「カーネーション」第93話(1月24日)〜三浦(近藤正臣)「外れても、踏みとどまっても人の道」

0
    NHK連続テレビ小説「カーネーション」
    第93話 1/24 (火)


    ピアノを欲しがっている三姉妹が店の前に台をこしらえて自作の小物を並べ、『小原小物店』を開店。
    蛙の子は蛙で、カバンやら人形の服やらを上手に縫うてます。
    自分で金を工面しようとする思考も、糸子譲りちゃいますか。

    しかし、残念ながら周防に心が集中して深くものを考えられない糸子は、可愛い孫の為に小物店の”店番”をしていた千代(麻生祐未)の目の前でガバッ〜〜っと片づけてしまいました。
    ここいらの糸子の性分は、父・善作(小林薫)譲りです。

    糸子譲りの性分の三姉妹と、善作譲りの性分をした糸子の戦いです。
    −◆−

    売れたかどうかを楽しみに帰ってきた優子(野田琴乃)と直子(二宮星)。
    『小原小物店』は店先から消えてなくなってます。

    ここで、ソフトランディングを企てた千代さんは、全部売れたと子どもらに説明。
    「おばあちゃん、売れたん?」「全部っ!」と優子&直子が目を輝かせます。

    千代さん「ふ〜〜ん。はぁ〜〜、このお人形の服、かいらしなぁ。うちの子に買うてったろぉ。 はぁ〜〜、このバッグしゃれてるわぁ、しかも安いわぁ、て。あっちゅう間に売れたなぁ。」と、ふわ〜〜っとしたいつもの口調で売れ具合を再現しちゃいます。

    箱には売り上げが入っていて、優子が振ると小銭の音。
    子どもら、大喜び!!
    今後も小物店が続いたら、千代さんはいつまでもお金を箱に入れ続ける気ぃでしょうか!?

    しかし憂うことないニコニコ顔の千代さんは「聡ちゃんのこさえた、福笑いと紙相撲も売れたんやで。」と三女にも報告。

    無邪気にニコニコしてる聡子(杉本湖凜)ちゃん、可愛らしいわぁ。
    −◆−

    福笑いやら紙相撲が売れるはずない----なんてことを考えない純情無邪気な三姉妹は、就寝時間を過ぎても縫い物をしております。

    糸子が「あんたら、まだ寝てへんけ!」とお怒りです。
    とても恋する糸子とは思えないオバちゃんオーラ!!!

    糸子「明日も学校なんやさかいに、『さっさと布団敷いて寝り』ちゅうたやろ。聞いてんのか!!」

    三姉妹、ピアノ代金を稼がんがために、動じることなく手作業を続けております。
    「もう、あとちょっと。」

    糸子「あかん。もうやめ、ほれ」「目ぇ悪るなんで!」
    セリフが思いっきりリアルです。

    布団を出しながら糸子は「あんたら誰に似たんやろ? お母ちゃんはな、はよ寝ぇ言われたら、しゃっと布団敷いて、さっと寝たもんやで・・」

    いやいや、あんたもたいがい遅まで裁縫してたやんか!!
    糸子さん、都合よく記憶が消えております。


    で、糸子が布団を広げると、中から千代さんが隠した『小原小物店』の売り物---カバンやお人形さんの洋服などが出てきました。

    あちゃ〜〜。
    聡子「おばあちゃん、嘘ついた・・・」
    事実に気付いた三姉妹は、ふて寝。

    千代さん、詰めが甘いわぁ・・・。
    罪作りやがな・・・。
    −◆−

    店に電話がかかってきて、昌子さん(玄覺悠子)が尋常なくドギマギしてます。
    昌子さんの、こういう独特の態度・佇まいが面白いわ。

    で、電話の相手は周防(綾野剛)さんでした。
    糸子を呼び出す電話。

    前の晩の糸子とは別人のようにいそいそしはじめ、洋服を選ぶ、選ぶ・・・。
    ところが、すべての洋服に「ピアノこうて ピアノこうて ピアノこうて」と書かれたテープ状の紙が、うじゃうじゃとひっついてます。

    恐るべし三姉妹の執念!!!
    −◆−

    「ピアノこうて攻撃」を受けた洋服を諦め、和服で周防が待つ喫茶店に・・・。

    周防さんは、足にひびが入って、日雇いの仕事もままならぬ様子。
    全治1か月。

    マスター「おまたせ、ココアです。」

    「いただきます」とカップに口を付けた糸子、顔をゆがめて「何これ!? こんなん、ココアちゃうでぇ!」

    うわぁ〜〜、恋バナの最中に、意味不明のココア事件!!!
    シュールです。

    このドラマに好意的なので、こんな不可解な場面さえ面白い。


    で、肝心の恋バナについては、三浦(近藤正臣)さんが、失業中の周防さんを糸子の店で雇えと提案して、周防さんも迷惑承知で小原洋裁店で働きたいという展開。
    (ココアの感想をしっかり書いて、この部分を端折るってのは我ながらバランスの悪い感想です。)

    回想場面で、三浦さんが「周防よ。外れても、踏みとどまっても人の道や」
    さすが土佐藩主-----違う。

    含蓄があるような無いような、不思議だけど味のある三浦さんのアドバイスでした。


    余談ながら、ピアノと近藤正臣が繋がって思い出した……『柔道一直線』という番組で、結城真吾(近藤正臣)は、なんと! ピアノの鍵盤の上で跳びながら、足のつま先で「ねこふんじゃった♪」を弾いちゃったのだ!!

    昔から近藤正臣は凄かったのだ〜〜!?
    −◆−

    ふと周防さんが気付くと、糸子の着物の袖口に「ピアノこうて ピアノこうて ピアノこうて」と書かれた紙!!

    シリアスな場面に、謎の「ココア」だけではなく、「ピアノこうて」まで飛び出しました!!


    苦笑いの糸子、戸惑いながらも「分かりました。明日から来てください。」と承諾。


    帰宅して足を拭いてる糸子は心の中で「それが、ええことなんか悪いことなんか、さっぱり分かりませんでした。ただひとつ、自分でもよう分かったんは、周防さんとおれる。そのことをこの2年間、うちは心の奥で、ず〜〜っと夢見てたんやな、ちゅうことです。」

    ああ、不倫じゃ無けりゃなぁ・・・。


    ちなみに、兵庫県の井戸敏三知事閣下は「真っ青な海が出てこず、これでは瀬戸内海とは言えない。自然をきちんと映し出してほしい」と、『平清盛』についての”クレーム第二弾”を、心の奥で、ず〜〜っと考えてたんやな、ちゅうことです。




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村






    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      震災の影響で一週間短くされてしまった『カーネーション』。 オノマチ糸子が2月イッパイで終了と聞いて さらにまた一ヶ月削られてしまった様な気がする… と言いつつ最終回には 夏木マリ萌え〜!になっ...
      • 何がなんだか…ひじゅに館
      • 2012/01/24 5:49 PM
      震災の影響で一週間短くされてしまった『カーネーション』。オノマチ糸子が2月イッパイで終了と聞いてさらにまた一ヶ月削られてしまった様な気がする…と言いつつ最終回には夏木...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2012/01/24 5:49 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten