『ニュースにだまされるな』放射能汚染 なぜ拡大したのか

0
    8/6(土)CS朝日ニュースター『ニュースにだまされるな』
    〜放射能汚染 なぜ拡大したのか〜


    慶應大学・金子勝教授と作家・中村うさぎがキャスターを務めるCS番組『ニュースにだまされるな』で、ゲストの田中俊一氏(元日本原子力学会長)、児玉龍彦氏(東京大学先端科学技術研究センター教授)らの話が印象に残りました。
    −◆−

    低量放射線被爆の影響について、癌に目が集まりがちだが、チェルノブイリでは癌以外に、肝臓、膀胱などの機能障害が数多く見受けられている。
    疲れやすい、病気になりやすいなど、数量化できない症状が出ている。
    年間100ミリシーベルトで0.5%上がるとされる癌発生確率だけを目安にするだけでは充分とは言えない。
    低量放射線被爆のせいで癌まで行かなくても、身体に不調が出る例があることは発想にありませんでした。
    セシウムは膀胱に集まりやすく、膀胱炎を発症する例があることなど、新しい知見を得ました。

    過去の公害病でも、規制値があったのに考えられない病気が発症してしまった例を挙げられ、低量放射線被爆についても想定外のことが起きないとは言い切れないという意見にも、なるほどと納得しました。
    −◆−

    福島で除染実験などを行ってる田中俊一氏が「どう除染しても年間1ミリシーベルトは無理。」「現実には逃げられない」などとコメント・・・。

    放射性物質と折り合いを付けながら暮らさざるを得ない厳しい現実を突き付けられました。
    児玉龍彦氏は、幼稚園などの除染に行ったエピソードを話しておられましたが、線量計を下に向けていると数値が低かったのだが、上に向けると数値が高かった・・・つまりは屋根に放射性物質が溜まった状態。
    水が流れ落ちる滑り台の下も数値が高かったことなどもお話しされ、子供たちが遊ぶはずの環境でも放射性物質が濃縮される現実を知らされました。
    −◆−

    放射性物質の拡散予測システム「SPEEDI(スピーディ)」のデータを公開しなかったことについて、政府は事故により基礎的数値が観測できなかったために正確な予測ができず公開しなかったと言っているが、正確な数値観測は”実測”であって、SPEEDIが行うべき”予測”ではない。
    枝野官房長官ら政府側の釈明が、決定的に間違ってるとゲスト全員が喝破。
    予測して、防災のために使うべきだったSPEEDIデータが公開されないまま、線量が高かった飯館村などに避難した住民が無用の被爆をしたことに関する政府の責任が話題になり、官僚、政治家、専門家の意思疎通の問題や、原子力災害本部長である菅首相の責任の大きさに話が及びました。

    小生は、このことだけで菅首相の罪は重く、不作為による犯罪だとして行政府の長で原子力災害本部長でもある菅首相は刑事責任を負っているとずっと思っています。
    退陣すれば済む話じゃありません。
    −◆−

    司会の金子勝教授が、福島県の方などが「色んな専門家が色んなことを言うので、誰の言うことを番組で見た農業従事の方が、放射線対策に積極的な態度をとることについて「取り越し苦労だったら大正解じゃないですか」と述べられた考え方が正解だと思います。
    『年間100ミリシーベルト以下ならたぶん大丈夫だろう』として5年、10年、20年後に悔いるより、シビアに対応しておいて将来『取り越し苦労だった』と言えるのが一番ではないでしょうか。

    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村


    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten