「JIN -仁-」完結編 最終回〜一途な咲さん(綾瀬はるか)に萌え尽きました。

0
    「JIN -仁-」最終回

    クオリティの低いドラマが多い中にあって、見事に完結編まで走り抜けた『JIN -仁-』奇跡のドラマだと思います。
    ダメドラ確率の高いTBSとは思えない出来栄えでした。

    『BOSS』でさえ2ndシーズンでは微妙に冴えを欠き、コミックを離れオリジナル脚本になった『ハガネの女2nd』では原作者とテレビ朝日が内容を巡ってトラブる有様なのに、高いクオリティを維持した『JIN -仁-』は大したものです。
    −◆−

    野風さん(中谷美紀)と咲(綾瀬はるか)が仁(大沢たかお)の身体を心配しながら会話していて、野風さんが先生に気持ちを伝えたのかと咲ちゃんに尋ねます。
    咲ちゃん「先生は持てるだけの医療技術を伝えようとしておられます。それだけで十分にございます」
    ああ、なんて健気というか、ある意味頑固な咲ちゃん!!
    『咲ちゃんは、最終回残り100分ほどで幸せになれるのかなぁ』と思いながら見ておりました。
    −◆−

    食事中、お茶碗を落とす仁先生。
    視野がボヤケた仁先生は咲ちゃんに「野風さん」と囁きかけます。

    女子の名を間違って呼びかけるという最高にマズい出来事で、普通の女子なら角が生えて修羅場になってもおかしくないのですが、奥ゆかしい咲ちゃんは、全く気に掛けません。

    仁先生は「癌のせいだと思うんですけど・・・」と屈託なさ気な顔を見せます。
    「野風さん」と呼ばれても怒らない咲ちゃんも「こんな時に無理にお笑いにならないでくださいませ」と仁先生の体調が心配で少し怒ってる。

    咲ちゃん「先生は助かりたくはないのでございますか」
    仁先生「そりゃ助かりたいですよ。でもできないことを考えて嘆くより、出来ることをやって笑っていたいって言うか・・」と笑顔。

    なかなかの名言で、見習うべき言葉でありますねぇ。

    とはいっても咲ちゃんは心配顔。
    仁先生は「そんな顔したって、何もよくならないですよ。咲さん」
    咲ちゃんは「ハイ」

    いやはや、薄暗い灯りしかない部屋で二人っきりだと言うのに、この二人は理性的!!!
    アメリカのドラマだったら、倉庫やコピー室に入って行ってすぐに服を脱ぎ始めるのに、仁先生は手も握らない。(松田聖子の「赤いスイートピー」の歌詞みたいな・・・)
    −◆−

    恭太郎(小出恵介)が徳川家に仕えていた旧政府軍による「彰義隊」とともに、官軍との戦いに参加する意向。
    龍馬(内野聖陽)暗殺に加担した責任を感じてる様子です。

    恭太郎の思いを知って止めようとする咲ちゃんに、母(麻生祐未)が「恭太郎は悩みぬいた上、この道を選んだのです」と意見します。

    咲ちゃんは「兄上は生きねばなりませぬ。尊いお方を死に追いやったからこそ傷つこうと泥にまみれようと這いつくばって生きねばなりませぬ」と口にして兄を止めに行こうとします。
    すっかり立派になった咲ちゃんですねぇ。

    御母上は「行かないでおくれ咲・・・後生です、行かないでおくれ、お前まで・・・」
    咲ちゃん「兄上を連れて戻ってまいります、必ず。その時はどうか門をくぐらせてくださいませ」と母に和解を乞いながら、兄を追って走り去っていきます。

    残された御母上は「恥をさらそうが、生きることこそ是。これからはそのような世が来るのでしょうか。私共が信じてきたことは間違いだったのでしょうか」と仁先生に語りかけながら縷々と涙・・・。

    ちなみに菅首相は「恥を晒そうが、総理に座にいることこそ是」だと思っていそうな・・・。

    仁先生は御母上に向かって「恭太郎さんは一つだけ大間違いをしていると思います。恭太郎さんの誇るべきことは・・・」って、セリフ途中で場面チェンジ。
    仁先生は何を言いたかったのかなぁ・・・。

    恭太郎さんの誇るべきことは幕府への忠心ではなく、橘家や母や妹を思う心って感じかなぁ・・・。

    ちなみに菅首相は「すべて大間違いをしていると思います。菅さんの誇るべきことは嘘をついてでもポストにしがみつく執念深さ・・・」
    (菅首相の話なんてすると『JIN-仁』が穢れちゃうわ)
    −◆−

    咲ちゃんは彰義隊と官軍が交戦中の上野山に到着し、恭太郎を見つけたとたんに流れ弾が左腕に着弾・・・。
    それでも気丈に、これまでは兄に甘えてばかりだったので「これからは恩返しがしとうございます。お戻りくださいませんか」

    恭太郎「もう生きる値打ちなど・・・」と投げやり状態。

    ここで佐分利(桐谷健太)が「死ぬんやったら南方先生に断ってからやろ!! 『助けてもろた命ですけど捨ててええです』かって。ちゃいますか!!!」と見事な上方訛りでガツンと注意!!

    佐分利の言葉などで気持ちが動いた恭太郎は怪我をした咲ちゃんを背負って戦線離脱し、近くに設けられた野戦治療所に向かいました。
    −◆−

    野戦治療所に運び込まれた咲ちゃんは仁先生たち医師らに「(手当は)自分でやります。せめて足手まといにはなりとうはありません」と言って傷を人に見せません。

    そのうち、傷口から緑色の膿・・・バルカン人ガメラなら緑の血が出るけど、人間の場合はヤバい。

    一方、野戦治療所で治療にあたってた仁先生は「オエ〜〜」とえずいて外に駈け出してく・・・。
    女性なら絶対に”つわり”やけど・・・・頭の中の胎児でつわり!?
    更に強烈な頭痛に襲われるが、なぜか「ここじゃ。頭の中じゃ」と龍馬の声が聞こえてくる。

    ありゃりゃ???

    今度は咲ちゃんはバタンと倒れて、仁先生が傷をチェックするとペニシリンが利かない緑膿菌感染が判明。
    −◆−

    敗血症ショックで死に至りかねない病状だと言うのに、咲ちゃんは相変わらず「私がしますから」とお世話してもらおうとしない。
    仁先生はそんな咲ちゃんに「それがダメなんですよ。ちゃんと休まないから免疫力が落ちて菌に負けちゃうんですよ」
    咲ちゃんごときに負けては母に叱られますね」・・・・じゃなくって「菌ごときに負けては母に叱られますね」

    屋敷の御母上は、見舞いを願う山田純庵医師(田口浩正)に「約束通り己の足で帰ってきなさい」と咲ちゃんに伝えてくれるよう依頼。
    自分が行ったら、咲はいよいよ死期が近づいたと思って気力を奪うことになるから見舞わないのだという母心!!
    −◆−

    眠ってる咲ちゃんの手を握り心配げな仁先生。
    咲の眼尻に涙が伝い、そして目覚めて「夢を見ておりました」と話し始めた”綾瀬はるか”に萌えるわ〜〜。

    仁先生が居なくなって未来に戻ったのだと思い「ああよかった」と思ったと夢の中身を話す咲ちゃん。
    仁先生「よかった?」
    「お戻りになれば、先生のは治せるじゃないですか」・・・また間違った「先生の癌は治せるじゃないですか」だった。
    菅も癌も同じようなものだけど・・・。
    (また菅首相に繋げちゃって『JIN-仁』を汚しちゃった)

    それにしても、一緒に居たい気持ちを抑えて仁先生の快癒を願う咲ちゃんは健気やわぁ!!
    これが一途な愛ってやつ?

    さらに咲ちゃんは「おとなしくしておりますから、どうぞ他の方の治療に・・・」
    女心に疎い仁先生も、ガバと咲ちゃんを抱きしめます。

    仁先生は「咲さんの寝顔を見ていたら彰義隊のみなさんのことを思い出したんです。」「あの人たちは、ただ切羽詰まってただけではなくて、意外に明るい気持ちもあったのかな、なんて・・・もし掛け替えのないものが無くなってしまうのなら一緒に無くなるのが一番幸せだって、そんな風にも思ってたのかな、なんて・・」

    ようやく抱きしめながらも遠回しな発言です。

    弱々しく「医者がそのようなことを言ってどうするのですか」と返す咲ちゃんは、控えめながら嬉しそうで、そっと自らも手を仁先生の背中に回します。
    −◆−

    ピカッとひらめいた仁先生。
    江戸の来ることになったとき、階段でコロンコロンと落とした薬ビンのことを思い出したのです。
    「あの時のホスミシン。もしかしたら、どこかに」「ちょっと待っててください。すぐ戻ってきます。絶対に治します。行ってきますね」

    咲ちゃん「はい」
    繋いでいた手と手が離れ、仁先生はホスミシンを探しに駆け出して行きます。

    ああ、手の離れ方が悲しいなぁ・・・今生の別れになる予感がします・・・。
    −◆−

    仁先生は皆の協力を仰いで橘家を家探し。
    恭太郎と初めて出会ったあたりまで捜索の範囲を広げても、ホスミシンの小瓶はなかなか見つかりません。

    すると龍馬の声が「咲さんを助けたければ戻るがじゃ。先生はどこから来たがじゃ」とアドバイスをくれました。
    龍馬の導きで錦糸の杜に向かう恭太郎と仁先生の前に極悪非道の菅軍・・・また間違った・・・官軍が現れて、仁先生がデコを斬られるも恭太郎が足止めする間に躓き転げつ這いつくばって「まっててください。絶対に治しますから」と森に中を進みます。

    その頃、野風さんは我が子を寝かしつけながら「どうかあの二人にも幸せを」「お二人の望みを遂げさせておくんなんし」

    病床の咲さんは右手を上に伸ばしてますが、力が出ない様子・・・。
    咲さん、何を思ってるの?? 大丈夫??

    胎児の目がパッと開いて龍馬の声がこれにかぶり「戻るぜよ。あん世界へ」
    仁先生、森の穴のようなところの縁で躓きながら現代へダイブ。
    −◆−

    現代に着地(?)後、仁先生はトワイライトゾーン的な海辺に・・・。
    そこには龍馬が居て「先生はいつか儂らのことを忘れるぜよ。けんど悲しまんでええ、わしらは先生とともにおるぜよ。見えんでも聞こえんでも先生と共に・・・」と言いながら、ずんずん海に入って行きます。

    全然関係ないのに『ウルトラセブン』の「ノンマルトの使者」というエピソードを思い出しちゃった。
    「ノンマルトの使者」みたいに不可思議な雰囲気が漂う「龍馬の海」が好きです。
    −◆−

    現代に戻って、最初と同じように腫瘍=胎児を摘出。
    秘かにホスミシンの小瓶を持ち出して1868年5月10日に戻ろうとしたのだけど、江戸から帰ってきた方の南方仁(A)と手術してくれた現代の南方仁(B)が、またもや非常階段で交錯するうちに、南方仁(B)が転げ落ちて消えちゃった・・・。

    やってしもた〜〜〜。
    江戸に帰りたかった南方仁(A)は現代に残留で「咲さんすみません。」
    消えちゃった南方仁(B)は、なんとも気の毒な・・・。
    −◆−

    療養中の仁先生は同僚の医師・野口(山本耕史)に、医者が江戸時代にタイムスリップする小説を書くと言って、これまで起きた出来事を検証させる。

    仁先生は、並行世界・パラレルワールドを次々とタイムスリップして、無限ループを続けてる。(鳩山−菅と2つの政権が続いただけでもドツボなのに、A-B-C-D-----と永遠にループが続くのはキッツいなぁ。)
    脳の胎児は双子の一方がもう一方に吸収された”バニシングツイン”。
    龍馬暗殺事件の際に龍馬の血を浴びたことで脳内胎児に龍馬が一体化した。(菅首相も龍馬の血の一滴でも浴びたらいい)

    ふむふむ、このSF考証はわりかしキチンとしてる。
    −◆−

    ここまでは得心した仁先生だけど「もう限界だ。確かめよう」として、図書館で歴史をあたり『咲ちゃんの”その後”』を調査。

    歴史に日本でも土俗的にペニシリンが開発されていたことが残っていて、仁友堂の存在も残ってる。
    だけど「仁先生と橘咲の名前が無い」

    仁先生は確たる当てもなく仁友堂があった場所にやってきます。
    そこには、なんと『橘医院』

    誰かが近づいてきて、てっきり”綾瀬はるか”にそっくりの咲ちゃんの子孫かと思ったら、野風・友永未来(中谷美紀)に生き写しの女性だった。

    仁先生は「御先祖に咲さんはおられましたか」
    女性は、明治維新後に橘医院を開業した”橘咲”の話を始めます」
    橘咲は、生死の境をさまよったものの、兄・恭太郎がガラス瓶に入った不思議な薬を林で拾い、これを一か八かで飲ませたら病気が治ったとの話も伝わってました。

    並行世界の過去の話なので正確にはあの咲さんとは別の咲さんですが、仁先生は消えてしまいホスミシンだけが届いたときは、どんな気持ちだったのかなぁ・・・。
    未来で仁先生の癌が治るからホッとしながらも、淋しい思いをしたろうなぁ・・・。

    「すぐ戻ってきます。絶対に治します。行ってきますね」と言って咲ちゃんの手を離した仁先生は、”絶対に治す”と言う約束は守ったけど、”すぐ戻ってきます”という約束は果たせなかったんだものねぇ・・・。
    −◆−

    恭太郎が龍馬の船中”九”策に記された保険の仕組みを構築するために奔走し、世界で一番医療費が少なくて済む社会になってる。

    で、咲ちゃんは誰とも結婚せず、知人から養女を迎えて今に至ったそうな・・・。
    養女の名は”安寿”ちゃん。
    野風さんの娘や・・・やっぱり野風さんは死んじゃったのね。
    そして、龍馬を愛した千葉佐那さんと同じように生涯独身を貫いたんやねぇ・・・。

    仁先生は「咲さんと野風さんが残してくれたこの奇跡」と現実を表現。

    橘医院を立ち去る仁先生に橘未来(中谷美紀)が「揚げ出し豆腐はお好きですか?」
    仁先生が頷くと、橘未来が「ずっとあなたを待ってた気がします」と言って青紫の袱紗に包まれた文を手渡します。
    (小生も揚げ出し豆腐が大好きで居酒屋でよく頼んだのだけど、未だに”綾瀬はるか”から手紙は届かない。)

    「○○先生へ」との書き出しで始まる手紙には、感染症治癒後に先生の名が思い出せなくなった上、仁友堂の他の先生方も誰も存在を知らないというが、たまたま屋敷10円玉を見つけた時に、「先生と呼ばれた御方が居た」ことを思い出した旨が記され、さらに『その御方は、揚げ出し豆腐がお好きで、涙もろく、神の手を持ちながらも、決して神などではなく、迷い、傷つき、心を砕かれ、ひたすら懸命に治療に当たられる、仁をお持ちでした。わたくしは、その御方にこの世で一番美しい夕日を頂きましたことを思い出しました。
    もう名も、お顔も思い出せぬその御方に恋をしておりました事を。
    なれど、きっとこのままでは、わたくしはいつか総てを忘れてしまう。
    なぜか耳に残っている「修正力」という言葉・・・わたくしは、この思い出を無き事にされてしまいそうな気がしました。ならばと筆をとった次第に御座います。
    ○○先生、改めてここに書き留めさせて頂きます。橘咲は、先生をお慕い申しておりました。』
    としたためられ”橘咲”との署名で結ばれていました。

    号泣の仁先生「私もです咲さん。私もお慕い申し上げておりました」

    こっちももらい泣き。
    名前も顔も思い出せない上に絶対に結ばれることにない恋が切なくて、切なくて、泣けました・・・。
    −◆−

    療養が明けた仁先生。
    病院に急患。
    脳に腫瘍のある”橘未来”という患者。
    自分が手術に当たると仁先生が申し出て、全巻の終り・・・・。

    橘未来さんの頭からまた胎児が出てきたら階段には行かない方がイイかな・・・。
    また新しい無限ループが始まっちゃう・・・。


    原作未読にて詳細は知らないけど、原作と違うオチだとか・・・。
    小生は、さしたる矛盾も感じることなく上手くまとまった気がします。
    なにしろパラレルワールドだから無限の可能性があるわけで、咲さんと仁先生が結ばれる結末もアリだろうし、こういう結末もアリだと思います。(本当は、咲さんにシンプルな幸せをつかんでほしかったけど)
    少なくとも「本当の完結は映画館で・・・」みたいなことが無くてヨカッタ。

    TBSが色気を出して、妙な続編を作ったりしなきゃOKです。

    『JIN-仁』は終わったけど『KAN-菅』が続いてるのが残念・・・。

    ■追記
    最終回の視聴率(ビデオリサーチ発表)、関東地区26.1%、関西地区は29.2%、名古屋地区は28.8%、北部九州地区は21.7%・・・凄い!

    我が関西では『マルモ』が”視聴率ベスト20”に見当たらないから、その分『JIN-仁』が高いんでしょうねぇ。
    芦田愛菜ちゃんは兵庫県出身なのに、関西の匂いがしないから好かれないのかなぁ?



    ◇◆◇ 「JIN -仁-」完結編 感想 ◇◆◇
    #10 #9 #8 #7 #6 #5 #4 #3 #2










    ・ふるさと納税〜総務省HP

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.08.05 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      現代に戻った仁が「小説を書きたい」って言ったときには “その後、この話はベストセラーになってサイン会を開くこととなり ついには映画化になりました…” なんて流れになったらどうしよう…と 一瞬、悪い想...
      • 塩ひとつまみ
      • 2011/07/02 2:25 PM
       実は、第4話(恵姫のこぶの治療の話)からしか見ていません。前シリーズは最終回の2、3回前の1話しか見ていません。なので、レビューを書くのは、おこがましいのですが……  面白かったです。1話1話見ごたえがあるのですが、面白いのであっという間に終わって
      • 英の放電日記
      • 2011/07/01 8:17 PM
      そう来たか!というわけで、 2度目の最終回まで見届けて満足です。現代の橘家に来てみたら、綾瀬はるかが……というなら仁先生も、涙にくれて見守るだけで声はかけなかったことで ...
      • ドラマでポン
      • 2011/06/29 4:24 PM
      帽子を被って公園のベンチに座っていた男は、謎の包帯男の方ではなく、今回江戸から戻って来た仁だったんですね〜。最初から揺るぎないラストは決まってたってことが分かる。「戻るぜよ。あん世界へ」はここへ来て繋がった〜。龍馬の声だったのも何でなのかはっきりした
      • 美容師は見た…
      • 2011/06/29 12:20 PM
      最終回の視聴率は、前回の21.1%より大幅に上がり、26.1%(関東地区)(関西では29.2%)という素晴らしい視聴率で、有終の美を飾りました♪これは、前シーズンの最高視聴率25.3%も上...
      • ショコラの日記帳
      • 2011/06/29 10:10 AM
      脳腫瘍の症状は悪化の一途をたどり、仁は自分の持てる知識を余すところなくこの時代の人に伝えようと、決意するが・・・。 あらすじはこちら からです。 とうとう最終回。 前回の予告でついに「タイムスリップ」の謎が明かされるとい
      • Yが来るまで待って・・・
      • 2011/06/28 10:43 PM
      最終回の感想はこちらで。↓ JIN〜仁〜 完結編 第11話 「完結〜時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」 http://aoimon.blog7.fc2.com/blog-entry-1831.html 視聴率良かった...
      • 青いblog
      • 2011/06/28 7:22 PM
       大政奉還が実現し、西郷率いる新政府軍が江戸に乗り込んでくる。そfれに納得いかない徳川家の家臣たちは、「彰義隊」を結成して上野に集結、新政府軍に戦いを挑む。兄の恭太郎が彰義隊に加わったことを知っ...
      • 闘争と逃走の道程
      • 2011/06/28 6:23 PM
      最終回は色んなモヤモヤが解決してスッキリ…。 仁のタイムスリップを、ホワイトボードで詳しく説明してくれた野口先生(山本耕史さん)には感謝(笑) 続編も作れそうな終わり方でしたが、余韻を残すぐらいが...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/06/28 6:20 PM
      いろいろな話題を集めた異色の時代劇SFドラマ「JIN−仁−」が最終回を迎えました
      • erabu
      • 2011/06/28 1:09 PM
      終わってしまった・・・放心・・・_| ̄|○ ガクッ 2時間があっちゅーま!途中、CMのたびに時間経過が気になって 永遠に終わらなければいいのにと思いつつ、最後の方はもう一心不乱に 内容に見入ってしまいましたわー。 咲さまを助ける為に、決死の思いで現代への
      • あるがまま・・・
      • 2011/06/28 11:59 AM
      6月28日 バブ&トリコ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10934477698/a8c5f2e3
      • スポーツ瓦版
      • 2011/06/28 11:53 AM
      6月24日 BLEACH&BOSS TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10930484242/d92abc0c
      • スポーツ瓦版
      • 2011/06/28 11:35 AM
        ううむ、よかったと思うけれど、何か引っ掛かる。すっきりしない。ドラマとしてのタイムスリップの辻褄合わせの部分が…。   並行する無数の時間の流れがあり(パラレルワー ...
      • 伊達でございます!
      • 2011/06/28 8:28 AM
      上野で流れ弾に当たった咲さん(綾瀬はるか)、緑膿菌に侵されて南方先生(大沢たかお)の治療も効果なく青色吐息。 目尻に伝うひと粒の涙に、咲さんがー、咲さんが死んじゃうと心配していたが・・・ エンディング
      • 名古屋人伝説。税理士バッキーの日記帳
      • 2011/06/28 8:26 AM
      完結〜時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末  「◎◎先生へ     先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。おかしな書き出しでございますこと、深くお詫び申し上げます。実は、感染症から一命を取りとめたあと、どうしても先生
      • だらだらぐーたらぐだぐだ日記
      • 2011/06/28 7:07 AM
      恭太郎を止めに行って傷つく咲。緑膿菌で命が危うくなっていく彼女を、仁は救うことはできるのか?想いが時を越え、また奇跡のタイムスリップが起こる…。私の中で間違いなく今期ナンバー1のJIN、ついに堂々の最終回ですよ〜。※録画視聴のため遅くなりました。今さら
      • fool's aspirin
      • 2011/06/28 3:41 AM
      優しくて残酷な未来・・・ 仁の口から、度々語られてきたこの結末。 一体、このドラマが、どういう方向に解決していくのか。 今日と言う日をずっと待っていた。 でも、同時に、今日と言う日にずっと来...
      • ドラマ@見取り八段・実0段
      • 2011/06/28 2:19 AM
      写真と手紙。 記憶と揚げ出し豆腐。 第11話(最終話)『完結〜時空の果て …150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末』ネタバレです。 『JIN―仁―』完全シナリオ&ドキュメントブック東京ニュース通信社 2011-06-29 by G-Tools ...
      • 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ
      • 2011/06/27 9:47 PM
      26日ドラマ「JIN -仁-」最終話は江戸無血開城後旧政府軍は反旗を翻す機会を伺っていた。そんな中仁は残された命を自ら得ている医療知識を伝える事に極力していた。そんな中上野で ...
      • オールマイティにコメンテート
      • 2011/06/27 9:02 PM
      ---私は思う------ 先生は 愛する未来さんを救う為に過去に行き・・  愛する咲さんを救う為に未来にきたのだと・・・(涙) 先生がいた世界とはちょっとだけ違う未来に  やっぱりちょっと違う未来...
      • shaberiba
      • 2011/06/27 8:52 PM
      完結〜時空の果て・・・150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末
      • 悠雅的生活
      • 2011/06/27 8:49 PM
      JIN、最終回でしたね。 いやーやまこーも2年以上ぶりの登場で、なつかし!と思いつつ。やまこーが幕末って言うたびドキドキ(違)。
      • 宴の痕
      • 2011/06/27 8:47 PM
      わしらはおるぜよ 見えんでも聞こえんでも いつの日も 先生と共に
      • バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)
      • 2011/06/27 8:40 PM
      JIN−仁− 完結編 最終話後編 DOG DAYS 最終話
      • 義風捫虱堂
      • 2011/06/27 8:34 PM
       『それでも、俺はもう忘れることはないだろう。この日の美しさを。 当たり前のこの世界は、誰もが戦い、もがき苦しみ、命を賭し、 勝ちとってきた無数の奇跡で編みあげられてい ...
      • トリ猫家族
      • 2011/06/27 8:12 PM
      俳優・大沢たかお主演の人気ドラマ『日曜劇場 JIN-仁-』(後9:00〜 TBS系)が26日に最終回を迎え平均視聴率26.1%、瞬間最高視聴率は31.7%を記録した(ビデオリサーチ・関東調べ)。 ...
      • 虎哲徒然日記
      • 2011/06/27 7:39 PM
      日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック JIN-仁- DVD-BOX あらすじ
      • 青いblog
      • 2011/06/27 7:33 PM
      『完結〜時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/06/27 7:27 PM
      「完結〜時空の果て…150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末」 西郷隆盛(藤本隆宏)を中心とする新政府軍が江戸へ上ったため、対する徳川家に仕えていた旧政府軍(旗本たち)は「彰義隊」を名乗って上野に集まり、反旗を翻す機会を伺っていた。 そ
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/06/27 7:20 PM
      しくしく(・_・、)・・・・もう来週から仁が見られないと思うと寂しい・・・ なんって素晴らしいドラマだったんでしょう!! 感動で胸がいっぱいになって、今朝も食パン食べながらふと思い出して涙ぐんで...
      • よくばりアンテナ
      • 2011/06/27 5:56 PM
      後半、現代に戻ってからの仁先生(大沢たかお)によって、序盤、散りばめられた謎も、じつにキレイにまとまりました。オミゴト! ある意味で、物語自体のクライマックスは前回の龍馬(内野聖陽)の死、みたいな気がしましたが、今回は、この壮大なタイムスリップ物語
      • のほほん便り
      • 2011/06/27 5:34 PM
      公式サイト 原作未読です。 セリフなど、メモりはしたのですが、まず印象的なセリフ
      • 昼寝の時間
      • 2011/06/27 5:21 PM
      最終回ぜよ! 
      • Akira's VOICE
      • 2011/06/27 5:07 PM
      江戸では、西郷隆盛(藤本隆宏)を中心とする新政府軍と、彰義隊を名乗る 旧政府軍の間で大きな争いが起ころうとしていた。 そんな折、残された時間に限りがあることを意識する仁(大沢たかお)は、 自分の医学知識のすべてを仁友堂の医師たちに伝えようとする。 一
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2011/06/27 4:57 PM
      終わってしまった・・・。切ない・・・。 謎は全て解けたんですけど、咲さんと幸せになって欲しいと思い始めていたので、かなり切ないです。咲さんは幸せだったんだろうか・・・。 しかし、パラレルワールドかぁー。まぁそうでないと、最初の手術シーンが矛盾するもんね
      • シフォンなキモチ
      • 2011/06/27 4:56 PM
      想いは、受け継がれて・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106260005/ 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック posted with amazlet at 11.06.23 ワニブックス 売り上げランキング:
      • 日々“是”精進! ver.A
      • 2011/06/27 3:48 PM
      昨夜はギリ2で間に合ったんですよリアル視聴に会合が終わったら「じゃ!!」とダッシュで帰宅いやぁ・・・・あっという間の2時間でしたあらすじは「JIN-仁-」公式サイトから西...
      • 徒然”腐”日記
      • 2011/06/27 3:17 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten