「深夜食堂 2」第4話〜伊藤歩とソープと煮こごり

0
    「深夜食堂 2」第4話(第14話)
    「煮こごり」


    今回は、イクミを演じた伊藤歩が素敵でした。
    今まで見た伊藤歩の中でもベスト!!!

    国民的朝ドラ『おひさま』の夏子先生役も悪くなかったけどねぇ、やっぱり今回がベスト!!
    −◆−

    『深夜食堂』で”煮こごり”を注文したイクミ(伊藤歩)。
    早くも佇まいが素敵!!

    弁当屋で働く将司(清水優)が居合わせて、自分も煮こごりを注文するが、1人前しか作ってないとして注文を受けてもらえなかった・・・。

    本当の「煮こごり」だから・・・と言っても、なんかイメージに伝わらない表現じゃなぁ。
    −◆−

    昼時の弁当屋に偶然イクミが客としてやってきました。

    ちょうど将司が一人で店を切り盛りしていて、客が集中して注文が捌けない有様に・・・。
    店の前で並んでいたイクミが、黙ってカウンターの中に入ってきて注文を聞き始めた・・・。

    なんて機転の利く女性でしょう!!!
    一度だけ『深夜食堂』で会った将司を手助けようと、急遽、店に立つ姿が、なんとも素敵なのですよ!!!

    手際も良いし、文句なし。
    白いブラウスが、意味もなく色っぽい。
    「惚れてまうやろ〜〜」状態。

    −◆−

    案の定、イクミを好きになった将司は、『深夜食堂』で唐突に交際を申し込むが、「彼氏がいるから」とフラれちゃった。

    たまたま店にやってきた常連の小道(宇野祥平)が、店を出たイクミのことを「ミキちゃん、最近人気出てきたからなぁ・・・」と口にし始め、忠さん(不破万作)があわてて小道の口をふさごうとします。

    実は、イクミはソープ嬢だったのです。
    忠さんが、小道の口をふさいだのは、将司への優しい気遣いでした。
    (忠さんみたいな、小さな人情の積み重ねがあるから、このドラマは気持ちが良い!!)
    −◆−

    将司はショックを受けながらも、思いを断ち切れずに悶々・・・。

    マスター「そんなにつらいんなら、一度素直になってみたらどうだい」
    将司「本心は、そりゃ好きっすよ、滅茶苦茶・・・、でも・・・」

    マスター「迷ってるならやめちゃいな。イクミちゃんに失礼だ。」
    ソープ嬢であろうが、なんであろうが、分け隔てなく客に対応するマスターがカッコいい。


    我が関西では、大阪のW選で橋下徹氏の『生い立ち』について週刊誌がマスターとは真逆の対応で個人攻撃を仕掛けております。

    橋下徹氏が「ヤクザの子」なのかどうか知りませんが、少なくとも橋下氏本人が反社会的な暴力団構成員だというワケではありませんでしょ。

    憲法・第13条では「すべて国民は、個人として尊重される。」第14条では「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」とあるではないですか。

    まさに、週刊誌が「生まれ、生い立ち」をタネにして橋下徹氏を攻撃しているのは『 門地による差別行為 』であります。

    こんなだから、週刊誌は嫌いで、マスターは好きなのであります。
    −◆−

    2か月後。
    イクミが『深夜食堂』にやってきて「もうすぐ終わるんだ。ようやく自由になれる」
    マスター「よかったね」

    イクミ「でも、ちょっと不安なんだ。親の借金返すことだけ考えてたでしょ、他のこと全部締め出して。それが終わっちゃったら、私何すればいいんだろうって、元の自分に戻れるのかなぁ・・・」

    小生は、弁当屋を手伝ったイクミの姿が『元の自分』であって、今でも失くしちゃってるわけではないと思うなぁ・・。
    一瞬で元に戻れる。

    マスターは「まあ、ゆっくり考えるんだなぁ。終わったらお祝いしよう。卒業祝いだ」

    イクミ「ありがと」とニッコリ。

    『卒業祝い』ってのが洒落ててイイな。
    マスターの情が滲んだ言い方だわ。
    −◆−

    将司が久々に『深夜食堂』に・・・。

    マスター「最近、顔出さないなぁ」
    将司は、母親が心筋梗塞で倒れてしまった経緯を説明。

    グッドタイミングでイクミが店に入ってきて「お久しぶり。マスター、お祝いして。全部終わっちゃった」
    マスター「おめでとう」

    イクミは将司に「彼氏と、やっと別れたの」

    ソープ勤めを「彼氏がいるの」と隠喩していたイクミが「彼氏とやっと別れた」とは、これまた洒落たセリフやなぁ・・・。
    −◆−

    将司「イクミさん、オレ明日の朝、実家に帰るんです。もう東京には戻ってきません。だけど、よかったら今度、うちの田舎に遊びに来てくれませんか・・・」

    イクミ「でも・・・」
    将司「彼氏と分かれたんでしょ」とニッコリ。

    イクミも頷きながらニッコリ。


    1年後。将司から『深夜食堂』に手紙と写真が届きます。
    念願だった飯屋を開店し、自称『深夜食堂』の支店だと・・・。

    写真には、のれんの前に並ぶ将司とイクミ・・・。

    沁みるわぁ・・・。
    『深夜食堂』らしさがあふれる、渋い話でした。

    後味がサイコー!!!


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.02.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       いい話だったよ・・・(TwT。) ちょっと時代が違うような気もしたけど、いいのさ・・・これが深夜食堂なんだからさ。  今回は、弁当屋で働く将司(清水優)の恋物語だよ。 ...
      • トリ猫家族
      • 2011/11/30 5:32 PM
      JUGEMテーマ:深夜ドラマ全般    イクミのために2日に一度カレイの煮つけを作り   煮汁を冷えて固まったもの(煮こごり)を出している。   確かにあつあつのご飯に合いますね。   そのイクミに恋
      • こみち
      • 2011/11/09 11:42 PM
      今回も、ほっこり感のある、素敵な大人のファンタジーでしたね。いいオハナシ。ラストも小粋でヨカッタです メニューも、「煮こごり」って渋さがグー♪ こんな風に、都会の片隅で健気に生きてる人の想いは… 応援したくなるばかりです    (ものがたり)
      • のほほん便り
      • 2011/11/09 9:23 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten