よる☆ドラ「本日は大安なり」第1話〜辻村深月と西荻弓絵で面白ドラマ

0
    よる☆ドラ「本日は大安なり」
    第1回「疑惑の結婚式場」

    原作・辻村深月と脚本・西荻弓絵という、なかなか面白い組合せ。

    大安吉日のある朝。5組の結婚式が予定されている結婚式場に、紙飛行機の脅迫状が届く。「今日の結婚式を全て中止しろ。さもないと恐ろしい天罰が下る」


    互いに腹の中を探り合いながら、結婚式で「入れ替わり作戦」を決行する双子の姉妹、妃美佳・鞠香(谷村美月・二役)。
    双方が悪感情を抱いていて、自分の思い通りにならなかった場合は「世界の終り」が来ると考えてる・・・。

    双子の腹の探り合いが面白い。
    花婿・映一(福士誠治)も、なんか腹の中で色々考えていそうな気がするなぁ・・。
    −◆−

    出来婚クレーマー花嫁・玲奈(星野真里)は、式場側の小さなミスに激怒し、多香子(優香)に「私の式をつぶしたいんでしょ!」と突っかかったり、クレーンでの入場が出来るかどうかを実際に試させたり、我儘放題の悪魔ぶり!!

    よりによって、気が弱くて人見知りな友人・川田真弓(平岩紙)に、友人代表のスピーチを無理やり頼んだのも、玲奈の悪だくみの匂いが・・・。

    できちゃった婚を苦々しく思っている姑・和子(角替和枝)と、我儘花嫁・玲奈の間にも火花が散って面白い。

    クレーマー花嫁・玲奈の傍若無人な振る舞いが半端なくムカついて、物語に惹きつけられちゃうのであります。
    −◆−

    東家・白須家は子持ち婚。
    新婦の息子・真空が加藤清史郎君。

    お色直しで「白雪姫」の扮装を予定しており、毒りんご注意!?


    今週は、主にこの3組について触れられ、だいたいこんな感じ。

    ベタな演出にイラつく場面もあったけど、ワケありの5組を巡る面々のシチュエーションがややこしくて面白いのです。

    結婚寸前で破談になった悲しい過去を抱えながら、ウエディング・プランナーをしている自分を「自虐的な反逆児」と笑ってる多香子(優香)をはじめ、高校時代にミステリー研究会に所属していたという新人プランナー・朝比奈留美(黒川智花)が脅迫事件を楽しんでる様など、登場人物の個性も面白い。


    時間が短いから間延びもしなので、文字通りあっというまに時間が過ぎちゃいます。
    拾い物のドラマかもしれません。


    さて、大河ドラマ『平清盛』を「画面が汚い。鮮やかさのない画面ではチャンネルを回す気にならないというのが第一印象」
    「うちのテレビがおかしくなったのかと思うような画面だった」
    と酷評した兵庫県・井戸敏三知事閣下は、清潔な洋服の人間が豪華な式場で繰り広げるこのドラマなら満足でしょうか・・・。
    舞台が兵庫県じゃないから関係ないか・・・。

    >>>『平清盛』の映像を、兵庫県・井戸知事が「画面が汚い」と酷評 >>>



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.02.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten