      • Refreshing-wind-blows※別館※
      • 2012/01/30 1:00 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten