「南極大陸」第6話〜日本シリーズのお陰で視聴率急上昇!?

0
    TBS開局60周年記念ドラマ
    「南極大陸」第6話



      日本シリーズの放送延長で大幅に遅れて始まった「南極大陸」第6話は下がり続けていた視聴率が19.1% に急上昇!?

      日本シリーズ「ソフトバンク×中日・第7戦」の関東地区の視聴率が18・9%で、瞬間最高視聴率は、試合終了直後の午後10時4分の35・8%!!
      (ゲストの中居君のお陰・・・なんてことはない)

      この勢いで、10時15分開始の『南極大陸』(もう少し秋山監督のインタビューを聞きたかったのに)に視聴率が流れてきたって感じかな?

      日本シリーズ様様! でありますねぇ。
      −◆−

      さて、倉持(木村拓哉)氷室(堺雅人)犬塚(山本裕典)を救出に向かった雪上車では「コンパスが狂ってる!!」と騒いでおります。

      番組の方向性もコンパスが狂ってたのかな??

      大方の人が分かっていた通り、『伝書犬』が雪上車と遭遇して、メモを見た救出隊がタロ・ジロの先導で避難所の”クジラの残がい”に向かいます。


      ”クジラの残がい”で白く凍りかけの倉持が犬の鳴き声に気付いて、外に出ると犬たちが・・・。
      今回も、キムタクが一番に犬や雪上車を見つけました。

      だって主役だもの・・・
      だって、キムタクなんだもの・・・。
      −◆−

      救出劇の直後、ナレーション・・
      「そして長かった南極の厳冬期は終わった。」
      早っ!!
      20文字にも満たない言葉で、あっさりと先に進んじゃいました。


      そして日本からは宗谷が出発。
      越冬隊員が「じゃもうすぐ終わるんですね」「よく頑張ったぞぉ」と、わ〜わ〜喜んでます。
      楽観的です。
      −◆−

      横峰(吉沢悠)の双子の誕生日。
      奥さん方らが集まって誕生祝をしています。

      倉持が帰ってきたらどうするのかと聞かれた美雪(綾瀬はるか)は「うちに帰ってくれたらそれだけで私はいいんです」

      そばで芦田愛菜ちゃんが折り紙をしています。
      10秒ぐらいは映ったかな?

      本筋に関係なく”綾瀬はるか”たち女性陣を映さないと、男だけの南極しか映らない・・・。
      −◆−

      宗谷が氷に閉じ込められて身動きができなくなっていたころ、昭和基地ではクリスマス会 兼 横峰の双子の誕生祝いのパーティ。

      星野越冬隊長(香川照之)が挨拶して、隊員の一人一人を労います。
      ホークスの秋山監督も、選手たちに対して同じような気分でしょう。

      この場面のお陰で船木(岡田義徳)や嵐山(川村陽介)ら、出番の少ない隊員も映ることが出来ました。

      出番やセリフが多いキムタクと堺雅人以外の出演者にとっては有り難い場面・・・。
      −◆−

      パーティで相変わらず硬いことを話す氷室。
      倉持が「どんだけ硬いんだよお前」
      出ました、キムタクの現代口調!!

      素のままですから、自然な演技と言うべきなんでしょうか!?


      副隊長キムタクも挨拶の言葉を述べ、最後に「僕らの昭和基地に乾杯!」
      キムタクが目を潤ませます。

      しかし、残念なことにホークス秋山監督の”本物の涙”には勝てないのであります。

      そんなおふざけは別にして、敗戦国日本の先人による『南極越冬』という偉業に敬服。
      −◆−

      ”宗谷”は氷に閉ざされて身動きできなくなっています。

      白崎(柴田恭兵)と、いかにも嫌な感じの岩城昌隆・第二次越冬隊長(宮沢和史)と、外国に助けを求めるかいなかを巡って対立。
      白崎の決断で米国バートンアイランド号の先導で前進。

      なんとか到着したものの、バートンアイランド号はあと6日間しか宗谷を援助できない。


      一方、キムタクたちは第二次越冬隊への引き継ぎ準備。

      犬に当面のエサとなる肉を与えながらキムタクはジロに「すぐ戻ってくるからな」
      タロにも「すぐだからな」

      すぐに戻ってこられないことが分かっているので、わざとらしく聞こえるセリフです。

      さらにキムタクが犬たちの首輪をチェック。
      「緩んでる」だの「伸びてる」だのと言いながら、締め直したりして、先々への伏線を張っています。
      −◆−

      ”宗谷”に向かうセスナに乗った犬塚が、ワンワン泣いている犬を見て「あいつら勘違いしてるのかな、別にお別れじゃないのに」

      観てる方は、おそらくこれでお別れだって分かってるし・・・。
      なんと、わざとらしいセリフ!?

      残された犬たちは、がつがつと肉を食っています・・・。
      −◆−

      ”宗谷”が思いっきり傾いて倉持たちがビックリ!!

      氷の塊にぶつかってしまったようです。
      バートンアイランド号「このままでは二隻とも脱出できなくなる」

      犬を基地に残してるのに、沖に向かわざるを得ない状況です。

      白崎や倉持は犬の心配をしますが、岩城・第二次越冬隊長は「今は犬の話しをしてるんじゃない! 人の話しをしてるんだよ!!」とお怒りです。

      吹雪の中の犬が映ります。

      岩城は白崎に「今は犬よりも船の心配をすべきです。」と重ねて撤退を主張。

      すると主役のキムタクが「あいつらは1年間南極の地で命を預け合って、一緒に戦ってきた仲間なんですよ。お願いですセスナを飛ばして下さい。おれが行きますから! おれが行きますから・・。」とカッコいいセリフ。

      物まね芸人・ホリが、金八先生を真似てる時のような口調です。


      倉持の熱意は分かるし、岩城は嫌な男なんだけど、それでも「人命優先」の岩城の主張は正論だと思うなぁ・・・。
      一か八かのギャンブルで犬を助けに行くってのはリスクが高すぎるような・・・。


      わっ、犬に対して非情な感想になっちゃった〜〜〜。
      動物愛護連盟とかグリーンピースの人たちに「人間のエゴ」だと怒られそう!!!


      で、キムタクの「おれが行きますから・・・」というセリフとともに、次回へ続く。


      さて、日本シリーズに頼れない次回の視聴率はどうなりますでしょうか・・・。




      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



      ・ふるさと納税〜総務省HP



      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
      JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2019.12.16 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      吹雪の中、置いて行かれたワンコたちが可哀想で可哀想で(/_;)撮影でも可哀想なのに…現実にも置いてけぼりになったことを思うと、本当に辛い出来事ですわぁ。映画版は全部観たのかさえ記憶になく、タロとジロの再会シーンしか浮かばず。こういう流れで置き去りにされた
      • 美容師は見た…
      • 2011/11/22 10:18 PM
      11月22日 南極大陸&WJ50号 TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11083910801/f64d6f5b
      • スポーツ瓦版
      • 2011/11/22 8:20 PM
      南極大陸は別れだけど アッサリ倉持ら救出されたし 唐突に回想なり終了させて 倉持ら第2陣に引継ぎ良いし 氷室が凄く変わった良いけど 別れ以外はイマイチだね は鴎が圧倒&善吉スキル気になり
      • 別館ヒガシ日記
      • 2011/11/22 8:19 PM
      大方の予想通り、ワンちゃんたちが倉持たちのところへ誘導してくれたお陰で、雪上車間に合いました〜。 あの思わせぶりなサブタイトルは、結局スルーされてしまった訳ですが、ワンちゃんたちが老衰で亡くなっ...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/11/22 8:10 PM
      原案:北村泰一「南極越冬隊タロジロの真実」(小学館文庫) 公式サイト 簡単に印象
      • 昼寝の時間
      • 2011/11/22 3:22 PM
      「南極大陸」を第6話はボツンヌーテンの帰還途中に遭難した岳志たちはリキ、タロ、ジロを放ち救助を待つ事にした。もうだめかと思われた時に鮫島、内海が雪上車でリキ、タロ、ジ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/11/21 10:21 PM
       先週、そそくさとボツンヌーテン登頂を済ませ、帰路の遭難イベントまで進め、絶体絶命の場面で今週に持ち込ませました。  個人的には、先週までの「キムタクドラマ」に視聴脱落を決めかけていて、今週を観てから「離脱宣言」しようと思っていました。  ところが、日
      • 英の放電日記
      • 2011/11/21 7:47 PM
      「外国に助けを求めるのは反対です」「政府の決定事項」ブームうぜえ風邪になれば、ええねん「今一番大事なのは国の面子ではなく第一次越冬隊の人命です」日本シリーズのおかげで視...
      • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
      • 2011/11/21 7:16 PM
      『54年前の真相』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/11/21 7:08 PM
      第6話「54年前の真相」感想の前に・・・ ソフトバンク、日本一、おめでとうござい
      • ショコラの日記帳・別館
      • 2011/11/21 6:53 PM
      第6話「54年前の真相」感想の前に・・・ソフトバンク、日本一、おめでとうございます♪(^^)ソフトバンクが8年ぶりの日本一とは意外でした。もっと最近も優勝していたような気が...
      • ショコラの日記帳
      • 2011/11/21 6:53 PM
      第六話「54年前の真相」2011.11.20 O.A 昭和30年代。戦後10年を過ぎた頃、研究者・倉持岳志 (木村拓哉) は、日本の未来に大きな夢を抱いた子どもたちの思いとともに、南極越冬という過酷な生活をスタートさせる。 そして日本の未来をかけ、倉持自身の夢でもあった南
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/11/21 4:37 PM
      南極大陸ですが、遭難した倉持岳志(木村拓哉)、氷室晴彦(堺雅人)、犬塚夏男(山本裕典)を鮫島直人(寺島進)や内海典章(緒形直人)が救助に向かいます。大自然の猛威の中、方位磁石も当てになりませんが、犬は野生の本能で倉持たちの所まで導いてくれます。 倉持
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2011/11/21 3:13 PM
      南極から、離れなければならなく・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111200006/ 南極越冬隊 タロジロの真実 (小学館文庫) posted with amazlet at 11.11.17 北村 泰一 小学館 売り上げ
      • 日々“是”精進! ver.A
      • 2011/11/21 3:01 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten