ハガネの女2nd 第3話〜水嶋(斎藤工)が友喜にかけた圧力って

0
    『ハガネの女』2ndシーズン第2話

    よくよく思い出すと、深夜枠だった1stシーズンは、菊田真理衣(吉田里琴)が、ハガネの給食の上で、雑巾をギュ〜〜〜っと絞り、臆することも無く「大嫌い! 死ねばいいと思って”ぞうきん汁”を入れました」と宣戦布告したり、琴平れもん(柴田杏花)がウサギをグサッ、グサッっと刺し殺していたり、優介(林遼威)と広(戸谷駆)にペッペッと唾をかけながら「バカは早く死んでください。消えてください」などと口にしたり、児童も保護者も刺激的なモンスターだらけで、それにハガネが身体をはって立ち向かう様がすごく良かったんだけど、さすがに2ndシーズンはプライムタイム放映になってしまったせいか、極端なモンスターが登場しないですね。

    残念ながら1stシーズンに比べると随分とスケールダウンしてる印象で、『ハガネの女』の本当の魅力を描けていない気がします。

    とはいえ、基本的には男前のハガネ(吉瀬美智子)の活躍は好きです。

    【 水嶋(斎藤工)の圧力 】

    非常階段に友喜(浦上晟周)を連れてきた水嶋(斎藤工)が、「おまえさぁ、オレがタバコ吸ってたこと誰かに話したか。絶対に誰にもしゃべるなよ」
    友喜「どうしてですか」
    水嶋「オレが困るからだよ」

    このやり取りを聞いていて、思わず連想したのが、第1原発構内を取材した青山繁晴氏に内閣府副大臣からの”圧力”と思われる電話が入った件・・・。

    原発取材を快く思っていない内閣府副大臣が、青山氏に「お聞きしたいことがある。東京電力と交渉されて4月20日に福島第1原発に行かれましたね。」と問いただしたそうなのですが、水嶋の「おまえさぁ、オレがタバコ吸ってたこと誰かに話したか。」というセリフとどことなく似通っていますでしょ。

    水嶋が教師という立場で児童に脅しをかけてるような振る舞いに及んだことと、国会議員であり内閣府副大臣という立場をいいことに青山繁晴氏を問い詰めるような行為は、ともに上から目線で相手に圧力を与えていますでしょ。

    ドラマが進んで・・・ボヤが起きる前に校舎の裏で喫煙していたことをハガネに知られた水嶋は、校長に言いつけるなりなんなり「どうぞお好きに」とハガネに捨て台詞。
    一方、青山氏に会話内容を公表すると言われた副大臣は「ああ、どうぞ。何でもやってください」と返事・・・。
    水嶋の「どうぞお好きに」と副大臣の「どうぞ。何でもやってください」って、ほとんど同じことでしょ。

    ここまで似通ってるってことは、水嶋による「オレが困るからだよ」と言ったように、副大臣も「政府が困るからだよ」って言いたかったんじゃないかなんて想像を広げちゃいます・・・。

    ・青山繁晴氏と内閣府副大臣の会話詳細

    【 人間関係 】

    一人サッカーボールを蹴っている和也(室井響)を眺めながらも声を掛けられない茶髪少年・翔太(芦田翔悟)。
    気付いた和也が手招きして一緒にボールを蹴り始めるんだけど、翔太を手招きした時の室井響君の小さな微笑みっていうか、一瞬の優しい表情がヨカッタ。
    子役さんは、演技が上手いわ。

    翔太は、保育所時代にいじめから守ってくれた和也への友情があるんだけど、亮介(渋谷龍生)らのグループで仲間外れにされることも躊躇われて、「あちらを立てればこちらが立たず」状態に・・・。
    結局翔太は、和也をいじめる側に入って”保身”を優先していたんだけど、大人の職場でも派閥やグループ間で板挟みになったりすることがあって、人間関係とは難しいものです。

    ハガネが粉骨砕身頑張りすぎると合理的なタイプの教師から疎まれるなんてことも、どこの職場でもありそうな話だし・・・。

    ハガネが和也にかかりきりになると、自分も頭がハゲたと泣いてハガネに構ってほしそうな女子もいましたし、集団に中で過ごすのは大変です。
    ”人間関係”ほど難しいものはありません。

    【 救い 】

    和也の机に亮介(渋谷龍生)や翔太が『ハゲ』と彫り込んだ上にマジックで上書きしたんだけど、何人かの子が一生懸命に机を拭いてくれていました。
    いじめられて一人ぼっちで孤立したら人生に絶望しちゃいますけど、庇ってくれる仲間、気遣ってくれる仲間がいると救いが有りますねぇ。
    共感してくれてる人間が一人でもいたら勇気が湧くものです。

    あと、和也の心遣いを知った茶髪少年・翔太が、潔く丸坊主になって「100万円ハゲ」と自分で披露して、円形脱毛症を気にしていつもかぶっていた野球帽を和也が脱ぎ捨てたところもベタでよかった。
    (古いタイプの人間からしますと、子供は茶髪より丸坊主の方が綺麗です)

    【 物足りなさ 】

    話は収まったのですが、1stシーズンのハガネだったら、和也が翔太への心遣いを告白した時に、彼をぎゅ〜〜っとを抱きしめたんじゃないかなぁ。
    もっと、もっと、子供に心を寄り添わしてたと思うんだけどなぁ・・・。
    1stシーズンの方がハガネの熱さがヒシヒシと伝わってきたんだけど・・・。
    この辺が”物足りなさ”の一因なのかなぁ・・・。
    1stシーズンが『ごくせん』だとしたら、2ndシーズンは『美咲ナンバーワン』って感じです。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村





    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      今回は10円ハゲ! いじめる男の子たちの激しさったら、半端ない。 その中心でいじめる男の子の悪そうな雰囲気は、すっごく憎たらしくて。 あまりのイジメにハガネは切れて、「ちょっと誰かハサミ貸して...
      • よくばりアンテナ
      • 2011/05/06 9:36 PM
      「ハガネ、断髪する」 ハガネこと稲子(吉瀬美智子)のクラスは、友喜(浦上晟周)が残ることが決まったことで、子供たちに新たな対立が生まれていた。 副担任の水嶋(斎藤工)は稲子に協力的な態度を見せる一方、内心ではぼや騒ぎの原因が水嶋の喫煙だと唯一知っている友喜
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/05/06 5:58 PM
       小学生というと微妙なお年頃だけど、まだ大人が間に入ってあげることで、状況を好転させることができる、その事を実感した回でした。 確かに、野村校長(高橋克実)が言ってい ...
      • トリ猫家族
      • 2011/05/06 5:38 PM
      4/21からテレ朝で始まったドラマ『ハガネの女 season2 (公式)』の第3話『ハガネ、断髪する』の感想。 深夜枠から面白くなくなった2つのこと! 本作が深夜枠からゴールデンタイムに移動してきて、面白くなくなった点が二つある。一つは、教師を増やしたこ
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/05/06 5:00 PM
      公式サイト 原作:深谷かほる「ハガネの女」 円形脱毛症に罹った和也をいじめる亮介
      • 昼寝の時間
      • 2011/05/06 2:47 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten