荻原魚雷氏の書評にカチ〜ン SFをバカにするな

0
    6月20日の読売新聞夕刊。書評欄に「ベストセラー怪読」というコラムがあって、フリーライターの荻原魚雷氏が『涼宮ハルヒの驚愕』について「ほめ過ぎだったらゴメン」という文章を寄せています。

    『涼宮ハルヒの驚愕』を褒めちぎる文脈の中にこういうフレーズが・・・。
    ハルヒシリーズの真骨頂は、SF、ファンタジーにありがちなご都合主義そのものを必然にしてしまう世界観を作ったことにある。
    これを読んで、約35年にわたってSF小説、ファンタジー小説を読んできた小生はカチンときた!!

    『SF、ファンタジーにありがちなご都合主義』とは失礼千万な!!
    SF小説、ファンタジー小説にご都合主義が横行してるという思い込みは的外れです。

    未だにそういう偏見が存在することに驚きます。

    ブラッドベリ、バラード、レム、ディックらSF作家による質の高い”本物のSF”に関しては『SF、ファンタジーにありがちなご都合主義』なんて言葉はまったくの的外れ!!

    今世紀の日本でも村上龍、村上春樹らがジャンルの境界を飛び越えてSF的な文学を産みだしてるというのに、どうして『SF、ファンタジーにありがちなご都合主義』などという”ありがちな偏見”を文章にするのか!!

    荻原魚雷氏にSF、ファンタジーをバカにする意図はないのだとは思うけど、文章の流れとしてフレーズの使い方が宜しくない。

    文筆家である荻原魚雷氏が『SF、ファンタジーにありがちなご都合主義』なんて書くことが残念です。


    ブログランキング・にほん	ブログ村へ
    JUGEMテーマ:読書



    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -


      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten