「ブルドクター」第10話★市川亀治郎が趣味で歌舞伎 江角マキコは能面

0
    「ブルドクター」第10話

    関東医療センターに向かうために、釜津田(石原さとみ)が運転する警察車両に珠実(江角マキコ)が同乗・・・。
    まったく感覚的な話だけど、石原さとみが運転する車には乗りたくないなぁ。
    微妙に恐い気がする・・・。
    −◆−

    縄文寺の秘書・奥山(羽場裕一)によって点滴にインスリンを混入されて容体が急変した武田教授(小日向文世)は、珠実と夫婦げんかして病院に泊まり込んでいた高広(市川亀治郎)の処置により命を取り留めた。

    前回、長々と生々しく描かれた夫婦げんかが、武田教授を救う伏線になるとは、上手い仕掛けでしたねぇ。(とはいえ、”夫婦げんか”に時間を取りすぎだったとは思う)
    −◆−

    事情を聴くために美亜(志田未来)は八代(マギー)宅を訪ねたが彼は外出中で、妻・香奈(岩崎ひろみ)が対応。
    香奈は今は主婦だが、かつて美亜が腎臓移植をしたときの担当医。

    岩崎ひろみと志田未来ちゃんがテーブルをはさんで座ってるんだけど、未来ちゃん小さい!!
    『アリエッティ』の実写版みたいに、ちっちゃこい。

    で、話をしてるうちに、美亜の母が手術後の不整脈のせいで亡くなったのではなく、手術中に死んだことを知った美亜。

    コトの顛末は・・・・美亜の母から腎臓を摘出する手術で医療過誤(挿管ミス)が起きて母が死亡してしまって、担当医はその場でミスを認めて武田教授に謝罪したうえで、警察に届け出ると言ったんだけど、武田教授がこのまま手術を続けて美亜への腎臓移植を貫徹させたいと主張し、医療過誤は無かったことにして手術を進め、美亜への腎臓移植が無事に終了・・・・。

    警察に届け出るか、医療過誤を隠ぺいするかの”二択”になってたんだけど、そんな白か黒かみたいなことになっちゃうのかなぁ・・・。
    医療現場を知らない素人感覚からすると、第3の道があるような気がするんだけどなぁ・・・。

    で、この時の隠ぺい操作を知った国会議員・縄文寺(鹿賀丈史)が、武田教授の弱みに付け込んで『死因隠ぺい・ねつ造稼業』に誘い込んじゃったってことであります。
    −◆−

    こん睡から覚めた武田教授。
    厳しい病状だったと思っていたんだけど、現代医療の奇跡により意外と元気です。

    かたや美亜は「私のせいでお母さんが死んだ」「お父さんが苦しんできたのは私のせい」と自虐的になっちゃってる・・・。

    武田教授は「美亜を失うことに比べたら何でもない。法医学者として死因を隠ぺいしたことは許されることじゃない。でも、父親として、そうすること以外、考えられなかった。そのことを一度だって後悔したことはない。美亜がここに居てくれるから」

    しかし美亜は「お母さんがいないじゃない!! ここに、お母さんがいないじゃない!!」と絶叫。

    今回は、熱演の志田未来ちゃんが主役かと思うほどです。
    (江角マキコや石原さとみ、稲垣吾郎のドライな演技と、志田未来ちゃんの熱っぽい演技に微妙なギャップがあるわ。)

    しかし、『父親として、そうすること以外』って気持ちは分かるけど、これを口にしちゃうと、遠回しに「美亜のために悪さをした」と、恩着せがましく聞こえちゃいます。

    さらに武田教授は「絶対安全な手術なんて無い。危険を分かったうえでお母さんは手術を受けたんだ」と言って、美亜に得心させようとします。

    しかし美亜は「私のせいで死んだことに変わりはないでしょ」
    志田未来ちゃんの顔が大写しになったけど、お化粧が板について少し大人の顔になってきて、なかなか綺麗です。

    それはそれとして、『危険を分かったうえでお母さんは手術を受けた』と言われた美亜が「何だそうだったのかぁ」と得心するはずもなく、武田教授は我が子を慰めるのが下手です。
    あれじゃあ、余計に美亜が凹みます。
    武田教授は言葉遣いも物腰も優しげですけど、意外と言ってることは優しくないかも・・・。

    こっちの武田教授ではなく、『たかじんの委員会』で「東北の野菜と牛肉を食べたらどうなるの?」という子供からの質問に対して、「東北産のものは健康を害します・・・」として東北の野菜は出荷してはいけない旨を答えた武田教授は、感情論抜きに極端なことを言ったものだから一部から批判されてるけど、徹底して子供の健康に思いを寄せていて、心の芯には優しいものを持ってる気がします。
    −◆−

    ますます元気になってきた武田教授が自分の罪を公表したいと言い出します。

    これに珠実は「会見を行うなら、少しでも早い方が・・・」と低い声で返します。
    まるで”ダンジョー(宅麻伸)”みたいな口調です。(知ってる人しか知らない)
    −◆−

    法医学教室に八代がやってきて謝罪。
    成海(ブラザートム)らが温かく迎えて、名倉(稲垣吾郎)は「明日から解剖のローテーションに入れていいよね」
    八代「よろしくお願いします」

    なんて温かいひとたちでしょうか。
    脅されてやったとはいえ、武田教授に脅迫メールを送ったという不適切で、場合によっては刑法に触れるやもしれないことをしでかした八代を、ろくに病院組織内での事情聴取もせずに解剖のローテーション復帰させるって、なんと心の広い人たちでしょう・・・・。

    死因ねつ造事件が明らかになったら、八代は黒幕との関係について警察から事情聴取を受けることは必至なのに・・・。

    こういう現実社会とかい離した部分が、ドラマの質を貶めます。
    −◆−

    珠実と美亜が二人きりで話をしています。
    珠実「旦那と今までで一番大きな喧嘩してるんだ。家族だから素直な気持ち伝えられないことってあるよね。でも、ちゃんと伝えようと思ってる。家族だから」

    いよいよ「家族愛・家族の絆」パートに突入です。
    −◆−

    高広(市川亀治郎)が息子の康介(青木綾平)を迎えに祖母・瑞江(市毛良枝)宅へ・・・。
    康介を迎えに行ったってことは、家に帰る気やね。

    祖母宅には康介が『す直』と書いた”お習字”が・・・。
    さっき、珠実が美亜に語っていた言葉に中に有った「素直」が『家族愛パート』のキーワードってことですね。
    −◆−

    珠実が帰宅すると、電気がついてる。
    康介がテレビを見ていて、映ってるのは高広が趣味で歌舞伎をやってるDVD。

    歌舞伎役者・市川亀治郎の『趣味の歌舞伎』って、笑い所だった??
    そもそも、歌舞伎って趣味で出来るの??

    わっ! ググったら『歌舞伎教室』って本当にあるわ!!!
    −◆−

    お互いの言い分を口にして、仲直りする珠実と高広。
    両親の会話をこっそり聞いてた康介がニッコリ。(絵に描いたような展開)

    御機嫌が直った珠実は「何か今、愛されてる実感ってのかな・・・・」とグータンの恋愛話みたいなセリフ。

    家族に笑いが戻って、めでたし、めでたし。
    −◆−

    名倉が釜津田を呼び出して、「教授になれそうだ」と話してる。
    一方、釜津田は本庁の警務部厚生課係長に昇格・転属になる件を不満そうな表情で話す。

    名倉は「本庁が嫌なら、やめればいい。結婚しよと唐突で熱のないプロポーズ。
    しかし釜津田は「実感したいの、愛されてる実感・・・・」

    思いっきり、江角マキコのセリフから繋がってます。

    こういう作為的な手法もあるんでしょうけど、偶然、二か所で別の人間が同じフレーズを口にするなんてのは不自然(あるいは超自然的)なので小生は好みには合いません。

    で、名倉は釜津田が言ってることの意味を理解できず、釜津田は「サヨナラ」
    人の心が理解できないタイプの名倉は、菅前首相と似たところがあります。
    −◆−

    記者会見を開く準備をしてる武田教授に、美亜が「しっかりね」とニッコリ顔。
    父に対するわだかまりは、すっかり消え去った様子で「(父を)誇りに思ってるから」とまで言う美亜。

    「家族愛・家族の絆パート」は、珠実夫婦と武田父娘は丸く収まり、名倉と釜津田はお別れで、2勝1敗でした。
    −◆−

    武田教授の先手を打って縄文寺が記者会見し、「秘書の奥山と武田教授が二人で死因ねつ造・隠ぺいを行っていた」旨を発表。

    そして、武田教授を更迭した後に名倉を関東医療センター救命室室長にする旨を縄文寺が発表すると、名倉が会見場に登場・・・・。

    『陸山会事件』のように国会議員が秘書のせいにするのは凄く自然だけど、不祥事の謝罪会見で、名倉の現れ方は不自然極まりない。

    当の秘書・奥山は首を吊ってる・・・・。
    こりゃ、他殺やねぇ・・・。
    「真実は一つ」とコナン君ならズバリです。


    というわけで、死因究明の革新的なシステムを日本に取り入れることを目指して約2年間アメリカに国費留学していた珠実が、ブルドクターと呼ばれながら毎週怪しい案件と戦うという色合いがすっかり消えてしまい、「死因ねつ造業」にいそしむ国会議員・縄文寺(鹿賀丈史)を巡る物語になっちゃって、そこに取って付けたような「家族愛・家族の絆」が盛り込まれて、原形を見失いそうな感じであります。

    バランスが崩れたり穴が開いてたりするこのドラマで今季ドラマ中、トップレベルの視聴率が稼げるんだから、日テレさんは楽勝ですね。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「禁断のメス!移植手術の真相」 入院中の武田(小日向文世)の容体が急変。心配した珠実(江角マキコ)の連絡により高広(市川亀治郎)がいち早く気付き、事なきを得る。何者かが武田にインスリンを打ち、故意に不整脈を引き起こしたのが原因だった。 知佳(石原さと
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/09/09 4:41 PM
      入院中の武田(小日向文世)の容体が急変する。 何者かが武田にインシュリンを打ったことで、故意に不整脈が引き起こされたことが 原因だった。 父がなぜ、このような目に遭うのか理解出来ない美亜(志田未来)は珠実(江角マキコ) は、武田が遺体の死因究明に関す
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2011/09/09 4:20 PM
      「ブルドクター」第10話は武田教授が殺人未遂にあった事で、事件は次第に大きな局面を迎えていた。珠実は知佳と共に意識を取り戻した武田教授から全ての真実を話される。それは ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/09/09 6:27 AM
       いろいろ盛り上がったつもりの前回…… ……珠実(江角マキコ)と高広(市川亀治郎)の夫婦崩壊、知佳(石原さとみ)と名倉(稲垣吾郎)の破局、武田教授(小日向文世)の事件(死体検案書偽造、階段転落)、八代(マギー)の脅迫メール……  しかし、盛り込み過ぎと
      • 英の放電日記
      • 2011/09/08 7:15 PM
      7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター』(公式)の第10話『禁断のメス!移植手術の真相』の感想。 タイトルはブルドーザー。脚本はベルトコンベア! あまりにつまらなくて感想を書くのをやめようと思った今回。ホント、何を描きたいのか全くわからな
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/09/08 5:44 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten