「勇者ヨシヒコと魔王の城」第9話〜ムラサキ(木南晴夏)ふしぎな踊りで「地獄のディスコ」

0
    「勇者ヨシヒコと魔王の城」第9話

    『勇者ヨシヒコ』は面白いという思いが前提にあるから、多少クオリティが上がり下がりしても見続けちゃうのだけど、抱腹絶倒だった≪オシナ(渡辺直美)エピソード≫なんかとくらべると、やや下降気味・・・。

    今回も、面白い部分と、それほどじゃない部分が玉石混交で、全編、笑いっ放しと言うわけにはいかなかった・・・。

    とはいえ、全編すりっぱなしの前田敦子『イケ☆パラ』に比べたら、数段面白いし、芝居をしない前田敦子より、芝居が上手い木南晴夏が数段良い!!!
    −◆−

    大衆演劇キャラの盗賊G(橋本じゅん)は、これまでの盗賊の中では下位!!
    御大層な割にすぐに斬られちゃうという面白さはあるけど、この番組にしてはキャラが薄い方に入るんじゃないかなぁ・・・。(ビジュアルは濃いけど)

    AKBで例えるなら、”絶対音感”という得技はあるけど、「総選挙2011」では38位という松井咲子的な物足りなさ・・・。
    −◆−

    ヨシヒコ(山田孝之)にしか見えない子供妖精アタとフタが登場。
    こいつら可愛げが無い上に、魔法も使えずに人の前で変顔をして喜んでるだけ。
    「私たち、魔法使えない系の妖精なんで」
    「基本、ぶらんぶらしてるだけの妖精なんっす」
    「あんまり、妖精買いかぶらない方が良いっすよ」

    ん〜〜、「いまどきの若者・近頃の子供的」な妖精で、ある意味、昭和人間の小生をイラつかせる魔法を持ってる。


    今回手に入れることになってる『命の指輪』の手掛かりがある妖精の村に案内するという妖精アタとフタであるが、「歩きか〜〜〜」「突如、足だるいっす」「フェルビナク必須ぅ〜〜〜」と文句を垂れるので、ヨシヒコが肩車して村に向かう羽目に・・・。

    今回のエピソードのなかでは、このウザい妖精コンビのネタは面白い方だった。
    −◆−

    妖精の城の女神・ポロン(原史奈)から、”悪魔神官”の所に『命の指輪』と聞いて、出立するヨシヒコたち。
    行く手には”悪魔神官”によって人間と動物が合体させられたハイブリッドたちが待ち構えている。

    【 第一の刺客】
    人馬一体の「ケンタウロス男」(綾野剛)。
    ムラサキが「見るかに手ごわそうだな」と恐れ、ケンタウロス男自身もやる気満々なのだが、胴から後ろ足が張りボテで、動きが悪い!!
    ヨシヒコ達の動きが「なでしこジャパン」だとしたら、「ケンタウロス男」は、中1日で疲労が取れず身体が動かないオーストラリア代表チーム並みに動きが重い。

    【 第二の刺客】
    牛の角を頭に生やした「牛の角男」(加藤晴彦)と、牛の乳を授かった「牛の乳男」(岡田義徳)

    黒い集中線が入った静止画になって、「牛の角男」は、『誰も赤い服を着ていなかったため、燃えることが出来ずに撃沈。』
    「牛の乳男」は、『戦いのストレスで乳がでず撃沈。』と戦いの結果についてテロップが入る。

    静止画方式は、お手軽で効率がイイ。

    牛の乳男の岡田義徳って、堀北真希版『イケ♂パラ』で芦屋瑞稀の兄・芦屋静稀を演じた人かぁ・・・。
    加藤晴彦は、加藤晴彦だと気づかなかったぁ・・。

    【 第三の刺客】
    テングザルの大きな鼻を授かった「テングザル男」
    鼻が大きすぎて、声が聞き取りにくい。
    で、結局、静止画モードで『鼻以外は普通の人だったので撃沈。』とキャプションが入って次へと進む・・・。
    −◆−

    山のほこらに向かう途中、メレブ(ムロツヨシ)が新たな呪文を編み出したことを発表。
    その名も『チョウヒャド』

    これは敵全体に寒さを与えることが出来、カーディガンを羽織りたくなるほどの呪文なのだ!!

    さっそくムラサキ(木南晴夏)が「カーディガンを1枚羽織れば大丈夫なくらい?」と突っ込みを入れてくる。
    メレブは気にすることも無く「その通り」
    ムラサキ「それは、どうなの?」

    こういう何でもない会話を自然に出来る木南晴夏の存在は大きいなぁ。
    超美形な女優ってワケじゃ無いけど、なんか良い!!
    前田敦子にはできない演技です。

    で、お約束に従ってヨシヒコが呪文をかけてほしいと言い出して、メレブが「チョウヒャド!」
    ヨシヒコ「これは寒い!」
    メレブがヨシヒコを気遣って「何か羽織る?」
    ヨシヒコは力強く「我慢できます」

    ムラサキが「我慢できる程度の呪文って、どうなの?」と、当然のツッコミ。
    メレブ「寒い地域での戦いに有効です」

    ムラサキがバカにし続けると、メレブは「5回かけたら、厚手のトレーナーが着たくなる。10回では、ダウンジャケット。100回かけようもんなら、もう、シロクマなどにならない限りダメ」と呪文の威力を強調。

    いつも凄い毛皮を着て暑そうなダンジョー(宅麻伸)が「ちょっと暑くて堪らんからやってくれないか」と呪文を涼感グッズ扱いしちゃう・・・。

    涼しくなっても、顔は喋り方は暑苦しいままです。
    −◆−

    【 第四の刺客 】
    ラスカルっぽい頭を持つ「アライグマ男」(金子伸哉・・・彼は、第5話では仲本工事っぽい男ナカーモも演じてたじゃないの・・・。)

    「アライグマ男」は拳銃を持つ凶暴な男。
    (我が住まいがある地域では、アライグマが人を襲う事件が相次いだので、真面目に考えるとシャレにならないのだ。)
    しかし、その習性が祟って『アライグマ男、拳銃を2つとも洗ってしまったため撃沈』
    −◆−

    ヨシヒコたちが山のほこらに向かう道で、骨を発見。
    傍らにはリス一匹。
    まさか・・・・このリスが超・凶暴で、肉食らしい。

    ダンジョーに食いつき、ヨシヒコたちを次々と噛みついちゃう。
    これまでの刺客より、よほど怖い・・・。
    −◆−

    こんどは、ムラサキが新しい特技を発表。
    その名も「ふしぎな踊り」だ。
    頭にネクタイを巻いた酔っぱらいのオッサンを、突然ディスコに連れて行ったらウケ狙いでこんな踊りをするかもしれない。

    踊らされたメレブは地獄のディスコと表現・・・。

    ムラサキが変な踊りをすると、魔法使いから魔力を奪い取り、一緒に敵を踊らせてしまうのだから、恥ずかしい見た目とは裏腹に効果は大きい。
    −◆−

    ついに祠に辿り着いたヨシヒコたちは”悪魔神官”(無名塾・鎌倉太郎)と対面。
    「死神博士」や「地獄大使」くらいの”悪者オーラ”があるかと思いきや、なんてことない貧相なオッサンだ。

    「命の指輪を盗んだな?」
    ”悪魔神官”「盗むぅ? いやいやいや、盗んでないですよ。」「もともと私のですから。」

    口論が続いて、我慢の限界にきた”悪魔神官”が「いい加減にしないと、呪文かけますよ。」

    これに対してムラサキが必殺の『ふしぎな踊り』を発動し、魔力を奪う。
    さらに、ムラサキは特技『大きな目』を畳み掛けた。

    黒目は小さく、白目がデカい!!

    メレブも負けずに「チョヒャド!」と呪文をお見舞い。
    ”悪魔神官”「少し肌寒い…」
    メレブ、今度は「スイーツ!」

    ”悪魔神官”「ハチミツ、ジョッキで飲みたい!」
    どんだけ甘いもん欲しいんや!!

    変な呪文や特技を発動されて心身ともに混乱する”悪魔神官”を、ヨシヒコがバサッ!!!

    『命の指輪』ゲット。
    ダンジョーは戦士らしく、倒れている”悪魔神官”に「手強かったぞ」と声をかけてあげてる・・・。

    メレブの呪文でも役に立つときがあるんやねぇ・・・・個性や長所は伸ばさんとイカンなぁ。
    −◆−

    妖精の城に戻ったヨシヒコたちは、”悪魔神官”を倒したので約束通り『命の指輪』を貰い受けると女神・ポロンに報告。

    一度だけ指にはめたいというポロンの言葉に従い、『命の指輪』を嵌めてあげると、ポロンが「ウッフッフッフ〜〜〜」と典型的な魔女笑い。

    サッカー解説者(中西哲生)の嫁(原史奈)だと思って油断していたら、こいつは不老不死を求める悪魔だったのだ・・・。
    (森光子も『命の指輪』をしてるに違いない)

    お馴染みのアニメに切り替わって、巨大な悪魔と化したポロンと戦うヨシヒコ。
    悪魔ポロンが突然「痛い痛い痛い」と、コケて膝小僧から血が出た子供みたいなことを言い始めた。

    ポロン「指輪でっかくなんねェの?」
    身体だけ巨大化し、指輪は元のサイズなので、指がちぎれそうなのだ。
    (小生の結婚指輪も、お肉に埋もれかけですが、さすがにポロンみたいなレベルじゃない。)

    痛がって隙を見せまくりのポロンをヨシヒコが一刀両断して、めでたし、めでたし・・・。

    ってことは、本当は悪魔神官じゃなくてただの神官だったオッサンが気の毒ですねぇ。
    −◆−

    仏様(佐藤二朗)登場。
    「お告げ的なものを、言ってみるかな。」と、相変わらず軽いノリ!!
    猪木なのか誰なのかまったくつかみどころのない「しゃくれ物まね」で、「アマネの村に行けコノ野郎」とお告げを締めくくった仏。

    佐藤二朗、毎回イイ感じ。
    −◆−

    今週の妹・ヒサ(岡本あずさ)は、なぜか糟糠の妻っぽい純白の衣装に身を包み、従者から「奥様…」と呼ばれてる・・・。


    というわけで、妖精アタとフタ、ケンタウロス男、ムラサキの特技などが面白かった第9話でありました。





    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村




    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.06.06 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ハリボテ(あっ失礼)モンスターが出てこなかった今回・・・ 豪華なゲストは、「友情出演」。 なんせ 予算の少ない冒険活劇だから ・・・ってことで「勇者ヨシヒコと魔王の城」第9話。 久...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2011/09/08 3:13 AM
      第1話 国中が深い森に覆われていた、いにしえの時代。カボイの村では、謎の疫病によって村人たちが次々と命を落としていた。この疫病を治すことができる幻の薬草を求めて旅立った勇者テルヒコは、半年たっても戻る気配がない。 そこで今度は彼の息子でお人好しの青年ヨ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/09/06 4:32 PM
      必要な装備が全部揃った・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201109040001/ 勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX(5枚組)【初回限定生産版】 posted with amazlet at 11.09.03 東宝 (2011-11-25)
      • 日々“是”精進! ver.A
      • 2011/09/06 12:24 PM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten