「カレ、夫、男友達」第5回★上半身グルグル巻きの麻子(木村多江)

0
    「カレ、夫、男友達」
    第5回【私たち、逃げなくちゃ】

    久美(高橋かおり)が社内中に送った中傷メールによって治子(真木よう子)は仕事を外される。

    久美は、仕事も男も易々と手に入れる治子へのただならぬ感情を抱いていた様子。

    久美を弁護はしないけど、たしかに治子は男も仕事も不自由せずにスイスイだものなぁ。

    気さくで色っぽい治子を、男がチヤホヤしないはずがないもの・・・。
    −◆−

    育子(夏帆)の部屋に光夫(若葉竜也)が来ていて、その気の無い育子に体を寄せてきて、のしかかってくる・・・。

    下になった夏帆って、脱いでないし、薄着でもないけど、案外と肉感的やね。(スケベか!?)


    で、その直後(光夫とウッフンした後?)に、最近惹かれている正彰(三浦貴大)が残っている研究室を尋ねた育子。

    会話するうちに育子が「何のためにセックスするんだと思います?」

    小生ならドギマギしちゃうけど、正彰は動じることなく「気持ちいいから。」と、そのまんまの回答。

    育子「私は、人間として認められるためです。」「宇宙人が地球に溶け込むには、すごい努力が必要なんです。私、自分のこと宇宙人だと思うことにしてるんです。そう思ってた方が、なんていうか、楽だから。」「だってほら私しって知らないうちに人とズレてるから。」「一緒にご飯食べて デートもしてるのにセックスだけ断るなんて変でしょ、地球人なら。」

    不思議ちゃんの域を超えた危ない少女?
    哲学や宗教の香りさえする育子の言葉です。

    そして育子は「でも、すごく嫌だった。今まで、何ともなかったのに。」
    これは、光夫とのセックスのことかな??

    正彰「いやだったらしなきゃいい。」「セックスなんかしなくたって死なないよ。」
    正彰って、若いのに穏やかなことを言うなぁ。(枯れてる?)

    さすが三浦友和&山口百恵の息子やなぁ。(関係ない)

    普通は、夜の研究室で二人きりになって、隣に”夏帆”が座ってるだけで、頭の中はピンク色の妄想で一杯になるよ。


    育子は「そうですよね。簡単なことですよね。」と納得。

    正彰「簡単なことじゃないんだけどね。」

    平成の”赤いシリーズ”って感じの二人が柔らかく微笑んでいます。
    −◆−

    上半身を「幅広のテーピング」か「包帯」か「晒し」でグルグル巻きの麻子(木村多江)。

    上半身、全部腰痛みたいな・・・
    邦一(ユースケ・サンタマリア)のDVの結果やね。


    産婦人科の待ち時間を利用して、治子がアポなしで麻子宅を訪ねます。

    リビングの”クマのぬいぐるみ”を無邪気に「可愛い」と言って手に取る治子。

    麻子「おいといて!!」と、やや不自然な反応。

    まさか、縫いぐるみの目が邦一による監視カメラだとは思わないわなぁ。
    邦一キモイ!!


    治子が「結婚てさ、やっぱり、いいものなの? ちょっと結婚について、たまには真剣に考えてみようかなと思って。」

    なんとなく取り繕ってる雰囲気だった麻子は「相手の望むものを全力で差し出そうとするのが結婚。犠牲とかではなくて喜びよ。」

    微妙なフレーズで、不正常な結婚生活が垣間見えます・・・。
    −◆−

    邦一から麻子に電話「今何してた?」

    すべて把握、すべてコントロールかよ!!!

    しかし麻子は電話の後、「躁状態だった」と心の中で述べ、さらに「私は夫に愛されてる。誰にでも聞いてみるがいい。」「愛のない自由より、愛ある束縛の方が、ずっとマシ。ずっとずっと幸せだ。」

    心理学的に、こういう異常な共感状態を何て言うのかなぁ・・。
    −◆−

    そんな麻子がスーパーでDV被害者らしい主婦・相原雪枝(濱田マリ)を見かけます。

    ハイネック、手袋に、おデコの傷、蒼白な顔・・・。


    麻子が声をかけると「あの人が悪いんじゃないんです。あの人は手加減してくれているんです。」「主人から逃げる時に転んで自分でぶつけたんです。」などと話し始めた相原雪枝。

    麻子「御主人から逃げて付けた傷は、ご主人が付けた傷だわ。」「見苦しい言い訳はヤメテ。」

    「見苦しい言い訳」というフレーズは、もしかしたら『愛のない自由より、愛ある束縛の方が・・』などと考えていた麻子自身にも向けた言葉かな??


    相原雪枝「でも、あなたもでしょ。見ればわかるんです。ビクビクしてるから。」

    麻子「このままあなたを家に帰すわけにはいかないから、逃げなきゃ。」
    −◆−

    婦人科の診察を終えた治子が、熊ちゃんに結果を電話しかけていたら麻子からキャッチホン「助けてほしいの。今わたし逃げてるの。」


    熊ちゃんは、治子のメールを覗き見。
    八木(平岳大)からのメールに「俺たちの身体の相性は最高だな。またお手合わせを・・・」という一文が・・・。


    平岳大は、『江〜姫たちの戦国』の江ちゃんの元夫・佐治一成役、『塚原卜伝』山崎左門役、そして『カレ、夫、男友達』の八木弘樹役と、ここんところNHKでよく見るなぁ。

    見事にタイプの違う役を演じ分けてるから、さすが役者さんやねぇ・・・



    というわけで、少なくとも真木よう子、木村多江、夏帆の魅力を上手く引き出してるから大したものです。
    3人とも、凄くチャーミングです。

    上野樹里ちゃんという稀有の女優を活かせなかった大河とは大違いです。






    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.09.24 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      わんこもふもふ「今、彼女といるあなたが羨ましい」嘘つき八木っちに、あっさり騙され
      • 虎団Jr. 虎ックバック専用機
      • 2011/11/30 7:21 PM
      わんこもふもふ「今、彼女といるあなたが羨ましい」嘘つき八木っちに、あっさり騙されすっかり上機嫌になる熊ちゃんカレ、夫、男友達第5回私たち、逃げなくちゃ棒よしもと1号と、...
      • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
      • 2011/11/30 7:21 PM
      オハナシは、ラスト、一気に急展開。耐えに耐えてたVD妻同士、以心伝心。手に手をとっての逃避行… さぁさ、どうなる? また、治子(真木よう子)も、信じてた職場の親友にスキャンダルをまかれ、公私共に立場が苦境に。 それを、打破すべくパートナーの熊木(徳
      • のほほん便り
      • 2011/11/30 5:38 PM
      今週はラストで大きく動きました。それにしてもスキャンダルって何でしょうねえ。
      • エリのささやき
      • 2011/11/30 5:20 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten