「専業主婦探偵〜私はシャドウ」第5話〜深田恭子の鼻歌が一番「昼は山口、夜、芹菜〜♪」

0
    「専業主婦探偵〜私はシャドウ」第5話

    このドラマの藤木直人と、『蜜の味』のARATAは、主要人物なのにキャラが薄い役どころで気の毒な感じがします。
    −◆−

    ひばり証券のIR部には、清掃員・山田に変装した芹菜(深田恭子)。

    武文(藤木直人)に山田(芹菜)が「コーヒー入れましょうか」
    目の前にいる妻の声と顔に気付きそうなものなのに、変装してる芹菜に気付かないふみクン。

    第5話になって、未だにそんな文句を言ってるようでは、このドラマを見る資格がない。
    このドラマの突っ込みどころは、見て見ぬふりをしなきゃイカンのだ。
    −◆−

    丈二(古田新太)は、記念日でもないのに旦那が花束やケーキを買ってきたら怪しいのだと芹菜に指南。

    もと子(芦名星)は「ケイタイを見るのは女の権利」だと芹菜に吹き込んでる。

    で、両方の条件を満たしたので、芹那はふみクンのスマホをチェック。

    そこには部長・千早(石田ゆり子)からの「昨日は遅くまでゴメンナサイ。こっちはうまく誤魔化したけど、奥さんは大丈夫だった?」とのメールが残ってた。

    フミくんの「もう会うのはやめましょう」という返信も・・・。

    芹菜ショック!!!


    フミくんは、「商談だった」として、芹菜の父・泰介(小日向文世)もその場にいたと嘘をついてその場しのぎ。
    芹菜は信じることに・・・。

    フミくんと部長・千早の行動があいまいに描かれていたけど、結果的には寝ちゃった??

    正直言うと、別にどうでもいい。
    感情移入していないから、芹菜が可哀想だとか、あれやこれやの感情が湧いてくることがない・・・。
    −◆−

    不倫話と並行して、陣内(桐谷健太)の元カノ・涼音(松本莉緒)の話・・・。

    小生は、顔つきがキツイ松本莉緒は苦手やな・・・。

    で、ジュエリーショップを経営しているという涼音は、店の経営が行き詰まっているのでお金を貸して欲しいと陣内を訪ねてきたのだ・・・。

    けど、本当はスナック経営が行き詰っていた・・・・。

    なんだかんだで芹那がスナックのお手伝い。
    このときの『スナックのお姉さん変装』の深田恭子は綺麗やった。

    陣内が店に現れ、金は貸さないかわりに、賃貸料が半分で居ぬきで店を出せる物件を紹介。
    涼音は廃業を免れる。

    バーテンの”みっちゃん”という丸刈りのオジサンが出てきて、涼音は「これ元カレ。これイマ彼」と相互紹介。

    ”みっちゃん”が陣内の手を握り「本当にありがとう。」

    元カノ・松本莉緒と、やけぼっくいに火が付く話だと思ったのに、イケメンではない彼氏がいたと言うオチ。

    多少は面白くなくもないオチやけど、第5話で中途半端に「陣内=桐谷健太」エピソードが入ってくるのが不思議・・・。

    脚本家が、陣内の心の内をきちんと整理したうえで物語を書いてるのかも「?」
    −◆−

    陣内と芹菜が夜道を歩いてる。
    涼音をサポートした陣内に「本当は精神的に二枚目なんだね」とか、芹菜が色々とまくし立てます。
    いつになく早口!?

    陣内のお陰で右折が出来るようになったりフミくんの感謝で働けるようになったから、陣内の大切な人である涼音は、自分にとっても大切な人だという芹菜。

    なんて純真なお姫様でしょうか・・・。

    純粋過ぎて、浮世離れしています。
    −◆−

    芹菜がフミくんの帰りを待ちながらお料理してる。
    「私は専業主婦探偵〜〜♪ 昼は山口、夜、芹菜〜♪ フミくんのためにラザニア焼くのよ〜〜♪」と鼻歌。

    ストーリーで面白い個所は無かったけど、この深田恭子の鼻歌が一番面白かったかな・・・。
    深田恭子らしさが出てて良いわ。
    −◆−

    『不倫疑惑』『ひばり証券の内部抗争、権力闘争』と『陣内元カノ話』が錯綜したのだけど、なんか焦点が定まらない。

    南極物語のキムタク至上主義は行き過ぎだけど、このドラマでは深田恭子中心の冒険物語にスポットをあてなきゃ『専業主婦探偵〜私はシャドウ』というドラマが成立しないんじゃないのかなぁ・・・。

    今後は、”専業主婦探偵・芹菜”の大活躍で、新山常務(遠藤憲一)が進める怪しげな計画を暴き、ふみクンを悪の手から救うような話に進まないとダメだと思います。




    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.09.20 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
             ドジで不器用な専業主婦がひょんなことから探偵になって、 愛する夫のために奮闘し、強い女へと生まれ変わっていく物語。 毎週金曜 22:00〜22:54 (初回のみ 22:00〜23:09)TBS 原作 粕谷紀子『私はシャドウ』(集英社文庫) 脚本 中園ミホ 演出 渡瀬
      • to Heart
      • 2011/11/20 11:36 PM
      探偵シャドウは陣内モト彼女で 遂に陣内メインの回だったけど 陣内じゃなく不動産は良く 芹菜は探偵なのか微妙だけど 武文の方は凄く良い感じな
      • 別館ヒガシ日記
      • 2011/11/20 10:01 PM
      11月20日 探偵シャドウ&バクマン。&ガンバ駄目ドロー TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11080491365/3222097b
      • スポーツ瓦版
      • 2011/11/20 10:00 PM
      (  ° ▽ ° ;) エッ 文くんと千早部長、エレベーターの中のチューだけで終わらずに、その後…があったって?? ガラス張りだったから、写真は絶対撮られてるだろうとは思ったけど、その後は新山に雇われた探...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/11/20 7:53 PM
      『夫の携帯は地獄の入口』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/11/19 7:58 PM
       ズキューーーーーン!! 陣内のハートが撃ちぬかれた音がしたぞ ( ̄∀ ̄) 「関係なくなんかないよ。だって涼音さんは陣内の大切な人なんでしょ? だから私にとっても大切な人 ...
      • トリ猫家族
      • 2011/11/19 6:04 PM
      「夫の携帯は地獄の入口」2011.11.18 O.A 武文(藤木直人)と千早(石田ゆり子)の密会現場を目撃した陣内(桐谷健太)は、そのことを芹菜(深田恭子)には言えずにいた。 そんなある日、陣内の探偵事務所に一人の女性がやって来る。その女性はかつて陣内と付き合って
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/11/19 4:33 PM
      専業主婦探偵〜私はシャドウですが、陣内春樹(桐谷健太)に元彼女が訪ねて来ます。金の無心ですが、陣内は裏切られたと思っており、「お客様、当事務所ではそういった業務はやっておりません、お引取りください」とあくまで客として扱い、ものすごく冷たいです。 浅葱
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2011/11/19 1:04 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten