松嶋菜々子「家政婦のミタ」第9話〜忽那汐里ちゃん熱演。三田を救う。

0
    「家政婦のミタ」第9話

    うらら(相武紗季)が三田の代わりに食事の用意をしてるけど、ムッチャクチャ!?
    結(忽那汐里)たちは困り果てて祖父・義之(平泉成)を呼んで、うららを連れ帰ってもらうことに・・・。

    帰り際、義之は「お前たちのために何かしてやりたいと、必至なだけなんだ。だから、許してやってくれなり。」

    希衣ちゃんも「わかってるなり」と返事。

    「なり」という語尾が出ました!!!
    言葉を柔らかにして意思疎通を和ませ、対決関係から融和に移行させる極意!!

    世知辛くてトゲの多い世の中ですから、穏やかなコミュニケーションで小さな平和を一人一人で心がけることは大事です。

    小さな場面ですけど、小生は好きな場面でした。
    −◆−

    結(忽那汐里)が「この前の告白聞いたら、三田さん、もしかして破滅したかったんじゃないかな。」
    希衣「破滅って何 ?」

    お約束の、言葉の意味聞き。
    最初は、見ていて面倒くさかったけど、だんだん慣れて、希衣ちゃんの”持ち芸”って感じがしてきました。

    この前の『南極大陸』で、キムタクが「リキは僕の命の恩人なんだ。」と言って、芦田愛菜ちゃんが「恩人って?」と母に意味を聞いたときに、「それは希衣ちゃんの専売特許だぞ!」と愛菜ちゃんにツッコみそうでしたもの・・・。

    で、理解の早い希衣ちゃんが「「三田さん、破滅するために翼君のうちで働いてるの ?」

    そんな会話を重ねながら、子供たちが三田を守りたいという気持ちを露わにしていて、恵一(長谷川博己)は結たちに頼もしさを感じています。

    父は頼りないけど、結ちゃんがしっかりと姉弟をリードしているから羨ましいほど頼もしいですね。
    −◆−

    恵一が工事現場で働き始めました。
    フリーター誠治(二宮和也)は、もっぱら肉体労働だったけど、恵一はスキルを活かして技術職。

    そこに、うららが弁当を持って行きました。(自作ではない。コンビニ弁当かな?)

    うららは、「犯罪歴とかあったら・・・」と、三田とは関わらない方が良いと言います。
    しかし恵一は「三田さんはそういう人じゃないんだ。」

    何やら、うららの心のメッセージが籠っていたかな?

    そして、現場監督から、ラブラブ決定と冷やかされたのであります。
    −◆−

    なんと隣のオバハンの皆川家に三田が派遣された・・・。

    オバハン真利子(佐藤仁美)が「三田ぁ」と呼び捨てにしてるのがムカつきます。
    何様やねん!!

    息子の翼くんまでが「三田」と呼び捨て。
    親の顔が見たいわ。(見えてる)

    皆川家の面々の言葉遣いは、ジイちゃんが語尾に「なり」をつけるのと真逆ですね。
    −◆−

    隣のオバハン真利子は、夫の不倫疑惑を気にしています。
    「携帯見るなんてみっともない真似したくないの。それに、確かにあの人はモテるけど、私たちは大恋愛で結ばれて、プロポーズの時、あたしだけを一生を愛するて言ってくれたの。そんな人が私を裏切るわけないじゃない。」と、不安と意地がない交ぜになった言葉を吐いております。

    NHK『カレ、夫、男友達』では、クマちゃん(チュート徳井)が治子(真木よう子)の携帯を見てしまい、男からの「俺たちの身体の相性は最高だな。またお手合わせを・・・」というメールを目にしてエライことになりました。

    人の携帯は見ない方が良い。
    オバハン、正解です。(結果は同じやけどね)

    結局、不安を抑えられないオバハンは、三田に夫の自称・接待ゴルフを尾行調査するように命じました。
    −◆−

    「専業主婦探偵」---ではなく、「家政婦探偵・三田」が完璧な調査。
    深田恭子、負けてます。

    撮りまくった写真をテーブルに並べたうえで、説明開始。
    「青山のマンションで若い女性をピックアップした旦那様は、伊豆のゴルフコースに向かい、不倫相手の方と、『いやんバンカー、今日は君にホールインワン』だなどとくだらないギャグを飛ばしながら楽しそうにラウンド。 それが終ると東京に戻られ、西麻布の高級レストランで料理とワインをさんざん楽しまれると、ほろ酔い加減で店を出た旦那様は路上で何度も相手の方にキスをされながら、『もう何年も妻とは寝室を共にしていない、そもそも結婚したこと自体後悔している。子供さえいなければ、すぐに別れる』とか、『慰謝料で家を取られると思うと悔しくて離婚も出来ない』とおっしゃり、行きつけらしいホテルに消えられました。」
    さらに「それから、これがタクシーの領収書です。」

    小生もバンカーに打ち込むたびに「いやんバンカー」って言ってたよう〜〜。
    ああ、恥ずかし〜〜。
    (身体を悪くしてゴルフはヤメたので、今は『みんゴル』だけ)
    −◆−

    三田の報告を聞いたオバハンが逆上して「三田、明日、うちの人殺してくれない ?」

    「それは業務命令でしょうか ?」
    オバハン「そうよ。」
    「承知しました。」

    オバハンは考え直して「やっぱり私も死ぬわ。翼ちゃんを置いていくわけにはいかないから、こうなったら一家心中よ。」

    夫も夫なら、オバハンもオバハンです。
    −◆−

    手を繋ぎながら坂道を上ってくる希衣と結ちゃん。
    なんて素敵なお姉ちゃんでしょうか。

    共働きで子育てした方なら分かると思いますが、姉・結ちゃんが子育ての戦力として幼稚園のお迎えとかに言ってくれることが、親にとってどれほど助けになることか!!!

    忽那汐里ちゃんが、一家に一人いたら助かりますようぉ〜〜!!

    希衣が、隣の翼くんが、オバハンから「好きなものを何でも買ってあげる。もうバイオリン教室にもいかないでいい。を受験もしなくていい」と言われたことを結に話します。

    人生をお終いにするつもりだから、息子にも何でもアリです。

    で、坂の下からポリタンクを片手に下げて歩いてきた三田。

    燃やす気満々。
    −◆−

    皆川家の食事。
    三田の料理に舌鼓の夫は「ホントはこういうのが食べたかったんだよなオレ。」

    オバハン「すいませんね、いつもまずいもの食べさして。」

    既に破たんしていますね。

    三田の家族構成を不倫夫が尋ねて、三田は「夫と息子が居ました」と過去形の回答。
    「息子は翼さんとちょうど同じ年でした。」

    不倫夫は、無神経にも「よければ教えてもらえませんか? 何で亡くなったのか ?」
    人の気持ちとかを考えず、完全マイペースの思いやりゼロ人間ですね。
    現実社会の職場にも、このての輩がおりました。

    三田は「家に火をつけられました・・・」

    オバハンが夫の会話を遮って、一応誕生パーティ開始。

    不倫夫が形ばかりのハッピーナースデー♪を唄っていますが、薄っぺらな団らんです。
    −◆−

    とうとう三田が黙々とポリタンクから灯油をまき始めました。

    不倫夫が意図を問いただすと「奥様に命じられましたので、この家ごと家族3人燃やしてくれと。」と三田。

    オバハンからの指示であることを知って怒り始めた不倫夫。
    オバハンは夫をなじったうえで、まさか三田が本当にするとは思わなかったと、不条理にも三田を批難し始めます。

    三田が黙ってオバハンに視線を向けますと、オバハンは「何よその顔、あんた、やっぱり頭おかしいわよ。平気で人を殺そうとするなんて。」

    お前が親子3人燃やせと言ったくせに!!!

    さらには「危なくてしょうがないから、世の中のために、あんたが死んだら。」と、サイテーな発言。

    しかし三田は「承知しました。」といってポリタンクを持ち上げて灯油を浴び始めました。

    皆川家の3人がビビッて逃げて行きました。
    −◆−

    皆川家の異変に気付いた結、翔、海斗、希衣が飛び込んできました。

    結「やめて三田さん。!」

    三田、淡々と「申し訳ありませんが、邪魔しないでいただけますか。」

    三田がロウソクの火を体に移そうとして、結はロウソクをつかんで阻止しようと必死。
    「お願いだからもうやめて三田さん。」

    三田は、やや声を荒げて「出て行って下さい ! あなたたちも死ぬことになります。」「あなたたちには関係のないことです。」

    希衣ちゃんが「関係あるもん」「希衣、三田さんのことが大好きだから。」「三田さんは、希衣のこと好き ?」

    なかなか良くできたセリフやなぁ。
    希衣が三田さんを好きだって言うのはよくあるパターンだけど、逆に『三田さんは、希衣のこと好き ?』と聞くのが良いわ。

    これは、心に響きますよ。
    −◆−

    翔、海斗も三田を救おうと必死で言葉をかけます。

    必死の結も「私は、三田さんがなんていおうと、私たちと三田さんの間に家族の絆みたいなものができたと思ってる。そうじゃなきゃ、あんなすごいこと話してくれないでしょ。だから、絶対にそのきずなを離したくない。うーん、死んでも離さないから私が。」

    忽那汐里ちゃん、演技に熱が入っていて素敵!!
    表情が豊か!!


    三田は「いい加減にしてください !!」と怒鳴りました。
    感情を表に出さない三田が怒った

    「もうわたくしのことは放っておいてください。わたくしは家政婦として、命令されたことだけをやっていればいいんです。」「わたくしが自分の意志を持ってはいけない人間だからです。」「わたくしが自分の意志をもつと、みんなが不幸になります。わたくしの愛した人たちは、みんないなくなりました。わたくしの心には、もう何も残っていません。わたくしはロボットのように、命令されたことだけをやっていればいいんです。」

    結「だから家政婦をやってるの ?」
    なるほどなぁ。三田が家政婦であることに必然性があったのかぁ・・・。

    三田「何度も何度も死のうとしたけどだめでした。自分の意思で動くと、どうしても思う通りになりません。ずっと待っていたんです。この日が来るのを。」

    雇い主が、死ぬように指示を出す日を待っていたのかぁ!!

    家庭が崩壊しかけていた阿須田家に来たのも、破滅を求めてのことだったのかなぁ。
    −◆−

    三田「お願いですから、もう邪魔しないでください !!」

    結はロウソクにしがみついたまま「三田さんは間違ってる! 私たちは三田さんのおかげで、おかあさんが死んだつらさから立ち直ることができたんだよ。それって、三田さんが心の底から本当は私たちのことを助けたい、幸せになってほしいって思ってたからじゃないの。」

    翔、海斗、希衣も、次々とロウソクをがっしりと掴んで、三田に燃え移らないよう必死。
    希衣は三田に声をかけ、さらには「この坂を〜〜、登ったら〜〜、木があります♪」とウルウルしながら歌って、三田の心を解きほぐそうとしています。

    姉弟、みな目に涙をためています。
    必死の表情の忽那汐里ちゃん、雰囲気を出してます。

    この時、オバハンらが呼びつけた警官が突入してきて、三田を連行・・・・。
    −◆−

    夫婦げんかが主因だったとして、三田は放免されました。

    いやいや、放火未遂やろ・・。
    しかし、ドラマ的には、そんなことは関係ない。

    警察にやってきた恵一が、子供を危険な目に遭わせた責任を取ってまたうちで働いてくださいと申し出。

    身元引受に来ていた家政婦紹介所・晴海所長(白川由美)に恵一が同意を求めると、所長は「ええ、うちはもう、全然あれですから。」

    所長の「あれ」という口ぐせが可笑しいわぁ。
    このシリアスな場面でさえ「あれ」が出てくるから面白い。

    「あれだから」「こっちもあれですよねぇ」などなど徹底してるわ。
    −◆−

    三田に戻ってきてほしい恵一は「僕たちも、今までみたいにほかの人に迷惑をかけたり、自分の責任を放棄したりするような卑怯なことは頼みません。僕たち家族が幸せになれるよう、三田さんに助けてもらいたいんです。できれば三田さんにも幸せになってもらいたいんです。それでも良ければ、またうちに来てくれませんか。あなたの意志で。」

    家族再生宣言と、自分の意志を持たないとする三田に自分の意志で判断するよう申し出たセリフ。


    三田は、返事せずに黙って立ち去りました。
    少なくとも、拒否の言葉はありませんでした。
    −◆−

    翌朝。
    家の外に居る三田が復帰に際して確認してほしいことを述べます。
    「わたくしはあくまで家政婦です。みなさんの家族ではありません。皆さんと一緒にお食事はとりません。どこかに出かけたりもしません。それから、笑えと言われても、それだけは無理です。」

    気のせいか、以前より三田の目元の表情が緩んでる感じがします。
    −◆−

    さっそく家族を送り出した三田が、うららに気付きます。
    家族のために食事をつくってきていたようです。

    うらら「お兄さんたちのことをよろしくお願いします。」
    そして、何をやっても裏目に出てしまうエピソードを次々と披露しはじめました。

    三田はうららのとりとめのない会話を遮るように「何がおっしゃりたいのですか。」

    すると、うららは「三田さん、わたし、お兄さんのことが好きみたい。」「自分でも馬鹿みたいってわかってるんだけど、もうどうしようもなくて。」「あ〜〜、何言ってるんだろ。今の忘れて下さいそれからみんなには絶対わないで・・・。」

    まぁ、次々と問題を引っ張り抱いて興味をとだえさせない展開ですね。
    −◆−

    エンディングテーマ♪

    三田がお皿を洗ってると、「今日もおいしいねママの料理。」と死んだ息子の声が聞こえちゃいました。

    幻の夫と息子の姿が見えて、「ほんと、パパたちは幸せだな。こんなおいしいもの毎日食べられて。」と亡夫の声も。

    息子「ねえママ、また3人で遊園地行こうよ。」

    呆然とした三田が目を見開き、拭いていた皿を落としてガチャン!!

    凍らせていた三田の心に、何か変化??
    結が、旦那さんと息子さんの写真があるかなんてことを聞いたせいでしょうか!!
    −◆−

    コメディとホラーとホームドラマと悲劇の要素を一つのドラマにぶち込み、次々と問題が置き続け、SFでミステリでホラーでオカルトな存在である三田が居て、忽那汐里ちゃんが精彩を放つ・・・。

    中庸よりも極端を選んで、面白要素満載!!!
    視聴者を退屈させないドラマ作りを体現した手法に感心します。





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.01.25 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      日本テレビ「家政婦のミタ」の第8話が今年のドラマで最高の視聴率29・6%。「家政婦のミタ」が人気の女優松嶋菜々子の次回作は、フジテレビ「ラッキーセブン」(来年1月16日スタート、月曜後9・00)に決まったそうだが、「家政婦のミタ」の最終回が楽しみだが
      • 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
      • 2011/12/12 5:54 PM
      「最終章の始まり!一筋の涙...炎の中で私を死なせて」第9話の視聴率は、前回の29.6%より少し下がって、27.6%でした。裏に、『FNS歌謡祭』(19.9%)などがあったのに、よく健闘したと思...
      • ショコラの日記帳
      • 2011/12/10 8:15 PM
      出ていったミタを、もう一度呼び戻そうと恵一達は、相談所の晴海に頼む。翌朝7時ジャスト、阿須田家の玄関にチャイムの音が鳴り響く。私、出る!キイが飛び出し、玄関を開けるとそこには・・・? *今日のあらすじ
      • Yが来るまで待って・・・
      • 2011/12/09 11:43 PM
      「家政婦のミタですぅ〜」 ・・・の、おばちゃん×2に爆笑でした!(笑) そうそう、家政婦さんってこんなイメージやん〜と思いながら…。 阿須田家を去った三田さんは、今度はお隣の皆川家へ派遣された訳で...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/12/09 8:56 PM
      三田の壮絶な過去を聞いてしまったため、三田は、決して阿須田家に来ようとはしなかった。 子供たちも、そんなことなら、聞かなきゃよかったと、後悔していた。恵一もしっかりアイロンのかかったYシャツを見て、ため息をついた。結もぴんとした糊のきいたシーツを触って
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/12/09 2:00 PM
      ミタさんに感情が…((o(⌒∇⌒ o)(o ⌒∇⌒)o))ワクワク 9話では怒って、10話では泣き、最終回には笑えるといいですねーって大平Pが言ってたけど 今回は怒るだけでなく、涙を浮かべたり、最後には亡き夫と息子の幻想に動揺もしてた 低く抑えたいつものしゃべり方とは違
      • あるがまま・・・
      • 2011/12/09 11:30 AM
       ミタさん怒る  アンドロイドのように感情を見せなかったミタさんでしたが、今回、初めて怒りました。涙も流しました。まあ、怒ったというより、大声を出してお願いしたという感じでもありました。  そこから、堰を切ったように、家政婦をしている真意を語ります。
      • 英の放電日記
      • 2011/12/08 10:09 PM
       家政婦のミタです・・・♪ 現れたのはミタたみさん・・? ミタちがいでがっくりな阿須田家(笑) --私はもう、みなさんとは何の関係もありませんから- 戻って欲しいと懇願する皆に冷たく背を向けるミタさん。 彼女はなんとお隣で働いていたのだ・・・。 お隣
      • shaberiba
      • 2011/12/08 9:24 PM
      公式サイト ほぼ感想のみ書きます。面白かったです。突っ込みどころも多くて、そうい
      • 昼寝の時間
      • 2011/12/08 7:46 PM
      「家政婦のミタ」第9話はお暇を頂いたミタを何とか戻ってきてほしいと恵一が晴海所長に頼むも、翌日来たのはミタはミタでも三田違いだった。そのミタは隣の皆川家の家政婦として ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/12/08 7:17 PM
      どんどん、はねあがる視聴率を追い風。ますます過激になっていきますね、三田さんの「そんなバカな」パターン 壮絶な過去を告白し「お暇をいただきます」と消えた三田なれど、どうしても再びきて欲しい阿須田家にやってきたのは、同じ「家政婦の三田」でも、名前違い
      • のほほん便り
      • 2011/12/08 6:15 PM
      #9「最終章の始まり!一筋の涙…炎の中で私を死なせて」2012/12/7放送  壮絶な過去を告白して、三田(松嶋菜々子)は阿須田家から去っていった。恵一(長谷川博己)と子供たちは三田の消息を追うものの、見つけられない。すると、紹介所の晴海(白川由美)から「三田
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/12/08 5:57 PM
      『最終章の始まり!一筋の涙…炎の中で私を死なせて』 内容 自分の過去を全て告白した三田(松嶋菜々子)は、翌朝、阿須田家に来なかった。 恵一(長谷川博己)結(忽那汐里)たちは、連絡を入れても繋が...
      • レベル999のFC2部屋
      • 2011/12/08 5:45 PM
      「家政婦のミタ」第9話、前回に大きな山場を越えたので、この後どう盛り上げるのか? とちょっと疑っていたら、今回はますます、思わずうなってしまうような展開でした。 まさか、お隣のうるさい主婦・...
      • 今日も何かあたらしいドラマ
      • 2011/12/08 3:24 PM
      10時またぎで松平健の「マツケン・マハラジャ」をぶつけて来るとは、「FNS歌謡祭」抜かりなし 27.6%と19.9%だったか。『家政婦のミタ』あなたはあなたのやり方で、必死に家族を愛し ...
      • |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
      • 2011/12/08 3:22 PM
      私、何か悪い予感がする。 今まで三田さんが、何で頼んだら何でもやるか不思議だったけど、この前の告白聞いたら 三田さん、もしかして破滅したかったんじゃないかな。 「はめつ」って何? 自分から...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2011/12/08 3:04 PM
      家政婦のミタですが、三田(松嶋菜々子)には灯とかいう人間らしい名前もあったようで、「だからさ〜アレなのよアレ」おばさん達は「灯ちゃん」と呼びます。三田不在の阿須田家にうらら(相武紗季)という弐号機が襲いかかりグチャグチャにしますが、うららには特に悪気
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2011/12/08 3:03 PM
      笑いあり涙あり・・・いい最終回だった・・・! (最終回ではありません) 面白かったです。 ミタタミ現る――(゚∀゚)――!? 誰あのおばさん(ry には驚きましたwwww ...
      • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
      • 2011/12/08 2:15 PM
      恵一(長谷川博己)と子供たちは、三田(松嶋菜々子)が隣の皆川家に派遣された と知って驚く。 子供たちが三田に「帰って来てほしい」と訴えても、彼女は何も反応を示さなかった。 子供たちは、どうすれば過去に苦しむ三田を救えるのか話し合う。 三田は真利子(佐
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2011/12/08 2:11 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten