DJ前田敦子の「花ざかりの君たちへ〜イケ☆パラ」第7話と「華和家の四姉妹」第7話

0
    「華和家の四姉妹」第7話と
    「イケメン☆パラダイス」第7話

    【 イケメン☆パラダイス 】

    3回目のジャンプを決めた佐野泉(中村蒼)
    大喜びしてる関目=山田親太朗が、何気にウザい。

    そして、佐野を見守っていた瑞稀(前田敦子)の見た目は、どうみても100%女子。
    もはや、男装をしてる気配が消えてる前田敦子!!

    で、佐野のハイジャンは、あれで解決したの??
    −◆−

    桜咲学園を去る決意をして寮を出て行った瑞稀は、難波伊緒(山本未來)の説得で、あっさり帰ってきた。
    中津(三浦翔平)は、「オレが守ってやれなかったからか」と、瑞稀に寮を出て行った理由を問いただします。
    瑞稀は「違うよ。みんなに迷惑ばっかりかけてるから〜〜〜」と釈明するんですが、もう男子口調に聞こえない。

    思いっきり前田敦子!!
    いつの間にか瑞稀が女子であることを佐野や中津に教えちゃったのかと思えるほど、男装芝居をスルーしています。

    時折「オレ」とか「おう」と返事するくらいで、余程注意していないと”男装”に見えません。
    −◆−

    「お久しぶりね、私の子ネコちゃんたち」と聖ブロッサム女学院の女子たちの前に現れた生徒会長・花屋敷ひばり(岩佐真悠子)。

    この前まで、堀北版『イケ♂パラ』の再放送を見ていた我が娘(小学校高学年)は「花屋敷ひばりや!」と喜んでる。
    こういうのが、文字通り”子供だまし”っていうんやね。
    とりあえず、うちの娘には有効なテコ入れ策でした。

    前回のWオスカーに続くテコ入れ策ですから、岩佐真悠子は低迷するドラマを立て直すべく責任重大・・・・。(オリジナルキャラの登場ごときでは、簡単に立て直せないよねぇ・・・)
    −◆−

    退寮騒動で佐野とギクシャクしてしまった瑞稀は、梅田(斉藤工)に「佐野はまだ俺のこと許してないみたいで、どうしたらいいんでしょう?」と悩みを打ち明ける。
    セリフ後半の「どうしたらいいんでしょう?」ってところが、甘え声で、引いちゃいます。

    斉藤工も、パッとしない役やなぁ・・・。
    −◆−

    『桜咲学園救済ダンスパーティー』で、女子パートに当てられて難儀している瑞稀だったけど、中津に「オレ、踊るよ。アリガト」と言ってニッコリ。
    首を小さく傾げたり、ニッコリ笑ったりする前田敦子は、アイドル業で沁みついた可愛い仕草を出しちゃっています。
    どうしても男装女子になれません。

    無表情なアンドロイドを演じた方が良い・・
    −◆−

    ダンパが、なんか貧相で楽しげだったり賑やかな雰囲気が漂ってこない。
    あれはクラシックか、現代音楽かの問題ではないと思うわ。

    で、佐野と踊る岸里樹理(柏木由紀)は、佐野が瑞稀ばかり気にしてるのが不愉快で、足を引っかけて人を躓かせてダンパを混乱させたりする。

    柏木由紀は、佐野の態度が気に食わないのではなく、「総選挙3位の私がこのドラマでは聖ブロッサム女学院の女王だったのに、なんで突然、花屋敷ひばり=岩佐真悠子にイイところを持って行かれちゃうの!!!」とムカついてる気がするなぁ。

    あと、似たようなポジションでは、『美男ですね』の”コジハル”の方が、柏木由紀よりインパクト(ムカつき度が高い)があります。
    −◆−

    【送料無料選択可!】学園天国 / フィンガー5

    【送料無料選択可!】学園天国 / フィンガー5
    価格:1,529円(税込、送料別)

    色々あってダンスパーティーが盛り下がってきて理事たちが立ち去りかけた時、DJ瑞稀がノリの良い『学園天国♪』をかけて「ヘ〜イ、ヘイ、ヘイ、ヘイ、ヘ〜イ、ヘイ♪」と盛り上げる。
    前田敦子の声が半端に低いキーで、小生はコケそうになるけど、桜咲学園、聖ブロッサム女学院の面々は元気復活!!

    だけど、やっぱり見た目に暗くて貧相なダンスパーティーであります。
    −◆−

    ダンスパーティーの最後の曲で踊った相手と運命の糸で結ばれるという伝説があるのに、佐野は最後の曲をスルー。

    で、瑞稀が部屋に帰ると、部屋にいた佐野は黙って音楽プレーヤーのイヤホンの片方を瑞稀に付けて、イヤホンの一方ずつを二人で共有しながらダンスを始める。

    瑞稀うっとりと踊り始める・・・。

    なかなか「恋バナ」としては良い場面であります。
    そもそもが、焼き直しの『イケメン☆パラダイス』にせずに、オリジナルの恋バナ・ドラマにすりゃあいいのに・・・・。


    【 華和家の四姉妹 】

    竹美ちゃん(観月ありさ)が自動車のショールームで魅力全開で促販。
    小さな子供が、竹美ちゃんの説明を聞いて鼻血をだし、お父さんが「見ちゃダメ」と手で子供の目をふさぐ・・・。

    ベタだけど、小さく笑えました。
    −◆−

    うめ (川島海荷) は、男とラブホに入っていく畑野ゆかり(鈴木ちなみ)を撮影した動画を見せて、ゆかりの浮気を吉安先輩(勝信) に告げ口。

    すると吉安から「卑怯だね。盗み撮りまでして。見損なったよ」と言われちゃう。
    賛成!!

    小生も、プライバシー侵害に当たる動画撮影は良いことじゃない気がします。
    あんなストーカー的な手口は良くない。

    お子ちゃまの川島海荷は、こんなことをしてはいけません。

    で、帰宅後うめは泣いていたようで、翌朝の食事の席で、竹美ちゃんから「昨夜泣いてたね」と見透かされちゃう。
    竹美ちゃんは、なんでもお見通しなのだ!!

    しかし、どうして真夏の朝食が”おでん”なのか・・・常識にとらわれない竹美ちゃんは凄い。
    −◆−

    桜子(貫地谷しほり)は、雷の夜の竹美ちゃんと正三郎 (加藤成亮)の抱擁を気にしてる。
    竹美ちゃんが上手く誤魔化したけど、そりゃ、気にするわ。

    とはいえ、桜子って重い女じゃわ。
    竹美ちゃんに「これから一生、竹美ちゃんの言うこと聞くから、お願い、正ちゃんだけは取らないで」なんて言ってるし・・・。

    一途で健気と言うべきなのか、ほとんどストーカーというべきか・・・。

    竹美ちゃんは桜子に「ここであきらめたら、一生ほかの女にも負けっぱなしだよ」とはっぱをかけてる。

    その後、竹美ちゃんはわざと正三郎に冷たい態度を示して「サイテーの女だな!」と言わせる。
    竹美ちゃん「今度来たら、警察呼ぶわよ」と悪態をつく。

    正三郎の気持ちを自分から離れるように仕向けた竹美ちゃんの男前な振る舞いが、切なくて、且つ、カッコいい!!
    −◆−

    正三郎にフラれた女が、チンピラに正三郎をボコるよう依頼したようで、路地でボッコボコにされています。
    そこに通りかかった桜子が、ゴミ箱のふたなどでチンピラに応戦して追い払います。
    怪我をして倒れてる正三郎に「死なないで」

    「死なないで」は少し大げさな気もするけど、この前の『ブルドクター』みたいに、あとで倒れて死んじゃうこともある。
    江角マキコに、しばかれるのは怖いので、心を込めて看病する桜子。

    結果的に命に係わるほどの怪我ではなかった正三郎だったけど、桜子は「正ちゃん、生きててくれただけで神様に感謝」などと恭しくお世話し続ける。

    正三郎は、心打たれて「桜子だけを大事にする」と抱き寄せた・・・。

    弱ってる時に優しくされると、ほだされちゃうんですよねぇ・・・。
    −◆−

    山根 (田中哲司) は、竹美ちゃんにも気があるし、秘書の森綾子(森脇英理子)のこともあるし、はっきりせん男でイライラさせます。
    子供たちは山根を求めてるのに・・・。

    で、秘書の森綾子(森脇英理子)が妊娠したと竹美ちゃんに告げに来て、森綾子から自分が生む子だけに愛情を注ぐよう言われたと・・・・。

    なんか、トホホな男です。
    森綾子の妊娠も本当かどうか・・・。



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2019.09.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      何じゃ、その言い分はっ!(○`ε´○)プンプン!! 再婚相手の綾子@森脇英理子が子供を身ごもったからって、何で山根@田中哲司が 竹美との間に出来た子供達に会っちゃいけないの!!! そんな自分さえ良ければって事をほざく女だなんてロクなもんじゃないぞ! 山
      • あるがまま・・・
      • 2011/08/23 1:30 PM
       ひばりさま祭りじゃーーーーー  ↑って、この出だし、先週のまさお祭りと同じだろはいそうです ・・・と自分でツッコんで自分で答える・・・ でも、なぜか先週ほどの盛り上がりがなーーーーい・・...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2011/08/22 11:43 PM
      「華和家の四姉妹」第7話は竹美が正三郎から交際を申し込まれたが、竹美はあっさり断る。それでもあきらめられない正三郎は給料が出た時も竹美にアタックするが再度断られる。一 ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/08/22 11:13 PM
      2回の跳躍に失敗した佐野。そんな親友にイラつく中津。 「いつまでもカッコつけてんじゃねえよ、バカ! ダサくたっていい!何でもいいから跳んでこいよ!」 うわ〜と、叫び出した佐野。 そうだよ。それそれ! と嬉しそうな中津。 目をつぶり、集中して助走に入った
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/08/22 8:36 PM
      「妹の恋人との一夜」 嵐の夜、母・幸子 (宮崎美子) を思い出し泣いている竹美 (観月ありさ) の前に正三郎 (加藤成亮) が現れ、竹美を抱きしめた。「竹美さんのことを守りたい」と告白するが、そこに桜子 (貫地谷しほり) がやってくる。すると、竹美は何事もなかったか
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/08/22 4:57 PM
      7/10からTBSで始まったドラマ『華和家の四姉妹 』(公式)の第7話『妹の恋人との一夜』の感想。 まとまっていると言えばまとまっている… 久し振りに観た印象は、意外とまとまっていると言えばまとまっているってこと。相変らず登場人物は多いし、その上それ
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/08/22 4:08 PM
      正三郎(加藤成亮)が竹美(観月ありさ)を抱き締める場面を目撃した桜子 (貫地谷しほり)は、不安を募らせる。 竹美に付き纏い続ける正三郎だが、厳しい言葉で拒絶される。 自暴自棄になった正三郎はトラブルを起こし、大怪我を負ってしまう。 一方、藤子(吉瀬美
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2011/08/22 3:41 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten