海水注入は止まっていなかった〜不自然なオチ!?

0
    菅首相が、海水注入による再臨界の可能性を「詰めろ!!!」と爆発して、冷やすべき原子炉への海水注入が止まったとされる事件について新情報。

    5月26日、東京電力・武藤副社長が「注入中断はなく、継続していた」ことが、24日から25日にかけての社内のヒアリングで判明したと発表。

    5月21日に政府・東電統合対策室が公表していた『3月12日の午後7時4分に開始された海水注入が同7時25分に中断され、55分の空白を経て同8時20分に再臨界を防ぐホウ酸を混ぜたうえで海水注水を再開』というシナリオを訂正し、『福島第一原発の吉田昌郎所長が、事態の悪化を阻止するためには注水継続が必要と判断し、中断を見送っていた』というシナリオに変更・・・。

    まだ一報を目にしただけなので詳しいことが分かりませんが、なんとまあ不自然な・・・。
    (今回「注入停止」が「停止は無かった」に変わったことは、班目委員長の発言が「再臨界の危険性がある」から話し合いの結果「再臨界の可能性はゼロではない」に訂正されたのと、本質的に似てる。)

    5月21日の朝刊に『海水注入停止事件』が報じられて、国会でもこの件が質疑されたというのに、どうして今になって”注入中断”は無かったコトになるの??

    『海水注入停止事件』が大騒ぎになったんだから、東電の”社内ヒアリング”なんかを経ずとも”注入停止”が事実と違うなら「違う」と誰かが言うでしょ。

    物的証拠や状況証拠が集まり始めて、菅首相の言動により海水注入が止まったことが確実になり始めてから無かったことになるのは不自然すぎません???

    東電は「賠償スキーム・救済スキーム」の問題があって、政府の機嫌を損ねることが出来ないから、政府に都合のいい形の”オチ”を作文したんじゃないの??
    −◆−

    しかし、よく考えると『吉田所長が、注水継続が必要と判断し、中断を見送っていた』ってことは、中断指示はあったってことですね。
    少なくとも、官邸が海水注入に二の足を踏んでいることが福島第1原発に伝わってた・・・。

    つまりは「中断指示が有ったけど海水注入は続いたから事故拡大にはつながらなかった」ということにしたいのかな??
    事故拡大にならなかったんだから、誰にも責任が無いってこと???

    仮に、菅首相の指示で原子炉の状況が深刻化したとしたら、賠償スキームにおける政府と東電の責任割合が変わってくるから、「注水停止は無かったことにしちゃおう」などと政府が考えたんじゃないかなぁ・・・。
    −◆−

    東電では、海水注入の中断を見送った吉田所長の処分が検討されるそうです。
    正しいことをして処分されるなんて、あってはならない!!!
    そんなことしたら日本から正義が失われます。

    海水注入に”いちゃもん”を付けた菅首相こそ処分されるべきです。

    事故当初、風向きを知らせずに原発周辺の住民を避難させたために、放射線量が強い北西に避難した人々が浴びずに済んだ放射線を浴びたんですから、菅首相は≪業務上過失傷害罪≫で刑務所行きですよ!!!
    子供に年間20ミリシーベルトまで被爆させる冷たい基準を頑として譲らない枝野官房長官ら閣僚たちも刑務所に入るべき!!!(ちなみに枝野官房長官は「事実関係を正確に報告してもらわないとわれわれも対応に苦慮する」と被害者面・・・。)

    信念の人・吉田所長が処分され、国民の健康を害した菅首相がのうのうと権力の座に座り続けるなんてことは許してはいけません!!!!
    −◆−

    原子力安全委・班目委員長は26日、「中断がなかったのなら、私はいったい何だったのか」などと愚痴ったと・・・。

    こっちが「いったい何だったのっ」て言いたいわ!!

    いずれにせよ≪注水停止は無かった事件≫は、ひどく不可解な出来事です。

    国は、国土並びに国民の生命、身体及び財産を災害から保護する使命を有することにかんがみ、組織及び機能のすべてをあげて防災に関し万全の措置を講ずる責務を有する。(災害対策基本法第三条)


    にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村





    ・海水注入〜班目委員長「私だって知りたい。教えてください」
    ・枝野官房長官、情報隠ぺい「一切ない」
    ・首相アリバイ崩れる〜東電が海水注入4時間前にFAXで連絡
    ・民主・近藤洋介議員、衆院復興特別委で「枝る」について質問〜緊張感ゼロ
    ・海水注入停止事件〜班目委員長が政府に反旗〜政権末期!!
    ・菅首相指示で海水注入「55分間中断」〜原子炉冷却止めた
    ・3月12日にSPEEDI予測図が首相官邸に届いていた
    ・平田オリザ参与は守秘義務違反に当たらないと枝野長官
    ・武田邦彦教授、国会で「校庭20ミリシーベルト基準」を批判
    ・震災財源「国家公務員給与10%削減」に怪しい動き!?
    ・平田オリザ内閣官房参与が「米政府からの強い要請」で汚染水放出と・・・。
    ・「原発収束工程表」発表に政府同席せず??
    ・「震災関連死」500人超と「2次補正」8月以降〜国会を閉会していいのか!
    ・5月16日衆院予算委「避難指示が遅れていた」
    ・新報道2001〜大塚耕平副大臣が「被災3県の動きが悪い」と責任を押し付ける
    ・1号機建屋内で2000ミリシーベルト! 地下溜り水推定3000トン
    ・枝野氏の「債権放棄発言」で株価下がる〜菅内閣の株も暴落中
    ・「メルトダウン」と「圧力容器・格納容器損傷」と「3月の中性子線検出」
    ・「学校20ミリシーベルト基準」に固執する枝野長官
    JUGEMテーマ:時事ニュース

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      何度も何度も繰り返す。 賽ノ河原で石を積み 積みあげると鬼が また壊してしまう。 これは、自分が親より 早く死に、その親不孝の 報いとして親の供養をする ためにと仏塔を作ろうと 際限なく石を積む、哀れな 子供のことなんです
      • 自分なりの判断のご紹介
      • 2011/05/27 11:41 AM
      今週、福島第1原発事故の対応で議論の対象になっている「空白の55分」、これまで焦点は原子力安全委員会の班目春樹委員長の言動だったのですが
      • 現代徒然草
      • 2011/05/26 11:10 PM
      福島第1原発1号機への海水注入をめぐる問題で、東京電力が実際
      • ネット社会、その光と影を追うー
      • 2011/05/26 7:10 PM
      震災で事故を起こした福島原発。 55分中断したといわれていた海水の注入。実際に中断はなかったという。      海水注入は継続していた…原発・吉田所長が判断(読売新聞) 「海水注入、中断なかった」 現場判断で継続と東電(日本経済新聞) この件につい
      • りゅうちゃん別館
      • 2011/05/26 6:48 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten