アスコーマーチ 第5話〜華麗な溶接テクニックにコロッと!?

0
    「アスコーマーチ」第5話

    いよいよ転入試験を10日後に控えた直(武井咲)。
    徹夜で勉強して眠気に襲われた直は、実習中に玉木(賀来賢人)の肩に頭を預けてスヤスヤ。
    「惚れてまうやろ〜〜」と流行っていないギャグが頭をよぎる。
    男子高校生が、あんな良い目にあったらその気になるよ。

    実習室のアングル棚が直に向かって倒れてきて、玉木が庇って怪我。
    直は突き指だけで済んだ。
    武井咲なら男は誰でも助けに飛んでいく。
    −◆−

    転入試験に向けてテンパってる直は、ついイライラしてエコカー製作作業にも集中できないせいでクラスメイトと言い争いになって、「何か、私ばかり損してる気がする」「こんなのやってられない」なんて悪態をついちゃう。
    竹内(永山絢斗)らが憤慨して「空気悪くなるから帰れ」「もう来ないでいい。リーダー外れて」とエコカー製作クラスリーダーの解任を通告。
    あちゃ〜〜、まるで菅首相みたい。
    「日本の空気が悪くなるからリーダー外れて」
    −◆−

    有人(松坂桃李)にお誘いを受けてウキウキの直ちゃんは、自室で洋服選びに余念がない。
    爺ちゃん(笹野高史)がやってきて「直にもアスコーの彼氏ができたかぁ」
    直が否定しても爺ちゃんはおかまいなしに「だから工業男子はお勧めだと言ったろう」「華麗な溶接テクニックにコロッとやられたなぁ」「それとも繊細な半田ごての手つきにコロッと・・」「エンジンを分解する背中に哀愁を感じたとか」
    直は「違う! 好きになったのは、そんな理由じゃないから」と思い人が居ることバレバレの返事・・・。
    爺ちゃんに勝つには修行が足りません。
    笹野高史の飄々とした感じが可笑しく、なかなか楽しい会話でした。
    −◆−

    有人と待ち合わせ先の店に行くと、テーブルにはオバサンと有人。
    ホストクラブで言い寄ってきた女性客らしくて、直が恋人だとして女性客のプロポーズにお断り。
    女性客は直の顔にコップの水をかけて去っていく。
    直ちゃん、えらい災難であります。

    帰ろうとする直に「行こ。せっかく可愛い格好して来てくれたんだから」と有人。
    女心をくすぐる口が上手い男やなぁ〜〜〜。

    この後、楽しく高校生デート。
    直が他校に転入することを有人が「残念だな」
    直「えっ」
    有人「吉野といれば、ここから飛んで行けそうな気がしたから・・」「また空を見たくなったんだ」
    なんとまあ、オシャレなセリフを吐く高校生だわ。
    ”ノンスタイル・井上”が同じセリフを口にしたらキショイと言われて終わりです。

    で、有人が直の頬にチュウして「また明日」

    この様子を柱の陰から長沼京子(松山メアリ)が見詰めてた・・・。
    −◆−

    ホストクラブで雑用をこなしている有人に長沼京子が「見てたんだ・・・今日一日ね、別れ際のキスまで・・・」と囁きかけてきた。
    こいつ女ストーカーや!!

    有人が手首にはめていた直とお揃いのミサンガブレスレットを引きちぎってライターで火をつける。
    キスしてきて、ソファに有人を押し倒す・・・。
    この女は肉食系と言うか、サイコ系と言うか、怖いわ。
    −◆−

    芸能スカウトだと言う男が校門前にいて、直に巧みに近づいて有人の住所を聞き出しちゃう。
    この男、実は有人の父・敏郎(原田龍二)
    有人と母・祥子(菊川怜)がアパートに帰宅すると、そこには敏郎が上がり込んでいて、また一緒に暮らそうとか言い出してる。
    DV男だったらしく、敏郎を見たとたんに母・祥子は精神崩壊状態。

    もみあいになり、階段を転げ落ちて行った敏郎は立ち去ったんだけど、またやって来そうな感じ。
    −◆−

    敏郎に住所を知らせたのが直だったと知った有人は「お前のそういう空気を読めないところ、いい加減ウザいから」「もう俺に絡んでくるな! 早くほかの学校にってくれ! お前のせいでオレの居場所がなくなったんだよ!」と憤慨。
    冷温停止まで首相の座に居座ると嬉しそうに語っていた菅首相も空気が読めないから「いい加減ウザい」「早くやめてくれ」

    菅首相はさておき、有人は父への怒りが感情を支配してるのかな??
    女ストーカー長沼京子のことでもイラついてる??
    −◆−

    チョットしたことからクラスメイトにも嫌われてると思い込んだ直が涙。
    そこに桃(剛力彩芽)がやってきて「クラスで浮きまくってるそうだね」「なかなか出来ないよう、クラスで最後の最後まで嫌われるなんて」「応援してるから早くいなくなって」
    可愛い顔してえぐいことを言う子です。
    −◆−

    直が教室に入っていくと机に段ボール箱があって「開けろ」と書いてある。
    中には、妙な器具などが入ってる。
    戸惑う直に玉木が転入試験応援グッズであることを告げる。

    突き指で鉛筆を持つのに不自由している直のために、前腕に付けるハーネスに筆記具を付けることが出来るマシンや、広瀬(石田卓也)の思いの詰まったオルゴール。
    それぞれに「頑張れ吉野」「ファイト吉野」と記されてる。
    他にも、マウスピースから突き出た棒に消しゴムが付いていて、口にくわえると怪我をしてる手を使わずに文字を消せるマシン(?)やら、クラスのオタク軍団手製による歴女キャラ「レキ子」が主人公の歴史参考書・・・などなど。

    彼らが直をリーダーから外したのも、転入試験の勉強に集中させるためだった。

    直、感激。
    −◆−

    転入試験の面接。
    アスコーをやめたい理由を問われて「私にとって最悪の学校でした」と切り出したものの、応援してくれたクラスメイトを思ってだんだん涙があふれ始めちゃう。
    「アスコーのこと嫌いになれていたのに、どうしてこんな気持ちにさせれなきゃいけないんでしょうかねぇ」

    面接室から出た直に、面接官の先生が「良い学校なんですねぇ、明日香工業高校は」と声をかける。
    直「まあ・・」

    なんか良い感じの場面でしたよ。
    −◆−

    アスコーに帰って「御免、面接失敗しちゃった」と直。
    頑張ったことを褒める玉木。
    広瀬(石田卓也)は一言「お疲れさん」
    石田、カッコいいではないか!!

    そこに爺ちゃんから電話が入って「合格おめでとう」
    そして「第1章完結へ」と告知が出た。

    第2章に続くってことかな?

    ベタだけど、男子は可愛げがあるし、武井咲はチャーミングだし、全体に面白いから継続は歓迎であります。
    (小生が、武井咲に鼻の下を伸ばしてるだけかぁ)






    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般



    スポンサーサイト

    • 2020.09.30 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      アスコーマーチ! 日曜 23:00 テレビ朝日 2011年4月24日〜  【キャスト】 武井咲 松坂桃李 賀来賢人 松山メアリ 金井勇太 神保悟志 白石美帆 笹野高史 勝村政信 菊川怜(特別出演) ほか 【スタッフ】 原作:アキヤマ香『アスコーマーチ〜
      • ドラマQ
      • 2011/06/07 12:06 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten