「ブルドクター」第9話★事件より「夫婦げんか」とかに時間が割かれて・・・。

0
    「ブルドクター」第8話

    先週のサブタイトルには『教授の死!?』としてクエスチョンマークが入っていたから、死んだみたいに倒れていた武田教授(小日向文世)が生きていてもOKなんやねぇ・・・。

    で、今週のサブタイトル『暗黒病棟…もう誰も信じない』ってのも、なんか凄いセンス!?
    −◆−

    関東医療センターに運びこまれた武田教授の携帯に、脅迫めいたメールが残ってた。

    後日、八代(マギー)が、脅迫メールを送ったことを珠実(江角マキコ)や美亜(志田未来)らの面前で告白。
    「オレは言われた通りやっただけで・・・」と、誰かから金を貰ってことに及んだことを語るが、誰に命じられたのかは、脅かされているとして口をつぐむ・・・。

    で、釜津田(石原さとみ)にその件を連絡しても、上司の和泉刑事課長(池田成志)が取り合わないものだから、八代はホッタラカシ状態のままになって、番組終盤に八代がビルの屋上に現れて・・・。

    いくら刑事課長が対応しなくても、意識不明になった武田教授に脅迫メールを送っていたことを告白したんだから、上都大学側は正式ルートで警察に届けるのが普通だと思うなぁ・・・。

    せめて、大学が八代から事情聴取するやろ・・・。
    (こういうツッコミどころの多さが、このドラマの見所になってる)
    −◆−

    珠実が武田をお見舞いに・・・。
    ムスっとしてる娘の美亜は「ここに来るのは控えてください」とお見舞いにNG出し。
    脅迫メールに珠実の異動を求める内容があったことから、美亜は「大達先生さえいなければこんなことには! 帰ってください!!!」と叫ばんばかりの勢い・・・。

    志田未来ちゃんに、ここまで濃い演技をさせずともよさそうなものなのに・・・。
    −◆−

    せっかく志田未来ちゃんが熱い演技を見せたのに、なぜかここから「釜津田と名倉(稲垣吾郎)」「珠実と高広(市川亀治郎)」の話しが延々続いちゃう・・・。

    まずは釜津田と名倉。
    レストランで食事してたんだけど、名倉は釜津田の悩みに心を寄せず、この前は「好きならどんな時も僕だけを味方してくれよ」と言ってたのに、釜津田の味方になろうとしない。

    名倉が本気で愛してくれていないと感じた釜津田は「もう帰る」と席を立って去って行きました・・・。
    黙って座ったままの名倉。
    釜津田は、すぐに戻ってきて「何で追いかけてこないの!!」

    名倉の肩を持つ気はさらさらないけど、立って去っておいて『何で追いかけてこないの』って、難儀やわぁ・・・。
    −◆−

    次は珠実と高広。

    珠実が高広に携帯をかけても出ない。
    高広の勤務先「関東医療センター」に電話したら、病院の人が「大達先生はもう帰った」と・・・。

    そして、遅くに帰宅してきた高広が玄関で靴を脱いでるくらいのタイミングで珠実が「どこいってたの! 電話にも出ないで。仕事じゃなかったの!!」と、いきなり文句炸裂!!

    さらに「私が今どんな気持ちでいるか分かってるでしょ。少しでも早く帰ってきてほしいって分かるでしょ!! ちょっと聞いてる!!」と一方的にまくしたてる珠実。

    珠実は、脅迫事件のことや武田教授に託された封筒のことなどを高広に相談したりしたかったようだけど、普段から並はずれて芯が強い上に、人の言うことを容易には聞かないキツイ性格してる珠実だから、旦那も「早く帰って慰めたげなきゃ」とか思わんぞ・・・。
    帰宅した瞬間に文句言われるのは、かなわんぞ・・・。


    売り言葉に買い言葉で、高広も「ちゃんと分かってるのかよ、俺が今、どんな気持ちでいるのか」と言い返しちゃう。
    「オレはずっと、いろいろ我慢してきたんだよ」

    珠実は海外留学に反対だったのかと聞き返すんだけど、高広はむしろ「妻に理解のある夫でなくて済んで、仕事だけに没頭できた」などと、珠実の留学中は気兼ねしないで済む生活が出来ていた旨を話しちゃう。

    珠実「私にとって気の休まるこの家が、高広にとっては違ってた??」
    高広「俺だって、少しは気を休めたいよ!!!」

    さらに言いあった後、高広が「病院の方が気が休まる」とか言って出てっちゃった・・・。

    なんか、なまなましい夫婦喧嘩で、この部分についてはよく書き込まれてる・・・。
    このドラマ、夫婦関係がメインみたいな感じまでしてきます。

    余談ながら、珠実が夫を「高広」と名前で呼ぶと、同等の関係ではなく、珠実が上から目線で「高広」と呼び捨ててるように聞こえちゃいます。
    −◆−

    高広が出ていった直後に釜津田が泣きながら電話してきて、その後、珠実の家にやってくることになって、悩み相談になっちゃった。

    珠実も釜津田も、反省したり、これまでのことをふり返ってみたりして、男と女についてウダウダと長話し・・・・。

    名倉との関係について「結局、何だったんですかね」と釜津田が言うのだけど、今回延々と続いた「釜津田と名倉」「珠実と高広」エピソードって、何だったんですかねとこっちが聴きたいような・・・。
    −◆−

    『事件はどうなったんよ!?』と考え始めたら、ちょうど珠実が武田教授に託された封筒の話を釜津田に切り出して、封筒の中身をみることにした二人。
    (男女関係に悩む二人が事件を思い出してくれてヨカッタ。)

    封筒を開けると、鍵とUSBメモリが入ってた。
    USBメモリの中身をチェックしたら、武田教授が虚偽の死因を書いた案件に関する、本当の所見が記録されてた・・・。

    鍵を手掛かりにして、武田教授の研究室から、虚偽の死因を書かれた御遺体の血液サンプルを発見・・・。

    やっと事件が再び動き始めた。
    −◆−

    名倉は、代議士・縄文寺の秘書・奥山(羽場裕一)にスカウトされてる・・・。

    八代は屋上で自殺しようとしてる??

    武田教授のベッドわきに奥山が現れて、点滴に毒薬かなにかを注入・・・。

    というわけで、『事件』と『男女関係・夫婦関係』の二兎を追うこのドラマは、一兎をも得ずに終わる気がするわ。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「ブルドクター」第9話は武田教授が意識不明の重体で病院に運ばれた。病院では高広が執刀し手術は成功するも、意識不明の重体のままだった。美亜は武田教授の携帯から脅迫されて ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/09/02 6:03 AM
       毎回くどいようですが、要素を盛り込み過ぎで、今週はさらに、ぐだぐだになってしまいました。崩壊してしまったと言っても良い気がします。 ?夫婦喧嘩(崩壊)の理由って、それ?  夫婦喧嘩と言うより、一方的に高広(市川亀治郎)が切れてしまったのですが。  そ
      • 英の放電日記
      • 2011/09/02 12:18 AM
      7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター』(公式)の第9話『暗黒病棟…もう誰も信じない』の感想。 全体的に「今更」って感じ… 珠実(江角マキコ)と高広(市川亀治郎)の夫婦喧嘩も、知佳(石原さとみ)と名倉(稲垣吾郎)の失恋話も、前半の45分間は
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/09/01 5:03 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten