最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜第3話〜「薔薇の深イイ話」で磯野貴理子号泣

0
    「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」
    第3話

    生花店の夕子(磯野貴理子)と義母(姑)の澄子(草笛光子)が毎日のように言い争いしてる。
    夕子がポックリ逝っちゃえばいいと話していた直後に、義母・澄子が出奔・・・。

    後日、澄子の遺体が軽井沢のロッジで見つかる・・・・。

    あらまぁ、今回は磯野貴理が中心人物!?
    草笛光子が、あっさりお亡くなりになるってのも意外性があるなぁ・・・。
    −◆−

    夕子が失踪届を出しに警察に行って、優樹刑事(榮倉奈々)が対応。
    署内で真人(山下智久)と出会った優樹刑事は、夕子が横に居るのに真人のことを「まさぴょん」と呼んじゃう・・・。

    刑事として公務員として自覚不足!!
    真人と二人きりの時や飲みに行ってるオフの時はいいけど、署内で第三者がそばに居る時は「まさぴょん」ではなく「井原さん」と呼べ!!


    軽井沢の喫茶店でも、聞き込みをした相手の店員さんから、真人と恋人関係だと間違われた優樹刑事が「彼氏じゃない」「私のカレシは・・・」などと釈明したときも、刑事という身分を忘れて、ただの可愛い女子になってるし・・・。

    小生が上司なら、「一般市民の前では立場をわきまえろ!!」と、優樹刑事に適切な節度を求めるわ・・・・。

    真人と優樹が二人だけのシーンでのラブコメ部分はそれなりに面白いのだから、オフィシャルとプライベートのケジメを付けた方が、ドラマに真実味や説得力が出ると思うなぁ・・・。


    余談ながら、調査のために真人と優樹が行ったホストクラブの場面。
    店内の照明が明るくなかったので、真人と話をしたホストが一瞬チャン・グンソクに見えた。
    よくよくみると、アンジャッシュ渡部だった。

    いくら老眼・乱視だとはいえ、チャン・グンソクとアンジャッシュ渡部を見間違える小生って・・・。
    まぁ、チャン・グンソクもアンジャッシュ渡部も、「同じようなもの」だと小生は思ってるけど、ファンには怒られる?
    −◆−

    姑・澄子が新宿・歌舞伎町のホスト・星矢(前川泰之)と一緒に死んだものだから、変な噂に・・・。
    「死んでまで恥をかかせた」と夕子はわだかまりを抱えてる。
    それでも、葬儀の準備が進んでる。

    そんな時、真人のもとに岩田(山崎努)が現れて、「君はやっぱり飛び込む役なんだな、渦中に!」「惜しまず飛び込め 」

    岩田って、お化けか、妖精??
    謎の男・岩田による”お節介”の勧めに従い、素直な山Pは「カチュ〜」に飛び込むべく、ジーパン刑事みたいに走り出す・・・。
    −◆−

    軽井沢での調査で見つけた”薔薇の真実”を伝えたい真人は、お通夜の最中に夕子を呼び寄せる。
    晴香(前田敦子)が、よほどのことだから後は任せて行くよう夕子を促す・・・。

    いやいや、お通夜って大変だよ。
    夕子はお通夜を抜けられへんよ・・・なんていってたら、『深イイ話』に進めません。

    で、美しい薔薇園でホスト・星矢と義母との経緯も分かって、わだかまりが、感謝や愛情に変じた磯野貴理子は大泣き・・・。

    けっこう熱演やったね。
    −◆−

    担任・川原(黄川田将也)との不道徳恋愛の桃子(大野いと)と、メールでの淡〜〜い恋愛の姉・晴香(前田敦子)が大喧嘩。

    桃子は、晴香が『初めてのデート』のマニュアル本を読んでたことをからかうし、晴香の足が不自由なことで真人が姉の肩を持つことに言及して悪態をつくし・・・。
    言葉が過ぎる難儀な高2女子!!

    怒った晴香が、今回は食べていたラーメンをバサッ〜〜〜と桃子に浴びせかけます。
    いやはや、ラーメンが冷めててよかった・・・。

    このくらいのことをしないと、センターポジションには立てないのだ〜〜。
    −◆−

    メールでしかやりとりしていなかった相手との始めてのデートに向かう晴香。

    前田敦子、毛糸のキャップが似合ってるなぁ・・・。
    普段は髪の毛のかさが高くてダースベーダーの頭みたいになってるから、帽子をかぶった方が収まりがイイです。

    で、都合で待ち合わせ時間ギリギリになる旨をメールした晴香に、相手の男性から「元気に走ってくるのを待ってます」と返信が・・・。

    足の障碍を気に病んだ晴香は、男性の目と鼻の先まで来ていたのに、Uターンして帰っちゃう・・・。

    帰宅すると、山Pたち三兄妹が晴香の誕生祝いのサプライズ。
    泣き出す晴香。
    初デートがふいになった事情を知らない山Pたちは、誕生祝で嬉し泣きだと勘違いしてる。

    その時、晴香に電話。
    「誕生日、おめでとう」

    異母兄・健人(反町隆史)からでした・・・。



    山Pと優樹(榮倉奈々)が磯野貴理子と草笛光子の『深イイ話』に導き、さらには桃子の禁断愛があって、前田敦子の切ない恋バナもあって、家政婦の夫・反町隆史も絡んできた・・・。

    欲張ってるなぁ・・・。
    弟・隼人(知念侑李)も、問題を抱えているんでしょ。
    山Pと優樹の恋バナも進む??

    手を広げ過ぎじゃないかと余計な心配をしちゃいますが、今のところは墜落せずに、際どくまずまずの展開・・・。

    凄く良いとまでは思わないけど、全然ダメって感じでもない・・・。


    で、山Pによる主題歌「愛、テキサス」って、題名も曲調もユニークやねぇ・・・。
    『愛、テキサス』って題名、なか凄くない???



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2018.08.14 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      視聴率は 12.9%・・・前回(11.0)より 嫁VS姑バトルと涙
      • ドラ☆カフェ
      • 2012/01/29 8:09 PM
      公式サイト いつもやり合っている香川生花の夕子と姑の澄子。ところが、澄子が家出し
      • 昼寝の時間
      • 2012/01/29 8:08 PM
      (真人)<葬儀の井原屋 二男として生まれた俺は       兄貴の家出や親父の死をきっかけに       俺は会社をやめて大っ嫌いだった       葬儀屋を継ぐことにした> 晴香に、男祭りに井原屋は参加するとハッパをかけられていた。 この寒いのに、何
      • まぁ、お茶でも
      • 2012/01/29 4:32 AM
      第三話「嫁VS姑バトルと涙」2012年1月26日(木)よる9時 真人 (山下智久) は妹の 晴香 (前田敦子) の指図で去年まで長兄の 健人 (反町隆史) が参加していたという地元の恒例行事 「 男祭 」 に弟の 隼人 (知念侑李) と共に嫌々参加する羽目になる。 地元の恒例行事
      • ドラマハンティングP2G
      • 2012/01/27 6:41 PM
      最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜 第3話「嫁VS姑バトルと涙」の感想いきまっす! ネタバレ注意ですv 男祭に参加することになった真人他、井原家。 隼人も参加させるために、晴香が使った口実が巧妙〜。 さすが操縦の仕方、心得ています☆ ほんと、し
      • ドラマとアニメの感想日記
      • 2012/01/27 5:35 PM
      えーと・・・・「夫よりも息子よりも嫁を愛した女」澄子(草笛光子)でもよかったのだが・・・結局、実は澄子が一番愛していたのは「ロワイヤル」のホスト聖星矢こと「高井良彦」(前川泰之・・・「ブザビ」の三島コーチ)だったんだよね。そういうことなんだよね。 澄
      • キッドのブログinココログ
      • 2012/01/27 2:47 PM
      『嫁vs姑バトルと涙』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2012/01/27 12:23 PM
      最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜ですが、地域の男祭りがかなり気合入っています。祭りといえば川沿いですが、法被に身をつつんだ裸若衆が大挙して神輿をかついで、川の中にまで入っていきます。 祭りのポスターは流浪の兄(反町隆史)がモデルになってい
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2012/01/27 11:07 AM
      サプライズ・・・( ̄~ ̄;) う〜ん 嫁の誕生日に、ねぎらいの言葉と共に咲き誇る薔薇を見せてあげようと計画してたのに その直前で亡くなっちゃうだなんて・・・ 嫁を喜ばす筈の計画が、悲しませる事になっちゃうなんて・・・ 真人がその真相を突き止めなければ、ホス
      • あるがまま・・・
      • 2012/01/27 10:31 AM
      1/12からTBSで始まったドラマ『最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜』(公式)の第3話『嫁VS姑バトルと涙』の感想。 山下さんが刑事で、榮倉さんが葬儀屋で良かったかも? 相変らず今回...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2012/01/27 10:28 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten