それでも、生きてゆく 第6話〜満島ひかりは、無地の白Tシャツ

0
    それでも、生きてゆく 第6話

    双葉(満島ひかり)は祖母のいる介護アパートで文哉(風間俊介)に再会・・・。
    これは双葉の夢で、いつ醒めるかと思いながら見てたけど、現実でした。
    なんで文哉って、体温が無さそうな冷めた印象なんだろうか・・・。
    実体が無いような、不思議な存在。

    なのに、双葉は、そんなお兄ちゃんが大好きで「おにいちゃん、おかえり」

    その後海辺を散策する兄妹。
    父母の話や、双葉が好きだったリンゴ飴の話をするうちに、文哉は急に醒めた感じで「双葉、やっぱ、俺行くわ」
    「双葉も一緒に行く、連れてって!!」

    この時に双葉が「私も一緒に行く・・・」ではなく、まるで小さな子供のように「双葉も一緒に・・・」と自分を名前で呼んでる・・・。
    双葉は、事件が起きる以前の平和だったときに心理的退行を起こしてる??
    −◆−

    草間ファームの健二=文哉の部屋に、臼井紗歩(安藤サクラ)が入り込んで何やらゴソゴソ・・・。
    画材が入ったカバンの中から通帳とキャッシュカードを見つけて、持ち去った・・・。

    前回、健二=文哉にビビらされたのに懲りてない。
    この女、ただの泥棒なのか、それ以上の目的があるのか・・・。
    不快で、不気味で、意味不明な女です。

    後の場面では、オーナー草間五郎(小野武彦)のファイルから、健二=文哉の免許証のコピーを探し出していたし・・・怪しすぎる行動!!
    −◆−

    双葉が好きなゴリラを見に、文哉と一緒に動物園。
    バイトをしてるという双葉に、事件のせいで就職できないなど嫌な思いをしたのではないかと気遣いを見せた文哉。
    しかし双葉は「全然。全然ないない」と迷惑してないふりをする・・・。

    で、文哉が、母の生地で墓もある因島に住みたいと話はじめ、「双葉も一緒に来るか?」

    「妹を巻き込むなよ」と思っちゃう。
    −◆−

    洋貴(瑛太)の文哉探しを手助けしている藤村五月(倉科カナ)。

    一人で大丈夫だとする洋貴に、五月は洋貴と同じ境遇だから気持ちを理解できて悲しみを分け合えるとしたうえで「遠山さんは深見さんの悲しみを二倍にする人です」

    藤村五月は、スラスラと話せて、器用で、段取りが良くて、すごくまっとうなのに、なんか不愉快・・・。
    ベタに不愉快な女・臼井紗歩とは対照的なタイプだけど、藤村五月の性格には裏表がありそうで嫌い!!!
    −◆−

    男が運転する車で、ATMのあるコンビニにやってきた臼井紗歩。
    男に促されて、ATMに行った臼井紗歩は、しばらくするとコンビニ店員に取り押さえられていて、車に残っていた男は一人でその場から車を発進させて逃げてった・・・。

    あの男は、何者? 臼井紗歩を操る黒幕的存在??
    −◆−

    家出中の双葉はカラオケ屋で過ごしていて、洋貴を呼び出したんだけど、文哉と会っていた話になって、感情を乱した洋貴が「もともと立場違うし。僕とあなたは。そういう関係じゃないし。」と、藤村五月の言葉に影響されたようなフレーズを口にして、出て行こうとする。

    出口で縋り付く双葉に「お疲れっス」と言って去って行っちゃう。
    (ありゃ、洋貴はヒゲを綺麗に剃ったのね)

    今回は、洋貴と双葉の不思議な雰囲気の会話シーンが少なくて淋しいわ。

    ちなみにカラオケ屋にいた双葉は無地の白Tシャツだったから、「LITTLE BOY」Tシャツの前田敦子みたいに炎上することは無い。
    −◆−

    因島に向かうため待ち合わせていた文哉と双葉。
    なにか躊躇してる様子だった双葉は「会ってあげて。深見さん、妹さんのことで会いたがってるの」と口火を切ります。

    「もしかしたら、もしかしたらということがあっても私がお兄ちゃんを守るから、お願い」
    文哉「何で、何で双葉が洋貴のことを?」

    双葉「いっしょなの、私と深見さん、いっしょなんだよ。この15年間、立場は全然違うけど、似たような思いで生きてきたの。なのにさ、私だけお兄ちゃんに会ってズルいじゃん。だから深見さんに、お兄ちゃんが反省したとこ見せてあげて。」

    今回は、藤村五月と洋貴と双葉が口にした『立場』というフレーズが、一つのキーワードでしたかねぇ。

    で、文哉は「反省って?」
    双葉「深見亜季ちゃんのこと」
    文哉は「何で、兄ちゃんが反省するんだよ。何で、そんなこと言うんだよ。たった二人の兄妹なのに」と言って、双葉を残して立ち去ろうとします。

    双葉は文哉を追いながら「お兄ちゃんが亜季ちゃん殺したんでしょ!」
    文哉「亜季ちゃんは天国に行ったんだ。生まれてこない方が良かったからだ」

    どういう意味? なんで文哉は生まれてこない方が良かったなんて思ってるんだろう? 文哉の一方的、独りよがりな思いなの??

    双葉は語気を強めて「生まれてこない方が良かったワケないじゃない、お兄ちゃん!!!」と涙しながら追いすがります。
    「悲しんでる人たちが居るんだよ。15年間、毎日、毎日、悲しみ続けてる人たちが居るんだよ!!」

    文哉に振り払われても、双葉は言葉を続けます「悲しくて、悲しくて、泣きすぎて、涙も出なくなった人たちが居るんだよ」

    文哉は縋り付く双葉を突き飛ばし、一人車の運転席に乗り込みましたが、双葉は「何で!!」と車の扉に縋り付き、さらに「何で!!」「何で、お兄ちゃん!!」と車を蹴りつけますが、文哉は車を発進させて去って行きました。

    残された双葉は歩道の縁に座り込んで、地面を足底で踏みつけます。

    満島ひかりによる、今回のハイライトシーン(その1)でした。
    −◆−

    医療少年院で文哉の担当看護師だった東雪恵(酒井若菜)が働く弁当屋を見張りながら、勤務時間が終わるのを待つ洋貴と藤村五月。

    洋貴は「僕といて恥ずかしくないんすか?」「ホントに 、もう、いいんで。」と一人で東雪恵を待つ旨を告げますが、藤村五月は「妹さんのために、家族のためにって一生懸命頑張ってらっしゃる。そういう人の力になりたいんです。一生懸命、頑張ってる人の力になりたいんです。」と、怪しげな宗教の勧誘なみに歯の浮きそうなことを口にする。

    藤村五月が、凄く苦手やわぁ。

    で、瑛太による今週のハイライトシーン(その2)が始まります。

    洋貴「僕は、別に頑張ったことも無いですし、この歳まで父親に食わしてもらって・・・」「死にたいって思いながら、しょんべんして、クソして・・・あの山の中の家でずっとへばりついきたナメクジみたいな人間なんです。」
    「妹の復讐するとか言って、何もできなくて・・・復讐と言いながら、相変わらずグラビアとか見たり・・・復讐とか言いながら目ヤニ付けたま夜になって、また、しょんべんしてクソして、ナメクジみたいにベタベタ、ベタベタ、地べた這いずり回ってるんです。」

    なんともいえない洋貴の自虐的思考が沁みてきます・・・・。
    何も変えられず、何一つ達成できていない自分を蔑んでる・・・。

    藤村五月が何を言っても、洋貴の心を解き放つことは出来る気がしません。

    直後、仕事が終わった東雪恵と話をしようとした洋貴でしたが、東雪恵は洋貴たちの気を逸らせた隙に走って逃げだしました・・・。

    東雪恵は、どういう経緯を抱え込んでいるんでしょう??
    −◆−

    警察沙汰になった臼井紗歩を、草間オーナーが引き取ってきた様子。
    草間オーナーが「健二に謝れ」と臼井紗歩を叱っています。

    その場には真岐(佐藤江梨子)と5歳の娘・百合も居るのに、臼井紗歩は「人殺しの金取って、何が悪いのかな!!」と逆切れ・・・。
    さらに「中学の時、7歳の女の子殺してんの。少年Aなんです。」と文哉=健二の素性を真岐に説明しちゃう!!

    これを聞いた真岐は、文哉=健二に懐いていて抱っこされていた百合に「こっちおいで!」

    そんな様子を見て、臼井紗歩が笑っています。
    サイテーです。

    臼井紗歩は、どうして文哉の素性を知っていて、どういう背景があるんでしょうか・・・・。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2019.09.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      いや「悪い」よ。 殺人犯のお金だって、盗ったら駄目! 他人様の金を盗って当然の女にめちゃくちゃ腹が立つのですが、ここは女の思惑通り、窃盗問題より「幼女殺人犯」という言葉 ...
      • ドラマでポン
      • 2011/08/16 6:05 PM
      双葉(満島ひかり)は老人ホームにやってきた文哉(風間俊介)と再会します。 . 釣
      • 山吹色きなこ庵・きままにコラム
      • 2011/08/14 10:11 PM
      公式サイト 今週も濃くってまとめきれなかったので、バラっと書きます。 耳に残った
      • 昼寝の時間
      • 2011/08/13 7:50 PM
      双葉が、目覚めると、そこには、兄の文哉がいた。 双葉、とちゃんと呼んでくれた。ここに居るのが分っていたら、お祭りやってたから、双葉が大好きだったリンゴ飴を買って来てやればよかったなと言った。 洋貴の所へは、隆美が、双葉を捜して来た。響子がいるので、驚
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/08/13 2:44 PM
        双葉がずっと望んでいた、兄・文哉との再会。不意にその機会が訪れ、喜ぶ双葉。しかし、兄に事件のことを訊ねると、文哉の対応は予想外のものであっただけでなく、自分の前か ...
      • 伊達でございます!
      • 2011/08/12 9:19 PM
      『招かれざる客』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/08/12 7:30 PM
      双葉が帰ってこなくなり、三崎は夫婦で深見の元へ行った。 響子は何故か夫婦をもてなすようにバタバタ動いた。 じっと対峙している事は不可能に思えた。 深見さん、私たちは・・・。 私、もう深...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2011/08/12 7:27 PM
      「招かれざる客」 深見洋貴(瑛太)の母、野本(深見)響子(大竹しのぶ)は深見亜季(信太真妃)の死亡時の足跡をたどり、娘への思いを再確認。日垣(深見)耕平(田中圭)と一緒に住んでいた日垣家を出て三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)を探すため洋貴が暮らす釣り船
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/08/12 4:45 PM
       いやいやいや・・・ここまで嫌らしく壊れた女を演じることができる女優がいるでしょうか・・・ 思わず殺したくなるような破壊力・・・やっぱ安藤サクラはスゴイよ。 「この人の ...
      • トリ猫家族
      • 2011/08/12 4:39 PM
      もう何〜?こんなに憎たらしくて腹の立つ役どころを見るのは久しぶり。それだけ紗歩を演じる安藤サクラちゃんが見事だってことなんでしょうね。それとも、私が文哉に肩入れしすぎのせい?『ブザー・ビート』での相武紗季ちゃんもそうでもなく(再放送中で思い出す)、『
      • 美容師は見た…
      • 2011/08/12 4:05 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten