「それでも、生きてゆく」第8話〜大竹しのぶ壮絶演技が凄すぎる!

0
    それでも、生きてゆく 第8話

    視聴率は一桁でも、このドラマは凄い。
    俳優さんの演技力をここまで要求するドラマはそう多くないもの・・・。
    意欲とか気迫とか・・。
    日曜日の『演技放棄・男装女子』に大竹しのぶ満島ひかりの芝居を見せてあげたいわ。
    −◆−

    真岐(佐藤江梨子)が倒れていて、父・草間五郎(小野武彦)が頭の後ろを抱え上げようとしたら、血!!

    文哉(風間俊介)に会いに来ていた三崎駿輔(時任三郎)に、臼井紗歩(安藤サクラ)が「三崎文哉だよ。あいつ、またやった」と・・・。
    (臼井紗歩も金槌で殴られたと思ってたのに、真岐だけやったのかぁ・・・。)

    草間ファームから逃げて行った文哉は、交番をチラリと見つめたものの、スルーして去って行った。

    耕平(田中圭)とともに草間ファームに向かっていた洋貴(瑛太)は、運転しながら目にした自転車の男にピンときて、車から降りて走って追ったけど、途中ナイフを落としてしまい、拾ってる間に耕平が車で追いついてきて、耕平には「見間違いだった」

    そんなことには気づいていない文哉は歩道橋をあがって行ってる・・・。

    洋貴がナイフを落とさず、文哉に追いついていたら、刺したんだろうか??

    文哉と洋貴と真岐を搬送する救急車と駿輔が交錯し、面白い場面になってました。
    −◆−

    釣り船屋では、響子(大竹しのぶ)と双葉(満島ひかり)が洋貴たちからの連絡を待っていた。

    まだ事件を知らない響子じゃ「もう、そろそろ(草間ファームに)着いている頃かもね」
    双葉「もう、(洋貴たちが文哉と)会ってるかもしれない」

    双葉の携帯に公衆電話から着信。
    「もしもし 深見さん?」「お兄ちゃん・・・びっくりした。今どこ? 深見さんと一緒?」
    文哉「双葉は?」
    双葉「私は深見さんのお母さんと一緒にいる。いまどこ? 深見さんと一緒じゃないの? 今から会お…」
    文哉「会わん。」「お前が嫌だというから、こんなことになったんだ」
    母の生地で墓もある因島に行って一緒に住みたいと言ったのに、双葉が付いてこなかったことを恨みがましく言ってる文哉って・・・なんでこんなに双葉に甘えるのか!!

    双葉の電話が切れた直後、釣り船屋の電話に耕平から連絡が入って、真岐が襲われた事件を伝えた。
    −◆−

    また文哉が事件を起こしたことを知ることになった響子と双葉。

    しばらく時間がたって、響子が「お風呂湧いてるわよ」と口火を切って、亜季ちゃんが殺された日も、警察からの連絡を待ってる間に夫・達彦(柄本明)に「お風呂先に入ったら」と言ったのだが、警察からの連絡が入って、「結局そのままお風呂のことなんか頭に浮かばないようになった」ことを双葉に話します。

    そして響子は「あなたの家も、そうだった?」
    双葉がコクリと頷くと、響子は「みんな臭かったでしょ」
    また双葉がコクリ。

    響子「ご飯とお風呂は済ませられるうちに済ました方が良い。また、長い一日が始まるかもしれないんだから・・・」

    『お風呂』をキーワードに用いて、被害者家族の辛さ、加害者家族の苦悩が静かに伝わってくるセリフです。
    −◆−

    洋貴の兄弟と三崎駿輔(時任三郎)が、草間を気遣って真岐のための寝間着やシャンプーを買いに出てる。

    洋貴は「あの女の子、何歳くらいっすかねぇ。あんな小さいのに母親が居なくなったら・・・」と真岐の娘・悠里ちゃんを不憫に感じます・・・。
    三崎駿輔「まだ、亡くなったわけじゃ・・・」
    洋貴「医師の話じゃ、かなり難しいって・・・」
    駿輔「まだ、分かりません」
    洋貴「おやじが死ぬ前に言ってました。あいつは、またやるって。もっと早く見つけておけば・・・」

    文哉の父・駿輔には堪える言葉を口にし続けた洋貴。
    小生が駿輔の立場なら、あの場から、逃げ出したいと思うわ。きっと。

    とはいえ、息子のしでかしたことに責任を感じ、被害者や家族に申し訳なくて立ち去るわけにもいかないし、ホントに辛い立場ですねぇ・・・。
    −◆−

    洋貴からの電話を受けてる響子「力になってあげられることが有ったらお手伝いしなさい。何があっても、警察に任せて。分かった・・・」
    洋貴が自分の手で復讐しようと考えかねないと響子は感じてるから、「警察に任て」と言ったんでしょうねぇ・・・母親ですねぇ。

    そのあと双葉は「あっ、あの、私、会いに行ってきます」
    響子「誰に? 洋貴に? お父さん? お兄さん?」
    泣き腫らしながら双葉は「被害者の方に・・・」と言って、響子に深々と頭を下げ、釣り船屋を出て行きました。
    −◆−

    駿輔から事件を知らされた隆美(風吹ジュン)は、さすがにショックを受けた様子。
    灯里(福田麻由子)に「早く寝なさい。学校遅れるわよ」
    灯里は「学校行けるの。その人、もう目を覚まさないんでしょ」
    台所で洗い物をしながら隆美は「大丈夫。」「絶対、邪魔させない。灯里は、どこにでもいる普通の15歳の女の子として生きるの。誰が何を言おうが、母さん絶対守るから!!」と嗚咽。(風吹ジュン、熱演!)

    家族が犯罪者になって、娘が普通の15歳の女の子としての生活を失うことを痛切に心配する母心が沁みてきます。
    −◆−

    ショックで徐々に憔悴し始めていた駿輔(時任三郎)は、とうとう限界を超えたのか自動車が行きかう道路を夢遊病者のように彷徨し、轢かれそうになってる。
    駿輔を避けた車が蛇行、クラクションが鳴りまくる。危ない。

    洋貴が駿輔を抱きかかえるように道路脇に避難させる。
    無言でしゃがみこむ二人。

    ふいに駿輔が「このまま・・・、このまま・・・、このまま生きてて償えるんでしょうか? 償いきれるんでしょうか?」と嗚咽を漏らしながら「15年経っても、15年経っても償いきれないのに〜〜!!」と泣き崩れます。

    なんとも、悲痛な姿!!(時任三郎、熱演!)
    15年の歳月をもってしても、心に十字架を負い続けるとは・・・。

    今週の登場人物のセリフは、いちいち濃いです。
    −◆−

    バスから降りてベビーカーを開こうとする耕平の嫁・日垣由佳(村川絵梨)に文哉が声をかけてます。
    恐い!!

    そして、由佳とともに釣り船屋にやってきた文哉。
    由佳が響子に「耕平、来てます? お母さん一人ですか?」
    一人って文哉にばれたら、ヤバいんちゃうのん・・・。

    さりげなく奥の部屋に行った響子は、口を押さえハアハア言って慌てながら座り込んじゃってる。
    亜季ちゃんを殺した文哉だと気づいたんですね。

    なんかハラハラします。
    −◆−

    双葉が真岐が入院してる病院に到着し、駿輔のもとへ・・・。
    これに草間が気付いて、駿輔に「あんたの娘か? そうか、あんたの娘か。娘が居るんか。」と言って近づきざまに「返してくれ!! 俺の娘、返してくれ!!」と錯乱したように大声で繰り返します。

    ここまで冷静かつ気丈に振る舞っていた草間さんでしたが、感情が爆発しちゃいました。
    当然の反応です。

    このあと、洋貴が双葉に「遠山さんのせいじゃないよ」
    固い表情の双葉は「私のせいです」
    洋貴「いや・・・」

    双葉は、文哉が電話で「双葉のせいでまた人を殺した」と語ったことを洋貴に話し、もういちど「私のせいです」

    鼻の頭を赤くして涙をこらえてる双葉・・・満島ひかりの芝居に痺れちゃう。
    −◆−

    釣り船屋に場面が変わる。
    由佳の1歳の息子を文哉が抱く・・・恐い!!

    この子がオシッコしちゃって、由佳が奥でオシメを替えに行って、文哉と響子が二人きりに・・・。
    さして意味のない会話をいくつか交わしたのち、響子が意を決して「文哉君?」と質すと、文哉は「ハイ」
    「妹を迎えに来ました」

    そうかぁ、双葉を連れに来たのかぁ。響子とかに害を為そうとしてきたわけじゃないのね。

    響子「妹さんも洋貴と一緒よ。」「千葉の農家のお宅で事件があって、娘さんが襲われたんですって。こん睡状態らしいわ。可哀想に。お子さんもいるみたいなの。無念だったと思うわ。 そう思わない?」
    何気に挑発的な響子・・・。

    文哉「分かりません」
    響子「どうして分からない?」
    文哉「分かりません」
    響子「分からなくないでしょ」

    文哉はもう一度「分かりません」と言って響子の前から去ろうとする。

    しかし響子は「分からないはずないでしょ。あなたがやったんだから」と身体をつかんで振り向かせ、重ねて「あなたがやったんだから」と畳み掛けます。

    文哉「忘れました」
    感情を高ぶらせながら響子は「忘れたのなら、思い出しなさいよ!!」

    文哉は無表情に「無理です。病気なんです。そういう病気なんです。病気って自分ではどうしようもできないから。」

    病気に責任転嫁した文哉の頬に、響子が強烈なビンタ!!!
    息を荒くしながら響子は文哉の手を自分のお腹に持ってきて「ここよ。ここに亜季が居たの!! あたしのお腹に亜季が10か月居たの!!」
    腹を痛めた母親しか言えないセリフです。

    「その間に、母親が何を思うと思う? 一つだけよ。健康に産まれますように。健康に産まれますようにって! 毎日、毎日、10か月間、それだけ思うの!!!」
    文哉は必死の形相で響子から逃れようとしますが、響子は文哉を離しません。

    「亜季はね、女の子なのに、女の子なのに、生まれた時3360グラムもあって、大きくなるね。あなた大きくなるねって話しかけてたの」
    大竹しのぶの首筋に血管が浮き上がって、凄い剣幕!!

    「つかまり立ちできるようになって、台所の横の柱に背中つけて、背計って、刻んだキズ見ながら、わ〜、今年はこんなに伸びたね〜っ。ご飯いっぱい食べたからだね〜って笑ってたの」
    文哉がもがいても、もがいても、響子は離しません。

    「小学校行って、最初は大きいランドセルがだんだん小さく見えはじめて、亜季はきっと中学生になったら、お母さんの背こしちゃうんじゃないって言ってたの。言ってた頃にね、あなたに殺されたの!!

    左手で文哉の頬をちぎらんばかりに掴んで「分かるぅ! 分かるぅ!」「あなたが〜、殺したの!!」
    文哉はやはり必死で離れようとしますが、響子から逃れられません。

    「あなたが、中学生だったとしても、あなたが心を失ったんだとしても、私はあんたを許さない!!」

    文哉が「オワォ〜〜!!」と咆哮をあげて響子を突き飛ばします。
    獣のような声を出しながら、響子にのしかかって首を絞め始めました。

    響子は、ひるむどころかアドレナリン爆発で「殺しなさい。殺せるものなら殺しなさい。あたしは死なないから。あんたが死ぬまで、絶対に死なないから〜〜〜〜」

    もう、なんというか、『大竹しのぶ凄い!』としか言いようがない・・・・。
    なんて、凄いドラマなんでしょう!!

    文哉は叫び声をあげ、首を絞めるのをやめました。
    そして、唐突に囁きかけるように「亜季ちゃんはキレイだった。三日月湖に浮かぶ亜季ちゃんはキレイだった。それだけはよく覚えてるんです。だからオバサン、そんな落ち込まないで」

    響子はそばに有った木製の丸椅子をつかんで、文哉の頭をバシッ!!
    そして響子、号泣・・・。

    いやはや、人間性のカケラも感じられない文哉の「亜季ちゃんはキレイだった・・・」云々のセリフの底知れない冷血さが凄い。
    『だからオバサン、そんな落ち込まないで』には参る!!

    ”スティーブン・キング”もビックリの物語と化しています。
    −◆−

    千葉から車で帰途についた洋貴と双葉。

    窓の外を流れる風景を見つめながら双葉は「深見さん、、、、この前、言ってたじゃないですか。いつか心の底から『ヤッター』ってなれる日が来るんじゃないかって。 なかなか来ないですね。」
    独特の文章表現になってるセリフが良い。

    洋貴「ハイ」

    「来る感じ無いですね」と言った双葉は、車の窓にゴツンと頭を打ち付けて「死にたい・・・」

    洋貴は車を止め、「別に、別に死ぬのは結構ですけど、遠山さんが死んだら、俺も死ぬと思います。」
    双葉「何を言ってるんですか、私と深見さんは加害・・・」

    双葉に最後まで喋らせず、いきなり洋貴は「そういうの、どうでもいいだろ!! 死ぬとか言うなよ!!」と怒声を響かせました。

    いままで洋貴が見せなかった感情の発露。

    そして、普通のテンションに声を戻して「あんたにそんなこと言われたら、俺は、俺は・・・・」「できるものなら、ずっと遠くの誰も知らない、僕らのことを誰も知らない所に行きたい。二人で・・・・・」

    洋貴と双葉の会話って、在り来たりじゃないから好きです。

    ここで、次回へ続く・・・。


    いやぁ・・・今回は飛びきり凄かったなぁ・・・。
    ”大竹しのぶ”と文哉の場面は、超弩級の凄さでしたし、”満島ひかり”と”瑛太”、時任三郎、風吹ジュンらの見せ場もあったし・・・。

    作りこまれてる感じは、今期ドラマの中でもトップ級。
    暗くて重くて面倒くさいドラマだけど、イイ脚本とイイ役者さんが揃っています。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.02.23 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      公式サイト 先週よりさらに重くなりました。粗筋を書くのも辛いくらいです。ですので
      • 昼寝の時間
      • 2011/08/29 10:32 AM
      (゜-゜)ウーン 文哉の「病気だから…」発言を聞いて、ちょっとがっかりしてしまいましたわ。 そっちで片付けられてしまうと、もう何も言えませんもん。 こうなってしまったのは、双葉のせいだとか言ってみたり...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/08/27 11:36 PM
        突然の三崎文哉(雨宮健二)の訪問に驚く野本(深見)響子。最初は震えが止まらないほどだったのに、文哉の「亜季ちゃんはきれいだった…」のひとことで抑えていた感情が爆発 ...
      • 伊達でございます!
      • 2011/08/27 9:42 PM
      なんか重すぎて…見た後に眠れなくなっちゃった…って人多いんじゃないかな 暗い重い
      • しなもにあ 2
      • 2011/08/27 6:50 AM
      健二(文哉)を訪ねて草間ファームへ到着した俊輔。 文哉の姿は無く、草間の娘が、意識不明で健二の部屋で倒れていた。 すぐに救急車を呼ぶ俊輔。そこへ、紗歩が、また文哉がやったと言った。 車で、草間ファームに向かう洋貴は、途中で突然車を止めて走り出した。
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/08/27 12:04 AM
      ひさしぶりに見てみたら大変なことになっていたでござるよー! ホラードラマ(;´Д`) ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ どころではなく怖かったです。本当に。 ...
      • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
      • 2011/08/26 9:45 PM
      あんたの娘か? そうか・・・娘か。 娘がいるのか。 返してくれ!俺の娘、返してくれ! 娘、返してくれ!娘、返してくれよ! 娘、返せ! 草間は三崎に掴みかかった。 それまで、押えに抑え...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2011/08/26 8:53 PM
      『それぞれの覚悟…』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/08/26 7:12 PM
      もう〜〜ぶっ殺す!終盤でそんな感情が沸き起こった瞬間、響子が椅子でぶん殴った。文哉の異常な言動がやっぱり理解できない。そんな自分が怖いくせに捕まりたくはないのね。死ぬことは考えないのか出来ないのか…それでも、生きてゆきたいか。これが病気で許されるなん
      • 美容師は見た…
      • 2011/08/26 6:05 PM
      「それぞれの覚悟…」 深見洋貴(瑛太)と日垣(深見)耕平(田中圭)が、三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)が働いているという果樹園に向かっている頃、その果樹園で新たな事件が発生。草間五郎(小野武彦)が文哉に会いたいという三崎駿輔(時任三郎)を果樹園に連れて
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/08/26 5:18 PM
      「それでも、生きてゆく」第8回、なんという激しい、混乱した、緊迫感にあふれた展開なんだろう。 佐藤江梨子さんは重傷で、温厚だった小野武彦さんも、ついには我を失い怒りに駆られる。 みんなが風間...
      • 今日も何かあたらしいドラマ
      • 2011/08/26 4:59 PM
      凄過ぎ・・・( ̄△ ̄;)ボーー 内容もかなり衝撃的なモノでしたが、今回も大竹さんの体当たり演技に 思わず惹き込まれてしまいましたわー 身体を張っての文哉への告白もそうだけど、客と名乗った男の正体を知りつつ それでも平静を装ってたものの、自室に引っ込んだ
      • あるがまま・・・
      • 2011/08/26 3:44 PM
       文哉は人間の心を取り戻せるんだろうか・・・人間に戻ることができるんだろうか・・・ 彼がどんなきっかけでその心を失ってしまったのかわからないけど、それは取り戻せる類の ...
      • トリ猫家族
      • 2011/08/26 3:35 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten