月9「私が恋愛できない理由」第4話〜吉高「鉄とメールは熱いうちに打て」

0
    月9「私が恋愛できない理由」第4話

    なんだこりゃ・・・。
    エピソードのメリハリが弱くて、香里奈が素敵で吉高が可愛いだけ!?
    −◆−

    妹の桃子(剛力彩芽)が木崎(中村竜)と一緒に帰ってきたのを目撃してしまい、真子(大島優子)が「なんで誘ったりするのあの人は、私の・・・。」

    桃子は姉と木崎のことを「友達でしょ」と・・・。

    眠いと言って、姉のベッドに寝そべった桃子は「硬っ!」と寝心地の悪さを口にし、さらに「さっきのホテルの方が気持ち良かったなぁ」

    真子の後ろで恵美(香里奈)は所在なさ気に桃子を覗き込んでる。

    真子「ホテルってどういうこと?」
    桃子「ホテルですることなんてきまってんじゃん」

    大富豪かぁ?
    絶対、トランプじゃないわなぁ・・・。

    奔放な妹・剛力がウザい。
    −◆−

    真子はソファーで寝て、翌朝。
    桃子は部屋の扉に「おこられる前に帰りまーす」とメモをはって、早朝にこっそり出て行ってた。

    で、咲は「新しい恋で塗り替えるの…失恋の傷をいやす一番の薬は新しい恋だよ。」と慰めの言葉。

    いかにも吉高が言いそうな感じはする。
    −◆−

    恵美、仕事場。
    香里奈はスリムにフィットするデニムと飾り気のないシャツが似合うなぁ・・。
    カッコいい。

    このドラマの魅力は物語には無く、見た目だけかぁ・・・。

    そんな恵美に、武井から電話。
    誘われたのに、恵美は断った。

    帰宅後、咲に「知らない人と始めるのが新しい恋でしょ」とたしなめられちゃった。
    −◆−

    真子に好意を持ってる様子の山本(平岡祐太)が、二人分弁当を作ってきて真子と昼食。
    まめな男やなぁ・・・。

    硬い女・真子役の大島は、パッとしない役だから、パッとしない。
    −◆−

    恵美が、家でくつろいでると、「1日中ダラダラダラダラ・・・そんなでは100年たっても新しい恋は降って来ないよ」と咲。

    恵美「じゃあ100年たってからでいいや」
    ふむふむ、妖怪人間ベラさんなら、100年経っても生きてる可能性が濃厚だけど、恵美に100年後はまずないから、急いで恋をした方が良い。

    咲「メールしなさい昨日の彼に今すぐ。」「鉄とメールは熱いうちに打て」
    名言であります。
    スマホの裏が熱いけど、吉高の言葉とは関係ない。
    −◆−

    恵美の田舎からリンゴが山ほど届く。

    職場に差し入れし、みんなが食べてる。
    小生は果物アレルギー(特にリンゴに弱い)なので仲間に入れないけど、この際そんな愚痴を言っても仕方ない。

    白石(萩原聖人)が、「リンゴは傷がついた方が甘くなるんだ。ついた傷を修復しようとしてかえって甘みが増すんだ。」

    鍋奉行が活躍するシーズンになってきましたが、白石はリンゴ奉行かぁ!?

    そんなことは別にして、「リンゴの傷」で恋や夫婦関係による傷を暗示。
    こういうセリフに感情移入しなきゃいかんのかなぁ、このドラマは・・・。

    でも、たいして深いとも思わんし、オシャレだとも思えないなぁ・・・。
    萩原聖人のセリフは、惜しいとこまで行ったけど、ホームランじゃないな。

    金八先生による「腐ったミカン」の話しほど印象に残ることはなさそう・・・。
    −◆−

    なんだかんだで、恵美と武居(小柳友)が不器用なデート。

    井の頭公園で、武居がボートに乗りましょうと提案。
    咲との事前の作戦会議で、『ボートに乗ったら話が途絶えた時に逃げ場がない』として避けるはずだったのに・・・。

    小生は関西人なのでよく知らないけど、『井の頭公園のボートに乗ると別れる』というジンクスがあるそうですから、香里奈と小柳友という不釣り合いなカップルが上手くいく可能性は高くないような予感がするなぁ・・・。

    ところで、武居が恵美に「ボートお好きですか?」って聞いてたけど、「ボートが好きです」と答える女子は、100人中、何人居るんやろか・・・。
    −◆−

    ボートのあと、会話が途絶え始めていて、作戦通り恵美が「おなか減ったかなあ」
    武居は「じゃあ、ドーナツ行きましょう」

    飾り気のない男ですねぇ。

    お勧めのオシャレなドーナツ屋に行こうとしてたら、デート中の長谷川(田中圭)とひかり(倉科カナ)に偶然出会ってしまう…。

    さすがドラマらしい偶然であります。

    平素からやや鬱陶しい女・ひかり(倉科カナ)が「もしよかったら一緒にいかがですか」
    人の良い武居がこれに応じて、4人で食事。

    なんだか、恵美と長谷川の会話が弾んでる。

    でね、”倉科カナ”って、このドラマや『それでも、生きていく』でもそうだったし、『使命と魂のリミット』でも、なんか「不愉快な女」の役を演じているから、個人的には”倉科カナ”そのものへの不愉快イメージ定着。

    若手女優ではなく苦手女優。(漢字はよく似てる)
    −◆−

    4人が、長谷川&ひかり、恵美&武居の二人ずつに分かれて帰途に・・・。

    去っていく恵美の方を見つめてる長谷川・・・。

    まだ、何か起きそう。
    −◆−

    白石は、週末にモデルハウスを見に行こう、と妻の美鈴(稲森いずみ)を誘う。
    美鈴が子どもを欲しがっていることを受け入れて、「キズの多いリンゴ」のようになろうとしてる??

    あらまぁ、美鈴と手まで繋いじゃってる。

    まことに結構なことではありますが、白石の4話目にしての”突然の心変わり”は、タイミングが早すぎて、このまま夫婦円満でハッピーエンドになるとは考えにくいような・・・。
    −◆−

    咲と美鈴が偶然出会って、そのまま食事へ・・・。

    咲「美鈴さんの旦那さんに会ってみたいな。きっとすてきな人なんでしょうね」
    あざとい話だけど、冷や冷やドキドキ。

    咲が白石から借りたままのペンに、美鈴が今にも気が付きそうな気がして、冷や汗ものですよ。


    この美鈴と咲の接近と、夫婦でのモデルハウス見学を合わせたら、ますます白石夫妻の先行きに黒雲がかかってくるんじゃないの・・・。

    『南極物語』で犬塚が起こした”火事”みたいに、想像通り、予想通り進む展開になるんじゃないの!?
    −◆−

    真子に木崎から「ちょっと話しがあるから出て来られないかな」と電話。
    行かなきゃいいのに、真子が木崎と会っちゃう。
    未練??
    どういう心境で会いに行ったの??

    スキッとしない真子=大島に、勝手に腹が立ってきた。

    店で出会った木崎は「俺と君とのこと桃子ちゃんには黙っててほしい。結果的に(真子とは)何もなかったんだけどね」だって・・・。

    嫌な男。

    この後、さめざめと泣きながら真子がトボトボあるいて、山本と会う。
    この場面を含め、今回も、大島はミニスカなど”足見せ”ファションが多い。
    真子は地味で重い女なのに、太ももは見せっ放し・・・。

    でも、土日夜のNHKのスポーツ番組に出てる”山岸舞彩”キャスターの長い足を見せ過ぎるファッションにくらべると不自然ではないな。

    以下、途中省略で、最後はベッドイン。
    今回は、木崎との時みたいに『お預け』『寸止め』は無しで、大島は山本と一夜を共に・・・。
    −◆−

    真子たちの家の前に桃子。
    咲と出会って少しきまり悪そう。

    咲が「出来のいい嫁さんもつと大変だね」「でも最後にのこるのは家族なんだよ。兄弟とか夫婦とか壊しちゃだめだよ。絶対に。」と柔らかくお説教。

    小生も吉高から説教されたいなぁ・・・。

    咲の言葉でやや素直になった桃子が「うちの姉妹さあ、深酒するとヨーグルト欲しくなるの」といって、コンビニ袋からヨーグルトを取り出す。

    プレーンヨーグルトにしないと太るよ。

    咲はそんなつまらんことは言わず「分かった。渡しとくね。」と、優しい口調で真子に渡すことを約束。

    吉高のツルンとした顔がチャーミングです。
    −◆−

    恵美帰宅。

    咲「どうだった初デート」
    恵美「なんか女の子あつかいされた。なんかむずがゆいって言うかさぁ・・・」

    香里奈ならで活きるセリフやなぁ・・・。
    香里奈イイわぁ。

    恵美「優しいしいい人なんだけどさあ・・・」とまだ本気モードでは無さそう。
    咲「ゆっくり好きになっていけばいいんだよ」

    「鉄とメールは熱いうちに打て」、しかし「恋愛はゆっくり温めろ」ってか・・・。
    −◆−

    真子が朝帰り。
    心配顔の恵美と咲に「私、バージンじゃなくなりました。」と、大島はAKBファンが反応しそうなセリフを口にする。

    真子「こんなもんなんですかねぇ」と、ボ〜〜っとしてる。
    「私がずっとこだわってきたことって、こんなことだったんですかね
    こんなんで、よかったんですかねぇ」

    そして「ヨーグルト食べたい」と真子。

    なんと、偶然にも妹が咲きに預けてくれていましたよ。ヨーグルト。
    まるで、ドラマみたいな話です(ドラマである)。

    少し落ち着いたのか、真子が「不幸を直す薬は希望よりほかにない」

    センターに立てる薬があったら欲しいでしょ。

    「チェーホフ」
    真子「いえ、シェークスピアです」


    恵美が「私たちも塗り替えよっか」
    −◆−

    恋や心や気持ちを塗り替えるんだと思った、家まで塗り替え始めた3人。
    ペンキ塗り!!!

    柱を白く塗って「しっかりキズ消えたねぇ」
    真子「消えるもんなんですね」

    なぜか3人は子供みたいにペンキの塗りあいを始めちゃいました。
    昭和後期の学園ドラマのノリみたい。

    休憩してリンゴをかじる3人。
    『リンゴを齧ると歯茎から血が出ませんか』って、最近は言わない?? 古い??

    咲が「これら傷だらけじゃない」
    恵美「傷がある方が深みが増すの」と白石みたいなセリフ。

    「リンゴだって頑張ってるんだよ」
    −◆−

    今回は、もうお終いかと思ってたら、まだ先があった。

    会社で、真子が木崎の所に書類を持って行って、必要に応じて、一言二言・・・。
    自分の席に帰ると、山本からのメール着信。
    『木崎さんと今なに話したの。
    できれば木崎さんとはあまり話してほしくないな』

    山本ぉぉぉ、一度寝たら所有物扱いかぁ!!
    変態サイコ、ストーカー野郎だったのかぁ!?

    で、結局、今回、面白いと思ったのは、ここだけでした。
    −◆−

    キャバクラの客で、出版関係者だという新井(神保悟志)が、出版業界への就職を希望する咲に、「一度現代の若者をテーマに企画書でも書いてみて」と言ってたので、後日、咲が「企画書読んでくれますか」と手渡すと、新井が馴れ馴れしく咲の腰に手をまわしてきた。

    お前、咲の身体が狙いだな!!!

    だいたいキャバクラで話してた時から怪しかったですよね。
    咲ともあろう経験豊富な女子が騙されるのは、やはり上手くいかない就活への焦りのせいかなぁ・・・。


    以上、面白くないと言いながら、割と長めの文章になっちゃった。

    とにかく、淡白なドラマです。



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.09.20 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      藤井恵美@香里奈は武居@小柳友とデートしたもののあまり心はときめかず、 小倉咲@吉高由里子は出版業界の男@神保悟志から 就職先を紹介してあげると声をかけられ、 (会社に発言力があるとしても、キャバ嬢の採用なんてありえないだろう。 三人組の中で一番理知的そ
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2011/11/11 12:09 AM
      もう恋愛できてるから、イイやん(笑) …って断言するには、まだまだ困難が待ち受けてるみたいですね〜(^_^;) 失恋は新しい恋で癒すのが一番だと解っているものの、なかなか気持ちの切り替えは大変。 それで...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/11/10 9:42 PM
      「私が恋愛できない理由」第4話は真子が妹の桃子とホテルに行った事を知りショックを受けてしまう。そんな中咲は真子に新しい恋をして失恋を癒せば良いと励まし、恵美にもまたハ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/11/09 9:22 PM
      『不器用すぎる私達!?新しい恋の始め方!?』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/11/08 7:49 PM
      どいつもこいつも・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ やっと真子に新しい恋が…と思いきや、新しい彼・山本は束縛が激しい ストーカー男っぽいし、 恵美と武居がいい感じ…と思いきや、今になって惜しいのか、急に優の態度が おかしくなってるし 咲は咲で、就職は空振りだし、出版
      • あるがまま・・・
      • 2011/11/08 3:46 PM
      私が恋愛できない理由ですが、藤井恵美(香里奈)は偶然知り合った警察官の武居大介(小柳友)とデートすることになります。紅葉を見に行きますが、リサーチ不足で紅葉していません。ボートに乗りますが、若いカップルがボートを揺らしてキャーキャー言っているので、こ
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2011/11/08 3:08 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten