「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」第7話〜多部未華子「私、ドMなのかなぁ」

0
    『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』第7話

    テンポが悪くて出来のよくない『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』ですが、今回は『決定的にダメな場面』がありました。
    −◆−

    病院から「勝手に退院した」東(北村有起哉)を、かいがいしく気遣う美咲(多部未華子)・・・。

    毎度申し上げますが、バツイチ、子持ち、中年刑事・東に思いを寄せる20歳代後半女子・門倉美咲の役に、多部ちゃんを起用したのは正解だと思わない・・・。

    あとの場面で、木原の新秩序論に東が感化されそうで心配して抱きついちゃうところとかも、良くなかった。

    なんか無理があるし、多部ちゃんの魅力を出せる役柄じゃない。

    妙な姫様を演じさせられてる上野樹里ちゃん同様、多部ちゃんも気の毒・・・。
    −◆−

    基子(黒木メイサ)のもとに木原(小市慢太郎)が現れ、ウザく感じた野獣女子・基子がパンチを繰り出す・・・。
    腹に一発くらった木原が「これでもね、学生時代はボクシング部・・・」云々と呟く・・・

    前述の場面での東と美咲の会話や、このシーンの基子と木原の会話など、原作に一言一句忠実・・・・。

    ここまで原作に忠実な場面がある一方で、真逆に原作から大きく外れる場面がある。
    代表的なのが、木原が廃墟での攻防を事細かに語り始め、雨宮が撃ち殺される前に「雨宮を身動きできなうにした奴がいる。それがジウだ」と基子に聞かせる場面。

    原作本では、雨宮とジウは廃墟であんな格闘をしてない・・・。

    でね、『決定的にダメな場面』と思ったのがこのシーンなんです。
    木原が、廃墟の攻防をあそこまで詳しく知ってるのはおかしいでしょ!!
    木原は、ジウが雨宮にダメージを与えていたことを知るはずがないでしょ。

    記者仲間のツテで入ってくるような情報じゃないもの・・・・。

    脚本が原作から外れて、大きなミスを犯しています。

    −◆−

    話しは前後しますが、東が取り調べしていた竹内(遠藤要)。
    彼からは、元自衛官という匂いがしない。
    「元・不良」には見えても、優秀な自衛官だったように見えない。

    例えば『SPEC 〜警視庁公安部公安第五課』で瀬文(軍人マニアの元SIT隊員)を演じた”加瀬亮”の背筋がピンとしてる感じみたいのが欲しいなぁ。


    で、いよいよ竹内が「新世界秩序」を語り始めて・・・。
    原作を考えると、もう、テレビ的にはこの先に進めないと思うんだけどなぁ・・・。

    「新世界秩序」にまつわる諸々の話はエグイもの・・・。

    本格的にエグイところに進む以前に、竹内が房内の便器に首を突っ込んで顎を引っかけて、自らの頸椎が折れるようにして自殺した場面は映像で表現できなかった。
    −◆−

    歌舞伎町でジウに繋がるヤクザの動きを監視する基子と木原。
    ビルの一室からビデオカメラを構えてる基子は、外から丸見えで目立ちすぎる気がしちゃった・・・。

    その後、必要な場所に盗聴器とかを仕込んだ後に”ラブホ”で待機する基子と木原。
    木原の話しぶりから「したいのか」と基子。
    木原は、ヤクザを取材してた時に抗争に巻き込まれて怪我をして下半身がダメになってる旨を語ります。

    原作では、ラブホじゃない張り込み場所で、基子から木原にのしかかって行って、やっちゃうんだけど、テレビじゃ無理やもんなぁ・・。
    黒木メイサの裸の背中が限界・・・。

    この程度のことからして、テレビじゃ無理なんだから、この先に進める気がしない。

    ちなみに、今週の黒木メイサは、タンクトップ姿で股をひらきながら筋トレに励んでいたのが、今回のメイサ露出サービス??
    −◆−

    とうとう、ジウと基子が対面、そして戦いに・・・。

    この先、どうやって『ジウ〜新世界秩序』の話を進めるんやろうか????

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.04.03 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      7/29からテレ朝で始まったドラマ『ジウ 警視庁特殊犯捜査係 』(公式)の第7話『お前がジウ…?姿を現したテロリスト最終決戦』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説は未読。 やっと… 観終われば、「やっと一歩前進」と言った感じ。まあ、長期停滞状態だっ
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/09/11 3:58 PM
      ジウは美咲&基子がジウに迫るも 美咲は取調べで新しい秩序だけど 基子は怪しい記者とジウ探しだが 基子VSジウなど良い所が多いけど 前回までが嘘の様な良い展
      • 別館ヒガシ日記
      • 2011/09/11 11:44 AM
      9月11日 ジウ&魔乳&FAIRY TAIL TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11013509519/3c332303
      • スポーツ瓦版
      • 2011/09/11 11:44 AM
      “新世界秩序”とは・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109100007/ ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫) posted with amazlet at 11.09.07 誉田 哲也 中央公論新社 売り上げラン
      • 日々“是”精進! ver.A
      • 2011/09/11 6:52 AM
      『姿を現したテロリスト!最終決戦』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/09/10 7:24 PM
       あれ・・・今回のジウはちょっと強そうだぞ。 相手がメイサちゃんだから?(。・Д・。) ジウ(L)と戦ってみたいという一心で木原に協力し、その木原を眠らせてまでジウと決着をつ ...
      • トリ猫家族
      • 2011/09/10 4:03 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten