意外とプリン体は怖い「勇者ヨシヒコと魔王の城」第6話と「ピースボート」第7話

0
    「ピースボート -Piece Vote-」第7話と
    「勇者ヨシヒコと魔王の城」第6話

    【 勇者ヨシヒコと魔王の城 】

    今週のトップバッターは、世界で稀有な強力武器「銃」を持つ、クレイジーな盗賊E(古田新太)。
    銃を持つ相手では、ヨシヒコたち4人がかりでも倒すのは難しい・・・はずだった。
    しかし、超・恐妻家の盗賊Eの前にくだんの”アカン嫁”が現れ、赤ん坊の世話や家事を言いつける。

    さしものクレイジーな盗賊Eでも、左手に赤ん坊を抱っこしてはまともに戦えない。
    「家のことを済ませてから、また来たら」とヨシヒコたちがとりなすが、盗賊Eは赤ちゃん言葉で赤ん坊をあやしながらも戦う気満々。

    まんの悪いことにゴミ出しの日だったことから、『未来永劫ゴミ出し担当』の盗賊Eは、妻にゴミ袋まで持たされて両手がふさがる・・・。
    しかし戦意を失うことのない盗賊Eは「ゴミ捨てて、赤ん坊寝かせて、洗いもんして、掃除終わったら帰ってくるから、それまで待ってろや!!」

    優しいヨシヒコは「手伝ってきます」「お皿だけでも洗わせてください」

    今週の冒頭の盗賊場面は、なかなかの出来で可笑しかった。
    古田新太の盗賊Eで、充分おなかが膨れました。
    −◆−

    出現してることに気付いていない仏様(佐藤二朗)は、雲の上の仲間内で雑談してる様子。
    ムラサキ(木南晴夏)が「仏〜〜〜」
    メレブ(ムロツヨシ)「仏ぇ、出てるぞ」
    仏様「あれ? 出てる?」
    メレブ「徹夜あるあるの話くらいから出てた」
    仏様「マジで・・・」

    こんなお茶目な仏様の今回のお告げは、北の山の化け物を退治すること。
    −◆−

    本日2人目の敵は、イザマルの遣いで冷酷非道な盗賊F(音尾琢真)。

    見るからに冷酷そうな容姿の盗賊Fは、ムラサキを連れて行くと通告。
    盗賊Fが「お命頂戴!」とダンジョー(宅麻伸)に斬りかかってきた瞬間、盗賊Fはまだ柔らかいウンコを踏んでしまう。

    ムラサキ「靴の裏、ウンコべっちゃりじゃん!!」

    あわてたのか盗賊Fはもう片方の足でもウンコを踏んでしまい、「お前、両足ウンコじゃん。」と、心無い指摘を受ける有様・・・。

    ダンジョーが濃い芝居口調で「お前は今から、Wウンコマンだ!!」
    盗賊F「やめろ〜!!」と悲痛な叫び。
    ムラサキ「や〜い、や〜い、Wウンコマン!!」
    盗賊F「やめろ〜!!」

    子供が大好きな「ウンコ」と言うフレーズに、50歳を過ぎた小生もハマってしまい、ニヤニヤ・クスクスが止まらない〜〜〜。

    盗賊Fは、ムラサキたちをビビらせようとしたのか「我々はこの国で一番冷酷な盗賊として知られている。今まで、いくつもの村を焼け野原にしてきた・・・」などと述べ始めたがウンコのせいで説得力が無い。

    メレブは「かっこいいこと言ってるけど、両足、ウンコべったりだからね。」と盗賊Fのことを情け容赦なく笑っちゃう。

    挙句の果てにムラサキとメレブが「臭〜〜〜!!」

    ダンジョーがしぶく「よっし、両足ウンコマンよ、ウンコを洗って出直してこい。」「お前はウンコをつけて戦うような男じゃない!」

    横隔膜が反応してついつい吹き出しちゃう!!

    ダンジョーの重みのある説得が功を奏し、盗賊Fは「ウンコ洗って、出直すぞ。」と去って行った。

    メレブ「ちなみに、俺もチョット踏んでる。」と、わざわざ告白。
    ムラサキ「お前ぇが 臭せぇのかよ!」

    ああ、Wウンコマンがツボにはまってしまったぁ・・・。
    テコ入れのために『Wオスカー』という手を使った「イケメン☆パラダイス」よりも、『Wウンコマン』の方が可笑しかった〜〜〜。
    −◆−

    モンスターの>呪文にかかって、”混乱”したダンジョーに背中をざっくり斬られたヨシヒコは、ラムールの村の診療所で働く看護師・リエン(中村静香)の手厚い看護を受けていた。

    ヨシヒコに怪我を負わせたことに責任を感じたダンジョーは、ヨシヒコ不在の中、北の山の化け物を倒して”鬼神の兜”を手に入れると言い出し、メレブとムラサキも同行・・。

    そしてお約束のアニメになって、目が5つもある緑色の化け物との戦闘シーンに・・・。
    メレブは、『プリマズン』という恐ろしい呪文で、化け物の”プリン体”(MS・IME2010、プリン体くらい一発で変換しろよ!!)を徐々に増やし、「放っておくと、痛風になり、お前の指は風が当たっただけで・・・」と・・・。

    50歳代の小生は聞いただけで震え上がるような恐怖の呪文であるが、化け物には通じない!!
    −◆−

    いったん撤退したメレブたち。
    「”プリマズン”は効かなかったが、俺は新たな呪文を覚えた。」とメレブ。
    新たな呪文は『ナマガワー』

    この呪文は、着ている服を、梅雨どきに部屋干しした洗濯物を生乾きの状態で着たときの約1.6倍臭くするという恐怖の呪文!!

    もしかしたら、小生のTシャツなんかも『ナマガワー』をかけられてるのか!?
    (さすがの『ナマガワー』も、中学生の息子が、真夏にサッカーしてきたときのストッキングの匂いには勝てないぞ!!)

    新しい力を付けたのはメレブだけではなかった。
    ムラサキも「これやると、化け物の動きが一瞬止まるんだよね。」と新たな特技を発表。

    メレブに顔を向けたムラサキが目をむくと、メレブ「ちょっとヤダ。震えが止まらない!」
    なんと、『大きな目』という技でした。
    木南晴夏は、黒目が小さく、白目が大きいなぁ!!
    −◆−

    お花畑で、ヨシヒコと看護師・リエン(中村静香)。
    リエンがヨシヒコに「リエンは、ヨシヒコ様をお慕い申しております。」「ヨシヒコ様に、ぞっこんラブでございました。」と、しぶがき隊の『Zokkon命(LOVE)』を思い出させる告白。

    相思相愛の二人は、なぜかミュージカルモードに突入。
    「キミこそ、僕の天使〜♪」「愛していれば〜どこまでも〜〜と〜もに歩ける〜〜山越えて♪」と歌詞は大したことが無いが、ラブラブ・ルンルンで唄いあう二人であります。

    そして良い雰囲気になってヨシヒコが口づけしようとしたら、リエンが「ゴホ、ゴホ」
    リエンは、南の山に棲む魔法使いによって、男性とチューすると心臓が止まってしまう魔法をかけられていたことを告白。
    「私は一生、男性とチューできないのです。」

    このことでヨシヒコは、北の山の化け物より先に南の山の魔法使いを倒したいとダンジョーたちに申し出ます。

    ダンジョーたちが説得しても、ヨシヒコは超・真剣に「邪悪な魔法使いを倒さない限り、私はリエンとチューをすることができないんだ。」「私は、一刻も早くリエンとチューがしたいんだ!!」と言い張ります。

    ダンジョー「ヨシヒコ、魔王を倒すこととチューと、どっちが大事なんだ!」
    ヨシヒコ、あっさり「チューです。」
    さらに「もう魔王なんかどうでもいい。一生リエンとチューをしながら生きていきます!」と責任放棄宣言!!

    そしてヨシヒコは静かに話し始めます「この戦いの日々のなかでひとつ気がついたんです。私は巨乳が好きなんだと。」「魔王を倒すことでいっぱいだった私の心に、ふと 巨乳が舞い込んだ。」
    「魔王でいっぱいだった私の頭は、少しずつ 巨乳に侵食され、今では巨乳しかないと言っても過言ではない!」
    と、生涯巨乳好き宣言!!

    ムラサキが「こんな近くに女子がいるのに、なんで今更?」
    ヨシヒコ「お前ではダメだ!自覚してるだろう!」

    ムラサキは、見事に白目をむき、口も空いたままです。
    たしかにリエン=中村静香は、白衣越しにもこぼれ落ちそうな巨乳であるが、木南晴夏は白目をむくほどの貧乳ではないやろう!?

    で、ヨシヒコは「勇者が巨乳が好きで何が悪い!むしろ勇者だからこそ、巨乳が好きだと言っても過言ではない!!」と、思いっきり開き直り。
    『過言ではない』とか同じフレーズを切り返す言葉使いも可笑しい。

    ヨシヒコ「すいません。魔王より巨乳。そう決めたんです。」
    −◆−

    巨乳に対する凄い決意を見せていたヨシヒコですが、リエンから「先に化け物を倒してから、そのあとで、魔法使いを倒すことはできないのですか?」と至極まっとうな説得を受ける。

    「それは、できる!」と、ヨシヒコは、化け物退治の後で魔法使いを倒すことも可能だと気づいた・・・。

    リエンは「そしたら、チューだけじゃなく、その先も、ありや、なしや・・・。」と嬉しい発言。
    一気に元気が出たヨシヒコは「『ありや』でお願いしま〜〜〜す!」と駆け出して行った。

    なんと男とは単純な生き物か・・・。
    コメディではあるが、これが嘘のない男心でありますよ。
    −◆−

    北の山の化け物とダンジョーたちが戦ってる。(もちろん、アニメ)
    メレブの呪文『ナマガワー』は、化け物が服を着ていないので効果が無い。
    ムラサキは、ペチャパイ・ショックから立ち直れず戦力外。
    ダンジョー、孤軍奮闘するも、化け物に圧倒されようとしてる。

    危機一髪の大ピンチでようやくヨシヒコが現れた。
    「なにか持ってる勇者だと言われましたが、その何かがわかりました。それは仲間です!!」と斉藤キャプテンばりのコメントを口にしたヨシヒコは、一刀のもとに化け物を倒しちゃう。
    −◆−

    北の山の化け物との戦いを終え、南の魔法使いにチュ〜できない魔法も解除させたヨシヒコ。
    嬉々としてリエンのもとを訪れ、「ヨシヒコ様とチューできるのですね」と言うリエンにキスしかけた時、魔法が完全に解けちゃう・・・。

    なんと、巨乳女子リエンは、ハゲ頭でメガネをかけたオッサンに姿を変えた・・・。
    オッサンは「そうだ 俺は、巨乳の美女になったのに、男とキスできないという、苦しみの魔法に、かけられたんだ!」「やった〜、俺の体は、元に戻った。やった・・・!」と喜びながら去っていく・・・。

    チューも、チューの先も夢幻となったヨシヒコは、錯乱気味に伝説の剣を花畑で振り回し、思春期の子供みたいに叫んであります。
    お気の毒・・・。
    −◆−

    ガックリのヨシヒコらが村を去ろうとしたとき、仏が出現。
    ウルトラセブンのように仏ビームをヨシヒコに浴びせかけて、ヨシヒコの頭から、巨乳を抹消。

    何事もなかったようにリセットされたヨシヒコだが、ダンジョーに斬られた背中はうずく・・・。

    そんな兄・ヨシヒコを木陰から見つめていた妹・ヒサ(岡本あずさ)は、また変な男と付き合ってる??


    てなわけで、ドリフ・ネタの前回よりずっと面白かった第6話でした。


    【 ピースボート -Piece Vote- 】

    「『ピースボート』は、もう終わってる・・・」と前回書いたまま、今回も同じ感想。
    ただし、突然船の中に追加メンバーが現れて、この三浦という男・三浦が何とムロツヨシ。

    メレブとはタイプが違うんだけど(当たり前)、やはり口数が多い。

    で、雄山(陣内孝則)が三浦が加わった乗船者たちに、人間が不眠不休の状態で正常な精神を保てる限界とされる72時間ぶっ続けで討論しろと指令。
    討論の結果次第で、殺されちゃうというゲーム。
    最初の討論のテーマは「自分の給料に満足しているか?」

    この討論がつまらないから話にならない。
    秀(濱田岳)が優(藤原竜也)の遺産で生きていこうと思っているから就活も不要だとか「働かないで生活できるだけの金があっても、仕事をする意味はあるのか」とか話し始めちゃって、女子アナ・皆川(関めぐみ)の月給が200万円で、藤堂(金子ノブアキ)は22万円で、仕事の意味や労働対価や”自己実現”がどうだとか、ああだこうだと議論・・・。

    格差だったり自分探しだったり、カビが生えかけたネタで、面白くありません。(格差問題などは社会的にクリアされたわけじゃないけど、ポスト3.11の社会における話題性としては賞味期限が切れてる気がする)

    この乗船者たちのゲームを、SNS越しに多くの人間が観ていると雄山が明かしますが、これとて意外性も新鮮味も大したもんじゃないし・・・・。

    生煮えだし、青臭いし、ドラマ的に成功してません。
    新しいものを作り出したいのかもしれないけど、残念ながら既視感を覚えてしまうし・・・。

    遅ればせながら、そろそろ『ピースボート』から自主的に下船しよ・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2017.09.19 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      第1話 国中が深い森に覆われていた、いにしえの時代。カボイの村では、謎の疫病によって村人たちが次々と命を落としていた。この疫病を治すことができる幻の薬草を求めて旅立った勇者テルヒコは、半年たっても戻る気配がない。 そこで今度は彼の息子でお人好しの青年ヨ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/08/17 4:15 PM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten