「11人もいる!」第5話〜被災地から転校生 五月の恋物語

0
    『11人もいる!』第5話

    包帯でミイラ男状態の一男(神木隆之介)、意識不明。
    サム(RED RICE)にボコられて瀕死の重傷らしい。

    一男の意識の中にメグミ幽霊(広末涼子)が登場。
    一男がベッドから立ち上がろうとすると、メグミ幽霊「立ってはだめ、足を着いたら向うに帰れなくなる。それはだめ。まだまだ向うでやることいっぱいあるでしょ。生きなきゃだめ。」

    一男が「ここは?」
    メグミ幽霊「シモの世界・・・、じゃないや、死後の世界。」

    死後の世界と聞いて大慌ての一男が「まだ死にたくないよ。アイス、アイス、無性にアイスが食べたい。アイスが欲しい・・・。」

    一男のアイス連発にイラついたメグミ幽霊が頭突き!!!

    サムの頭突きで飛んじゃった一男は、メグミ幽霊の頭突きでこの世に生還。
    −◆−

    ソアラのお腹に子供がいる話を聞いた父・実(田辺誠一)は「42歳でおじいちゃんかぁ」
    恵(光浦靖子)も「38歳でおばあちゃんかぁ」
    のどかな二人。

    メグミ幽霊「現実を見て、ヤバいって。」

    父・実「このペースで行くと、60歳でひい爺ちゃん、78歳でひいひいジイちゃん、90何歳かでひいひいひいジイちゃんも、夢じゃないな・・。」

    小生は、50歳過ぎで、まだ長男が高校生だから、孫の顔を見れるかどうかも不確実。
    ひ孫は絶対無理。
    −◆−


    夜中に三女の五月(赤石那奈)が起きてきて、何かを食べたい様子。
    「2時半は8時以降? 『8時以降はご飯食べちゃあだめ』って万田久子が言ってたの。 2時半は8時以降だよね。」

    夜中の0時を過ぎたら、リセットなのかぁ。
    この子、前は『名取裕子推し』だったのに、今度は萬田久子!!

    巨大なアイスクリームを満足そうに食べてる。


    で、今回は五月ちゃんと、被災地からの転校生・白鳥卓郎クンの恋物語・・・。
    −◆−

    白鳥卓郎クンについて同級生の女子がも盛り上がって、「イケメンだね」、「かわいいね」、「素朴だね」、「目が二重だね」

    家で「あんな転校生全然興味がない」と五月。
    兎じいちゃん(キタロウ)が「手厳しいデブだな」と、無神経な突っ込み!!

    叔父・ヒロユキ(星野源)「そんなこと(興味がないと)言ってると、隣の席になっちゃったりするんですよね」

    なんと、本当に席が隣で、正解〜〜!!

    爺ちゃん「事実は小説より安いね。」
    母・恵「何かいいわねぇ、小学生の恋愛は、ほっとする。」

    ヒロユキ「ベタはベタなりに安心感有りますね。

    大人が勝手に暴走して、五月ちゃんが「恋愛じゃないもん!」

    爺ちゃん「とか言ってると、告白されるんだよ」

    なんと、またもや正解で、卓郎クンは早速「す、好きだぁ」と告白してたようです。卓郎

    ヒロユキ「早い! 急ぐな平成の小学生!!」
    大人たち、いちいち面白いです!!
    セリフのすべてが可笑しい!!!
    クドカン、サービス満点!!
    −◆−

    母「どうすんの、どうすんの五月ちゃん・・・」
    五月「ふん、別に」と興味がないことを強調。

    母「イケメンの転校生から告白されたのよ、もっと喜びなさい。子役みたいにはぁ〜っと走り回って、壁に2,3回ぶつかってひっくり返りなさい、子役みたいに!!」

    出ました『子役みたいに』ってフレーズが2回も・・・。

    子役と言えば芦田愛菜・・・勇気を持っていうぞ、小生は、こましゃくれた芦田愛菜ちゃんが苦手だ〜〜。可愛いと思わんぞ〜〜!!

    ああ、ス〜〜っとした。(ドラマに全然関係ない)
    −◆−

    卓郎君のことが「全然タイプじゃない」という五月にタイプを問うと、なんと「前原議員、原辰徳、中井貴一・・・」と言ってブロマイド写真を差し出す。

    小生の世代の男たち・・・。
    年上好きにも程がある。

    爺ちゃん「受けを狙ってるわけではなさそうだな。」
    ヒロユキ「一貫性がありますよね。」

    五月「あと、宅麻伸も好き。」

    なぜか爺ちゃんも「あ、私も好き」
    この一言も、爆笑の伏線になってます。
    −◆−

    父・実と一男が担任・尾女田(小松和重)にソアラを妊娠させた話をしに行きました。

    担任・尾女田「なぜ付けなかったゴム、面倒くさかったかゴムが、枕元になかったかゴムが、そういう時はフロントに電話してゴムありますかって聞けばいいんだよ!!! なにも恥ずかしいことじゃないよゴムは!!」と機関銃トーク!?
    面白すぎる!!

    実「先生、ゴムの話はもう・・」
    尾女田「ゴムゴム言っても始まりませんしねぇ」

    こんなだから、この前の『家政婦はミタ』で、忽那汐里ちゃんが三田に「ゴムありますか」と聞いたときに小生は顔が赤らんだのだ!!

    あっちは髪をくくるゴムだったけどね・・・。

    で、一男は「就職します。独りじゃないんで、家族を養っていかなければならないので。正社員で雇ってくれる企業を紹介して下さい。」
    −◆−

    臨時家族会議

    メグミ幽霊は、仏壇の奥から顔を出して「今日、席ないでしょ。ギッチギチだし。」

    才悟(加藤清史郎)「そんなところにいたら罰あたるよ。」

    メグミ幽霊「当たらないでしょう、むしろ、ここ私の定位置だし。」
    たしかに、死者が部屋をウロウロしてるより仏壇に居る方がなんとなく納得できる。

    今回の家族会議にはソアラも座ってる。

    メグミ幽霊が才悟に「(ソアラの)おっぱい触らせてもらえば」

    店長「え、いいの?」と手をモミモミさせてる。

    子ども店長、可愛い。
    −◆−

    一男が家族にソアラを紹介「バイト先の先輩で、今日からしばらく泊まります。」

    五月「無理、無理、無理、無理、スペース的に無理。1ミリも余裕ない!」
    五月が言うから面白いし説得力があるわ。

    父・実が「一男に、赤ちゃんが生まれます。」「また、家族が増える。」と事実を説明。

    五月たち3名「やった〜〜!!」と喜んでます。

    二子(有村架純)、三子(金井美樹)らは喜んでいない様子。(この2名、可愛い)

    父・実は、才悟を授かって恵と結婚した時のことを持ち出して「できちゃった婚は恥ずかしいか?」と二子らに問いかけます。

    二子「あの時は、まだ子供だったし・・」

    父・実はなぜか「じゃぁ、大人なレベルの話しをしようか」とカッコつけて話し出します。

    爺ちゃん「いやだぁ、実さん、イ・ビョンホンみたい」と、変なレスポンス!!

    父・実「サランエ、イヤギル、サムニダ」と韓国語らしき言葉を口に・・・。


    父・実「愛の話しをしましょう。」
    爺ちゃん「いやだぁ〜、聞きたい、聞きたい・・・」と、また変なレスポンス!!

    父・実「愛し合ってたから結婚したんだ。デキ婚はデキ婚でも、できて良かった婚だ。お父さんとお母さんの愛がさめてしまえば真田家は崩壊する。子供が8人いても終わるときは終わる。ただし、愛があればどんなことでも乗り越えられる。夫婦の愛がある限り、家族は永遠に不滅なんだ。」と、いつもより良いことを言います。

    ここで恵が卓袱台返しして「なんか嬉しくて」
    迷惑な人です。
    −◆−

    学校のげた箱に手紙。

    五月「どういうつもり!!これ書いたの拓朗君でしょ!」と卓郎くんを面罵。

    卓郎くん「んだ、おらが書いた。読んでけろ」

    同級生の綺麗どころの女子たちが「かわいそうじゃっん読んであげなよ。」
    「そうだよ、拓朗君、地震で大変だったんだよ」
    「日本中が一つになろうとして・・」

    五月「それとこれとは別」

    今回の、被災地からの転校生エピソードには、クドカン流のメッセージが籠ってるんだけど、変に遠慮せずに取り上げる手法が凄いと思うなぁ。
    −◆−

    一悶着あったのちに帰宅した五月は、手紙を持って帰ってきていて、姉に読んでもらいます。
    手紙には「僕はサツキちゃんの太っちょなとこが好きです。」

    五月ちゃん、恥ずかしそうに顔を手で覆う。

    「だけど僕はエグザイルも好きですが、エグザイルに太っちょは居ないから、太っちょが好きなわけではないと思います。学校さ行く途中、五月ちゃんに会ったとき、なしてだめ、初めて会炊きがしませんでした。・・中略・・・地震の後、初めて笑った気がします、ありがとう。ちなみに特技は、ヒップホップダンスです。三月までは仙台でダンス教室に通っていました。今度五月ちゃんの前で踊ります。」

    地震の後、被災者に笑顔になってもらいたいんでしょうね、クドカンは。
    −◆−

    気の早い母は「良い子じゃなぁい、つきあっちゃいなよ。」

    三子は「モテキじゃん。白鳥君が”デブ専”だったおかげで、クラスでさつきの株が急上昇したんだよ。モテキ、モテキ!」

    けっこう酷いことを言ってるような・・・。
    −◆−

    ソアラが座ってるベランダに五月がやってきました。
    五月「あはぁ、男ってさぁ、浅墓だよね。」

    ソアラ「それどういう意味」

    五月「知らない、萬田久子が言ってた」
    萬田久子ネタが面白い。

    ベランダにヒロユキがやってきて「お、ガールズトークだな。いいよなぁ女子は、恋も仕事のうちだもんね。おじさんも、女子になりたいよ。恋が仕事だったらどんなに楽か・・・。」と、訳の分かんないことを言ってます。

    ギターを持っていて好きなアーティストを尋ねます。
    マキシマム ザ ホルモン/ベスト版 2

    マキシマム ザ ホルモン/ベスト版 2
    価格:2,625円(税込、送料別)

    ソアラは「東方神起」

    五月ちゃんは「マキシマム・ザ・ホルモン」
    名取裕子、萬田久子、前原議員、原辰徳、中井貴一、宅麻伸までは分かるけど、MAXIMUM THE HORMONEは理解不能!?


    二人の好みを聞いたヒロユキは流れを無視して「じゃあ、松山千春で『恋』」
    可笑しくて吹き出しました。
    −◆−

    サムとファミレスで1対1のお話しをする一男。
    色々話すうちにサムが「ちなみに、ソアラの親爺、これだからな。」と指で顔をなぞり、頬に傷のあるお仕事に従事していることを仄めかしました。

    一男、ぎょっ!

    ファミレスの客が立ち上がると、全員が白Tシャツに『報復』とプリントされてます。
    客全員がサムの手下!?

    サムのTシャツには「袋の鼠」と、一男の今の状況がプリントされてます。

    GPSでソアラの行方を捜し始めたサムに、一男が必死に「僕が全部悪いんです。僕の招いた行動が・・・」と、流行の土下座。

    サムは無視してPCでグーグルモドキの”ストリートビュー”をチェックしています。
    画像には、一男の弟妹がピースしたり手を振ったり・・・。

    こんなとこまで小ギャグを入れてる!!
    −◆−

    ソアラが真田家に居ることがばれて、サム到来。

    家族全員が、バットやリコーダーや水鉄砲で待ち構えています。
    サムの前に父・実が立ちふさがって「この家の家長です。家族を守るのが家長の務めですから、ソアラさんはもう真田家の家族だから・・・」と、またもや良いことを言いました。


    そこに、パジャマ姿の五月が、夜食を求めて夢遊病状態で現れ、冷蔵庫に向かいます。
    通路でサムとぶつかる五月。

    サム「おい!」
    二子「しっ! 起きちゃう」

    サム「寝てるの!?」と小声で質問。


    なんだか、サムは真田家の面々にほだされたようで、料理を始めました。
    ソアラが嫌いな黄味を抜いた卵でオムライス----『サムライス』を作っちゃいました。

    「バカだよな、俺と一緒になりゃ、豊田ソアラになれたのに・・・」と呟いてます。

    真田家から立ち去るサムが、ソアラに「おばちゃんにサムライスの作り方教えておいたからな。じゃあなバカ女。」

    白味だけのオムライスには、ケチャップで『寿』と書かれています。
    ソアラ涙〜〜〜。

    白いオムライスが小粋でした。
    −◆−

    卓郎クンの新しい家が完成。

    前の家では「台所が全滅で、大事にしてた弁当箱が瓦礫に埋もれた。死んだばっちゃんに買ってもらった弁当箱。めんこいの。もう出てこねえべな。」

    新しい家は「前より随分小っちゃえ家みたいだけど、また家族みんなで暮らせるど。」


    せっかく東京に住んでるのにディズニーランドも国会議事堂にも行かなかったという卓郎クンが「次の日曜日どこかに行かないか」と五月を誘います。

    五月素直に「いいよ。案内してあげる。」


    デート当日、大家族で五月をサポート。

    爺ちゃん「付いて行ってやろうか」
    五月「だめ、二人っきりじゃないとデートじゃないもん」

    家族一同「ヒューヒュー」

    メグミ幽霊は才悟に「デブって周りを幸せにするじゃん。それも才能だと思うよ。太ってくれてありがとう、五月・・・」
    この幽霊は良いこと言うなぁ。

    才悟「伝えとくよ」と男前なセリフ!!
    加藤清史郎くん、カッコいいぞ。
    −◆−

    兎爺ちゃんが寝言で「本庄さん、本庄さん、ダメ! うお〜〜〜〜〜!!」と言ってたシーンが可笑しくて吹き出しました。

    終盤、ヒロユキが一男に「寝言が、完全にオネエ言葉なんだよ。怪しいよ。」「同じ部屋で寝てる身にもなってよ!」と兎爺ちゃんのことを愚痴っています。

    母「何の話?」

    一男は「おじいちゃんがゲイだっていう話。」とストレートに言っちゃいます。
    家政婦の三田さんが、言伝を語る時と同じですね。

    母「チッ」と舌打ち。

    あららぁ、ホントに兎爺ちゃんはゲイ!?
    面白い!!!
    −◆−

    卓郎くんと五月ちゃんの温かいデートがあって、名残を惜しむ五月ちゃんが「離れたくない。東京にいて!!春休みまで逢えないなんてやだ」と迫力満点で卓郎くんに告げる場面があって、ホッコリ・・・。

    一方、父・実と一男はソアラの頬に傷のあるお父さんに挨拶に行きことになって・・・。

    父・実は腹に週刊誌を巻き付けて防刃に怠りない。(可笑しい)



    最初から最後まで面白くて、遠回しにメッセージが入っていて、クドカン凄いです。




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.10.22 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      先週の流れで、野球の試合から 結婚しよう! え…? 俺、卒業したら働くから! 子供産んでよ! 僕たち結婚します! ソアラのおなかの中には僕の子供がいるんです! ソアラさんを僕にくだ...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2011/11/22 12:20 AM
      10/21からテレ朝で始まったドラマ『11人もいる!』(公式)の第5話『大家族は恋もテンコ盛り』の感想。 一本のドラマとすると… 私の率直な感想は、「先週より小ネタでは笑えたけど、やはり大枠で...
      • ディレクターの目線blog@FC2
      • 2011/11/21 8:49 AM
        今回の聞き捨てられない言葉  「いいよねぇ・・・女子は。恋も仕事のうちだもんねぇ・・・ おじさんも女子になりたいよ。はぁ・・・・」 by 無職の男  さて、サム(RED RICE ...
      • トリ猫家族
      • 2011/11/20 12:08 PM
      (才悟)「これが僕のお兄ちゃん  現在意識がありません。  生き返ることを願って  前回のおさらいです> ・・・野球の試合中、言わなくちゃと機会をうかがっていた一男が、ランニングホームランを打った後、ソアラに宣言した。 「結婚しよう! 俺、卒業したら働く
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/11/20 4:22 AM
      「何やってんだよ〜、真田よ! 何故つけなかった?ゴムを! 面倒臭かったか?ゴムが
      • 虎団Jr. 虎ックバック専用機
      • 2011/11/19 9:03 PM
      「何やってんだよ〜、真田よ!何故つけなかった?ゴムを!面倒臭かったか?ゴムが!枕元になかったか?ゴムが!そういう時はさ、フロントに電話してゴムが見当たらないんですけどゴ...
      • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
      • 2011/11/19 9:03 PM
      『大家族は恋もテンコ盛り』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/11/19 7:58 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten