NHKスペシャル「飯舘村〜人間と放射能の記録」寝室の線量が毎時8.6マイクロシーベルト

0
    7月23日OAのNHKスペシャル「飯舘村〜人間と放射能の記録」を観ました。

    田畑が放射性物質に侵され、農業できなくなった御婦人が「何も悪いことしてないのに、真面目にやってきたのに」と涙。
    同様に農業の男性も涙。

    子供を心配しながらも、年老いた父母を案じて避難しないと語るお母さんも涙。

    25年かけて交配を重ねて作り上げた母牛など、すべての牛を売り払うことになり、涙しながら牛を見送る男性・・・。

    涙、涙、涙、涙・・・・。
    何の罪もない方々が流す飯舘村住民の涙に胸が痛くなりました。
    −◆−

    4月6日に飯舘村長泥地区住民に「県の説明会」が開催され、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの高村昇・長崎大学教授が状況を話してました。

    高村昇氏は「雨で流され、台風で流される。土壌中の放射性物質が流されていく。」「今の量で、お子さんは大丈夫なのかという話ですよね。基本的に毎時10マイクロシーベルトを下回るようであれば、普通に子供たちが学校生活を送ったり、登下校されても問題ないと思います。いわゆる共生。共に生きることだと・・・・」などと話してる。

    共生って、どうなのよ!?
    放射性物質と共生??

    ちなみに、高村昇教授は、「福島市の現時点の空間放射線量で、健康上のリスクは全く考えられない」「放射能の検出報道に不安を感じるのは、やむをえないと思います。しかし、市民・国民の皆さんに、今回のことで健康リスクは全くありません。それは放射線量の違いです。今回の事故は、炉心が完全に爆発したチェルノブイリとは全く性格が異なり、測定された放射線量は胃の透視よりも低いレベルです。」などと語っっていて、『不安を払拭する立場』を鮮明にしており、いわゆる”御用学者”と呼ぶ方もおられる・・・。

    で、番組によると4月中の飯舘村の平均放射線量は毎時15マイクロシーベルトだったと・・・。
    −◆−

    『4月11日、住民は全村避難を報道で知った』
    例の計画的避難区域ってやつですね。

    報道で知ると言うのは、政府が住民らにきちんと説明する筋道を立てていなかったことの証左。
    (別の番組で聞きましたが、村長が、直前に福島市に呼び出されて、福山哲郎内閣官房副長官から通告があったそうです。)
    計画的避難と言うが、避難先のことやら、何もかも無計画で、ただ5月いっぱいで避難することだけが決まってる・・・。

    なんと無責任な!!

    国は、現地の放射線を測定しに来ても、当初は住民に数値を開示せず、数日の交渉ののちにようやく掲示板に測定値を掲示し始めたと言う話も紹介されました。

    一事が万事こういう具合で、住民に寄り添う政治は行われていなかったようです。
    −◆−

    5月11日。農家を対象に政府・東電などが説明会。
    酪農家の方が「いつ村に戻ってこられるのか」を質問しました。
    東電担当者は、ひたすら頭を下げながら「申し上げられません」

    これを聞いた酪農家の男性は「もうだめだ。やめっぺ。疲れちゃった」と呟き、廃業を決めました。
    そして冒頭に書いたように、25年かけて交配を重ねて作り上げた母牛「きよひめ」など、すべての牛を売り払うことに・・・。

    積み上げてきたものが失われちゃう・・・。
    −◆−

    飯舘村の長泥地区で区長をつとめる鴫原良友さんを、元原子力委員会委員長代理の田中俊一博士が訪ねてきました。
    除染実験を申し出てきたのです。

    まず、区長宅の線量調査。
    屋内では寝室が一番線量が高く、毎時8.6マイクロシーベルト!!
    家の外では雨どいの下みたいな場所が毎時44.2マイクロシーベルト!!

    田中俊一博士らは3日間かけて除染を行いましたが、線量は半分までしか下がらず、放射性物質を含むゴミがたくさん積み上がった・・・。

    田中俊一博士は、区長に「飯舘村だけで何百万トンの放射性廃棄物が出て、谷ひとつが埋まるくらいになる」として放射性廃棄物貯蔵所の必要性を説明しました。

    広い村だから場所を見つければ・・・と田中俊一博士は言いますが、区長はそう簡単ではない旨を口にされていました。

    飯舘村に住民が戻るために除染したら、何百万トンの放射性廃棄物が出るという話を聞いて、遠く関西に住まう小生なのに凹んでしまいました。
    −◆−

    6月。使っていない農地には早くも雑草が・・・。
    お年寄りは、次に帰ってきたころには荒れ地になってると・・・。


    以上、福島第1原発事故さえなければ味合わずに済んだ悲しみをいっぱい見てしまいました。





    ・「毎時10億ベクレル漏出」でもステップ1達成〜感覚麻痺
    ・7/5「ワイド!スクランブル」放射線と戦う福島住民の自主除染
    ・「NHKスペシャル〜広がる放射能汚染」気温30度で長袖、長ズボンの子供たち
    ・福島市の子ども 尿検査で微量の放射性物質検出 政府は放射線施策に注力せよ!!
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten