「ブルドクター」第11話(最終回)〜珠実(江角マキコ)家族円満、釜津田(石原さとみ)は復縁。

0
    「ブルドクター」第11話
    「死因究明絶対不可能禁じられた暴走!私は諦めない」


    代議士・縄文寺(鹿賀丈史)の秘書・奥山(羽場裕一)が死んだ。
    縄文寺が名倉(稲垣吾郎)に「検案書には、自殺と書いていただいて結構ですからね」

    名倉は縄文寺の指示通りに検案書に自殺と記し、珠実(江角マキコ)から解剖をしたのかを聴かれた際に「解剖しなくても自殺です」

    名倉は縄文寺の手下になれ果てた??

    納得できない珠実は、奥山の妻・美里のもとを訪ね「ご主人の死に納得されていますか」

    突然、背が高くて独特の口調の女がやってきて、こんなこと聞かれたら遺族はビックリするぞ。
    案の定、未亡人は不快感を示して珠実の話に取り合わない。

    これで保険金の話になったら、NHKの『ラストマネー〜愛の値段〜』に直行って感じ。
    −◆−

    釜津田(石原さとみ)は異動先の警務部厚生課係長に着任。
    石原さとみの警官の制服姿が可愛らしい。(コスプレか!?)

    さっそく、『ハイキングの企画』や『食堂の新メニュー』という福利厚生の案件について部下が話に来る。
    なにか、こういう部署が刑事の仕事より尊くない分野みたいに描かれてるけど、職業や職種に貴賤は無いのだ。(事務屋の怒り!!)
    −◆−

    珠実が帰宅して、息子の康介君が学校のプール検定を受けない話になる。
    「僕だけ25メートル泳げないから」と言う康介君。
    珠実は「泳げるように努力した?」と固い表情で康介君を質す。

    『努力』というキーワードが出てきて、なんとなくこの場面を挟み込む意図が透けて見えちゃう・・・。

    早速、屋内プールで珠実が康介君を特訓。

    嫌気がさしてきて「もういいよ」「どうせ無理だから」と康介君が白旗を上げかけます。
    すると珠実は「どうせって何! そんなこと言ってるから、やれることもやれないの」と”江角口調”と怖いポーカーフェイスで康介君を叱咤します。
    なかなか、ハードなお母さんです。

    しかし康介君は「だって」と、25メートル制覇に腰が引けています。
    珠実「だってじゃないの。最後まで絶対あきらめない。やるだけのことはやらないと。」

    珠実の言葉は、完ぺきに今回の事件への取り組み『…私は諦めない』というサブタイトルと重ね合わせたセリフ。
    けっこう、わざとらしさがキツイです。
    −◆−

    縄文寺の広い事務所で、名倉が「奥山さんの自殺偽装はよくできていました。法医学者でも見破れません。あれなら縄文寺先生のご指示が無くても自殺と判断していたかもしれません」と、微妙な話を淡々と口にする。

    平常心を崩さない縄文寺は「これからも、よろしく頼むよ」
    名倉「ハイ。僕も奥山さんや武田教授のようになりたくありませんから。」
    縄文寺「大丈夫ですよ。私を怒らせなければ」

    若手タレントは、島田紳助氏を怒らせて土下座させられたり干されたりしたそうだけど、さすがに殺された奥山よりは生きてるだけマシかな??


    で、縄文寺を挑発するがごとき名倉の振る舞いを見てると、結末が見えてきた感じ・・・。
    名倉が話しを始める前に、内ポケットに手をやっていたのもね・・・。
    −◆−

    奥山の告別式開始が近づき、火葬されたらすべてが闇に葬られる。
    しかし、珠実がなかなか動こうとしないので、法医学教室の成海(ブラザートム)や松岡(さくら)たちが、やきもきしてる。

    あらら、武田教授(小日向文世)に脅迫メールを送っていた八代(マギー=カイザー伯爵)も、悪びれた風も無く顔を並べてる・・・こいつ、神経太いなぁ。
    学内処分も何も無しか・・・。
    −◆−

    真相究明に職を賭し、奥山の解剖を断行しようと決めていた珠実と釜津田が行動を起こします。

    釜津田が霊柩車の運転手に変装し、某所で棺桶を入れ替えて遺体を大学に運び込んじゃう。
    ここにも出た〜〜〜。男装女子!!!

    『イケ☆パラ』前田敦子、『美男(イケメン)ですね』瀧本美織、『桜蘭高校ホスト部』川口春奈、『IS[アイエス]〜男でも女でもない性〜』福田沙紀、『テンペスト』仲間由紀恵と男装ブームにあって、ついに石原さとみまでが男装!!


    しかし、本物の運転手さんは、どうしたんやろ・・・。
    釜津田に言い含められて、どこかでサボってる??

    かなりキワモノ的展開だったけど、霊柩車の運転手に変装した石原さとみが可愛らしかったから、まあイイっか(コスプレ好きか??)

    で、かっ攫った遺体を搬送する珠実は、「あきらめちゃダメだよ」と康介君に励まされたことを回想。
    予定通りの展開です。
    −◆−

    大学に遺体を運び込んで、珠実と釜津田、美亜(志田未来)だけで解剖を始めようとしたとき、成海、松岡、八代、藤村がやってきて、解剖に参加すると言い出します。

    珠実が、攫ってきた遺体の解剖だから違法行為になる旨を伝えたのですが、成海が、事なかれ主義だった自分たちを変えたのは大達先生である旨を述べ、手術に参加。

    熱血漢の珠実が、傍観者を決め込んでいた面々に化学変化を起こさせたという絵に描いたような美談であります。

    で、解剖したら、やっぱり他殺濃厚。

    手術室の外には、名倉がいて、携帯で「ここで解剖が行われています」と誰かに伝えてる・・・。
    −◆−

    珠実と釜津田が縄文寺のもとに現れ、直接対決を挑みます。
    他殺だとしても、奥山殺害と自分を繋ぐ証拠はないはずだと自信満々の縄文寺。

    珠実と釜津田、詰めが甘い。

    ところが、名倉が『ICレコーダー』を取り出して、縄文寺との際どい会話を再生。
    やっぱり、名倉がヒーローに変身したかぁ・・・。

    しかし、縄文寺はひるむことはありません。
    「私を怒らせたら、どうなるのか分かってるのですか」と凄んだ縄文寺が、絵に描いたような黒服の手下に「お客様を丁重にもてなしてくれますか」と指示。

    いやはや、縄文寺は昭和のギャング映画的なセリフ連発です。

    珠実と釜津田と名倉が、コンクリートブロックを縛り付けられて東京湾に沈められるはずもなく、武蔵警察署で釜津田の部下だった神岡刑事(阿南健治)らが絶妙のタイミングで現れ、縄文寺を逮捕。

    遺体を盗んで解剖しちゃった珠実と釜津田も逮捕。
    しかし、奥山の遺族が解剖承諾書をすでに用意していたということで、なんか事後承諾的に解剖の件は許されて珠実と釜津田釈放。

    珠実と釜津田が御咎めなしってのは、微妙に御都合主義的な気はするけど、『尖閣事件』の船長でさえ釈放されたんだから、何でもアリです。
    −◆−

    法医学教室で、珠実ら解剖に関わった面々が車椅子の武田教授に叱られています。
    【送料無料】死因不明社会

    【送料無料】死因不明社会
    価格:945円(税込、送料別)

    縄文寺の差し金で仕方なくやったこととはいえ、『死因ねつ造・隠滅』をやらかした武田教授がこの場にいることが不思議かも・・・。

    そして、またまた神岡刑事が絶妙のタイミングで現れて武田教授を死因改ざんにかかわった容疑で逮捕。
    武田教授が入院中にインスリンを大量投与された件とかは立件されるんだろうか・・・。
    −◆−

    名倉が釜津田を呼び出します。

    名倉は、小学生の時に父親が病で働けなくなって、更には母親が男と出奔したことを打ち明け、その体験のせいで「人の心を信じられない」「誰と出会っても、いつか自分から離れていくんじゃないかと思うと、誰にも心を開くことができなかった」「僕には鎧が必要だったんだ、医者というステイタスや教授という肩書が・・・怖いんだよ。自信がなかったんだ」と半泣きで話します。

    「僕ちゃん、キショイ男やなぁ」なんて酷いことは言わない釜津田は、「私が守るから・・・私が守るから・・・」と名倉を包み込むようん抱きしめちゃいます。

    釜津田は、名倉の告白にほだされて母性本能をくすぐられたかぁ・・・。

    で、場面は変わって、名倉がベッドで目覚めると、隣に釜津田・・・。
    名倉、”甘えんぼプレイ”とか・・・そんなアホな想像はイケません。

    突然、名倉のトラウマ的体験が飛び出して、この二人はメデタシ、メデタシってことなのね。
    −◆−

    家庭に問題を抱えていた珠実でしたが、康介君が20メートルをクリアし、一家で高広(市川亀治郎)の趣味の歌舞伎を鑑賞して、家庭円満。

    今週も、市川亀治郎による趣味の歌舞伎・・・・。
    いったい、これって、何なんでしょうねぇ・・・。

    そもそも、このドラマに珠実の家庭の問題は必要だったのか?????
    夫婦仲が良くなったり荒れたりする部分は、思いっきり余計だった気がします。

    −◆−

    遺体を盗むという不祥事を起こした釜津田は警務部厚生課から古巣の武蔵警察署に異動。
    処分が甘い気もするけど、ドラマだからこんなものかな・・・。

    珠実は国立上都大学を懲戒解雇。
    しかし、高広の海外研修に同行ののち帰国して、名倉教授が大学に呼び戻す。
    国立大学の割に柔軟な人事!?

    そして事件が起きて珠実と釜津田が現場に向かう・・・。
    珠実が「腐れ縁になりそう」と釜津田に呟いていたのだけど、セカンドシーズンでもやる気なのか???

    内容の割には、変に視聴率を稼いで、今期ドラマ中でもトップクラスだもの・・・・。
    え? 最終回は16%台って・・・・こりゃ、日テレさんがドラマの出来栄えに関して勘違いしても仕方ないわ・・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      [江角マキコ] ブログ村キーワード ドラマ ブルドクター 第11話・最終回 あらすじ 代議士・縄文寺(鹿賀丈史)の記者会見に先をこされて死因の隠ぺいねつ造は秘書・奥山(羽場裕一) ...
      • シーズンXX
      • 2011/09/18 12:04 PM
      ドラマ「ブルドクター」を見ました。 日テレにて 水曜10時にやってました 法医学から事件を解明していくミステリー 基本は1話完結 アメリカ帰りの 刑事とコンビなど ありがちな設定で・・・ とはいえ、そこに家族の問題が入っているのが特徴か 夫婦間や恋人同士の
      • 笑う学生の生活
      • 2011/09/17 9:02 AM
      「ブルドクター」最終話は武田教授が記者会見しようとしたところに代議士・縄文寺が記者会見をしたために完全に訴える手段を失った武田教授は逮捕され、秘書の奥山は自殺で発見さ ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/09/16 6:27 AM
       「面白く見せる」ことと「面白いものを作る」ことは、似ているようで全然違うと、叫びたくなりました。  番組サイトの見どころとして  愛、絆、憎しみ、裏切り、絶望etc・・・、人間が抱える深い業。 そんな、もの言わぬ死者が残した声無き想いを手掛かりに、謎と
      • 英の放電日記
      • 2011/09/15 9:43 PM
      7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター』(公式)の第11話・最終回『死因究明絶対不可能禁じられた暴走!私は諦めない』の感想。 最終回に主役が活躍しないとは! プールのシーンが唐突に始まった時点で、今週も脚本家の思いつきエピソードが始まった
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/09/15 5:37 PM
      「死因究明絶対不可能禁じられた暴走!私は諦めない」 代議士・縄文寺(鹿賀丈史)は記者会見で、関東医療センターで行われていた死因の隠ぺいねつ造は秘書・奥山(羽場裕一)と武田(小日向文世)が自分と関係なく行っていたと主張。まもなく奥山が遺体で発見される。
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/09/15 4:56 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten